トップ > 転職ガイド一覧 > IT・エンジニアの転職 > 社内SEへ転職するのにおすすめの転職エージェント7選と転職成功のコツを伝授

社内SEへ転職するのにおすすめの転職エージェント7選と転職成功のコツを伝授

転職エージェント
IT・エンジニアの転職

社内SEへの転職は難しいといわれています。なぜなら、社内SEは人気で求人数が少なく倍率が高いからです。

 

スキルを身につけてシステムエンジニアから社内SEに転職する人が多いですが、独力で転職を成功させるのは大変でしょう。

 

転職のプロであるエージェントの活用をおすすめします。そこで、社内SEへの転職に相性が良いエージェントや転職成功ポイントをご紹介します。

 

 

 

 

この記事に記載の情報は2021年10月22日時点のものです

社内SEに転職するならおすすめの転職エージェント7選

社内SEに転職するならおすすめの転職エージェントを7社選んでみました。IT業界に強みを持つ転職エージェントばかりです。簡単に一覧にまとめてみました。

 

転職エージェント

特徴

社内SEナビ

社内SEの求人に特化している

レバテックキャリア

IT・WEB業界専門の転職エージェント

マイナビIT AGENT

業界大手のマイナビがIT・WEB業界に特化した

Geekly

IT・WEB・ゲーム業界専門の転職エージェント

パソナキャリア

業界トップクラスの取引企業とのコネクション

Green

ベンチャーから優良企業までIT・WEB業界に特化

GeekOut

IT・WEBエンジニア向けの求人フィード型転職サイト

 

それぞれの転職エージェントについて見ていきましょう。

 

社内SE転職ナビ

 

社内SEナビ」は、社内SEの転職に特化した転職支援サービスです。

公式サイト:https://se-navi.jp/

 

おすすめポイント

  • 数少ない社内SEに特化した転職エージェント
  • 社内SE求人数がトップクラス
  • 社内SEのリアルを隅々まで公開しているのでミスマッチを防げる

 

口コミ・評判

「いいところがあれば…とカジュアル面談を依頼しました。想像以上に良い条件だったので、面接を受けてみることに。かなり生活が良くなりました。」

 

「前職は土日出勤もあるのでかなり疲弊していました。比較的落ち着いて働ける社内SEを志望して、ここにお世話になりました。私の希望にマッチした大手メーカーの社内SEになれてうれしいです。」

 

公式サイト:https://se-navi.jp/

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリア」は、IT・WEB業界に特化しているので、精通したキャリアアドバイザーが担当についてくれると好評です。

公式サイト:https://career.levtech.jp/

 

おすすめポイント

  • 業界トップクラスの求人数とサポート実績
  • 社内SEだけではなくフリーランスのキャリア相談も可能
  • 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる

 

口コミ・評判

「正直、前職のシステムエンジニアは逃げるように辞めました。そのため、内定をもらえる自信がありませんでしたが、最後までしっかりサポートしてくれたので、希望の会社から内定をもらえました。」

 

「求人紹介のときに、社員の様子まで説明してくださり、納得した上で応募できました。とても丁寧で親切な印象を持っています。」

 

公式サイト:https://career.levtech.jp/

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENT」は、大手マイナビがIT・WEB業界に特化した転職エージェントです。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

 

おすすめポイント

  • 業界最大級の案件保有数
  • マイナビ独占案件あり(非公開求人が多い)
  • IT業界特化のキャリアアドバイザーがついてくれる

 

口コミ・評判

「信頼できるところがいいと思い、大手のマイナビを選びました。面談をして、キャリアアドバイザーのIT知識が豊富なことを実感しました。真剣にキャリア相談をしようと思えました。」

 

「大手メーカーや医薬業界など、紹介してくれる案件数の多さに驚きました。私の場合、合計で25社は紹介してもらいましたね。」

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

 

 

 

Geekly

Geekly」は、IT・WEB・ゲーム業界専門の転職エージェントです。

 

おすすめポイント

  • IT・WEB・ゲーム業界の専門的な仕事を理解した上で求人を提案してくれる
  • 合計求人数が約19,000件以上(2021年4月時点)
  • メガベンチャーの求人が多い

