あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
転職エージェントの選び方徹底ガイド|最高の転職に繋がる3つの比較ポイント
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 96 Office info 176 Office info 186 Office info 165
Ranking agent btn

転職エージェントの選び方徹底ガイド|最高の転職に繋がる3つの比較ポイント

キャリズム編集部
監修記事
%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%9f%e3%81%a1

転職エージェントをつかって転職活動をする際、転職エージェント選びはかなり重要になります。

 

よい転職エージェントとは、よいキャリアアドバイザーに出会えるかでほぼ決まりますので、

 

  1. 良い転職先の紹介を受けたい
  2. いまよりも年収の高いところで働きたい
  3. もっと職場環境のよいとろに転職したい!

 

という要望は最初の転職エージェント選びから始まっていると言えます。

 

転職エージェントは転職活動のサポートをしてくれる心強い味方ですが、マイナビエージェント、リクナビエージェント、DODAなど、エージェント数は数多く、同じ転職エージェントでも所属するキャリアアドバイザーも数多く在籍しています。

 

そのため、何を基準に選んでいけば良いかわかりにくいのが現状でしょう。

 

平成28年度職業紹介事業報告書の集計結果」によると、転職エージェント(職業紹介事業所)の数は20,406件存在、年々その数を増やしています。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/ckeditor_assets/pictures/1216/content_agent_transition.png

参考:平成28年度職業紹介事業報告書の集計結果

 

転職エージェント選びは、転職活動の進め方はもちろん、転職後の仕事や今後の人生にも大きな影響を与えるものになります。

 

そこで本記事では、転職エージェント選びのポイントや比較すべき項目などをご紹介します。

 

また、後半ではおすすめの転職エージェントをランキング形式でご紹介していますので、転職エージェント選びに迷ったら、ぜひご覧ください。

 

もし、選ぶのが面倒、手っ取り早くどの転職エージェントが良いか知りたい場合は、こちら▼▼▼の転職エージェント診断ツールをご利用いただければ、あなたにぴったりのエージェントをご紹介します!

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

転職エージェントの選び方|知っておくべき3つの比較ポイントを徹底解説

 

1:総合型・専門型・属性別の種類で選ぶ

約20,000件以上存在する転職エージェントですが、大きく分けると『総合型転職エージェント』と『専門職特化型転職エージェント』の2つに分かれます。

 

転職エージェントの選び方の第一歩は『総合型』か『専門職特化型』で判断するのが良いでしょう。

 

総合型転職エージェントとは|主な特徴とメリット・デメリット

総合型転職エージェントとは、マイナビやリクナビなどの大手転職エージェントに多く見られる、業種や職種を幅広く紹介するタイプの転職エージェントです。

 

  1. 未経験の職種に挑戦してみたい
  2. 自分が進むべきキャリアが明確になっていない
  3. 多くの求人の中から選びたい
  4. 初めての転職活動で不安が多い など

 

上記のニーズを持つ人におすすめの転職エージェントと言えます。紹介する企業が大手有名企業であることも少なくありませんので、ネームバリューを重視する人も安心して利用できるといえるでしょう。

 

総合型転職エージェントのメリット|多くの求人の中から選べる

転職エージェントの特徴として「非公開求人」というものがあります。これは転職サイトのように自分で企業を見つけて応募する「公開求人」というものではなく、転職エージェントしかしらない求人情報のことです。

 

その数は公開求人数の約9倍と言われており、自分の適正や能力、自分の希望を加味した上で自分に合った求人を紹介してもらえます。

 

あなたにはこの業種が向いています」というような大雑把なアドバイスをされるわけでなく、「○○という企業の採用担当があなたのような人材を欲しがっていました」というように、非常に具体的に求人を紹介してもらえます。

 

総合型転職エージェントのデメリット|専門業種への転職には少々不向き

大手転職エージェントはあらゆる職業・業界の求人情報を扱う特性上、例えば『エンジニアの転職』『デザイナーの転職』など、専門業種への転職サポートには少々不向きな部分もあります。

