あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
第二新卒必見!おすすめの転職サイト5選の特徴と評判を徹底比較
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 105 Office info 75 Office info 175 Office info 115 Office info 165 Office info 85 Office info 125 Office info 375 Office info 335 Office info 95
Ranking agent btn

第二新卒必見!おすすめの転職サイト5選の特徴と評判を徹底比較

キャリズム編集部
監修記事
Img 1543890923

近年は人手不足の影響もあり、第二新卒のニーズが高くなっています。『マイナビ』が行った調査によれば、回答した企業の過半数が積極的な採用を考えているようです。


引用元:第二新卒って一体何? 実は転職しやすい時期だった!? | マイナビ転職

企業のニーズが高いことから、多くの転職サイトが第二新卒の利用者を増やしたいと考えています。そのため、似たり寄ったりの転職サイトが多く、どこを利用すればよいのか悩む方も多いはず。

 

この記事では、第二新卒向けの転職サイトで、使いやすく、評判が高いものを厳選して5つ紹介します。

 

また、第二新卒が転職前に知っておきたい知識もあわせて紹介します。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

厳選!第二新卒におすすめの転職サイト5つ

数多くある転職サイトのなかでも、第二新卒の転職に強いサイトを5つ紹介します。

 

一見同じように見えても、それぞれ異なる特徴を持っているので、自身が使いやすいと思うサービスに登録してみましょう。

 

リクナビNEXT

人材紹介サービス大手の『リクルートキャリア』が運営する転職サイトで、第二新卒歓迎の求人が1500件以上(2018年12月現在)掲載されています。

 

利用者が多いサービスであるため、蓄積された転職ノウハウも非常に豊富。特に『グッドポイント診断』は、転職したいけれど、自分の強みがわからずためらっている方におすすめです。

 

診断には30分ほどの時間がかかってしまうものの、18種類の項目のなかから、あなたの強みを5つ導き出してくれます。

 

【グッドポイント診断でわかる18の強み】


引用元:グッドポイント診断|リクナビNEXT

アプリ版もリリースされているため、ちょっとした合間に求人探しをしたい方におすすめです。

リクナビNEXTの口コミ・評判

 

DODA

『DODA』は、『パーソルキャリア株式会社』(元インテリジェンス)が運営する転職サイトです。

 

転職サイトではありますが、エージェントサービス、スカウトサービスも利用できるため、何度も登録をする手間がありません。

 

第二新卒歓迎の求人が2,000件以上(2018年12月現在)掲載されており、なかでも営業職・技術職に関するものが多くなっています。

 

また、『年収査定』や『キャリアタイプ診断』などの独自コンテンツが充実。転職するか迷っている方におすすめです。

DODAの口コミ・評判

 

Green

『Green』は、IT・WEB業界の求人に特化した転職サイトで、エンジニアやデザイナー、マーケターなどで転職を考えている方におすすめです。

 

第二新卒歓迎の求人は400件ほど(2018年12月現在)で、そこまで数は多くありませんが、なかには、急成長中のスタートアップ企業や、『SEGA』『DeNA』などの名だたる大企業も含まれています。

 

求人に応募するためには会員登録は必須ですが、FacebookのIDと連携させることで、手間を省くことができます。(FacebookのID連携を行った場合でも、下記項目の入力は必須です)


引用元:転職・求人サイトGreen

Greenの口コミ・評判

 

キャリトレ

『株式会社ビズリーチ』が運営する転職サイトで、人工知能を活用している珍しいサービスです。

 

掲載求人のなかで、気になったものには『興味がある』、興味のないものには『非表示』を選択していくことで、人工知能が学習して自分に合った求人を紹介してくれるようになります。

 

『キャリトレ』には、PCサイトやスマホサイトだけでなく、iOS・Androidアプリもあるため、隙間時間を使って転職活動したい方におすすめです。

キャリトレの口コミ・評判

 

エン転職

国内最大級の情報量を誇る転職サイトで、第二新卒向けの求人が3,500件以上(2018年12月)掲載されています。

 

利用者からの評判は高く、『オリコン顧客満足度ランキング』では、男女別で1位に輝いており、サイト内の充実さがうかがえます。

参考:転職サイトのランキング・比較|オリコン

 

特に求人に記載されている情報が豊富で、業務内容や給与、休日などの基本的な内容だけでなく、企業に取材を行った担当者のコメントも掲載されているため、より応募先のイメージが掴みやすいです。

 

レジュメアドバイスや面接対策レポートなどの転職支援も充実しているため、はじめて転職する方でも安心して利用できます。

エン転職の口コミ評判

第二新卒が転職を成功させる5つのポイント

どれだけ転職サイトの使い勝手がよく、親身にサポートをしてくれても、補助的な役割でしかありません。自分自身をどう企業にアピールするかも大事なポイントです。

 

この項目では、第二新卒が転職を成功させるためのポイントを5つ紹介しますので、確認しておきましょう。

 

企業での立ち位置|第二新卒に期待されていることは?

