あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > 転職エージェント > マイナビ会計士の評判を徹底考察|サービス特徴・口コミ・利用時の注意点も解説
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 76 Office info 136 Office info 106 Office info 165
Ranking agent btn

マイナビ会計士の評判を徹底考察|サービス特徴・口コミ・利用時の注意点も解説

キャリズム編集部
監修記事
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2020 08 13 18.31.20

「マイナビ会計士」は、会計士の転職に特化した転職エージェントのサービスです。

 

ただ、「マイナビ会計士の評判ってどうなのだろう?」「マイナビ会計士で本当に転職できるのだろうか?」

そういった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はそういった方へ向けて、マイナビ会計士の評判を紹介した上で、ユーザーの生の声から分かるメリット・デメリットを説明します。

 

この記事を参考にして、マイナビ会計士の評判をチェックし、あなたに合った転職エージェントなのかを判断していただければと思います。

 

【公式サイト】https://cpa.mynavi.jp/

 

 

 

【2020年11月】コロナ渦で転職を成功させるには?

新型コロナウィルスの感染拡大による業績悪化などを理由に、多くの企業は採用活動の見送り続けているのが現状です。下図は厚生労働省が10月2日に発表した有効求人倍率の推移になります。

 

2020年9月時点の有効求人倍率は1.03倍。実に8ヶ月連続の低迷を続け、ここ数年で最も転職が難しい時代と言えます。

【2020年10月発表】新型コロナ感染拡大に伴う求人倍率の変化

求人数は減っているのに、求職者数は伸びているこの現状の中、よい求人に出会っても内定が出ない状況は大いに予想できます。このコロナ渦で、失敗しない転職に繋げる最も大きなポイントは・・・

続きを開く

 

  • いかに書類選考を通過率を上げる
  • 面接の準備を徹底すること
  • 転職のプロから最新の動向を聞くこと です

 

希望する企業への転職を成功させたいかたは、選考通過率を高めるためにも、プロの力を借りることをおすすめします。

 

  1. 20代〜30代まで幅広く対応できるエージェント(『type』『ビズリーチ』『マイナビエージェント』など)に3社ほど登録する
  2. 各担当から連絡が来たら、電話やオンラインで簡単な面談をうける
  3. 提案された求人などを見ながらアドバイザーと面接対策や書類の添削をしてもらう

 

転職の意思も固まっていないけど、相談してみることが大事です。リーマンショック以来の不況と言われる未曾有の状況ですが、「仕事の悩み」「転職すべきか迷っている」などの相談に関してはプロのアドバイザーですから、気軽な気持ちで行動してみましょう!

 

もし、どの転職エージェントを選んで良いかわからないという場合は、下記の診断ツールで、あなたにぴったりのエージェントが診断できます。

 

 

 

マイナビ会計士とは?主なサービス特徴

 

マイナビ会計士』とは、会計士の転職に特化した転職エージェントです。就職・転職サービスを広く手掛けている「株式会社マイナビ」が運営しています。

 

ここでは、マイナビ会計士がどういったサービスなのかを簡単に紹介しておきます。

 

運営会社

マイナビ会計士の運営会社は、就職・転職サービスを中心に行っている「株式会社マイナビ」です。就職情報誌の出版、採用活動に関するコンサルティング、人材育成・研修業務など就職・転職に関する事業を広く手掛けています。

 

その中でも大きな事業となっているのが、転職エージェントです。総合転職エージェントの他に、専門領域に特化した就職エージェントを運営しています。

 

  • マイナビEXECUTIVE AGENT
  • マイナビ税理士
  • マイナビ顧問
  • マイナビプロフェッショナル
  • マイナビ会計士

 

マイナビ会計士は、マイナビの総合エージェントから独立したサービスです。会計士に特化した専門の転職ノウハウで、会計士としての転職をサポートしています。

 

会計士の転職に特化している

マイナビ会計士は会計士の転職に特化した転職エージェントです。会計士として転職を希望する方の転職活動を、すべての工程で丁寧にサポートしています。

 

マイナビ会計士は提供する具体的なサポートは、以下のとおりです。

 

  1. 経歴・希望の確認
  2. 転職先の紹介
  3. 応募書類の作成支援
  4. 面接対策
  5. 内定・入社後のアフターフォロー

 

マイナビ会計士の転職サービスを利用するには、「公認会計士」あるいは「公認会計士試験合格」、「USCPA(米国公認会計士)」の資格が必要です。

 