 

企業の内情などを知りたい、企業の紹介を受けたい、事務職・総合職系の求人を教えて欲しいというであれば問題ありませんが、技術職系の方が転職する際のサポート体制(こういう見せ方をすれば受かりやすい)などは、過度の期待はおすすめできません。

 

専門職特化型転職エージェントとは|主な特徴とメリット・デメリット

特化型転職エージェントとは、IT・エンジニア・SE・看護師・薬剤師など、特定の業界や職種に特化して求人を紹介する転職エージェントです。サポートにあたるキャリアアドバイザーも業界出身者であるケースが多くため、深い知識をもとにしたサポートを受けられます。

 

専門職特化型転職エージェントのメリット|特定の業界でキャリアアップできる
  • この業界で自分のキャリアを積み上げたい
  • 自身の進むべき道がはっきりしている人
  • 専門職でキャリアアップをしたい
  • あまり知られていない優良企業への転職したい など

 

上記の場合におすすめの転職エージェントだといえるでしょう。特化型転職エージェントは専門性が非常に高いので、「この業界で生きていく」と明確に決まっている人には最適です。

 

専門職特化型転職エージェントのデメリット|紹介される求人数が少ない

専門型の転職エージェントの難点は、紹介できる求人数が少ないことです。

 

総合型は大手が中心とお伝えしましたが、企業側もその認知度の高さから「とりあえず」大手に求人を出す傾向にあります。専門型は非常にニッチな隙間を狙うことになりますので、公開求人数、非公開求人数ともに少なくなります。

 

「だったら最初から大手の総合型転職エージェントを使えば良いのでは?」と思う方も多いと思いますが、

 

  1. 大手企業にはこだわらない
  2. 有名企業よりもワークライフバランスを重視したい
  3. とことんキャリアップをめざしたい
  4. 大手企業で疲弊してしまったから専門職に理解のある企業に転職したい

 

などの考え方を持っていれば、求人数の多さより、より絞られた「技術職に理解のある企業」から選べるメリットがあると言えます。

 

属性型転職エージェントとは|主な特徴とメリット・デメリット

属性型とは、『20代・フリーター』『第二新卒』『女性特化』『ハイクラス』などのジャンルを専門としている転職エージェントを、キャリズでは便宜上こう呼びます。

 

総合型や専門職特化型転職エージェントとの違いは?

総合型や専門職特化型との大きな違いは、『年齢』『性別』『年収』に重きをおいた求人情報に絞っている点です。

 

例えば20代・第二新卒は転職市場の中でも『狙い目』と言われる人材で、25歳前後の若手を長期雇用しようと企業が増えている現状を踏まえ、最近の伸びてきている領域です。

 

「第二新卒者」とは、それぞれの企業の中で第二新卒の定義がある場合にはその定義によるものとし、特に定義がない場合は、学校(高校、専門学校、短大、高専、大学、大学院)卒業後、おおむね3年以内の者とした(学校卒業後すぐに就職する新卒者は除く。また、職務経験の有無は問わない)。

引用元: 厚生労働省|若年者雇用を取り巻く現状

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/ckeditor_assets/pictures/1217/content_content_%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_2018-11-12_19.22.37.png

参考:厚生労働省|若年者雇用を取り巻く現状

 

また、ハイクラスというのは年収600万円以上の人がさらにステップアップ、年収アップを目指す際に、管理職や取締役などのポジションを紹介する分野になっています。

 

 

 

2:求人数の多いエージェントに登録する

多くの求人数を持つ転職エージェントに絞って登録するというのもよい手段です。求人数が多ければ、それだけ理想の企業を紹介してもらえる可能性が高まります。

 

先ほどのマイナビの例でも「総合型」でありながら「専門職」もあつかう大手エージェントはやはりおすすめと言っていいでしょう。

 

「転職エージェントが多すぎてどれを選んだらよいのか分からない」という人は、とりあえず求人数が多いエージェントから順に登録していくことをおすすめします。

 

