あなたにピッタリな
転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
転職エージェントと転職サイトの違いと賢い利用方法
キーワードからコラムを探す

転職エージェントと転職サイトの違いと賢い利用方法

Jyoshi

転職サイトと転職エージェントのおおまかな違いは転職活動を支援してもらえるか否かです。転職エージェントを使うとキャリアカウンセリングや面接対策、企業との調整などすべて無料でしてくれます。
 
それぞれの特性や限界を理解した上で、強みを生かしつつ、弱みを最小化する使い方をしていきましょう。
 
このサイトでは以下の点について詳しく解説します。

Pc_tool_head
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn

転職サイトと転職エージェントの主な違い

転職サイトと転職エージェントの大きな違いは専任のキャリアアドバイザーがつくか否かです。エージェントを利用すると求人を探したり、面接対策や書類を作成したりする際に無料でサポートを受けられます。

 

転職先を自分で探すかエージェントに探してもらうか

転職エージェントを利用するとキャリアカウンセリングを受けられ、あなたの強みやキャリアプランにあった案件を紹介してもらえます。自分にあった企業がわからない、ベストな企業を見つけられる自信がない、そんな問題が解決します。
 
逆に転職サイトを使うと支援はありませんが、自由に求人を探せます。幅広く色んな会社を受けてみたい方はこちらを利用するといいでしょう。

 

転職に関するアドバイスがうけられるかどうか

転職サイトを利用すると掲載されているページから面接や履歴書作成のノウハウを得られます。ただしあなたの担当者がいるわけではないので、どうしても痒い所に手が届きません。わからないことがあれば自力で解決することになります。
 
一方転職エージェントを使うとキャリアアドバイザーに無料で相談できます。はじめて転職をするとわからないことがたくさんあり思うように活動が進まないもの。プロの意見を聞くことで無駄に悩む時間や手間を省けます。

 

自分に合った最適な企業に出会えるかどうか

ずっと働きたかった企業に入社してもイメージと違ったということは少なくありません。面接や口コミだけでは得られる情報に限界があり、入社後の満足感は運の要素に左右されがちです。特に行きたい企業であれば主観が入り実際よりもよく見えてしまうものです。
 
転職エージェントを利用すればカウンセリング時にあなたの要望を理解し、よりぴったりな案件を紹介してもらえます。そもそも企業側からすれば、せっかく高い手数料を払ってエージェントから紹介された求職者を雇っても、すぐ辞められたのではお金をドブに捨てたようなものです。

 

転職エージェントだと雇用のミスマッチを減らせる

信頼を得るためにもエージェントは求職者と企業のミスマッチを減らすよう努力せねばならなりません。紹介者が早期に退職した場合、手数料の20~70%をペナルティとして返却する決まりもあります。腕のいい担当者にあたれば、あなたにとっても満足度の高い案件を紹介してくれることでしょう。

 

転職サイトと転職エージェントを比較した際のメリットとデメリット

転職サイトは気軽に利用できて応募に制限がない代わりにキャリアアドバイザーがついたりはしません。一方転職エージェントは無料でサポートをしてくれますが、アドバイザーの質にバラツキがある、内定の可能性が高い企業しか紹介してくれないといったデメリットもあります。

 

転職サイトを利用した場合のメリットとデメリット

始めやすさと応募先企業を自由に選べる点に便利さがあります。行きたい企業が決まっている、サポートを必要としない場合などはこちらを選んで問題はありません。

 

メリット

・気軽に利用できる
自分のペースで活動をしていきたい人は転職サイトからはじめるといいかもしれません。特定の担当者がつくわけではないので、スケジュールが圧迫されません。とりあえず試しに雰囲気だけ知りたい人はこちらから始めましょう。
 
・幅広く応募できる
転職エージェントの場合、紹介される求人は自分の能力やキャリアプランにあったものに限られます。転職サイトでは一切の制約なしで応募ができますので、選択肢を増やせます。
 
・努力次第で転職活動期間を短縮できる
キャリアアドバイザーとのやりとりや調整に時間をさかれません。たしかにサポートは受けられないものの、不要な人にとってはむしろ時短になります。
 
・24時間利用できる
転職エージェントは営業時間内でしか利用できません。スケジュールが確保できないのであれば、24時間いつでも使える転職サイトが圧倒的に使いやすいでしょう。ただしエージェントを利用しても調整はできますので、いろいろ工夫してみてください。

 

