あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
看護師のおすすめ転職エージェント5選|賢い転職をする為の知識
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 75 Office info 105 Office info 175 Office info 115 Office info 165 Office info 85 Office info 225 Office info 375 Office info 335 Office info 95
Ranking agent btn

看護師のおすすめ転職エージェント5選|賢い転職をする為の知識

キャリズム編集部
監修記事
%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab %e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%88

今の病院の看護師をやめて、別の病院などに転職をしようと思った場合、転職サイトに登録して自分で転職先を探すのか、転職エージェント経由で自分に合った転職先を見つけもらう、あるいは紹介の3つの方法があります。
 
多くの場合は転職サイトや転職エージェントの利用を検討されるかと思いますが、転職サイトと転職エージェントのどちらにもメリットとデメリットがあります。
 
ただ、初めて転職をしようという場合は勝手もわからないでしょうし、不安に思う部分も大きいと思いますので、転職エージェントを利用されることをおすすめしています。
 
とは言っても、転職エージェントには馴染みもなく、利用に際しては不安に思われることも多でしょうから、今回は転職エージェントを利用する際の基本的な知識と、看護師の転職におすすめの転職エージェントをご紹介していきますので、参考にしていただければと思います。
 

マイナビ看護師

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

看護師が転職エージェントを利用する際の3つの知識

まず、転職エージェントに関してどのようなイメージを持たれているでしょうか。

 

  • 一度登録したら営業がしつこい

  • 理想の転職先を見つけてくれるというけど本当はどうなの?

  • 内定率が飛躍的に上がると聞いている

  • そもそもなんなのかよくわからない など

 
こういった不安があるかと思います。詳しい概要については「転職エージェントって何?」で解説していますので、そちらを参考にして頂きたいと思いますが、利用するにあたってどのようなメリットがあるのかをご紹介します。
 

知識①:転職エージェントを利用するメリットとデメリット

メリット

転職エージェントのメリットを一言で言うなら、「転職のプロがあなたの希望に合った転職先を探して紹介してくれる」と言うことでしょう。看護師は土日も仕事のあるハードな職業ですので、平日の休みに転職のことを考えるくらいなら家でゆっくり休みたい、どこかへ出かけたいと思われるのではないでしょうか。
 
そう言った場合に、転職エージェントに頼んでおけば、転職をするにあたって出した希望条件に合った転職先を紹介してくれます。
 

他にも、

  • 求職者は無料で利用出来る

  • 採用までのスケジュール調整をしてくれる

  • 転職先の雰囲気や裏情報を知れる

  • 転職について相談できる人ができる

  • できるだけ早く転職したいなら大きなメリットになる

  • 内定率が比較的に高まる

  • 給与アップなどの交渉もしてくれる など

 
利用することで得られるメリットは多くあります。
 

デメリット

逆にデメリットとしては、

  • 学歴や社歴で応募企業の幅が決まってしまう

  • 年収や職種・役職を調整される可能性が大きい

  • 地方では転職サービス自体が使えない

  • 転職時期が決まっていないと後回しにされる

  • 希望に合う企業がいくつも存在するわけではない など

 
内定先を保障するサービスではない為、今のあなたなら受かりやすいだろうという転職先を選定する都合上、今よりも環境が悪くなることはありませんが、大幅な待遇アップが見込めるものではないのは、考え方によってはデメリットになるかもしれません。
 
詳しい内容は「転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識」をご覧ください。
 

しつこい営業電話があるのは事実か?

