あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > 転職エージェント > 転職エージェントの比較ポイントとは|転職エージェント人気ランキング
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 76 Office info 176 Office info 136 Office info 106
Ranking agent btn

転職エージェントの比較ポイントとは|転職エージェント人気ランキング

キャリズム編集部
監修記事
New pixta 41056016 s

転職を成功させるために是非とも活用すべきなのが、転職エージェントです。
 

転職活動を最初から最後まで徹底的にサポートしてくれるのが魅力で、利用料が無料なのもありがたいですよね。
 

最近では、業界別、男女別など専門の転職エージェントが出てきているので、より自分のニーズに合わせて活用できるようになりました。
 

しかし、種類が多くなってきたからこそ、どの転職エージェントを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
 

今回はあなたに合った転職エージェントをポイント別に比較して紹介していきますので、転職エージェント選びの参考にしてみてください。
 

【ポイント別おすすめ転職エージェント】

  

20代・第二新卒向け

JAIC(ジェイック)

30代以降向け

リクルートエージェント

女性向け

type女性の転職エージェント

ハイクラス層向け

JAC Recruitment

IT・エンジニア向け

Geekly


※この記事は、転職エージェントの使い方をすでにご存知の方向けに作成しております。

 

この記事を読む前に、『転職エージェントとは何か』について知っておきたい方は、『転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識』に目を通しておくことをおすすめします。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

【2020年9月最新版】withコロナの転職事情|コロナ渦で転職を成功させるには?

新型コロナウィルスの感染拡大による業績悪化などを理由に、多くの企業は採用活動の見送り続けているのが現状です。下図は厚生労働省が発表している有効求人倍率の推移になります。

 

2020年7月時点の有効求人倍率は1.08倍。実に7ヶ月連続の低迷を続け、ここ数年で最も転職が難しい時代と言えます。

求人数は減っているのに、求職者数は伸びているこの現状の中、よい求人で出会っても内定が出ない状況は大いに予想できます。このコロナ渦で、失敗しない転職に繋げる最も大きなポイントは・・・

続きを開く

 

  • いかに書類選考を通過率を上げる
  • 面接の準備を徹底すること です

 

希望する企業への転職を成功させたいかたは、選考通過率を高めるためにも、プロの力を借りることをおすすめします。

 

  1. 20代〜30代まで幅広く対応できるエージェント(『type』『ビズリーチ』『マイナビエージェント』など)に3社ほど登録する
  2. 各担当から連絡が来たら、電話やオンラインで簡単な面談をうける
  3. 提案された求人などを見ながらアドバイザーと面接対策や書類の添削をしてもらう

 

転職の意思も固まっていないけど、相談してみることが大事です。リーマンショック以来の不況と言われる未曾有の状況ですが、「仕事の悩み」「転職すべきか迷っている」などの相談に関してはプロのアドバイザーですから、気軽な気持ちで行動してみましょう!

 

もし、どの転職エージェントを選んで良いかわからないという場合は、下記の診断ツールで、あなたにぴったりのエージェントが診断できます。

 

 

 

転職エージェントを利用する前の事前知識

転職エージェントとは、転職を希望している『個人』と、新たな人材を求めている『企業』をマッチさせるサービス・会社・コンサルタントのことをいいます。

 

まずは、転職エージェントの利用をおすすめする理由や彼らは何をしてくれるのか、チェックしておきましょう。

 

比較項目

転職エージェント

転職サイト

転職成功率

サポート体制

企業の情報量

公開求人数

非公開求人数

×

交渉・面接設定

手軽さ

 

転職エージェントは転職サイトよりも転職しやすいのか?

