トップ > 転職ガイド一覧 > 転職エージェント > 旦那が転職に失敗した例と原因|旦那を立ち直らせるために大切な行動

旦那が転職に失敗した例と原因|旦那を立ち直らせるために大切な行動

転職エージェント

旦那さんが転職に失敗してしまって悩んでいるという方は少なくないようです。仕事は家族が生活していくための収入のベースになるものなので、奥さんにとってもなんとか解決したい重要な問題ではないでしょうか。
 
この記事では、なぜ旦那さんが転職に失敗してしまったのかというエピソードや、それらに共通する原因、そして転職に失敗してしまった場合に、考え方を切り替える際のポイントなどについて説明していきます。
 
旦那さんの転職活動については、奥さんが協力できることもたくさんあります。転職の成功はそのまま家族の幸せにつながる大切なことですので、可能な限り協力していくようにしましょう。
 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
転職エージェントを複数利用する際の正しい選び方とは?

転職エージェントを複数利用する際も、同じ領域で業務を展開するエージェントに登録しても意味がありません

 

例えば、営業職で転職を検討している場合、まず登録すべきは大手で求人数を多数抱える『マイナビエージェント』や『doda』『type転職エージェント』のいずれか一つをまず選択。

 

マイナビエージェント」や「doda」の両方に登録しても構わないのですが、どちらも総合的な職種を扱うエージェントですので、高確率で紹介される求人に被りが出てしまいます。

 

では、2社目のエージェントはどこにするかというと、『営業職の転職に強みを持つエージェント』です。

 

2社目以降の選び方を確認する

 

とはいえ、営業職はどこの会社にもある最もポピュラーな職種ですので、比較検討すべき軸としては・・・

 

行きたい業界に特化しているエージェント

自分の年代に近い求職者が集まっている

の2軸になります。

 

この場合は、行きたい業界で選ぶなら・・・

を、私たちは提案します。

 

そして3社目の、自分の年代に近い求職者が集まっているエージェントですが、エージェントが抱える求職者も年代にはばらつきがあり、どの年代層が得意といった色があるので、最後に年代別に強いエージェントにも登録しておくと盤石です。

 

たとえば、

  1. 20代後半までの第二新卒であれば『ハタラクティブ
  2. 29歳までの狭間の世代なら『U29JOB(ユニークジョブ)
  3. 30代前半から後半の範囲であれば『パソナキャリア
  4. 40代後半までであれば『ビズリーチ
  5. 50代なら『JACリクルートメント

が良いかと思います。整理するとこんな感じですね。

 

総合転職

いずれか1社

マイナビエージェント

type転職エージェント

doda

業界別

2社目

不動産業界

宅建ジョブエージェント

IT業界

レバテックキャリア

コンサル業界

ムービン

広告業界

マスメディアン

年代別

3社目

ハタラクティブ

U29JOB(ユニークジョブ)

パソナキャリア

ビズリーチ

JACリクルートメント

 

評判の良い各業界別・年代別のエージェントは「こちら」にまとめてありますので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

この記事に記載の情報は2021年03月30日時点のものです

旦那さんが転職に失敗した例・失敗の原因

『Yahoo !知恵袋』や『発言小町』などのサイトを調べてみると、旦那さんが転職に失敗してしまった例はたくさんあり、人によって理由もさまざまなことがわかります。
 

旦那さんが転職に失敗した例

 

夫30歳、私29歳、子供3歳、1歳の4人家族です。夫婦共働きですが、家のローン等のため毎月ギリギリの生活をしています。先日夫は、今の会社にいてもこれ以上給料は上がらないと理由で、家計のために自らA社(県内大手、今よりも給料もよい)の中途採用に応募しました。そして見事に合格したのです。「あ~、これでなんとか貯金もできるなあ・・・」と思ってウキウキしていたのですが、A社に勤めて2週間後突然「やめたい」と言い出したのです。転職する際、「これは俺にとって最後の転職だ。がんばるぞ。」と言ってたのに・・・理由を聞くと「会社の人間がつまらない、仕事中に全然会話が無いから」というくだらない理由でした。前の会社では、みんな仲がよく仕事中でも世間話しまくりだったそうです。
(引用元:発言小町)

 

旦那34歳が転職に失敗したと悩んでいます。どうアドバイスしていったらよいか教えてください。
4社目です。入社して1ヵ月も経ちませんが毎日イヤイヤ出社しています。
前職場には7年くらい在職していて仕事の内容は前職の方がよかったそうですが、年齢の近い上司が権限を握っているため「自分は上にたてない、裁量権がない」と34歳がラストチャンスとばかりに転職活動をしました。
今の職は前の職よりも自分のやりたい仕事ではないが人間関係はとても良いそうです。
しかし「前の仕事の方がやりがいがあった。もう少しいればよかった。」と言いだし、その後眠れなくなり「生きる希望が持てなくなった。」と少し心が病気になってきている気がします。今思うと転職のタイミングではなかったのでしょうか…?
我が家は子供が2人いて共働きです。わたしも常勤の仕事をもっていますが、転職に失敗した経験がなく、また男性と女性の価値観の違いもあると思うのでうまくアドバイスできません。どのように声をかけたらいいか教えてください。
また、失敗から立ち直った時の経験があるかたもお願いします。
(引用元:Yahoo!知恵袋)

