あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
金融業界に強い転職エージェントと賢い利用方法
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 75 Office info 105 Office info 175 Office info 115 Office info 165 Office info 85 Office info 225 Office info 375 Office info 335 Office info 95
Ranking agent btn

金融業界に強い転職エージェントと賢い利用方法

New pixta 28038419 s

転職エージェントを選ぶには、あなたが行きたい業界に強いのか、あなたのキャリアに合った案件が紹介されているのかの2点を基準に考えましょう。このページでは金融に強い転職エージェントのうち、業界未経験からハイクラスまでの人たちが使いやすいものをそれぞれ紹介します。
 
合わせて金融業界への転職でエージェントを利用するメリットと注意点、賢く利用する方法、外資系金融の特徴なども紹介していますので、よろしければご確認ください。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

金融業界に強い転職エージェント5選

転職エージェントの中でも金融業界に強いものを5つピックアップしました。ノンキャリア向けからハイクラス向けのエージェントまでを紹介しますので、ご自身の経験に応じた転職エージェントをお試しください。

リクルートエージェント


転職市場にどんな求人が流れているのか知りたい人、自分の市場価値を把握したい人におすすめの転職エージェントです。とにかく求人数が圧倒的なので、どの層の方でもそれなりに利用しやすいでしょう。
 
とりあえず登録してみて金融業界にはどんな案件があるのかを知るためにも使えます。もしいい案件があれば応募してもいいですし、そうでなければ自分のキャリアにマッチした他のエージェントを利用するのもいいでしょう。

パソナキャリア

金融業界未経験の方に特におすすめの転職エージェントです。約21,000の案件を抱えており金融にも力を入れています。

特筆すべきはサポートのきめ細かさです。業界特化のアドバイザーの育成に力を入れており、キャリア相談や面接対策、履歴書の添削、案件紹介を丁寧に行ってくれます。
 
企業に対してスケジュールの調整や給与交渉をしてくれるので、年収アップが期待できます。異業界からの転職を考えている人は、わからない点や不安な点をひとつひとつ解決できます。

JAC Recruitment


キャリアに自身のある方や、ご自身の専門性に更に磨きをかけたい方におすすめの転職エージェントです。金融業界出身のアドバイザーが多く、独自つながりから希少価値のある案件を大量に保有しています。
 
外資系金融にも強く、年収を上げたい方にとってはチャンスになるでしょう。ただしスキル不足と判断されるといい案件を紹介してもらえませんので、自信のある方向けです。

ビズリーチ


現在高収入を得ている方におすすめの転職エージェントです。ハイクラス向けの求人に特化しており、特に金融に関しては年収2,000万円を超える案件も存在します。

金融業界での経験と実力に自身のある方はとりあえず登録しておくと、いい縁があるかもしれません。

コトラ


外資系金融に転職したい方におすすめのエージェントです。外資系金融に特化しており、担当アドバイザーは全員業界の出身者です。専門性が高く、キャリアを積んできた方にとってもかゆい所に手が届くようなサービスを受けられます。
 
外資系金融への転職は時間がかかります。コトラではそれを見越して中長期にわたりサポートしてくれますので、働きながらご自身のペースで活動を進めていけます。

  

金融業界への転職で転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用すると、求人情報に乗っていない内部情報を教えてもらえたり、非公開案件を紹介してもらえたりとメリットがたくさんあります。詳しくは以下をご覧ください。

 

求人情報だけではわからない金融業界の状況を教えてもらえる

上記で紹介したエージェントの中には、業界出身のアドバイザーが所属するものも多く、業界の状況に精通していますので、求人情報だけでは得られないディープな内情を聞かせてもらえます。
 
かつて業界にいたので内情に詳しいだけでなく、独特の人脈を抱えていたり、企業と直接話したりしているので、インターネットでは得られない本音の部分をよく知っています。

面接でアピールする際にこの生きた情報を知っているか否かで結果が変わってくることもありえます。

 

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは非公開案件を大量に保有しています。非公開案件とは、重要なポストの求人のため、内部情報を知られたくない企業が公開を制限しているものを指します。
 
このような求人に応募するには転職エージェントを使うしか方法がないので、利用するうえでの大きな魅力になります。

 

未経験から金融業界に転職する際も便利

例えば、なぜ〇〇業界から金融業界へ転職を考えているんですか?と聞かれたときに、具体的で説得力のある答えをスムーズに述べられるでしょうか。

転職エージェントは未経験から金融業界を目指す人にも、面接対策や履歴書添削といったサポートをしてくれます。
 
なかでも上で述べたパソナキャリアはサービスがきめ細かいので、業界未経験者は登録しておいて損はありません。

 

転職に関するサポートを無料で受けられる

これだけのサービスを無料で受けられるのはヘンと感じる人もいるでしょう。ここで転職エージェントのビジネスモデルを簡単に説明させてください。
 
転職エージェントは企業と求職者をマッチングしています。紹介した求職者の採用が決まると、企業から採用者の年収の30%前後が支払われ、そのお金で運営されています。

したがってあなたがお金を請求されることはありません。
 
ただし転職エージェントも数字を出してなんぼなので、人によっては望んでいない案件を紹介してきたり、都合のいいことしか言わなかったりする人もいます。罠にはまらないためにも、最低限次の内容は確認しておきましょう。
 

