第二新卒の転職に強い転職エージェント8選と転職成功のコツ


 > 
 > 
 > 
第二新卒の転職に強い転職エージェント8選と転職成功のコツ
キーワードからコラムを探す

第二新卒の転職に強い転職エージェント8選と転職成功のコツ

New_pixta_22138452_s

今の会社で働き続けるのは嫌だけど、就職活動の大変さを思い出すと転職活動をするのは気が進まない。そう考えてなんとなく日々を過ごしていないでしょうか?実は、第二新卒の転職活動は新卒の転職活動より楽な傾向があります。
 
その理由は、新卒時と違い転職エージェントを利用できるからです。このサービスを利用すると、
 
・自分だけでは気づかなかった本当の強みを見つけてもらえる
・面接での質問内容を教えてくれる
・あなたの希望にあった企業を紹介してくれる
・企業目線で書類・面接対策をしてくれるから、独りよがりのアピールになりにくい
 
といったメリットがあります。しかし、転職エージェントにはそれぞれ強みが異なるため、どのエージェントがベストのかは利用する人の目的や担当者との相性によって変わります。まずはあなたと相性のいいサービス・担当者を見つけていきましょう。
 
このページでは、第二新卒が登録しておきたい転職エージェント、第二新卒が転職エージェントを利用した方がいい理由、利用時の注意点についてお話していきます。
 

 【目次】
第二新卒の転職に特化した転職エージェント8選
マイナビジョブ20’s|大手企業を目指したい
ハタラクティブ|経歴に自信がない人向け
第二新卒ナビ|ITエンジニアや営業職に就きたい方におすすめ
JAIC|営業職を目指したい
第二新卒AGENTneo|ブラック企業で働きたくない方におすすめ
第二新卒特化ではないがおすすめの転職エージェント3選
リクルートエージェント|とにかく案件が多い
DODA|膨大な求人数と転職ノウハウ
パソナキャリア|サポートが親身
第二新卒が転職エージェントを利用した方がいい理由
新卒のときよりも良い会社に行ける可能性があるから
面接での質問内容を教えてくれる
転職エージェントが採用側にあなたの強みをプッシュしてくれることも
あなたの希望にあった企業を紹介してくれる
非公開求人を紹介してくれることも
面倒な手続きを代行してくれる
採用の可能性がある企業に狙いを絞れる
利用は無料
第二新卒が転職エージェントを利用する際に注意したい4つのポイント
担当者との相性が大事
担当者の口車に乗せられないようにする
初回のカウンセリングや説明会で質を見極める
相性が悪ければ担当者を代えてもらう
まとめ

 

第二新卒の転職に特化した転職エージェント8選

まずは、第二新卒や20代の転職に特化した転職エージェントをご紹介します。
 

マイナビジョブ20’s|大手企業を目指したい

マイナビジョブ20's

20代の転職に特化した転職エージェントです。大手企業の求人を多数保有しているので、就職活動が不本意だった方でリベンジを果たしたい人におすすめです。
 

ハタラクティブ|経歴に自信がない人向け

他の転職エージェントに利用を断られた方でも利用しやすい転職エージェントです。支店が東京にしかないので、東京で働きたい方におすすめです。
 

第二新卒ナビ|ITエンジニアや営業職に就きたい方におすすめ

1人あたり24時間に渡る完全個別サポートが売りの転職エージェントです。あなたの性格や希望・悩みを考慮してサポートをしてくれます。ITエンジニアや営業職への転職に強みを持っています。
 

JAIC|営業職を目指したい

JAIC(ジェイック)  

既卒・フリーターの正社員化が得意な転職エージェントです。新人教育も手がけている会社なので、基本的な社会人マナーや経験が不足している方は不利を補えます。営業カレッジでは独自のノウハウと実績があり、未経験から営業職を目指すために必要な経験を積めます。
 

第二新卒AGENTneo|ブラック企業で働きたくない方におすすめ

エージェントが実際に訪問した企業の求人のみを掲載しています。労働環境や教育制度などを直接調査し、優良企業だけを厳選。ブラック企業で働きたくない方におすすめです。
 
 

第二新卒特化ではないがおすすめの転職エージェント3選

第二新卒に特化したサービスと併用したいのが大手転職エージェントです。大手ならではの膨大な求人数と、サポート経験から蓄積されたノウハウは利用しない手はありません。
 

リクルートエージェント|とにかく案件が多い

リクルートエージェント  

転職業界大手の転職エージェントです。公開案件だけで30,000件以上あり、さらに80%は非公開案件です。優良企業に応募する機会を増やしたい方におすすめです。
 

DODA|膨大な求人数と転職ノウハウ

転職はDODA

リクルートエージェントと同様大手の転職エージェントです。10万件の求人の内、80~90%が非公開求人です。リクルートエージェントと合わせて使うことで、少しでも多く優良企業にエントリーできます。
 