 

36才で転職に失敗した主人。大手企業に勤めていた主人が中小企業の社長に誘われ、転職しました。 地元を離れなければいけないという事で迷いましたが年収など条件が良かった為、転職を決めました。しかし、実際は年収も条件には全く届かない金額、福利厚生なども充実していないし、休みは週一あるか、ないか、勤務時間は毎日1日12時間。社長は『売り上げが上がれば給料も上げる』と言われているそうです。主人は騙されましたよね?この先、この会社に勤めて正解だと思いますか?ざっくりした質問ですが、お答えください。宜しくお願いします。
(引用元:Yahoo!知恵袋)

 

48歳の旦那が転職に失敗しました。3歳と1歳の子供もいるのにです。2月20日まで、総支給26万 手取21万、朝から晩まで働きづめ、残業代なし、の人材派遣の営業で働いていました。
20年前から知っている飲食店を経営している社長が、新しい業務をするので、営業としてきてくれないかということで、転職しました。そこは総支給30万 手取25万 朝も9時から出社で19時には帰ってきます。70歳まで働けるということで子供も小さいので安泰と思っていました。
が、入ったその日に、融資がおりなかったらしく、新しい業務が延期。飲食業から完全手をひきたかった社長は敢え無く、飲食を続けざるおえなくなり、旦那に飲食に入るように言ってきて、それができないなら辞めるしかないよねと退職をあっせんしてきました。旦那は腰痛持ちで、飲食など立ち仕事は無理です。
(引用元:Yahoo!知恵袋)

 

2月に第2子を出産し、現在産休中です。育児休暇は1年取得予定です。主人も私も36歳です。
妊娠中に主人と以前職場が一緒だった先輩(私も知っています)から自分の今いる会社に来ないかと誘われ、待遇面や福利厚生もよく、仕事内容も主人がやりたいものだったので転職を決めました。ただ、気がかりだったのが外資系(といっても外資の在日法人?)で主人は英語が苦手だということです。
英語については何度も確認し、「必須ではないけど話す方はともかく読む方はできたほうがいい」という事で、主人も勉強を始めたのですが。。。
転職して3ヶ月経ちましたが現実は厳しかったようです。日本語でも難解な専門用語ばかりの文献が英語で書かれ、仕事になる前にそこでつまづき先へ進めない状況が続いてるそうです。
主人は今の打破できない現状にどんどん自分を追い詰めてしまい、数日前「もうダメだ」と・・・心が折れてしまったのだと思います。
主人は決して仕事が出来ない人ではないので、私も何とかなるんじゃないか・・・と思い、主人も今までもハードな状況を切り抜いてきた自負みたいなものがあったので前向きに行動したのですが。
(引用元:発言小町)

 

旦那さんが転職に失敗した原因

『Yahoo !知恵袋』や『発言小町』などのサイトには、他にもさまざまな投稿がありますが、転職に失敗してしまう原因は大きく分けて
 

  •  転職する前に、自分のゆずれないポイントをしっかりと整理できていなかったから。

  •  実際に入社してみたら労働条件や会社の実態が大きく違っていたから。

 
という2つが挙げられます。
 

転職する前に、自分のゆずれないポイントをしっかりと整理できていなかったから

転職する事によって、年収や仕事内容、そして労働時間など、自分が希望する条件をすべて叶えられることが一番の理想ですが、すべての希望を叶えるのはほぼ不可能でしょう。

よって転職するにあたっての希望条件をしっかりと洗い出して整理し、優先順位をつけておくようにしないと、転職はうまくいかないかもしれません。
 
例えば、やりたいことが新しくできて、それをやるために新しい環境に転職をしたのに、「給料が低いのが嫌だ」とか、本来の目的とは違う部分に不満を言っているとキリがありません。

転職するにあたって、自分がゆずれないポイントは何かをまずはしっかりと把握して、その上で他の条件なども踏まえて総合的に転職するかどうかを決める必要があります。
 
まずは自分が転職したいと思った目的を、転職によってしっかりと達成できたなら、転職はひとまず成功と考えた方がよいかもしれません。そこから少しずつ、他に不満に感じている条件も改善していけるように努力していきましょう。
 

② 実際に入社してみたら労働条件や会社の実態が大きく違っていたから

この原因については、未然に防ぐのがとても難しい問題です。実際の条件とまったく違う内容を説明されてしまうと、もはや何を信じればよいのか、応募者はわかりません。
 
面接の際に、できるだけ自分がゆずれないポイントについてはしっかりと確認をするようにし、面接の前に会社の口コミや評判などもチェックして、本当に信頼できる会社かどうか冷静に判断するようにしましょう。
 