はじめて転職する人でも安心

利用者の転職をサポートするキャリアアドバイザーは、会計士のキャリアに精通しています。利用者一人一人の経歴・希望に合わせて適切にアドバイスしてくれるので安心です。

 

実際、マイナビ会計士の転職実績のうち約70%を、はじめて転職活動をした方が占めています。

 

マイナビ会計士では、はじめて転職活動をする方へ転職に必要なノウハウを1から丁寧にサポートしています。はじめて転職をしようと思っている方も安心して利用できるでしょう。

 

 

 

マイナビ会計士の評判【利用者の口コミまとめ】

 

マイナビ会計士を実際に利用された方の生の声を掲載します。

 

マイナビ会計士では担当のキャリアアドバイザーの方から企業選定におけるポイントを明確に説明していただくことができました。

私が希望しているポジションとこれまでの経験を鑑みてアドバイスをもらい転職活動を進めることが出来たため、はじめての転職で不安がありましたが、納得のいく転職先から内定をいただき入社に至りました。

キャリアアドバイザーから的確なアドバイスをいただけたことが転職が成功した理由だと思うので担当のキャリアアドバイザーの方には感謝しております。

出典:https://cpa.mynavi.jp/service/first_time.html

 

紹介して頂いた求人の質が全体的に高く、レベルが適切で、非常に多く紹介して頂いた事がとても良かったと思います。

他社エージェント様と比較すると、待遇の悪い案件はかなり少なく、よい企業が揃っていたと印象に残っています。

出典:https://cpa.mynavi.jp/case_mt/company/366.html

 

2つの職種を希望し、勤務地や残業時間などの希望を数多く出しましたが、紹介される案件が希望に沿っていました。

また書類通過率も比較的高く連絡が早かったのも特長だと思いました。半数以上の求人先につき、個別の面接対策があり助かりました。一度内定辞退をしましたが、最終的に希望業種で内定をいただくことができました。

出典:https://cpa.mynavi.jp/case_mt/kaikei/367.html

 

おおむね希望している転職が実現できたため。職種および労働条件等。

また、キャリアアドバイザーの対応が迅速かつ丁寧で、メールや電話で転職活動を進めていく中で安心して任せられた。履歴書や職務経歴書をチェックしてくれたことも安心できた。

出典:https://cpa.mynavi.jp/case_mt/kaikei/364.html

 

希望の転職条件を考慮して転職先を紹介していただき、仕事の合間でも効率的な転職活動を行うことができました。

特に転職の各フェーズごとに職務経歴書の事前確認や面接対策、面接後の条件交渉や内定後の退職に際しての留意するべき事項等、色々アドバイスしていただき、大変助かりました。

他の転職エージェントにも登録をしていましたが、マイナビエージェント(ご担当者)ほど、親身に対応してくれる転職エージェントはありませんでしたので、転職を考えている友人にもお勧めできる会社と考えています。

出典:https://cpa.mynavi.jp/case_mt/finance/365.html

 

担当のキャリアアドバイザーが最初から最後まで同じ1人であったため、転職活動の状況を逐一把握していたことや一度面談をして顔を合わせている安心感もあった。

また転職先が決まった後も引き続き退職時までサポートしていただける点も良かった。また年齢が高かったが、その年齢に合う求人を紹介してくれた点も良かった。

出典:https://cpa.mynavi.jp/case_mt/company/361.html

 

 

実際の利用者の声をまとめると、マイナビ会計士の主な評判は以下に挙げるとおりです。

  1. 過去の経験や希望を考慮して的確なアドバイスをしてもらえる
  2. 求人の数が多いだけでなく、質も高く、レベルに合ったものを紹介してもらえる
  3. 個別の面接対策や、履歴書や職務経歴書のチェックなどのサポートがある
  4. 仕事をしながらでも、合間の時間で効率的に転職を進められる
  5. 転職先が決まった後も引き続き退職時までサポートしてくれる
  6. 担当のスタッフと面談するまでは非公開求人を見ることができない
  7. 信頼できるかどうかは結局のところ担当のスタッフ次第

公式サイト:https://cpa.mynavi.jp/

 

 

マイナビ会計士の評判から見る5つのメリット

 

マイナビ会計士を実際に利用した方の評判から、マイナビ会計士を利用するメリットを5つ取り上げて紹介します。利用者の生の声に基づいたメリットなので、ぜひ参考にしてください。

 

会計士のキャリアに精通している

私が希望しているポジションとこれまでの経験を鑑みてアドバイスをもらい転職活動を進めることが出来たため、はじめての転職で不安がありましたが、納得のいく転職先から内定をいただき入社に至りました。