よく聞かれる質問として、「一度転職エージェントに登録すると営業電話がしつこいのではないか?」というものがありますが、転職エージェントの担当者もボランティアではありませんし、企業側からのオファーを頂いて仕事をしていますので、電話を全くかけないと言うことはないと思います。
 
ですが、転職エージェントもサービス業ですので、しつこい電話をかけまくってイメージを落とすようなことは極力避けていますし、今はネットの口コミもすぐに広まってしまうリスクがあり、その辺はわきまえていますので、ご安心ください。
 

知識②:頼りすぎるのは良くない

転職エージェントを利用するメリットは大きく、忙しいあなたにとって大変便利なサービスになると思いますが、それでも100%任せきりにしてしまうのは良くありません。
 
実際に転職をするのはあなた自身ですから、転職エージェントの担当者がどんなに道路を舗装してまっすぐわかりやすい道を用意してくれていても、その道を進むのはあなたです。
 
一度頼ってしまえばあとはスムーズに転職ができると思っていると、転職時期もどんどん延びていきますし、優良企業の枠も他の誰かに取られてしまうので、その点は注意が必要です。

 

知識③:転職エージェントの比較は重要

では、実際にどのような転職エージェントを選んでいけば良いのかという問題になりますが、転職エージェントには「特定の業界に強いエージェント」「特定の業種に強いエージェント」などのように、それぞれ得意としている分野があります。
 
看護師の方が転職したいのに、エンジニアやIT業界に強い転職エージェントを選んでもあまり意味がありません。そういった意味では、その転職エージェントはどの分野に強みを持っているのか、ホームページなどを見て、何に強みを持っているのかを比較しておくのが重要です。
 
表:業界別の転職エージェントの例

IT業界

広告業界

金融業界

外資系海外

事務系

エグゼクティブ

エンジニア

会計士経理

女性の転職

20代

30代

40代

50代

 
 

看護師の転職に強いおすすめの転職エージェント5選

次に、看護師の転職に強い転職エージェントを5つご紹介していきます。転職エージェントの登録・利用費用は完全無料ですので、迷ったらとりあえず全部登録しておくのも良いかもしれませんね。
 

マイナビ看護師

人材業界の2大巨頭である、マイナビグループが運営する、看護師特化の転職エージェントサービスです。ここまで大きな規模になると、リクナビとマイナビの運営する転職エージェントの質にほとんど差はありませんが、マイナビグループが重視しているのは「定着率」です。
 
看護師の方が転職できたとしても、その転職が本当に成功したかどうかの判断は、「長く続けてもらっているのか」という点もあると思います。マイナビはその「定着率」に重きをおいて、転職をした後も定期的なサポート体制を敷いていたり、定着率の低い企業を紹介しないといった取り組みがあるのは魅力と言えます。

 

ナース人材バンク

株式会社エス・エム・エスキャリアが運営する転職エージェントサービスです。会社名はあまり聞いたことはないかと思いますが、会社単位として医療介護に従事しているので、看護師の転職に特化していると部分においては大手にも引けを取らないサポート体制を敷いていると言っても良いでしょう。
 
表には出てきていませんが、年間10万人以上が利用しているサービスでもあり、特に目立った風評もありませんので、安心して登録して良いと思います。

 

看護のお仕事

全国12万件を超える事業所を紹介している転職エージェント。総合病院、一般病院、クリニック、保育園など、看護師を募集している施設を紹介しています。働き方が激務になりがちは看護師のために、高給与、日勤、土日祝日休み、託児所ありなど、気になる病院の福利厚生や採用情報、看護師としての新しい働き方を知ることができます。

 

ナースフル

リクルートグループが運営する看護師専門の転職エージェントサービスになります。リクルートという大手が運営しているという安心感がありますので、登録しておいて損はないでしょう。サポートしてきた年代も実績として20代〜50代まで幅広く、年齢を気にしなくも良いのが魅力と言えます。

 

ナースAGENT

ちょっと変わったサービスですが、看護師の転職に強い転職エージェントに一括で登録できるサービスです。転職エージェント業界では約80%以上が非公開求人となっており、各エージェントによって抱える紹介案件にもバラツキがあります。
 
当然かぶる求人内容もありますが、複数の転職エージェントに登録しておくことで、出会える求人案件も多いので、利用するのは便利かと思います。

 