 

口コミ・評判

「新卒で入った会社がブラックで精神的にきつくなって辞めました。無職期間があったので、上手く転職先が決まるか不安でしたが、担当者の方にしっかりサポートしてもらい、内定をもらえました。」

 

「何もかも対応が早く、1ヶ月で転職先を見つけられました。転職ではスピード感やタイミングが大切だと聞くので感謝しています。」

 

 

 

パソナキャリア

 

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

 

パソナキャリア」は、16,000社以上と取引実績がある優秀な転職エージェントです。

 

 

おすすめポイント

  • 誰に対してもサポート体制が丁寧
  • 利用者の満足度が高い
  • 女性に寄り添ってくれる

 

口コミ・評判

「本当に親切な対応をしてくれました。アドバイスも的を射ていて、納得感がありました。特に役立ったのは、面接対策です。友達に転職について相談されたらおすすめしようと思います。」

 

「営業さんと、そのアシスタントさんとの連携もしっかりできているので、混乱することはありませんでした。実は2社の転職エージェントに登録していたのですが、もうひとつは情報が錯そうしていました。」

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

 

Green

「Green」は、IT・WEB業界に特化した転職求人サイトです。

 

おすすめポイント

  • スタートアップやベンチャーだけでなく、上場企業や外資系企業を視野に入れた転職が可能
  • さまざまな検索条件で仕事を見つけられる
  • 未経験からのステップアップも歓迎

 

口コミ・評判

「ベンチャー企業を狙って、ここを選びました。求人数が多くて助かりました。」

 

「転職求人サイトなので転職サポートはありませんが、業界トップクラスの求人数と聞いて登録してみました。」

 

GeekOut

「GeekOut」は、IT・WEB業界のエンジニアやITコンサルタントに特化した転職サイトです。

 

おすすめポイント

  • 数はそれほど多くないが、優良案件が多い
  • 転職サイトだが、サポートが充実している
  • 自分のペースで転職活動ができる

 

口コミ・評判

「GeekOutで仕事を見つけて、年収がアップしました。GeekOutでは年収600万円超えの求人が多いようです。」

 

「キャリアアドバイザーからアドバイスを受けることができて、悩みを解決できました。やはり一人では不安なので、プロに頼るのが良いと思います。」

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

SE・エンジニアに強い転職エージェントの比較ポイント5つ

SE・エンジニアに強い転職エージェントの見分け方を紹介します。IT・WEB業界に強いか、良い担当者か、というのは比べて初めて分かることが多いです。

 

そのため、複数の転職エージェントに登録して面談を行い、以下の5つのポイントで精査して、メインとサブの転職エージェントを選ぶと良いのではないでしょうか。

 

その転職エージェントのみで保有している非公開求人情報もあるので、複数社に登録するのがおすすめです。

 

1:IT・WEB業界出身のキャリアアドバイザーがいるか

IT・WEB業界では専門用語も多く使われます。そのため、専門的な領域も理解できるキャリアアドバイザーが担当についてくれるか、というのを意識して欲しいです。

 

通常、簡単な職歴を伝えた上で、適した担当者がつき、面談をしてくれます。この面談でまったく話がかみ合わないようでしたら、担当者の変更を申し入れても良いでしょう。

 

しかし、そもそもミスマッチを起こしている担当者をつける転職エージェントは信頼できるのでしょうか。

 

2:面談でスキルや希望をしっかりヒアリングしてくれるか

履歴書や職務経歴書だけをみて、判断するようなキャリアアドバイザーは信頼できません。

 

面談で会話をすることにより、しっかりヒアリングできるのです。あなたの魅力を引き出してくれるようなキャリアアドバイザーが好ましいですね。

 

こちらとしては、自分の希望や要望は、はっきり伝えると良いでしょう。もしかしたら、内容もよく分からず、キーワードに引っかかった求人を紹介しているだけかもしれないので、「なぜこの求人をおすすめしてくださったのですか?」とたまに聞いてみても良いかもしれません。

 