出典:https://cpa.mynavi.jp/service/first_time.html

 

利用者の多くが感じているのが、「経験や希望から適切な転職先を見つけることができた」ということです。これは、マイナビ会計士のスタッフが会計士のキャリアに精通しているため、適切にアドバイスができたのだと考えられます。

 

実際、マイナビ会計士は会計士業界に精通したプロのキャリアアドバイザーが転職のサポートをしています。例えば、年間300以上の面談を担当しているスタッフなど、様々なキャリアパスを目の当たりにしているスタッフばかりです。

 

会計士として転職を考えている方であれば、安心して転職のサポートを受けられるでしょう。

 

非公開求人もあり質が高い

紹介して頂いた求人の質が全体的に高く、レベルが適切で、非常に多く紹介して頂いた事がとても良かったと思います。

出典:https://cpa.mynavi.jp/case_mt/company/366.html

 

「求人の質が高い」「求人のレベルが適切」「多くの求人を紹介してくれる」という評判も多く聞かれました。これは、マイナビ会計士が非公開求人も含めて豊富な求人案件を扱っているため、利用者に適切な求人を紹介できるからだと考えられます。

 

実際、マイナビ会計士は総合求人情報を提供する「マイナビ」の1サービスであり、マイナビの巨大なネットワークを活かした豊富な求人を保有しています。マイナビ会計士のWEBサイトに掲載している求人の約4倍の非公開求人を提供しています。

 

マイナビが運営する「マイナビ会計士」だからこそできるサービスだといえるでしょう。

 

面接・書類対策が充実している

 

履歴書や職務経歴書をチェックしてくれたことも安心できた。

出典:https://cpa.mynavi.jp/case_mt/kaikei/364.html

 

特に転職の各フェーズごとに職務経歴書の事前確認や面接対策、面接後の条件交渉や内定後の退職に際しての留意するべき事項等、色々アドバイスしていただき、大変助かりました。

出典:https://cpa.mynavi.jp/case_mt/finance/365.html

 

「履歴書や職務経歴書を徹底してチェックをしてくれる」「面接対策が充実している」という評判も多く見られました。マイナビ会計士を利用した方の多くは、面接・書類対策の質の高さに満足していることが見受けられます。

 

実際、マイナビ会計士では徹底した履歴書や職務経歴書、面接の対策を行っています。利用者のキャリアはそれぞれ異なるため、個人個人の状況を鑑みたオーダーメイドの書類・面接対策を提供することで、希望する転職の成功確度を高めています。

 

転職が初めてで書類作成や面接に不安を抱えている方でも、安心して利用できるでしょう。

 

内定後のアフターフォローも充実している

また転職先が決まった後も引き続き退職時までサポートしていただける点も良かった。

出典:https://cpa.mynavi.jp/case_mt/company/361.html

 

「転職先が決まった後も、退職までサポートしてくれた」という評判の声が多く聞かれました。現在勤めている会社を退職するとなると、その過程で会社側とコミュニケーションに齟齬が生まれたり、トラブルに発展したりするケースもあるでしょう。

 

マイナビ会計士では、転職先企業への内定が決まった後も、転職希望者を長期的にフォローする仕組みがあります。現在勤めている会社を退職する際に、その対応なども含めアドバイスをもらうこともできるので安心です。

 

退職する流れに不安のある方は、マイナビ会計士のスタッフに相談してみると良いでしょう。

 

仕事を続けながら転職活動ができる

希望の転職条件を考慮して転職先を紹介していただき、仕事の合間でも効率的な転職活動を行うことができました。

出典:https://cpa.mynavi.jp/case_mt/finance/365.html

 

「仕事を続けながらでも、転職を成功させることができた」という評判の声も多く聞かれました。実際、現職の仕事を続けながら、その合間を見計らってマイナビ会計士で転職活動を進めている人は多いようです。

 

マイナビ会計士では転職をサポートする際に原則直に合って面談を行うのが基本です。ただし、「忙しくて時間が取れない」「遠方にお住まい」といった状況の方に向けて、電話での面談も実施しています。

 

その後も、電話・メールでサポートを受けることができるので、なかなかまとまった時間が取れないという方でも安心して転職を進められるでしょう。

 

 

マイナビ会計士の評判から見る3つのデメリット

マイナビ会計士を実際に利用した方の評判から、マイナビ会計士を利用するデメリットを3つ取り上げて紹介します。メリット・デメリットの両方を参考にして、マイナビ会計士の利用を検討してみてください。

 