転職には大きく2つの方法があります。

 

  1. 転職サイトを利用して自分で企業を探して応募する
  2. 転職エージェントのアドバイザーに求人を紹介してもらうのか

 

です。

 

転職エージェントの役割としては、

  1. あなたに希望にマッチする求人を提供する
  2. 書類選考や面談の通過率を高める
  3. 転職に伴う条件面の交渉などを代理する

この3つが主な仕事です。

 

書類選考や面談の通過率を高める為に、推薦文を書いてくれたりはしますが、最終的にはあなたの力量ですので、結論を言うと、転職エージェントを使ったから転職しやすくなるということはありません

 

ただ、転職エージェントには非公開求人という、一般には公開されていない好条件・高年収の案件を豊富に持っており、転職エージェントを介することで、そのポジションに採用される可能性が高いというメリットはあります。

 

入社前に企業の内情が知れるのはポイント

転職活動から内定まので基本的な流れは、「求人を探す → 応募 → 書類選考 → 面談 → 内定」となります。

 

ただ不安要素として、企業のHPを見るだけでは「詳しい内情」「職場の雰囲気」はわからず、実際に入社して見ないとわからないことだらけです。

 

全く予備知識のないまま何となく入社してしまうと、せっかく転職したのに、半年や1年足らずでまた転職することになる…と後悔することも考えられます。

 

その点、転職エージェントは企業情報を豊富に持ち、内情を把握しているのが強みではあるので、採用後のミスマッチを減らせる可能性は高いです。

 

 

転職エージェントの選び方|必ずチェックすべき5つのポイント

 

1:総合型か専門型エージェントかで選ぶ

2018年時点で約20,000件以上存在する転職エージェントですが、大きく分けると『総合型転職エージェント』と『専門職特化型転職エージェント』の2つに分かれます。

 

幅広い選択肢の中から転職するなら総合型転職エージェント

『マイナビエージェント』や『リクルートエージェント』『doda』など、業種や職種を幅広く紹介する大手の転職エージェントはだいたい総合型です。

 

  • 未経験の職種に挑戦してみたい
  • 自分が進むべきキャリアが明確になっていない
  • 初めての転職活動で不安が多い など

 

上記のニーズを持つ人におすすめの転職エージェントと言えます。デメリットとしては、『エンジニア』『デザイナー』『看護師』といった、専門業種への転職サポートには少々不向きな部分がある点々です。

 

エンジニアなどの専門職転職は特化型転職エージェント

IT・エンジニア・SE・看護師・薬剤師など、特定の業界や職種に特化して求人を紹介する転職エージェントです。

 

例を挙げると『レバテックキャリア』『Geekly』『看護roo!』『エムスリー』などがあります。

 

  • 特定の業界でキャリアを積み上げたい
  • 自身の進むべき道がはっきりしている人
  • あまり知られていない優良企業への転職したい など

 

上記の場合におすすめの転職エージェントだといえるでしょう。

 

デメリットとしては、専門型は非常にニッチな隙間を狙うことになりますので、公開求人数、非公開求人数ともに少なくなります。

  

2:求人数の多い転職エージェントを選ぶ

専門職はそもそも求人数自体が限られてしまいますが、多くの求人数を持つ転職エージェントに絞って登録するのも有効な選び方です。

 

求人数が多ければ、それだけ理想の企業を紹介してもらえる可能性が高まります。

 

例えばマイナビエージェントは「総合型」でありながら『マイナビ看護師』『マイナビエージェントIT』『マイナビ薬剤師』といった「専門職」も扱うので、こういった転職エージェントを狙うのが賢い戦略かもしれません。

 

表:求人数の多い転職エージェントランキング(2019/08/15時点)

1

リクルートエージェント

公開求人数:120,000件以上

2

ワークポート

公開求人数:20,000件以上

3

Spring転職エージェント

公開求人数:20,000件以上

4

マイナビエージェント

公開求人数:13,000件以上

5

パソナキャリア

公開求人数:11,000件以上

6

ビズリーチ

公開求人数:10,000件以上

7

type転職エージェント

公開求人数:10,000件以上

8

ランスタッド

公開求人数:10,000件以上

9

JAC Recruitment

公開求人数:7,000件以上

10

エンエージェント

公開求人数:2,500件以上

 

3:希望する業界出身のキャリアアドバイザーであること

転職時にエンジニアなどの専門職でなければ、そこまで気にしすぎることでもないのですが、例えば未経験からIT業界へ転職したいとなった場合、IT業界に全く詳しくないアドバイザーなら、どうしてその企業を紹介してきたのか、判断できない可能性が高くなります。

 

最近AIが流行っているので、AIツールの営業職を持ってきました!