看護師の転職を成功させる5つのコツ


看護師の転職に強い転職エージェントがわかったところで、自分が転職を成功させるために何ができるのか、転職を成功させるためのコツを5つご紹介していきます。

 

自分ができることを整理しておく

看護師の転職は専門職の転職ですから、基本的には即戦力を求められることなると思って良いでしょう。その場合に、転職先で〜〜をやってと言われて実はできませんとなってしまうようなことは避けなければいけません。

 
転職エージェント経由であれば、まず転職エージェントの担当者との面談の中で自分が何をできて何ができないのかを正確に伝えておかないと、ミスマッチの採用になり、病院側も転職者側もよい転職ができたとは言い難いでしょう。
 
そのため、転職に際して現状は何ができるのか、今後どうなってきたいかを見据えておくのが良いかと思います。

 

看護師は接客業|面談時の印象を良くする

看護師は人と関わる職業ですので、人に与える印象はかなり大事になります。転職エージェントの担当者との面談時はもちろんですが、実際の面接でも印象面はかなりウェイトをおいて見られると思って良いでしょう。
 
服装は派手なものを控える、アクセサリー類もできるだけ外していくなど、ちょっとした細かい部分ではありますが、メイクに気合を入れすぎないなどの小さな部分に気を使うのは大事です。

 

転職に適したタイミングを把握する

転職に一番適したタイミングは、やはり人の入れ替えがある4月や、世間的に長期休みがあけた9月が良いでしょう。転職を思い立ってから、実際に転職ができるまでは約3ヶ月かかると言われていますから、逆算すると1月か6月に準備をして動き始めるのが良いと思います。
 
本当にベストなタイミングは、あなた自身が決めて良いかとは思いますが、市場的にはいつが転職にベストなのかを知っておくことで、良い求人に出会えるチャンスも上がります。

 

マイナスな転職理由しかなかった場合

例えば、職場環境が悪かった。給料が安い。自分の肌に合わないなど、主に自分の意思が大きく関係するような転職理由だった場合、素直に伝えてしまうとあまりプラスの要素になるとは言えません。
 
できればもっとやりがいのある場所、上の立場になるためなどの理由が欲しいところですが、もしないのであれば表現を工夫しましょう。

 

・職場環境が合わない
→ 自分のキャリアアップを兼ねて転職を検討した など
 
転職エージェントの担当者にそうだんすれば、うまい表現を一緒に考えてくれますので、後ろ向きの転職理由であった場合は、相談してみることでなんらかのアドバイスをもらえるでしょう。

 

転職回数が多かった場合の評価とその対策

一般的に、転職回数が多かった場合、あなた自身に何か原因があるのではないかと思われがちです。ただし、10年以上看護師経験のある方が4回転職するのと、2年目や3年目の看護師が4回の転職しているのでは印象がだいぶちがいます。
 
もし転職経験が浅いのに何度も転職を経験している場合は、何らかの対策が必要になります。不満があってやめた場合でもキャリアアップをめざした場合でも、そんな短期間で何度も転職をしているのはあまりよい傾向とは言えません。
 
転職を成功させるためには、なぜ転職回数が多いのか、看護師にこだわる理由などをしっかり答えられるようにしておくのがポイントです。

 

まとめ

マイナビ看護師

いかがでしたでしょうか。
 
転職は孤独な戦いとはよく言われますが、職場に多少の愛着があれば同僚などに転職の話を切り出すのはなかなか勇気のいることだと思います。
転職エージェントの担当者であればそういった相談もできますので、効率重視も良いですが、精神的なサポートをしてくれる転職エージェントの担当者かどうかも、選ぶ際に参考にしてみてはいかがでしょうか?
 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』をターゲットに、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

看護師の転職に関する新着コラム

看護師の転職に関する人気のコラム


看護師の転職コラム一覧へ戻る