公認会計士資格者に特化している

マイナビ会計士の利用者を見てみると、いずれも既に会計士資格を取得している方です。

 

マイナビ会計士は、会計士に特化したエージェントなので会計士の資格が必要となります。会計士の資格とは、具体的には以下の3つの資格です。

 

  1. 公認会計士
  2. 公認会計士試験合格
  3. USCPA(米国公認会計士

 

会計士として転職するためには、当然ですが会計士の資格が必要です。会計士の資格をお持ちでない方は、まずは会計士資格の取得を目指しましょう。

 

登録をしないと求人を見られない

 

マイナビ会計士って担当と面談しないと非公開求人見れないんか、、、

出典:https://twitter.com/9uhNc/status/1213425432336293888?s=20

 

マイナビ会計士は、会員登録をしないと非公開求人を見られない仕組みとなっています。登録しなくても公開求人は閲覧できますが、サイト上に公開されている求人はマイナビ会計士が所有している求人のわずか20%程度です。

 

ただし、登録は無料なので、求人を見るために登録しておいても損はないでしょう。他の転職サービスでは扱っていないマイナビだけの求人もあるので、登録して見ておく価値は十分あります。

 

担当スタッフのレベルに差がある

 

私は一昨年転職する際にマイナビ会計士使いましたよ。信頼できるかどうかは結局のところ担当者次第かな、という気がします。私の場合ですが、かなり売り手市場なのもあってか、なるだけコスパ良く早めに内定取らせたいんだろうなー、という感じがしました。

出典:https://twitter.com/yano_cpa/status/1168379093462552576?s=20

 

「担当スタッフのレベルに差がある」という声も多く聞かれました。担当スタッフのレベルに差がある、というのはどの転職サービスでもあり得ることなので、仕方のない面ではあります。

 

ただし、担当スタッフのレベルよりも自身の経歴・スキルの方が重要です。経歴・スキルがあればスタッフも良い案件を多く紹介してくれますし、納得のいく転職ができる可能性が高まります。

 

マイナビ会計士で転職を成功させるポイント

すぐにでも転職をしたいという方向けに、マイナビ会計士で転職を成功させるポイントを紹介します。マイナビ会計士で転職を考えている方は、まずは以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

 

自分自身の価値を把握しておく

転職活動を具体的に進めていく前に、自分自身の価値を把握しておきましょう。なぜなら、1つの会社で長年勤めていると、自身の正確な市場価値が判断できなくなってくるからです。

 

現在あなたが会社からもらっている給料は、もしかしたら市場価値よりも低いかもしれません。そうなってくると、転職先の会社に求める条件も大きく変わってきます。

 

転職エージェントで面接を行ったら、まずはキャリアアドバイザーの方に自分自身の市場価値を客観的に判断してもらいましょう。

 

転職の条件を明確にしておく

転職活動を行う際は、転職の条件を明確にしておきましょう。なぜなら、キャリアアドバイザーと2人3脚で転職を進めていく上で、転職条件を共有しておくことは非常に重要だからです。

 

「良い求人を紹介してもらえなかった」という感想の背景には、転職の条件がキャリアアドバイザーの方にうまく伝わっていなかった、という可能性も考えられます。

 

自分が譲れない条件を設定しておき、条件に優先順位を付けておいてください。その上で、客観的な数字や具体的な表現で、キャリアアドバイザーの方に伝えましょう。

 

年収などの目先の待遇に惑わされない

年収などの目先の待遇に惑わされると、転職を成功させることはできません。なぜなら、この先の人生の多くの時間を、転職先の企業で過ごすことになるからです。

 

年収などの待遇は良くても、実際に転職してみたら業務内容が想像と違っていたということもあり得ます。転職によって年収が増えたとしても、その他の面で不満を抱えることになれば良い転職とはいえません。

 

人生の長い期間に渡って転職先に努めることを想定し、冷静な判断をするようにしてください。

 

 

 

マイナビ会計士はこんな人におすすめ

マイナビ会計士を実際に利用した方の評判をまとめると、以下のような方におすすめです。

 

  • 会計士としてキャリアアップを目指している方
  • 働きながら転職活動を進めたい方
  • はじめての転職で不安を抱えている方
  • 現在勤の会社を退職するにあたり不安がある方 など

 

マイナビ会計士では非公開求人を含め、質の高い求人情報を閲覧することができます。まだ、転職を本気で考えていない方も無料登録して、求人情報を確認してみてはいかがでしょうか。

 

 
Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職エージェントに関する新着コラム

転職エージェントに関する人気のコラム


転職エージェントコラム一覧へ戻る