あなたの転職活動応援メディア
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
転職エージェントの費用は無料|求職者に費用が発生しない理由
キーワードからコラムを探す

転職エージェントの費用は無料|求職者に費用が発生しない理由

%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%88 %e8%b2%bb%e7%94%a8

転職エージェントの利用には、転職者や個人側に費用は発生せず、完全無料で転職サービスを利用する事ができます。その主な理由として、転職エージェントは企業側から転職者の採用が決定した際に、採用手数料を得ているからです。
 
転職希望者は転職サービスを無料で利用できるため、転職エージェントを利用する際は転職のアドバイスをしっかりしてくれる方や、特定の業界に転職を希望するならその業界の採用に強い転職やコンサルタントを選ぶ必要がありますね。
 
今回は、転職エージェントの利用費用が無料になる細かい理由や、転職エージェントを利用する際の知識をご紹介していきます。

費用がかからないこと以外の転職エージェントのメリットを知りたい方は、『 転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識』も合わせてご覧ください。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

転職エージェントの利用する際の費用が無料になる理由

転職エージェントの費用が、転職者の場合は無料になる主な理由は、転職エージェントはすべて企業からの手数料で運営されているのが、求職者側に費用が発生しない最も大きな理由です。そもそも転職するのに費用が発生していたら、転職エージェントの利用価値は大きく下がっていたかもしれません。
 

手数料は大きく分け2パターン

1:転職サイトに掲載への掲載用で費用発生する月額固定費
2:転職エージェント経由で採用に至ったら費用が発生する成功報酬
 
主要な費用体系はこの2つになりますが、ほとんどは「成功報酬型」になるでしょう。転職者にしてみればあまり関係ありませんが、企業は転職エージェント経由で人を採用するとかなりの費用が発生する事は、覚えておいて良いかと思います。
 

転職エージェントに企業が支払う費用の例

たとえば、転職エージェント経由で就職をした場合、企業は採用した方の年収の約30%〜40%程度の報酬を支払う事にあります。つまり、転職した人の年収が500万円の場合、30%〜40%ですので150万円〜200万円の費用が手数料として発生してきます。
 
転職エージェント側からすれば1人採用させれば100万円以上の売上げが見込めますが、転職者に取ってもこれだけの採用コストがかかっている事実を受け止めて、真摯に望む必要があります。
 

なぜ企業は転職エージェントに費用をかけるのか?

人材を採用するという事は企業にとってかなりのコストがかかります。求人サイトに掲載するだけでも週に数十万円単位の掲載料がかかるケースもありますし、採用したらでまた費用が発生することにもなります。さらに、月額固定の掲載費用は例え応募が1件もなくても発生します。
 
しかし、掲載費用が固定でかかるとしても採用手数料の方が明らかに高い転職エージェントを、なぜ企業は利用するのでしょうか?
 

人事担当者の負担を減らすため

もし求人サイトから多くの応募が来すぎてしまった場合、人事は全ての履歴書に目を通して、明らかに職歴が合わない求職者へもお祈りメールの連絡をお送りします。実際に書類選考を通過して面談へ進めたとしても、実際に会ってみたら印象が違ったり、複数名会っても1人も採用に至らないケースもあります。
 
この場合、人事の時間や工数がかなりのコストとしてかかってしまい、非効率な結果となりますので、転職エージェントを利用した方が結果的にコストを押さえられると言った事があります。
 

優秀かどうかある程度ふるいにかけられる

転職エージェントは金銭的な負担はかかるものの、転職エージェントを利用することで求職者をエージェントの方である程度の力量を測って精査してくれるので、採用リスクを最小限に抑えることもできます。
 

採用者に対する期待感も大きい

転職エージェント経由で採用した方は、高いコストが発生しているという面もありますが、それ以上に今の事業を伸ばしてくれるであろうという期間感も大きなものになります。
 

転職エージェントの3つの賢い利用方法

最後に、転職エージェントを利用する際におすすめの利用方法をご紹介していきます。求職者には費用もかかりませんので、利用するならとことん利用することをおすすめします。

「転職エージェントってどんな相談に乗ってくれるの?」と疑問の方は、『 転職エージェントに効率よく相談するコツとおすすめの相談先』も合わせてご覧ください。

転職エージェントは必ず複数利用して案件の取りこぼしを防ぐ

転職エージェントは数多くあり、登録する転職エージェントによって紹介できる求人案件に偏りがあります。つまり、複数の転職エージェントに登録しておくことで、求人案件の取りこぼしをある程度防ぐことができます。
 

相性がよくないエージェント担当者はすぐに変更する

結局一番大切なのは、担当キャリアコンサルタントとの相性です。担当者と合うか合わないかで転職活動の動きは大きく変わりますので、相性の良い担当者と出会いたいのであれば、複数の転職エージェントを利用しておいて次に乗り換えても問題ないでしょう。
 

転職エージェントの強みを知っておく

転職エージェントにも、特定の業界に特化したタイプや、年代別の案件に強い転職エージェントがいます。例えば、レバテックという転職エージェントは「IT・Webエンジニア専門の転職エージェント」で、求人案件も100%ITやWeb系です。
 
転職エージェントの担当者もIT知識のレベルが高く、応募先企業の開発レベルなどを聞いても、その回答に不満を感じる人はあまりいないでしょう。

総合的に紹介できる転職エージェントの方が多いのは確かですが、もしあなたITやweb系企業の採用担当だった場合、未経験の方が応募してくる可能性もあるところより、専門職で就職したいと思っている方が多い方へ採用案件を流すと思いませんか?

各転職エージェントの特徴や強みを詳しく知りたい方は、『 転職エージェント徹底比較|あなたに合った転職エージェントランキング』をご覧ください。
 

まとめ

今回の内容をまとめると以下の3つのことが言えます。
 
1:応募者には転職エージェントの費用はかからない
2:企業側は応募者の採用に年収の30%〜40%の費用がかかる
3:それだけのコストをかけている為応募者に寄せる期待も大きい
 
応募者はどうせ費用もかからないのだと思わず、採用されたらそれだけの期待を持たれていることを意識しておいた方が良いかもしれませんね。
 

 
Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職エージェントに関する新着コラム

転職エージェントに関する人気のコラム


転職エージェントコラム一覧へ戻る