表:求人数の多い転職エージェントランキング(2019/07/09時点)

1

リクルートエージェント

公開求人数:120,000件以上

2

ワークポート

公開求人数:20,000件以上

3

Spring転職エージェント

公開求人数:20,000件以上

4

マイナビエージェント

公開求人数:13,000件以上

5

パソナキャリア

公開求人数:11,000件以上

6

ビズリーチ

公開求人数:10,000件以上

7

type転職エージェント

公開求人数:10,000件以上

8

ランスタッド

公開求人数:10,000件以上

9

JAC Recruitment

公開求人数:7,000件以上

10

エンエージェント

公開求人数:2,500件以上

 

3:担当キャリアアドバイザーの質と相性

転職エージェントも人間ですから、担当アドバイザーの能力次第で転職活動の結果が左右されることがあります。

 

どんなに人気の美容室へ行っても、担当の美容師のキャリアがまだ浅かったり、技術に乏しかったりすると仕上がりには満足できないのと一緒で、よいエージェントに出会えるかどうかが非常に重要になってきます。

 

悪いエージェントに当たった場合、せっかく内定をもらえそうだったのにエージェントの発言ひとつで企業の反応が悪くなってしまったという事例もあるので、エージェント選びは慎重に行いましょう。

 

まずは複数の転職エージェントに登録して担当者を比較する

転職エージェントにはそれぞれ得意とする業界や職種、サポートの特色が違うことはお伝えしましたね。

 

そのため、よい担当者と出会うためにも、まずは2社〜3社ほどの転職エージェントに登録し、自分に合うキャリアアドバイザーを探すことが大切です。

 

最初から1つの転職エージェントに絞り込むのもよいですが、まずは複数のエージェントに登録して実際に相談し、その上で判断した方が賢明です。

 

1つのエージェントしか知らないと、「エージェントってこういうものなのか」という思い込みでエージェントを認識してしまいますが、本当は他にもっとよいエージェントがあるかもしれません。

 

転職エージェントに登録するのも相談するのも無料ですから、遠慮せずにどんどん登録していきましょう。

 

自分の適性や能力を診断してくれるかどうか

転職エージェントに登録すると、無料でキャリアやスキル、業界や業種への適性を診断してもらえます。

 

自分でも気づかなかったポータブルスキルを見い出してもらえたり、キャリアアップのために今身につけておくべきスキルなどを具体的にアドバイスしてもらえたりと、無料とは思えないサービス内容は転職エージェントを活用する大きなメリットです。

 

ただ、担当キャリアアドバイザーによっては求人を紹介してあとはお任せという方もいます。あなたがそれで問題なければ良いのですが、きちんとサポート体制を受けたい場合は、無駄に「お祈り」を受ける可能性もあります。

 

「あしらわれる」というのは少々語弊のある言い方かもしれませんが、相性は大事にしましょう。

 

給与条件の交渉までしてもらえる

やはり転職エージェントの担当者で一番重要なのはこの能力です。

 

アドバイスの内容に説得力があったり、自分の理想にぴったりとマッチした企業を紹介してくれたりするエージェントがサポートしてくれれば、転職がうまくいく可能性はぐっと上がります。

 

転職エージェントを利用して転職活動を進め、内定をもらえた際には最終的な条件交渉もエージェントが代行してくれます。

 

「もう少し給料が高いと嬉しい」「休みはそれ以上増やせないか」など、直接企業には交渉しにくいことでもエージェントに任せれば安心です。

 

逆に、エージェントの能力に不満があるのなら、すぐに違う転職エージェントに乗り換えましょう。

 

転職エージェント・アドバイザー利用するもの

 

気の弱い人や、転職ビジョンがはっきりしていない人はエージェントの言うことを全て受け入れてしまったり、本当は違うエージェントで決めたくても気を遣ってしまい、自分の納得のいかないエージェントのまま転職を決めてしまったりしてしまいます。

 

『エージェントは利用するもの』だとしっかり認識しましょう。

 

たくさん働いてもらったけど、やっぱり納得いかないから他のエージェントにしよう…」というのも全く問題ありません。

 

転職はエージェントのためにするものではなく、自分のためにするものです。

 

 

転職エージェントやキャリアアドバイザーの賢い利用方法は?