第二新卒枠での転職を考えた場合、スキルや経験が少ないために、どうアピールすればよいか悩まれる方が多くいます。

 

アピール実績があるに越したことはありませんが、企業は必ずしも即戦力としての採用を考えているわけではありません。

 

企業側は、どのような目線で第二新卒を採用するのか確認しておきましょう。

 

新卒と二卒の選考基準の違い

第二新卒と新卒との大きな違いは、社会人経験の有無です。

 

新卒で入社した後すぐに仕事を辞めたとしても、新人研修を受けていれば、最低限のビジネスマナーは身についているはず。

 

一から教育する手間を省けるのは、企業にとってはメリットになります。

 

アピールすべきポイントは?

新卒と違ってビジネスマナーが身についていることをアピールしましょう。面接での態度はもちろん、メールや電話での応対にも気を抜かないように。

 

また、勤務期間が短いことは、前職のやり方に染まっていない点でメリットになります。業務を身につけるだけでなく、会社のやり方に馴染めるという面でも適応力があることをアピールしましょう。

 

仕事を辞めた理由を明確にして転職先探しに活かそう 

新しい職場で同じ失敗を繰り返さないように、仕事を辞めた理由を明確にしましょう。

 

前の職場でどんな不満を持ち、何に悩んで転職を決意したのでしょうか。理由はいろいろあるかもしれませんが、「これだけは嫌だった!」ことがあるはずです。

 

仕事を辞めた理由”は、逆に考えると、“あなたが転職先に求める条件”といえます。

 

理想の転職先は、なかなか見つかるものではなく、場合によっては妥協も必要です。妥協することになっても、最低限押さえておきたい条件を満たしていれば、転職に失敗したと感じることは少ないでしょう。

 

未経験業界へのチャレンジ精神も評価の対象

企業側は第二新卒に対して、即戦力として活躍することよりも、これからの成長を期待しています。

 

どうやって成長が期待できるかを判断するのかというと、仕事に対する熱意や意欲、チャレンジ精神です。

 

未経験業界に転職したい場合、「仕事選びに一貫性がないと思われるのでは」と不安かもしれません。

 

むしろ、第二新卒は年齢的にも未経験業界にチャレンジしやすい時期です。採用担当者が納得できるよう熱意や意欲を伝えましょう。

 

面接や履歴書で熱意の伝わる志望動機を作りたい方は、
パターン別|転職面接の好印象な志望動機とNG志望動機ランキング
転職の履歴書で大切な志望動機!作成ポイントと職務経歴書との違い
もあわせてご覧ください。

 

すぐに辞めるかもしれないという不安の払拭

前職を短い期間で辞めている以上、企業側が「うちに入社しても、またすぐに辞めるのでは」と不安に思うのは当然のことです。

 

企業が持つ不安を払拭するためには、納得できる“辞めた理由”を用意する必要があります。

 

とはいえ、面接用に仕事を辞めた理由を作る必要はありません。下手な嘘は見抜かれる可能性も高く、悪い印象を与えかねないため、正直に話したほうがよいでしょう。

 

退職理由を伝える際のポイントを知りたい方は『転職の面接で退職理由を伝える時に気を付けるべき4つのこと』をご覧ください。

 

業界研究や自己分析などの準備をしっかり

早い時期で転職することになったのは、業界研究や自己分析などの準備が甘かったのが原因といえます。

 

転職先選びで同じような失敗をしないためにも、何がやりたいのか、どんなキャリアを築いていきたいのか、しっかり自己分析をしておきましょう。

 

自己分析の方法を詳しく知りたい方は『転職前に行う自己分析の方法|不満や強みを整理して採用率を高めるには』を参考にしてみてください。

 

また、業界・企業研究をおざなりにしてしまうと、将来性がなく、経営状態が厳しい会社に転職することになるかもしれません。

 