 

では、何の意味もありません。せめて「AIツール販売企業の中でも業界順位で見た時、これがあるからこの会社は今後成長の余地があります。だからおすすめです。」ぐらいのことは言って欲しいはず。

 

狙う業界に詳しくない方だと、企業募集とあなたの希望する『年収』『勤務先』ぐらいしかマッチしていない求人を持ってくるので、ここは見極めが必要なポイントではあります。

 

4:キャリアアドバイザーの相性で選ぶ

転職エージェントを利用した際、あなたを担当するキャリアアドバイザーの能力は非常に重要です。担当者の能力次第で転職活動の結果が左右されることがあります。

 

どんなに人気の美容室へ行っても、担当の美容師のキャリアがまだ浅かったり、技術に乏しかったりすると仕上がりには満足できないのと一緒で、よいエージェントに出会えるかどうかが非常に重要になってきます。

 

そのため、よい担当者と出会うためにも、まずは2社〜3社ほどの転職エージェントに登録し、自分に合うキャリアアドバイザーを探すことが大切です。

 

最初から1つの転職エージェントに絞り込むのもよいですが、まずは複数のエージェントに登録して実際に相談し、その上で判断した方が賢明でしょう。

 

5:『片手型』か『両手型』か、転職エージェントの体制で選ぶ

最後までアドバイザーの話題になりますが、キャリアアドバイザーが求職者をどう転職まで導くかというスタンスは、かなり重要な比較ポイントになります。

 

一般的には、『分業型(片手型)』と『両面型(両手型)』という言い方をし、基本的に転職サイトのエージェントたちは分業型を選択しています。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/ckeditor_assets/pictures/1561/content_%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%99%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88_%E5%88%86%E6%A5%AD.png

 

このように、企業担当のRA(リクルートアドバイザー)と、求職者担当のCA(キャリアアドバイザー)に別れているスタイルを、分業型(片手型)と呼びます。

 

一方、両面型(両手型)はひとりのコンサルタントがCA業務とRA業務の両方を担当します。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/ckeditor_assets/pictures/1562/content_%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%99%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88_%E4%B8%A1%E9%9D%A2%E5%9E%8B.png

 どちらが良い悪いの話ではありませんが、エンジニアの転職であれば、両手型の選択をおすすめします。理由として、両手型の方が、業界出身者が多く専門知識を多く持っていること。

 

企業ニーズと求職者のニーズをよく知っているのでミスマッチが少なく、きめ細かいサポートが望めます。

 

 

20代・第二新卒におすすめの転職エージェントランキングトップ3

20代・第二新卒の場合、はじめての転職という方も多いでしょう。転職エージェントを選ぶ際もサポートがどれだけ充実しているかが気になりますよね。
 

また、20代後半になると、同期や友人との間に差が出始める時期でもあり、年収アップを目的に転職を考える方もいるでしょう。

自身の転職目的をしっかり明確にしておかないと、新しい職場に満足できず、転職を繰り返してキャリアが積めなくなるので注意したいところです。
 

エージェント名

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

マイナビエージェント

リクルートエージェント

JAIC(ジェイック)

 

マイナビエージェント

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

特徴

  • 手厚いサポートを受けることが出来る

  • 高いマッチング力を誇る

  • 年齢、経験をふまえたキャリアカウンセリングに定評あり

『マイナビエージェント』は、手厚いサポートに定評があり、20代からの支持を多く集めています。
 

経験豊富な転職のプロによるカウンセリングによって、自分では気づけなかった長所や魅力を知ることができます。
 

JAIC(ジェイック)