転職エージェントを活用するメリットは最大限に活かし、デメリットは可能な限りカバーしてエージェントを利用することが大切です。

 

アドバイザーにもノルマがある|担当者が合わない場合は変更しよう

エージェントにも成約実績などのノルマがあり、中には自身のノルマを達成するために強引に転職を勧めてくる人もいます。

 

「この人執拗に転職を勧めてくるけどなんでだろう…」というようなことを感じた時には、運悪く悪いエージェントに当たってしまった可能性があります。

 

そうなった場合は違う担当者に変更してもらうことも可能ですし、別の転職エージェントに絞って転職活動を行えば良いので、違和感を感じたらすぐに交代してもらいましょう

 

アドバイザーには嘘をつかない

転職理由たとえネガティブなものでも、アドバイザーには正直に伝えた方がメリットは大きいでしょう。

 

経歴に自信がなかい。強みとして打ち出せるスキルもない場合でも、キャリアアドバイザーとの面談でどういった見せ方、言い方であればマイナス面を払拭できるか。

 

そういった事情であればどこの企業なら採用してくれるかの情報をくれますので、キャリアアドバイザーの前では正直に話した方が、のちの面接時にプラスになることは多いでしょう。

 

条件面は遠慮せずに伝えておく

例えば

  • 年収はこれぐらい欲しい
  • 年間休日は何日以上
  • 〜〜ができる仕事環境
  • 大手・上場企業への就職 など

 

転職にあてって入りたい企業に希望があれば、最初は高めの希望を伝えておくことが大事です。

 

数万件以上の求人情報を扱っている転職エージェントですので、もしかしたら全ての条件を満たす企業があるかもしれません。

 

「自分のスキルではこの程度」だとは考えず、まずは高めの企業を出してもらうことをおすすめします。

 

転職エージェントを利用するメリットはある?

転職するのに、転職エージェントを利用しなければいけないということはありません。

 

ただ、利用した方が、転職サイト経由よりもメリットがあることは確かです。一般的に転職エージェントを活用するメリットを3つほどまとめましたので、詳しく解説していきます。
 

転職サイトにはない非公開の求人に応募が可能

転職エージェントは少数の人を精選して採用したい場合に使われる「非公開求人」を多く取り扱っていますので、あなたの職歴によっては、大手企業の提案も多数存在します。
 

転職エージェントの求人は約80%が一般には公開されていない求人です。よくある求人サイトであるリクナビやハローワーク、フリーペーパーなどでは全体の20%しか手に入れることができません


転職はどれだけ条件に合った求人情報を手に入れられるかによって成功の可否が決まるため、80%の非公開求人情報は確実に手に入れられるようにしておきたいですね。
 

面接の日程調整や給与交渉を転職エージェントがやってくれる

地味に良いところがこのスケジュール管理です。転職活動は通常仕事をしながら行うため、応募先企業との調整が結構面倒だったりします。

 

求職者は担当者と微調整をすれば良いわけですので、リスケのお願いも直接応募先に電話するのはストレスですが、担当の人ならまだ幾分し易いというメリットがあります。
 

また、仕事をしていると企業との面接日程の調整がスピーディーに行えないケースも多いですが、給料や入社時期など直接交渉を転職エージェントに入ってもらい、企業との調整・交渉を進めてもらえるのは非常に助かる部分と言えます。
 

企業の内情が知れる|ブラック企業に入る可能性が減らせる

転職エージェントは求人の募集条件を決めるため、企業の経営層や人事部と直接話をすることが多いため、社内の雰囲気やネットだけではわからない情報を手にすることができる。

 

これは自分で求人サイトを使った転職活動では知り得ないため、かなり大きなメリットと言えます。
 

 

 