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントは無料で転職のサポートをしてくれる便利なサービスです。しかし頼りっぱなしになってしまうと、転職後にこんなはずじゃなかった。ともなりかねません。ここでは最低限知っておきたい注意点を説明します。

 

目的にあった転職エージェントを使う

当ページでは金融に強い転職エージェントをご紹介しました。ただし一概に金融特化といっても、未経験向けやハイクラス向けなど得意な求人の質が異なります。転職エージェントも数字をあげてなんぼですから、あなたに合わない案件を紹介してくることもあるかもしれません。
 
任せっきりにしたりせず、自分でも情報を集めたり、紹介してもらった案件が自分の市場価値にとって妥当なのかも検討していきましょう。複数の転職エージェトを使うと自分がどれくらいの案件をもらえるのか客観的に認識できます。

 

手厚いサポートを受けられるか確かめておく

大手転職エージェントは膨大な成功実績とともに積み上げられたノウハウがあります。ただし利用者が多いことから、一人のアドバイザーが複数の求職者を抱えている場合もあります。するとひとりひとりのサポートが手薄になるケースもあります。
 
そんな場合は情報収集に使うなど工夫をしながら、自分にあったエージェントや担当者を見つけていくといいでしょう。

 

担当者の腕で転職の成功が左右される

金融特化で自分のスキルに見合った案件を紹介してくれそうなエージェントを見つけたとしてもまだ安心はできません。エージェント自体の評判が良かったとしても、担当者の得意分野とあなたの望むものが合致していなかったり、経験が浅い担当者に当たったりする可能性もあります。担当者を代えてもらうか、違うエージェントを使うかして対処しましょう。

 

金融業界に強い転職エージェントを賢く利用する方法

転職エージェントの質にはバラツキがあるので、2~3社登録しておくのをおすすめします。転職サイトも利用しつつ、積極的に情報を収集していくことで頼りっきりになるのを防ぎましょう。

 

複数の転職エージェントを利用する

以上のように転職エージェントや担当者の質にはバラツキがあります。あなたとの相性が合わない場合もあります。サポートを受けつつリスクを避けるには、2~3社の転職エージェントに登録するといいでしょう。
 
1社だけ登録するよりもリスクを分散できますし、多くの案件に触れて目を肥やしたりチャンスを増やしたりできます。最初は相性がいいアドバイザーを見つけることを目的にしてもいいでしょう。

 

定期的に連絡をとっておく

担当者は案件を紹介する際に、更新日が若い求職者から連絡をしていきます。更新日とは最後にあなたがエージェントとコンタクトを取った日を指します。1~2週間に1度連絡をとっておくと声をかけてもらいやすくなります。

 

転職サイトを併用し、情報収集をする

転職エージェントではあなたにあった案件を紹介してくれるだけなので、能動的にどんな求人があるのかを調べられません。求人情報が不足していると感じたら、転職サイトをうまく使い情報収集していきましょう。
 
また、できればインターネット等で他にも情報を集めておくといいでしょう。例えば社員による口コミサイト『Vorkers』を利用すれば社内の実情をうかがい知れます。利用できるツールはどんどん使っていきましょう。

 

外資系金融の特徴

金融業界で転職をするのであれば、外資系も視野に入れてもいいかもしれません。実力次第で年収をどんどん伸ばしていける魅力がありますが、逆に結果が出なければリストラされるリスクもあります。ここでは外資系金融の大まかな特徴をご確認ください。

 

外資系企業へ転職することのリスクを詳しく知りたい方は、『外資系転職の失敗パターン5つと後悔しないために考えておきたいこと』も合わせてご覧ください。

実力があれば20代で年収1,000万円を狙える

徹底した実力主義なので、長く働いたからといって年収やポストが上がる保証はありません。ただし性別や国籍に関係なく、実力があればどんどん昇進・昇給できるのは魅了です。自分の力でキャリアを切り開きたい人にとってはやりがいがあるでしょう。

 

リストラされるリスクもある

特にファンドや投資銀行に顕著な傾向ですが、日本企業と違い結果が出なければどんどんリストラされます。給与水準が高いもののこうしたリスクもありますので、外資系に転職する際は覚悟しておく必要があります。

 

転職はキャリアアップのチャンスと考える

日本企業の場合、転職はネガティブな印象がつきまといます。しかし外資系の場合は転職によるキャリアアップは主流です。1社でじっくりと経験を積み重ねて働きたい人には向いていないかもしれませんが、次々と新しい環境に飛び込み挑戦したい人にとっては魅力的に感じることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?このページでは金融に強い転職エージェントを紹介したのち、転職エージェントを使うメリット、注意点、賢い利用法、外資系企業の特徴を見てきました。
 
転職エージェントは無料で使えて大変心強いですが、担当者に良し悪しがあるので最初は複数利用し、相性のいい担当者を見つけるようにしましょう。賢くサービスを活用しつつ、自分で情報収集するのも欠かさないようにしてみてください。
 

 
Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職エージェントに関する新着コラム

転職エージェントに関する人気のコラム


転職エージェントコラム一覧へ戻る