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

特徴

  • 就職成功率80.3%、就職先への定着率94.3%の高い実績を誇る

  • 無料就活講座で実践的なビジネスマナーを学べる

  • 正社員求人100%


『JAIC(ジェイック)』は、第二新卒・既卒・フリーター向けの転職エージェントで、就職成功率80.3%、定着率94.3%と高い数字を誇っています。
 

なぜ『ジェイック』の転職成功率・定着率が高いのかというと、紹介する企業すべてに対して取材を行い、職場の雰囲気や内部事情を把握しているからです。また外食やアミューズメント業界など、離職率が高い企業の紹介は行っていません。
 

さまざまな企業の社員研修で培われた、独自のノウハウによる無料就活講座も魅力の1つ。『ビジネスマナーを身につけたい』『履歴書の書き方や面接での対応に不安がある』という方におすすめです。
 

リクルートエージェント

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

特徴

  • 非公開求人が10万件以上と非常に豊富

  • 豊富な経験や実績に裏付けされた転職サポートが受けられる


『リクルートエージェント』は業界最大手の転職エージェントで、保有する求人数が非常に多く、幅広い選択肢の中から、職場を選びたいという方におすすめです。
 

実績に裏付けされた転職ノウハウや各種サポートは、経験の浅い20代・第二新卒には心強い味方となってくれるでしょう。
 

 

30代におすすめの転職エージェントランキングトップ3

企業が30代以降の人材を採用する場合、多くは即戦力としての活躍を期待してのこと。そのため、30代以降の転職は、これまでに積み重ねてきた実績や経験が大きくものをいいます。
 

20代の転職活動のように勢いだけで行動すると、取り返しがつかなくなる可能性もあるので、戦略的に転職活動を進めていく必要があります。
 

転職エージェントを上手く活用できれば、年収アップや管理職・役員待遇も期待できるでしょう。
 

エージェント名

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

マイナビエージェント

type転職エージェント

リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

特徴

  • 手厚いサポートを受けることが出来る

  • 高いマッチング力を誇る

  • 年齢、経験をふまえたキャリアカウンセリングに定評あり


『マイナビエージェント』の手厚い転職サポートは、年代を問わず、転職活動に対して不安を持っている方の心強い味方になってくれるはず。
 

丁寧なキャリアカウンセリングで、転職で叶えたかった望み、経験やスキルを活かせる分野など、自分だけでは気づけなかったであろう本音を引き出してくれます

 

リクルートエージェント

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

特徴

  • 非公開求人が10万件以上と非常に豊富

  • 豊富な経験や実績に裏付けされた転職サポートが受けられる


『リクルートエージェント』は、求人数の豊富さから、それぞれの目的に合った求人を幅広い分野から、紹介できることが強みといえます。

そのため、年収アップを目指したい方、地方での仕事探しを考えている方、家事・育児と仕事の両立を考えている方であっても、登録しておいて損はありません。

 

type転職エージェント

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

特徴

  • 利用者の71%が年収アップを実現

  • 専任のキャリアアドバイザーが最大限に自分の魅力を伝える方法を伝授

  • 東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県での転職に定評あり


『type転職エージェント』の魅力は、なんといってもその交渉力。利用者の71%を年収アップさせている交渉力を武器に、満足いく転職になるよう徹底的にサポートしてくれます。
 

東京・神奈川・千葉・埼玉での転職に強く、思わぬ優良企業の求人を紹介してもらえるかもしれません。
 

さまざまな悩みに応じた転職相談会・セミナーを毎週開催しており、気軽に利用しやすいのも大きなメリットです。

 

 

女性におすすめの転職エージェントランキングトップ3

女性と男性では、転職で求めるものが大きく異なります。結婚に始まり、出産・子育てに理解がある会社に惹かれる方も多いのではないでしょうか。
 

また、典型的な男社会の考え方が根付いている会社は、キャリアアップも難しく、女性にとっては働きづらいですよね。
 

ここでは、そんな不満や悩みを抱える女性におすすめの転職エージェントを紹介します。
 

エージェント名

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

マイナビエージェント

リクルートエージェント

type女性の転職エージェント

 

