トップ > 転職ガイド一覧 > 看護師の転職 > 看護師が年収1000万円稼ぐには?稼ぐ看護師の特徴と1000万円が目指せる環境

看護師が年収1000万円稼ぐには?稼ぐ看護師の特徴と1000万円が目指せる環境

看護師の転職

給料がいいと言われる看護師ですが、年収1000万円を目指すことは可能なのでしょうか?

 

2019年の賃金構造基本統計調査によると、全国の正看護師の平均年収は472万円です。

 

 

企業規模計

年収換算

きまって支給する
現金給与額

年間賞与
その他特別給与額

看護師

10~99人

4,377,800 309,100

668,600

100~999人

4,658,400

326,400

741,600

1,000人以上

5,123,800

348,700

939,400

平均

4,720,000

 

 

准看護師

10~99人

3,906,700

275,700

598,300

100~999人

3,994,900

278,900

648,100

1,000人以上

4,430,500

311,700

690,100

平均

4,110,700

 

 

参照元:賃金構造基本統計調査を元に作成

 

これだけ見ると年収1000万円は手が届かないように思えそうですが、看護師の中にはそれだけの高収入をもらっている人もいます。

 

では、どのように年収1000万円を稼げるようになるのか見ていきましょう。

 

 

Pc tool head kango
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Pc tool btn off
この記事に記載の情報は2021年04月21日時点のものです

看護師で年収1000万円を稼げる人や環境は?

看護師_年収

 

まず、年収1000万円を稼ぐのはどんな人で、どんな環境で働いているのか見ていきましょう。

 

年収1000万円を稼ぐ看護師の特徴

高額な収入を得るためには、給料をアップするか、労働時間を増やすかしかありません。

 

毎日何時間も残業して、さらに休日もかけもちで仕事をすれば1000万円も狙えるかもしれません。

 

ただ、休みなく働くのは体力的に現実的ではありません。そうなると、給料を上げていく方法が残されます。

 

一昔前なら長い年数働けば給料は増えていきましたが、能力が重視される時代になってからは、ただ漠然と働くだけでは大幅な収入アップは難しいでしょう。

 

この人でなければならないという存在

では、どうすれば収入を大きく伸ばすことができるのでしょうか。

それは、働く場所の中で、「この人でなければならない」という存在になることです。

 

誰でもできる仕事は市場の中での価値が低いため、どうしても給料が安くなりがちです。逆に言うと、ごく少数の人しかできない仕事は価値が高く、それに見合った報酬がもらえます

 

看護師以外の資格がある、管理職として有能、英語力があるなど、人より飛び抜けたものが必要になってきます。もしその能力がいくつもかけあわさっていれば、より希少価値を高めることができるでしょう。

 

年収1000万円とは、そういったものを持つ人が目指していける領域です。では、実際にそれだけお金をもらっている看護師はどこで働いているのか見ていきましょう。

 

高年収の病院で働いている

もともと給料がいい病院で働く看護師は、高収入を狙えます。例えば、病床数の多い病院のほうが給料が高い傾向があります。

 

また、働く地域によっても収入は変わります。

日本看護協会による2019年病院看護実態調査では、大卒の新卒看護師がもらう予定初任給(月額)が都道府県別に出ています。

 

そのデータによると、高い地域では基本給が21万円を超えますが低い地域では19万円と2万円ほどの差が出てくるようです。また、同じ病院と言っても、病床数、地域、によっても給料は変わります。

 

新卒で給料があまり高くないところに就職すると、大幅な収入アップは見込めないかもしれません最初からできるだけ給料が良い病院のほうが狙い目です。

 

ただ、管理職になると大幅に給料が増えるという病院もあるので、可能であれば調査したほうが良いでしょう。

 

役職に就いている

看護部長や師長などの管理職では、大幅な収入アップが見込めます。基本給が増えることはもちろんですが、役職手当という形で給料がプラスされます。

 

看護部長になれば年収1000万円以上を期待できますが、病院によっては師長クラスでそれくらいもらえるところもあるようです。

 

少し古いデータになりますが、『2012年の病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書』では、基本給月額が90~100万円未満と回答した看護部長(専任)がいます。

 

副院長を兼任する看護部長になると、基本給だけで100万円以上という回答もありました。

基本給だけで90万円以上あれば、1年で1000万円以上の計算になります。

 

この結果から言えることは、看護部長になれば年収1000万円を稼ぐ人も確実に存在しているということです。

参照元:2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書、日本看護協会

 

経営者クラスの看護師になる

看護部長など、経営に関わるポジションになれば、大幅な給料アップを期待できます。

 

また、看護部長が副院長を兼任するという病院もあり、その場合にはさらなる昇給が見込めるでしょう。

 

看護部長の専任よりも、副院長を兼任する、もしくは専任の副院長になるほうが、給料が高い傾向にあります。

 

病院の看護管理者に、病院内で各職位ごとに基本給が最も高い者の基本給月額を尋ねた
ところ、管理職の基本給月額の平均は、副院長(専任)65 万 5,071 円、副院長(看護部長
兼任)52 万 6,212 円、看護部長(専任)42 万 7,573 円であった。
引用元:2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書、日本看護協会

 

また病院ではなくとも、訪問看護ステーションや医療系の会社を経営になる看護師もいます。自分がトップになれば、業績次第で年収も伸びていくでしょう。

 

Pc tool head kango
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Pc tool btn off

 

看護師が年収1,000万円を稼ぐには?