【業界・職種別で評価】評判のよいオススメの転職エージェント15選

 

総合一般転職ならおすすめのエージェント5選

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、首都圏・関西圏で実績のある転職エージェントです。

 

数あるエージェントの中でも利用者満足度はNo.1を誇ることから、そのサポートの有用さが伺えます。 幅広い業界に対応しており、大手企業のみならず、中小・ベンチャー企業への求人も多数揃えています。

 

転職活動中は面接や履歴書の対策、転職後は手厚いアフターフォローといったように、 最初から最後まで転職者に寄り添ったサービスを受けたい方にはぴったりのエージェントです!

 

type転職エージェント

転職者の71%が年収UPという魅力的な実績を持つ『type転職エージェント』。

 

1都3県での実績に定評があり、首都圏で転職活動を行う方は登録必須のエージェントです。また、求人の8割は非公開求人なので、「他のサイトには載っていない非公開求人をたくさん見たい」「転職で年収をUPさせたい」という方におすすめのエージェントです。

 

パソナキャリア

人材派遣業界でもトップ企業のパソナが運営する転職エージェントが『パソナキャリア』。手厚いサポートに強みがあり、カウンセリングによって転職者のニーズを的確に見極め、一人ひとりに適した転職先を見つけてくれると評判です。

 

転職活動が初めての方や、転職したいけれど自分がどのような業種に向いているかまだ分からないという方は、パソナキャリアでのサポートを受けてみてはいかがでしょうか。

 

JACRecruitment

ハイキャリア案件に特化しているのが『JACリクルートメント』。自分のキャリアやスキルに自信がある人は、JACリクルートメントに登録することでキャリアアップや年収アップが望めます。

 

また、海外9ヶ国とのグローバルネットワークを築いており、外資系の海外転職にも強いのもポイントです。

 

転職者が持っているスキル次第ではとても高いレベルの転職先に出会えるため、自分のキャリアに自信がある、もしくは自分の市場価値を確かめたいという方におすすめのエージェントになっています。

 

リクルートエージェント

業界最大手で、案件数・内定数ともにNo.1の『リクルートエージェント』。紹介されている求人数は非公開求人も含めて12万件と、業界の中でもトップクラスです。

 

最大手という特徴から、面接対策のために用意される質問例なども膨大なデータ量を誇ります。

 

また、ハイキャリアの人もそうでない人からも支持されており、どんな人でも登録しておいてまず間違いがない転職エージェントです。

 

IT業界・エンジニアの転職におすすめのエージェント3選

マイナビエージェントIT

大手『マイナビグループ』が運営するIT・エンジニア系専門の転職エージェントです。大手の強みを活かしたさまざまな求人を所有しており、総合型と専門型のいいとこ取りをしたような転職エージェントです

 

『マイナビエージェントIT』は、キャリアアドバイザーのサポートに定評があります。希望者とは必ず面談を行ない、あなたの希望を聞いた上で、最適な転職先を提案してくれるなど、エンジニアやWebプログラマーだけでなく、ITコンサル畑の方にもおすすめです。

 

レバテックキャリア

『レバテックキャリア』は、IT・Webに特化した転職エージェントです。IT業界の転職エージェント市場ではかなり大手です。

 

もともとシステム開発の受注から始まった会社ですので、社内のキャリアアドバイザーは技術的な知識を豊富に持っているケースが多く、転職活動をするにあたって心強い味方になるでしょう。

 

また人事だけでなく、現場のプロマジェクトマネージャーと、欲しい人材をしっかりと共有しているため、双方のニーズを照らし合わせながら、質のよい求人を紹介してくれます。

 

Geekly

『Geekly』は、IT業界のみの転職支援を行なう、唯一のエージェントです。エンジニアにこだわることなく、Webディレクターから営業関連まで、IT業界のさまざまな職種を揃えています。

 

転職決定までのスピード感が圧倒的に早く、最短で登録から1ヶ月程度で内定まで辿り着いたケースもあるそうです。

 