デメリット

・企業との調整を自分でせねばならないため気力や体力がいる
求人探し、面接対策、企業との交渉、履歴書作成の全てを自力でせねばならないので煩わしい作業に気力・体力を使います。例えば給与の交渉など、いいにくいことでも自分で言わねばなりません。特に現在勤務している方だと働いていない時間帯で手続きを全てこなさねばならず、ハードなスケジュールを覚悟することになります。
 
・入社後の退職率が高くなりがち
手軽に利用できるが故に、安易な転職をしてしまう人もいます。転職サイト利用者の方が半年後に退職するケースが高い傾向があります。事前に得られる情報がどうしても薄いので、エージェントを利用した場合よりもギャップを感じやすくなるようです。

 

転職エージェントを利用した場合のメリットとデメリット

転職エージェントを利用すると専任のキャリアアドバイザーがつき、転職に関するあらゆるサポートをしてくれます。面倒な手続きをやってくれるので時短になったり、相談にのってもらったりできます。ただしエージェントや担当者によって命運が分かれるため、いいアドバイザーを見つけるのが当面の課題になります。

 

メリット

・専任のキャリアアドバイザーが無料でサポートしてくれる
キャリアに関する相談、求人紹介、給与交渉、面接対策、企業との調整など転職に必要なサポートを全て無料で受けられます。なぜ無料なのかというと、採用が決定した際に求職者の年収の30~40%を企業からもらっているからです。ですからあなたが金銭を請求されることはありません。
 
・企業との調整を代行してもらえる
転職活動の際には企業とのスケジュール調整をせねばなりません。毎日仕事をしながらでは時間が確保できない方でもエージェントに登録すれば代わりにやりとりしてくれます。日程の再調整などいいにくいことでも変わってくれるので、いくぶん気楽になるでしょう。
 
・内定率が高くなる
エージェントは企業に対して求職者を誰でも紹介しているわけではありません。この人なら内定されるだろうなという人にしか声をかけないので、面接できる時点で可能性があることになります。さらに転職エージェントには積み重ねたノウハウがありますから、内定に直結するアドバイスをもらえます。
 
・第3者の評価がわかる
転職エージェントを使うと自分の市場価値を客観的に評価してもらえます。あなたの実績・経験・スキルなどを他者に見てもらうことで、自分の実力を再確認できます。あなたのことをよく知ったエージェントと2人3脚で内定を目指せます。
 
・非公開案件を保有している
非公開求人は少人数を厳選して採用したい場合などに使われます。転職エージェントはこのような案件を多数抱えており、あなたの実績によっては自力で求人を見つけるよりもいい条件で就職できる可能性があります。

 

デメリット

・応募は自分の強みにあった企業に限られる
内定させてなんぼなので、エージェントは採用される見込みが低い案件を紹介してくれません。学歴や社歴である程度フィルターをかけられるのもまた事実です。一発大逆転がしたいのであれば他のサービスを利用した方が無難です。
 
また、あなたの要望を聞いてくれない担当者もいます。年収が高い方が企業から得られるマージンが多いため、一見条件が良くてもあなたにあわない企業を勧められることもあります。
 
・異業種への転職には向かない
転職エージェントはこれまでのスキルと経験から、あなたにあう企業はこれですよ、と紹介してくれるにすぎません。ドラスティックなキャリア転換がしたいのであれば、他のサービスを利用した方がいいでしょう。
 
・大手転職エージェントだと支援を断られる場合もある
質のいいエージェントだと登録基準が厳しくなりがちです。TOEICのスコア、現在の年収、無職期間の長さ、保有スキルなど数値化できる要因で判断されます。もし現在までの積み重ねが少ないのであれば、今回の転職はスキルアップのためと割り切り自分にあったエージェントを探すといいでしょう。
 
・担当者の力量に運命が左右される
登録エージェントの評判が良くても担当者に当たり外れはあります。クライアントが多く対応が雑、希望する業界の知識が乏しい、経験が浅い、こちらの要望を汲んでくれない、などまさに玉石混交です。いいアドバイザーとめぐり合うのが重要で、あわないと感じるのであれば遠慮なく切っていきましょう。
 
より詳しい内容は「転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識」をご覧頂ければと思います。
  

転職サイトと転職エージェントの賢い選び方

転職サイトを使うにしても転職エージェントを使うにしても、信頼性や使い勝手の良さ、相性の良さを考慮しましょう。以下では上記のポイントを見極める具体的な方法をご紹介します。