マイナビエージェント

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

特徴

  • 手厚いサポートを受けることが出来る

  • 高いマッチング力を誇る

  • 年齢、経験をふまえたキャリアカウンセリングに定評あり


『マイナビエージェント』では、手厚いサポートに定評があるエージェントで、丁寧なキャリアカウンセリングで最善の選択ができるように手助けしてくれます。
 

はじめての転職では、履歴書の書き方や面接の受け方など、わからないことも多いと思います。
 

転職に関するさまざまな不安や悩みに対して、親身なアドバイスが受けられるため、まだ転職の具体的なイメージが決まってないという方におすすめです。
 

type女性の転職エージェント

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

特徴

  • 利用者の71%が年収アップを実現

  • 東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県での転職に定評あり


年間5000名以上の転職支援実績がある女性向けの転職エージェントです。
 

18年に及ぶ運営実績から、企業側からの信頼も厚く、ほかの会社では取り扱いがない優良求人の紹介を受けられるかもしれません。
 

年収交渉にも定評があるため、年収アップを目指して転職を考えている方におすすめです。
 

リクルートエージェント

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

 

アドバイザーの質

特徴

  • 非公開求人が10万件以上と非常に豊富

  • 豊富な経験や実績に裏付けされた転職サポートが受けられる


業界最大級の非公開求人数、豊富な転職支援実績から男女問わず、登録をおすすめしたい転職エージェントです。
 

『リクルートエージェント』では、平日は忙しい方のために、土日祝日での相談にも対応しています。
 

また職務経歴書の作成に役立つ『レジュメnavi』、どこにいても求人を確認できる『Personal Desktop』などの独自コンテンツを提供しており、在職中での転職活動に大いに役立つでしょう。
 

 

IT・エンジニアにおすすめの転職エージェントランキングトップ3

近年、人手不足が目立つIT業界では、転職自体は比較的簡単といえます。しかし、やりがいや働きやすさ、高年収を目指すとなると、しっかり求人を吟味しなくてはなりません。
 

この項目では、IT・エンジニアの転職におすすめのエージェントを紹介します。
 

エージェント名

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

レバテックキャリア

マイナビエージェントIT

Geekly

 

レバテックキャリア

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

特徴

  • 登録求人数4,000件以上

  • 一都三県・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡での転職に強い

  • 独自の転職に役立つ資料を用意


『レバテックキャリア』はIT業界に特化した転職エージェントで、求人数は業界トップクラスです
 

業界に精通したキャリアアドバイザーがカウンセリングを行うので、技術的な話はもちろん、業界動向などの転職で気になるギモンについてもしっかり答えてくれます。
 

繰り返しの企業訪問で、職場の雰囲気や残業時間など現場状況を把握しており、求職者と企業双方のニーズにあった求人紹介を実現しています。

 

Geekly

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

特徴

  • IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント

  • 18,800件以上の求人を保有(2019年12月時点)


『Geekly』はIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントで、過去には『リクルートキャリア』が発表する転職エージェントランキングのカウンセリング・対応満足度の部門で1位を獲得しています。
 

量ではなく質による提案を行うため、丁寧なカウンセリングを行っており、希望の条件にマッチした求人の紹介を受けやすいです。

 

マイナビエージェントIT

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

アドバイザーの質

特徴

  • 20~30代の若手エンジニアの転職に強い

  • 『マイナビ』ならではの転職ノウハウを受けられる


転職業界大手の『マイナビ』が運営するIT業界特化型の転職エージェント。
 

各業界に強いパイプを持つ『マイナビ』だからこそ紹介できる優良求人を多数保有しています

また、数多くの支援実績に裏付けされた、さまざまな転職サポートはエンジニアの転職においてもおおいに役立つでしょう。
 

 