アドバイザーもIT業界出身の方が多く、応募者のスキルをしっかり見極めて転職先を選定してくれるため、転職後のミスマッチも少なく、利用者満足度の高いエージェントです。

 

看護師・薬剤師など|メディカル業界の転職におすすめのエージェント3選

マイナビ薬剤師

人材大手マイナビグループが運営する、薬剤師の転職利用者満足度No.1のエージェント。

 

IT同様、マイナビグループの特色を生かした丁寧なサポート体制から、利用者満足度が5年連続No.1を獲得しており、 薬剤師の転職志願者であれば、登録しておいてまず間違いないエージェントでしょう。

 

ナース人材バンク

株式会社エス・エム・エスキャリアが運営する転職エージェントサービスです。

 

会社名はあまり聞いたことはないかと思いますが、会社単位として医療介護に従事しているので、看護師の転職に特化していると部分においては大手にも引けを取らないサポート体制を敷いていると言っても良いでしょう。
 
表には出てきていませんが、年間10万人以上が利用しているサービスでもあり、特に目立った風評もありませんので、安心して登録して良いと思います。

 

M3キャリアエージェント

M3キャリアエージェントは、転職希望医者の登録実績が6年連続でNo.1の転職エージェントです。常勤医者の求人数は約1万4,000件、非常勤医者の求人数は約4,700件掲載されています(2018年6月時点)。

 

登録している医者が20万人以上いることによる情報収集力や、勤務条件の交渉力などが強みと言われていて、サイト上で担当してくれるコンサルタントの方を地域ごとに1人ずつ紹介しているのも印象的です。

 

第二新卒・既卒・ニートにオススメの転職エージェント3選

ジェイック

『JAIC(ジェイック)』は、営業職の転職に特化した転職エージェントです。

 

採用成功率80.3%という成果があり、取引先も5万社を超え、社会経験のない20代をしっかりと時間をかけて育てていきたいと考えており、業界未経験者を採用する意欲が高い会社を紹介できるということが最大の特徴です。

 

 

 

ウズキャリ

20代のニート・フリーターの就職に強みをもち、就職内定率86%を誇る転職エージェント。

 

独自の基準を設けてブラック企業の求人を排除しており、利用者の8割が20代。一人ひとりに時間をかけるサポート体制が特徴で、35,000人以上の就職支援実績があります。

 

ハタラクティブ

内定率80.4%の実績!向いてる仕事、求められる仕事が発見できるのがメリット。60,000人以上のカウンセリング実績があり、書類審査通過率が91.4%と高水準をキープしている。

 

面接後のフィードバックをしっかり行ってくれるのも嬉しいサポートで、内定率も80.4%という実績がそれを物語っていると言えますね。未経験OKの企業だけで1,500社以上掲載しています。

 

女性の転職に特化|type女性の転職エージェント

女性向け求人を多数もち、キャリアアップを目指す女性におすすめ。1都3県において、女性が転職を考える際に参考にしたい転職エージェントです。

 

女性を求めている企業の求人が比較的多いため、女性ならではの強みを活かして転職活動に臨めるでしょう。

 

年収交渉にも強く、プライベートも充実させながら高収入を狙いたいという方にとっては、 是非登録しておきたいエージェントです。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

表:その他、業界別おすすめ特化型転職エージェント一覧

20

事務職

女性向け

営業職

美容業界

教育業界

弁護士

海外向け

IT業界

第二新卒

外資系

会計士

金融業界

経理

エンジニア

エグゼクティブ

英語系

広告業界

薬剤師

保育士

看護師

 

 

まとめ

転職エージェントを転職活動に活かすためには、エージェントを利用するメリットとデメリットをよく理解し、上手に利用することが重要です。

 

どのエージェントを選んだらよいか分からないという人は、まず複数のエージェントに登録し、実際にエージェントを利用しながら絞り込んでいくと、転職活動がスムーズに進みます。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職エージェントに関する新着コラム

転職エージェントに関する人気のコラム


転職エージェントコラム一覧へ戻る