3:入社第一ではなく今後のことを見据えたアドバイスをくれるか

キャリアアドバイザーは目標数字を抱えています。そのため、入社することが第一になるキャリアアドバイザーがまれにいるようです。

 

転職者も、転職活動が上手くいかないと、目先のことだけに意識がいきがちです。ここはお互い冷静になって今後のことを見据えたキャリアのことを考えましょう。

 

キャリアアドバイザーなのですから、本当に転職者の気持ちに寄り添ったアドバイスができる人だけを信頼しましょう。

 

4:本当にマッチした求人を紹介してくれるか

採用される確率の高い会社をあえて選んでいるキャリアアドバイザーもいるようです。採用率が高いことは悪いことではありませんが、「本当にマッチした求人か?」という問いかけをしましょう。

 

入社してすぐに辞めることは、会社にとってもあなたにとっても好ましくありません。マッチしない求人を無理に紹介してくるようなキャリアアドバイザーとは距離を置きましょう。

 

5:対応スピードが早いか

優秀なキャリアアドバイザーは、多忙であっても対応スピードが早いです。転職は、タイミングも大切なので、遅すぎる連絡は、せっかくのチャンスを台無しにするかもしれません。求人紹介や面接日程調整などをスムーズに行ってくれるかチェックしましょう。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

社内SEへの転職を成功させるなら知っておきたい5つの知識

社内SEへの転職を成功させるなら知っておきたいことがあります。社内SEを目指す人にとっては厳しい現実でもありますが、役立つ情報が詰まっています。

 

1:社内SEの平均年収約550万円より大きく下回っていないか

転職サイト「@type」によると、社内SE平均年収は約550万円となっています。年齢別にお伝えしましょう。

 

年齢

平均年収

20代

360~410万円

30代

490~540万円

40代

630~680万円

システムエンジニアの平均年収よりやや高くなっています。この、年収550万円という数字を基準に仕事を探してみてください。

 

2:専門性のある特化型と求人数が多い大手の組み合わせが良い

転職エージェントを利用するなら、以下の2社に登録することおすすめします。

 

  • 専門性のある特化型転職エージェント
  • 業界・業種問わず求人数が多い転職エージェント

 

転職エージェントに登録すると、

  • 非公開の求人情報を得られる
  • 応募書類の添削や面接練習などをしてくれる
  • 無料でアドバイスをもらえる

というメリットがあるので、使わない手はありません。とはいえ、1社に依存するのは健全ではないでしょう。2~3社に登録する人が転職に成功しています。

 

3:面倒なら最も相性の良かった転職エージェント1社に絞る

2~3社の転職エージェントに登録した上で、やりとりが面倒になったら、相性の良い1社に絞るという選択をしてみても良いでしょう。自由に転職エージェントを取捨して問題ないです。

 

4:社内SEに転職した人のブログで業務内容を知る

社内SEの仕事内容がいまいちピンと来なかったら、ブログ「IN4U」を読んでみるとイメージが湧くかもしれません。読み物としておもしろいですし、社内SEに興味があったら、なおさら得られるものが大きいでしょう。

 

例えば、社内SEの1日の流れや、社内SEのスキルで1番大切なこと、などが忖度なく書かれています。きっとあなたの役に立つでしょう。

 

5:社内SEの応募倍率は5~10倍

少し厳しい現実ですが、社内SEの倍率は、5~10倍程度だとされています。IT業界は人手不足ですが、社内SEはそれだけ人気があるということですね。

 

 

まとめ

システムエンジニアだった私にとって、社内SEはかなり魅力的なお仕事でした。

 

  • システムエンジニアより残業が少ない
  • 逼迫した納期が少ない
  • 自社で働ける
  • ユーザーとの距離が近い
  • 上流工程にも携える

 

というメリットがあります。人気の高い職種なので、その分対策が必要です。特化型と大手の転職エージェント2~3社に登録して、効率良く転職活動を進められると良いでしょう。

 

相性が合わなければ、担当者を変えたり、距離を置いたり、自由に選べますよ。

この記事の執筆者
キャリズム編集部

転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

同じカテゴリの転職コラム
  • 新着コラム
  • 人気コラム
  • おすすめコラム