では、看護師が現在の職場で年収1000万円を目指すには、どうすればよいのでしょうか。

 

具体的な方法を見ていきましょう。

 

副院長を目指す

副院長になれば年収1000万円を超えるチャンスがあります。看護部長が副院長を兼任する病院もあるので、そのポジションを狙う価値はあります。

 

ただ、看護部長になるなら、実力、実績、信頼、時には運など、さまざまな要素が必要になります。

 

看護部のトップなので、同じ院内の看護師の中で「一番ふさわしい」と認めてもらわなければなりません。

 

看護部長になりたいという思いだけで、簡単になれるものではないでしょう。

 

また、

  1. 認定看護師
  2. 専門看護師の資格を持っていたり
  3. 大学院を卒業している

 

という経歴も必要になるかもしれません。

 

もし看護部の中で上を目指すのであれば、「認定看護管理者」という資格を知っておくべきです。

 

認定看護管理者とは、日本看護協会が定める資格で、このように規定されています。

 

認定看護管理者とは本会認定看護管理者認定審査に合格し、管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させることができる能力を有すると認められた者をいいます。
引用元:資格認定制度 | 日本看護協会 ≫ 認定看護管理者

 

管理者として組織の発展に貢献できる看護師になることは、出世への近道になるでしょう。

 

病院の経営に関わるポストを目指す

病院の経営陣は院長、副院長だけではありません

 

例えば、事務長など看護部以外のポジションでも大幅な収入アップを期待できます。病院の事務長の求人を実際見てみると、1,000万円を超えるものもあります。

 

参照元:求人ボックス、病院-事務長の仕事(2019年11月時点)

 

もし経営に関わろうと思うなら、MBA(経営学修士)も視野に入れると良いでしょう。

 

MBAとは
大学院で経営学の修士課程を修了するともらえる学位のことで、最近ではMBAを取得した看護師も珍しくありません。

 

楽天の三木谷浩史、DeNAの南場智子、資生堂の魚谷雅彦など、一流企業の経営者がMBAを取得して活躍しています。経営を学問として学ぶことで、看護師でもプロの経営者として活躍できる可能性があります。

 

自己資産で投資をする

看護師は役職がつく前でも、夜勤手当などにより高収入が期待できます。

 

  1. 節約した生活をすれば、手元にお金が貯まっていきます。
  2. 余った資金を投資に回すことで、入ってくるお金を増やすという選択肢もあります。

 

投資方法として、株、国債、投資信託、FXなどがありますし、アパートやマンションなどの不動産経営をすることもできます。職場からの収入が増えなくとも、投資による利益が出れば、トータルで年収1000万円を超える可能性があります。

 

副業で稼ぐ

その他には、本業の他に仕事をすることで収入をプラスすることもできます

 

休みの日に働くのはつらいかもしれませんが、楽をしてお金が稼げるなんてことはありません。ただ、副業を本気で取り組んだとしても、本業と合わせて年収1000万円を目指せるかどうかはわかりません

 

本業が年収500万円だったとしたら、1,000万円まであと500万円です。

 

例えば・・・年間の休日が120日で、休みをすべて仕事に使うとします。そうすると、1日で約42,000円の収入を得る必要があります。

 

ただこれほどの収入を副業だけで得るとすると、単純労働では非現実的ですよね。投資や経営のように、労働ではない方法を見つけるほうが現実的です。

 

労働でも投資・経営でもそうですが、現在の職場の就業規定に違反しないことが大前提です。

もし違反した場合、厳しい処分をされることも考えられますので、しっかり確認してから取り組むことをおすすめします。

 

Pc tool head kango
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Pc tool btn off

 

看護師が年収1000万円を目指すために、転職で狙う職場は?