パソナキャリア|サポートが親身

パソナキャリア

上記2社は求人数が多いものの、利用者が多くエージェントから十分なサポートを受けられないもの。パソナキャリアはサポートが親身なので、今のまま転職するのが不安な方におすすめです。転職慣れしていない第二新卒こそ、念入りな書類・面接対策が重要になってきます。
 
 

第二新卒が転職エージェントを利用した方がいい理由


転職をこれまでしたことない方にとって転職エージェントは聞き慣れない言葉かもしれません。転職エージェントは、人材を欲しい企業と転職したい求職者をマッチングし、雇用のミスマッチを減らすサービスです。
 
求職者側からすると、応募先企業の生きた情報が得られ、なおかつ転職のプロのサポートを受けられるから内定しやすいといったメリットがあります。以下ではより詳細な利点を見ていきましょう。
 

新卒のときよりも良い会社に行ける可能性があるから

あなたは就職活動をする中で、自分の強みをどう伝えるべきか迷った経験があるでしょう。自力で企業にアピールするしかなかった新卒のときと違い、第二新卒は転職エージェントの力を借り、自分だけでは伝えられなかった本当の強みを伝えられるようになります。
 
強みも企業の視点でアピールできていなければ、的外れになるもの。第三者の客観的な意見を考慮することで、採用に直結するアピールができるようになります。
 

面接での質問内容を教えてくれる

転職エージェントはこれまでのサポート経験から、企業が第二新卒に何を求めているのか、転職に失敗するのはどんな人かよく知っています。求人元に直接足を運ぶエージェントもおり、的を射た面接対策をしてくれます。
 

転職エージェントが採用側にあなたの強みをプッシュしてくれることも

いくら面接対策をしても緊張はつきもの。しかし優秀な担当者についてもらえれば、面接だけでは伝えきれなかったあなたの強みをエージェントが採用者に伝えてくれます。
 

あなたの希望にあった企業を紹介してくれる

初回にヒアリングをし、あなたの希望にあった求人を紹介してくれます。求人票だけではわからない情報を教えてくれるので、情報不足が故に働いてから後悔するリスクを減らせます。
 
 
ただし、どの程度希望が考慮されるかは、残念ながらサービスや担当者によってまちまちなので自分に合うサービスを見つけましょう。
 

非公開求人を紹介してくれることも

転職エージェント特有のメリットです。人気企業は求人を出すと応募が殺到しさばききれなくなるので、非公開求人というかたちで募集をかけることもあります。転職エージェントに登録しなければ応募することは愚か、求人が出ていると知ることすらできません。
 

面倒な手続きを代行してくれる

日程の調整や面接担当者のやりとりなどをエージェントが代行してくれます。働きながらだとなかなかスピーディーな対応ができない上、自力で転職活動をすれば勤務時間外にも時間を取られます。
 

採用の可能性がある企業に狙いを絞れる

紹介してくれる案件は、すべてあなたが採用されうる企業です。就活のときのように、落ちるか受かるか未知数の状態で何枚も履歴書を書く必要もなくなります。可能性があると分かれば、やる気も出てくるのではないでしょうか。
 

利用は無料

転職エージェントは採用が確定した際に企業からでる報酬で運営しています。したがってあなたがお金を支払うことはありません。
 
 

第二新卒が転職エージェントを利用する際に注意したい4つのポイント

最後に、転職エージェントを利用する際の注意点について見ていきましょう。
 

担当者との相性が大事

同じ転職エージェントでも、良い口コミと悪い口コミをする人がいます。利用者の性格や状況が異なるというのもありますが、どの担当者に当たるかによってサポートの質にばらつきが出てきます。最初は数社登録し自分に合った担当者を見つけましょう。
 

担当者の口車に乗せられないようにする

営業力が強い転職エージェントほどあなたをその気にさせます。しかし、最もなことを言われたからといって考え方をコロコロと変えていては、そのうち自分が本当はどうしたかったのか見失ってしまうでしょう。
 
転職に何を求めているのか、妥協できるものとできないものを明確にしておきましょう。
 

初回のカウンセリングや説明会で質を見極める

良し悪しをすぐに見極めたければ、初回のカウンセリングや説明会で判断するといいでしょう。
 

相性が悪ければ担当者を代えてもらう

担当者の交代は可能です。変に遠慮せず申し出ましょう。それでもダメなら、別のサービスを検討します。担当者の質は転職の成否に左右するため、慎重に見極めたいものです。
 
 

まとめ

いかがでしたか?第二新卒は転職エージェントを利用できるので、新卒よりも良い企業に転職できる可能性は十二分にあります。自分にあったサービスを2~3社登録し、妥協せず企業を見極めていきましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。

編集部

本記事は厳選 転職エージェントナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※厳選 転職エージェントナビに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職エージェントに関する新着コラム

転職エージェントに関する人気のコラム


転職エージェントコラム一覧へ戻る