 

転職サイトの選び方

どのくらいの求人掲載数があるか

転職サイトの質がうかがえる基準の1つです。なぜなら企業は費用対効果の高いサイトへ求人を出したがるものだからです。掲載数が多いということはお金を払う価値が高いと判断した企業が多いことを意味しますので、ぜひチェックしてみてください。
 
また、信頼度がわかるだけでなく、多くの企業に応募できる可能性も高くなりますから、単純に使い勝手がよくなります。

 

自分のニーズに合っているか

サイトの強みも確認しておきましょう。営業が強い、第二新卒者が多い、IT業界に強い、などそれぞれに色があります。使ってみていい条件の求人が少ないと感じたのなら、他のサイトを参照しましょう。

 

スカウトシステムがあるか

スカウトシステムとは、あなたがサイトに入力した職務経歴を見た企業から応募を促すメールが届くシステムです。自分から探さなくても先方からオファーがあり、求人を探す手間が省けます。あなたに来てもらいたい企業からしかメッセージがこないので、その時点で採用の可能性が高くなります。
 
特に現在仕事をしている方に便利です。先方はあなたが就職中なのを知っているので、転職のタイミングで思い悩まずに済みます。退職まで期間があっても理解を得られやすくなります。

 

転職エージェントの選び方

複数のエージェントに登録し、信用できる担当者を見つける

登録が無料なので複数利用しない点はありません。アドバイザーの質にバランスがあるのであれば、担当を変えてもらったり、他社を利用したりすればいいだけの話です。いいエージェントとめぐり合うまでの手間はかかるかもしれませんが、転職に関わる支援を受けられるのは大きな魅力です。
 
いちいち時間をかけたくないのであれば、カウンセリングに行って良し悪しを見極めるといいでしょう。この人、頼りなさそうだな、と思ったら他を使いましょう。

 

手厚いサポートが受けられるか確かめる

たとえばエージェントが担当する求職者の数が多いと、サポートが行き届かなくなる恐れがあります。特に大手で起こりがちなので過度な期待は禁物です。実際に使ってみるまでわかりませんので、今から心配することはありません。

 

エージェントの得意分野を知る

一口に転職エージェントといっても、第二新卒に強い、エグゼクティブ層に強い、女性の転職に強い、IT業界に強いなど得手不得手があります。自分にマッチするエージェントを見つけるのが転職成功への第一歩です。
 

 

結論|転職に有利なのは転職サイトと転職エージェントのどちらか?

結論から言うと、転職活動を一人で行うのに不安があるのなら、転職エージェントを使うことをおすすめします。。登録を断られる点と担当者の質にバラツキがある点がネックですが、多くのエージェントを試して優秀な担当者を見つけることで、無料で支援してもらえるメリットを最大限活用しつつ、企業とのミスマッチのリスクを最小限に抑えられます。
 
ただし転職エージェントが紹介してくれる案件は良くも悪くも安パイなので、条件が納得できなかったり、もっと上に挑戦したりしたいのであれば転職サイトでめぼしい案件を探しましょう。自分から案件を探し応募できますので、好きなだけ挑戦できます。

typeの人材紹介

まとめ

いかがでしたか。
 
このページでは以下の4点を確認してきました。
 
・転職サイトと転職エージェントの主な違い
・転職サイトと転職エージェントを比較した際のメリットとデメリット
・転職サイトと転職エージェントの賢い選び方
・転職に有利なのは転職サイトと転職エージェントのどちらか?

 
転職エージェントには無料でキャリアアドバイザーがつくので、自信や時間がない人は登録するのをお勧めします。手厚いサービスを受けられる一方、異業種への転職に向かない、担当者に命運が左右される、支援を断られるといった弱点もあります。
 
リスクを避けるため複数のエージェントを吟味したり、エージェントのサポートを受けながらも転職サイトを活用したりするなど柔軟に利用するのがいいでしょう。自分にマッチするサイト・エージェントに出会うまでは、いろいろなサービスを試すぐらいの心構えがちょうどいいでしょう。

【関連記事】
転職エージェントを女性が利用する際の選び方と賢い利用方法
転職を絶対成功させたい人必見|活用すべき転職エージェント5選
女性の転職|転職経験者が本当に価値があると感じた転職エージェント6選

Pc_tool_head
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職エージェントに関する新着コラム

転職エージェントに関する人気のコラム


転職エージェントコラム一覧へ戻る