これまでは、今の職場を変えずに収入をあげていく方法を説明しました。ここからは、転職して年収1000万円を狙える職場を紹介していきます。

 

美容外科クリニック

美容外科クリニックは、病院に比べて給料水準が高く、年収1000万円を目指せる職場です。もともとの給料が高いうえに、仕事の実績に応じて歩合で報酬がもらえることもあります。

 

仕事の評価は、営業成績がいい例です。

 

例えば、患者さんにクリニックの化粧品やレーザー脱毛をおすすめし、プラスの施術をしたとします。そうすればクリニックの利益に貢献したとして、その一部があなたの収入になります。

 

営業成績が良ければ、給料も増えていき、頑張れば年収1000万円を目指すことができます。

 

臨床開発モニター

臨床開発モニター(Clinical Research Associate=CRA)は、新薬の治験が適切に行われるようにサポートする仕事です。働く場所は、製薬会社やCROなどがあります。

 

CROとは・・・製薬会社から医薬品開発における臨床試験や製造販売後調査の業務を受託している企業のこと

 

臨床開発モニターで経験を積み、管理職になれば年収1000万円を超えることもあるようです。求められる能力は、高いコミュニケーションスキルと英語力、基本的なITの知識などです。

 

看護師を経験してから、必要な能力を身につけて転職するのも1つの方法です。

 

訪問看護ステーションの管理者

看護師の転職先には、訪問看護ステーションの管理者という選択肢もあります。特別な資格もいらず、看護師経験があればいきなり管理者になることができます。「未経験者可」という募集もあります。

 

ステーションの管理者になれば、業績次第で年収1000万円も夢ではありませんが、人員の確保や新規営業、経営など幅広い能力が求められます。

 

ただやはり訪問看護の経験がまったくない状況だと、多くの困難があるでしょう。

 

最初から管理者になるのもいいですが、まず訪問看護スタッフとして経験を積んでから管理に関わっていく、という順番のほうが堅実かもしれません。

 

Pc tool head kango
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Pc tool btn off

 

年収1000万円に近い求人がある看護師転職サイトは?

では、年収1000万円に近い求人なんてあるのでしょうか。求人には、「公開求人」と「非公開求人」があります。サイトに登録しないと見ることができない非公開求人は、高収入や好条件つきの求人があると言われています。

 

年収1000万円に届くほどの高収入の職場であれば、非公開求人として募集している可能性があります。

 

ここでは、非公開求人の多い転職サイトをあげていきます。

 

マイナビ看護師|圧倒的な求人数を保有

マイナビ看護師_ロゴ

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

 

看護師転職サイトで有名なのが、4年連続認知度No.1を誇る「マイナビ看護師」です。

 

東証一部上場のマイナビという人材会社が運営しており、電車や街の広告でもよく見かけると思います。「職業紹介優良事業者」という、厳しい審査基準をクリアした事業と認められています。

 

採用の担当者だけではなく現場の看護師からも職場の状況を聞いているようで、実際の環境を踏まえて、ニーズに合った求人を紹介してくれるでしょう。

 

看護roo!|給与アップの交渉に強みを持ったサポート型の転職サイト

公式サイト:https://www.kango-roo.com/

 

子育てや諸事情によりブランクがある看護師の方でも、「希望する仕事が見つかった」との声も多いのがこの『看護roo!』。求人数が多いということは、条件にマッチする仕事が見つけやすくなるので、転職を有利に進めることができます。

 

40代/女性

どの職場に転職すれば、楽しく長く働くことが出来るのか?と思いましたし、なにより今の職場と円満退職するためにはどのように上司と話をすればよいのか解りませんでした。

ですが、キャリアアドバイザーが私の不安が解消するように、退職する際の話し方や話す内容を細かく指導してくれるだけではなく、通常の勤務に差し支えないように転職に関するサポートをしてくれたおかげで、1回の転職活動より、はるかにスムーズに転職活動を行うことが出来ました。

 

具体的な年収や、非公開求人を知りたいのであれば、登録して確認してみましょう。

公式サイト:https://www.kango-roo.com/

 

美容外科求人ガイド|美容クリニックへの転職に強み

美容外科求人ガイド

公式サイト:https://www.biyou-nurse.jp

 

美容外科への転職を考えるなら、美容クリニック求人数No.1の「美容外科求人ガイド」がおすすめです。看護師転職サイトは、看護師が働ける職場を広く紹介しています。

 

反対に美容外科求人ガイドでは、美容外科に特化した求人を紹介してくれるので、はじめから美容の分野に絞った転職活動ができます。

 

Pc tool head kango
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Pc tool btn off

 

まとめ

安定した収入が得られる看護師とはいっても、年収1000万円という大台を目指す道のりは簡単ではありません。

 

そのためには、人と違う行動をする必要があります。

 

今回の記事の中で、「これならできそう!」と思うものがあればぜひ試してみてください。

この記事の執筆者
看護師

大学病院で11年間勤務(血液内科、緩和ケア、ICUに配属)。 現在は看護大学の非常勤教員、老人保健施設の非常勤看護師を兼務。 ブログ:https://nurse22.com

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

同じカテゴリの転職コラム
  • 新着コラム
  • 人気コラム
  • おすすめコラム