ハイクラス向けおすすめ転職エージェント3選

今までの経験や実績を元に、さらに上のキャリアを目指したい、高年収が期待できる企業に転職したいという方もいるでしょう。
 

そうした方は、総合型の転職エージェントではなく、ハイクラスの転職に特化したエージェントを利用したほうが、理想の求人を見つけやすいです
 

エージェント名

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

JAC Recruitment

type転職エージェント

転機

 

JAC Recruitment

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

特徴

  • 国内外問わず、高年収の求人を見つけられる

  • 取り扱い求人数15,000件以上


1988年に設立した老舗の転職エージェントで、国内だけでなく海外での転職にも強みがあります
 

さまざまな業界の求人を網羅的に保有しているため、自身のニーズに合った企業の紹介を受けやすいです。
 

『JAC Recruitment』では、質の良いサービスのため、以下の5つの約束を掲げています。

1.あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告いたします。

2.初回面談当日、もしくはそれまでに求人の有無をお知らせいたします。

3.書類選考、面接の結果等が出たら、原則『24時間以内』にお知らせいたします。

4.ご経験が活かせる求人の情報が手に入り次第、随時ご連絡を差し上げます。

5.退職手続きのアドバイスなど入社前に必要なご相談を承ります。また、サポートのため入社の1週間前と1ヵ月後にご連絡を差し上げます。

引用元:サービスクオリティのお約束|JAC Recruitment

その結果、利用者満足度92.9%の質の高い転職サポートが提供できています。
 

type転職エージェント

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

特徴

  • 利用者の71%が年収アップを実現

  • ハイクラス向けの求人を1万件以上保有

  • 東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県での転職に定評あり


『type転職エージェント』では、ハイクラス向けの求人も扱っており、『アカウントスペシャリスト』と呼ばれるアドバイザーが、あなたの転職をサポートしてくれます。
 

長年の取材や運営により得られた独自情報は、理想の転職を叶える可能性を高めてくれるでしょう。
 

転機

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

特徴

  • 経営者と直接面談することができる

  • ハイクラス向けの求人を約2,000件保有


ハイクラス向け求人に特化した転職情報サイトで、応募企業の経営者と直接面談ができるという一風変わった特徴を持ちます。
 

サイト内で、さまざまな経営者のインタビュー動画を公開しており、応募企業に対するイメージが持ちやすいです。
 

 

フリーター・既卒におすすめの転職エージェント3選

転職エージェントに登録したいけど、社会人経験のない既卒や空白期間のあるフリーターでは、登録できないだろうと諦めていませんか?
 

転職エージェントのなかには、フリーターや既卒、大学中退者などを対象としたサービスもあります
 

『正社員になりたいけど自分の経歴に自信がない』『転職活動をしているけど書類選考や面接に受からない』という方は、以下の3社の転職エージェントがおすすめです。
 

エージェント名

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

ジェイック

DYM就職

ハタラクティブ

 

JAIC(ジェイック)

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

特徴

  • 就職成功率80.3%

  • 正社員求人100%

  • 無料就職講座で、ビジネスマナー・面接の受け方などを身につけられる


フリーター・既卒の就職成功率80.3%という高い実績を持つ転職エージェント。
 

紹介する企業を厳しい審査基準で厳選しており、紹介するのは正社員求人のみで、ブラック企業の求人が少ないことに定評があります。
 

7日間の無料就活講座で、実戦的なビジネスマナーや面接対策を受けられるため、正社員経験がない人にもおすすめです。
 

DYM就職

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

特徴

  • 厳選した2,000社の企業から紹介します

  • 書類選考なしで面接を受けられる


紹介する企業の厳選しており、その結果96%の高い就職率を誇る転職エージェントです。
 

担当のアドバイザーが、書類作成や服装指導などの転職サポートを行ってくれます。
 

『DYM就職』では、書類選考なしで面接をセッティングしてくれるため、履歴書が上手く書けなくて困るという方におすすめです。
 

ハタラクティブ

求人数

サポートの手厚さ

年収アップ可能性

特徴

  • カウンセリング実績60,000人以上

  • 丁寧なサポートが定評で、書類通過率91.4%、内定率80.4%


60,000人以上のカウンセリング実績を持つ、20代の転職支援に特化したエージェントです。
 

未経験歓迎の求人を常時1,500件以上保有しており、正社員経験のないフリーター・既卒の方も安心して利用できます。

一都三県、関西圏の求人紹介がメインとなっているものの、さまざまな業界に紹介を受けたい方におすすめです。

 