自分が身につけたいスキル、今後発展していきそうな業界といった目線で探すとよいでしょう。

 

詳しくは『失敗したくない方必見!良い企業・求人の見分け方』で解説しています。

転職サイト以外の第二新卒向けおすすめエージェント

第二新卒の転職活動では、幅広く情報を集めるためにも、転職サイトと併用して他のサービスを利用するのがおすすめです。特に転職エージェントは、初めて転職活動をする方にとって、心強い味方となるでしょう。

 

転職エージェントとは

転職エージェントは、専任のキャリアアドバイザーが利用者と面談を行ったうえで、希望に合う求人を紹介してくれるサービスです。

 

求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の添削や面接対策、年収交渉など、さまざまな転職サポートを無料でしてくれます。

 

転職エージェントのなかには、第二新卒に特化したサービスがあり、おすすめは以下の4つ。

※サイト名をクリックすると、詳細ページが開きます

 

さらに詳しく転職エージェントのメリットを知りたい方は『転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識』をご覧ください。

 

SNSを利用した転職活動

近年では、SNSを利用した転職活動も盛んに行われています。

 

『Twitter』や『Facebook』で直接募集をかけたり、スカウトをしたりするパターンもありますが、『bosyu』や『wantedly』など、SNSを活用した転職サービスもあります。

 

こうしたサービスは気軽に利用しやすかったり、募集をかけた企業自身もSNSを積極的に活用していたりするため、職場のイメージを掴みやすいです。

失敗したくない方必見!良い企業・求人の見分け方

転職先に期待することは、人それぞれ違うものの、ブラック企業や将来性がない業界に行くのは避けたいですよね。

この項目では、良い求人の見分け方を紹介します。

 

競合となる企業がいるか聞く

近年は、大企業ですら安定しているとはいえず、将来性がある企業なんてわかりませんよね。

 

そんなときは、面接の際に逆質問をするのがおすすめです。特に聞いておくとよいのが、競合となる企業がいるかということ。

 

競合がいると、「安定したシェアが確保できていないのでは」と思うかもしれませんが、競争があることで伸びる可能性が期待できます。また多くの企業が参入していれば、今後、市場自体が大きくなる可能性が高いといえるでしょう。

 

みなし残業代を引いた後の賃金額を確認する

賃金にみなし残業代が含まれている場合、求人票には以下の3つを記載することが義務付けられています。

①固定残業代の金額
②その金額に充当する労働時間数
③固定残業代を超える労働を行った場合は追加支給する旨
引用元:固定残業代|全国求人情報協会

そのため、多くの求人票には次のような形で記載されていることがあります。

 

【例】月給20万円以上※固定残業代25,000円(20時間相当分)含む。時間超過分は別途支給。

 

この際に注意してほしいのが、固定残業代を引いた金額がいくらになるのかです。

 

固定残業代の金額が大きくなるほど、賃金も増えたように見えますが、実際は基本給が抑えられており、時給に換算するとたいしてもらっていない可能性があるので注意してください。

 

口コミサイトで確認する

「求人票や面接では良い印象だったけど、不安が解消しきれない…」という方は、『Vorkers』や『転職会議』などの口コミサイトを利用するとよいでしょう。

 

職場の雰囲気や残業の有無、評価制度など、転職前に知りたい情報が投稿されています。実際に働いていた方による投稿なので、ある程度の信憑性が期待できるでしょう。

 

とはいえ、退職者には企業に不満を持って辞めた方も多いため、投稿がネガティブな内容になりがちです。あくまで参考程度という認識で利用することをおすすめします。

まとめ

第二新卒のニーズは高く、転職のタイミングとしてはおすすめといえます。

 

しかし、転職活動には多くの時間と労力がかかるため、一度職場選びに失敗してしまうと、簡単にはやり直しができません。

 

売り手市場とはいえ、戦略を立てて転職活動をすることが大事です。転職サイトによって、掲載されている求人や、使いやすさも異なるため、評判だけで判断するのではなく、実際に利用してみるとよいでしょう。

 

【おすすめの転職サイト5選】

上記以外にも、転職エージェントやSNSを活用したサービスもあるため、ぜひ自分に合ったやり方で転職活動を進めてみてくださいね。

 
Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』をターゲットに、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

第二新卒の転職に関する新着コラム

第二新卒の転職に関する人気のコラム


第二新卒の転職コラム一覧へ戻る