転職に失敗した旦那さんを立ち直らせたいとき

いろいろな問題がある中でも特に、人間関係の問題で悩んで転職に失敗してしまったと考える人は多いと言われています。
 

転職に失敗しました。非常に辛いです。上司からのパワハラ、人間関係。みなさんはどの様に立ち直ったのでしょうか。ご自身の話や、ご友人の話など参考にしたいです。
28歳男性です。アドバイス頂けたら幸いです
(引用元:Yahoo! 知恵袋)

 
人間関係については悩んでいる人が多い問題ですが、まだ自分が変わることで改善できる可能性が高い問題でもあるため、対策の余地があると前向きに捉えることもできます。(もちろんただのパワハラやいじめの場合は別です。)
 
旦那さんが新しい転職先で何かに悩んでいる場合は、悩んでいることは自分で解決できることなのか、それとも自分では解決できないことなのか、そこを意識して話を聞いてあげると、次につながるアドバイスがしやすくなるかもしれません。
 
もしも自分では解決できないことで旦那さんが悩んでいるのなら、それは悩む必要がないとスパッと言ってあげた方がよいですし、自分で解決できることだけについて悩むようにしないと、旦那さんにとっても奥さんにとっても、時間と体力の無駄になってしまいます。
 
どうやったら悩んでいる不満を改善できるかという視点を持って、悩んでも仕方がないことは考えないようにすると、少しは気持ちが楽になるかもしれません。

それでもどうしても気持ちが晴れない場合は、体を壊してしまう前に転職することを検討しましょう。
 
ただし、上の項目の②で説明したように、実際に入社してみたら労働条件や会社の実態が大きく違っていた場合などは、そのまま割り切って数年働くのか、すぐに会社をやめるのかは慎重に判断する必要があります。

労働環境や条件を改善してもらうことはできないのかなど、そういった可能性も調べつつ、対応していくようにしましょう。
 

旦那さんが転職に失敗して無職になってしまったら

旦那さんがどこの会社にも転職できなくて、もしも無職の状態になってしまった場合に、特に注意したいのは以下の2つです。
 

賃貸マンションやカードなどの新規契約をしない

転職先が決まらず、旦那さんが無職になってしまった場合は、賃貸マンションやクレジットカードの新規契約をしないように注意しましょう。

こういった契約はその時の収入金額などをもとに判断されるため、無職の状態だと審査に通りにくいことが予想できます。

転職先が決まっていなくて気分が落ち込んでいる状態のときに、こういった契約を申し込んで審査に落ちてしまうと、いつも以上にダメージも大きくなると思います。
 

旦那さんを責めない

2つ目は、旦那さんを責めないということです。おそらく旦那さんも、奥さんに対して転職先が決まっていないことを悪いと感じているはずで、そういった状態で旦那さんを責めてしまうと、夫婦喧嘩になったり、旦那が精神的に病んで鬱になったりしてしまうかもしれません。
 
転職先が決まらないのは、奥さんにとっても不安なことだと思います。ですが焦ってなんとかしようとしてもうまくいきませんし、旦那さんを責めたところで転職が決まるわけでもありません。
 
旦那さんの性格によって奥さんが取るべき対応は変わってくると思いますが、どういう形であれ、できるだけ夫婦2人で協力して転職活動を進めていくように考えた方が、転職活動も早く終えられるはずです。
 

旦那さんの転職成功のために代わりに情報収集する

旦那さんの不満や愚痴を聞いてあげるだけでなく、旦那さんが仕事で帰りが遅い場合は、奥さんが代わりに求人情報や転職エージェントの情報について調べてあげると、旦那さんもスムーズな転職活動をしやすくなるはずです。
 
下記のブログでは、実際に奥さんが旦那さんの代わりに転職のために必要な情報収集を行なったことを紹介しています。

結果として年収が100万円UPしただけではなく、旦那さんが家事や育児に協力できる時間が増えたなど、よいことだらけの大成功の転職になったようです。
 
【大成功】旦那の転職が成功した訳《30代》ブラック企業から優良企業へ
 
旦那さんが転職に成功することは、そのまま家族の幸せにつながることです。旦那さんが普段の仕事で忙しく、転職活動に専念できない場合は、このような協力をしてあげれば、転職するモチベーションがさらにアップするかもしれません。
 

まとめ

旦那さんが転職に失敗してしまった場合はもちろんですが、旦那さんがこれから転職をする場合も同様に、転職が成功するために奥さんの協力できることはたくさんあります。
 
旦那さんの転職成功は家族の幸せという気持ちを忘れずに、面倒なことでも旦那さんのためにできるだけ協力してあげるようにしてみてください。
 
【関連記事】転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識
 

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070