 

これだけは押さえる!転職エージェントを賢く利用するための知識

まず、転職エージェントを効率的に活用するために、是非知っておいてほしい知識をご紹介します。

登録するだけで満足してしまわないように、最後までお読みになって賢い転職活動を進めましょう。

 

2・3社程度の転職エージェントに登録する

転職エージェントや担当者の質にバラツキがあるのは仕方がないことです。2~3社のエージェントを登録しておくとリスクヘッジになります
 

相性のいい担当者が見つかるまでは、複数の転職エージェントを実際に試してみるといいでしょう。

 

担当者に定期的に連絡を入れておく

担当となるキャリアアドバイザーは、あなた以外の求職者の転職サポートも並行して行っています。彼らも人間ですので、仕事の忙しさから連絡が滞ってしまうこともあり得ます。
 

転職の意欲を示すためにも、こちらから連絡を定期的に取るようにしましょう。とはいえ、あまりにも頻繁に連絡を送るのは、迷惑になりかねません。

 

期日が決まっていたなら、期日を過ぎた後に、特にない場合には3日~1週間を目途に連絡をいれてみましょう。
 

1つ注意しておきたいのが、登録した転職エージェントにあなたの希望に合う求人がなければ、紹介はできないということです。紹介できる求人がないといわれたら、違う転職エージェントを利用するか、希望条件を見直してみましょう。
 

転職サイトと併用する

転職市場にどんな求人が流れているのかを、自分から能動的に調べたい人は転職サイトを活用しましょう。

 

ほとんどの場合、転職エージェントはあなたに合った求人を紹介してくれるだけなので、自分から自由に求人を調べられません
 

また転職エージェント経由で応募したからといって、必ず面接までたどり着けるわけではありません。場合によっては、企業側のニーズに合わない、他の候補者との優劣によって、応募先企業に紹介されていないということもありえます。
 

転職エージェント経由では書類選考に落ちたけど、企業ホームページから直接応募したら、受かったという話もあります。
 

もしよい求人があれば、その場で応募しても良いでしょう。転職エージェントのサポートを受けたからと言って、自分で転職を決めてはいけないわけではありません。
 

嘘をつかずに本音を話す

キャリアアドバイザーと話すときは、遠慮をせずに本音をさらしましょう。変に気を遣ってしまうと、担当者もあなたの希望に合う求人を紹介できず、満足いく転職ができなくなります。
 

家庭の事情や解雇されたことなど、言いにくい話もあると思いますが、基本的には正直に話したほうがよいでしょう

 

あなたの背景を理解できないと、適切なアドバイスをすることができないからです。
 

また紹介された求人が納得できないものであれば、しっかり断りましょう。もし断っているにも関わらず、しつこく同じ求人を押してきたり、断ったのをきっかけに担当者の対応が悪くなったりするのであれば、利用するのをやめたほうよいでしょう。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

まとめ

転職エージェントは、それぞれ特徴が異なっており、求人数の多さに定評があるところもあれば、サポートの質を売りにしているところもあります。
 

各エージェントを比較する際は、重視するポイントをはっきりさせておくと選びやすくなるでしょう。
 

しかし、転職エージェントの良し悪しは、担当キャリアアドバイザーの質による部分も大きいため、1社だけでなく2,3社に登録したほうがリスクヘッジになります。
 

まず1社登録してみて、そこを基準に他社と比較してみてもよいでしょう。転職エージェントを上手く活用して、理想の転職を叶えましょう。
 

 
Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職エージェントに関する新着コラム

転職エージェントに関する人気のコラム


転職エージェントコラム一覧へ戻る