トップ > 転職ガイド一覧 > 転職エージェント > 美容業界に強い転職エージェントと転職を成功に導く方法

美容業界に強い転職エージェントと転職を成功に導く方法

転職エージェント

美容業界に強い転職エージェントを利用すると、サロンの雰囲気を教えてもらえたり、面接・書類対策をしてもらえたりするので、1人で求職するよりも転職活動を有利に進められるようになります。
このページでは美容業界に強い転職エージェント、利用するメリットと注意点、賢く利用する方法、転職を成功させるポイント、美容業界から異業種へ転職する際の有力候補について解説します。
 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
転職エージェントを複数利用する際の正しい選び方とは?

転職エージェントを複数利用する際も、同じ領域で業務を展開するエージェントに登録しても意味がありません

 

例えば、営業職で転職を検討している場合、まず登録すべきは大手で求人数を多数抱える『マイナビエージェント』や『doda』『type転職エージェント』のいずれか一つをまず選択。

 

マイナビエージェント」や「doda」の両方に登録しても構わないのですが、どちらも総合的な職種を扱うエージェントですので、高確率で紹介される求人に被りが出てしまいます。

 

では、2社目のエージェントはどこにするかというと、『営業職の転職に強みを持つエージェント』です。

 

2社目以降の選び方を確認する

 

とはいえ、営業職はどこの会社にもある最もポピュラーな職種ですので、比較検討すべき軸としては・・・

 

行きたい業界に特化しているエージェント

自分の年代に近い求職者が集まっている

の2軸になります。

 

この場合は、行きたい業界で選ぶなら・・・

を、私たちは提案します。

 

そして3社目の、自分の年代に近い求職者が集まっているエージェントですが、エージェントが抱える求職者も年代にはばらつきがあり、どの年代層が得意といった色があるので、最後に年代別に強いエージェントにも登録しておくと盤石です。

 

たとえば、

  1. 20代後半までの第二新卒であれば『ハタラクティブ
  2. 29歳までの狭間の世代なら『U29JOB(ユニークジョブ)
  3. 30代前半から後半の範囲であれば『パソナキャリア
  4. 40代後半までであれば『ビズリーチ
  5. 50代なら『JACリクルートメント

が良いかと思います。整理するとこんな感じですね。

 

総合転職

いずれか1社

マイナビエージェント

type転職エージェント

doda

業界別

2社目

不動産業界

宅建ジョブエージェント

IT業界

レバテックキャリア

コンサル業界

ムービン

広告業界

マスメディアン

年代別

3社目

ハタラクティブ

U29JOB(ユニークジョブ)

パソナキャリア

ビズリーチ

JACリクルートメント

 

評判の良い各業界別・年代別のエージェントは「こちら」にまとめてありますので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

この記事に記載の情報は2021年04月01日時点のものです

美容業界に強い転職エージェント4選

ここでは美容業界の転職に強い転職エージェント2つと、異業種への転職に強い転職エージェント2つを紹介します。
 

パソナキャリア

異業種への転職が初めての方におすすめの転職エージェントで、サポートの細かさに定評があります。
転職が初めてだと面接や履歴書の対策が疎かになり、なかなか採用が決まらない人も多くいます。特に異業種であれば、やる気や自分の経験をどう伝えればいいかわからないでしょう。
パソナキャリアではこのような初めての転職で起こりえる問題点に関して、1つ1つ丁寧にサポートしてくれます。専門家の手厚いサポートを受けながら転職活動をしたい方はぜひ利用してみてください。
 

リクルートエージェント

美容師から異業種へ転職したいときに便利な転職エージェントです。求人数が圧倒的に多いので、お住いの地域で希望する求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。
ただし大手企業であるがゆえに、担当者1人が多くの求職者を抱えています。思っていたよりもサポートが行き届かない場合もありますので、その点は注意が必要です。
とはいえ豊富な求人数とノウハウの積み重ねがあるため、情報収集だけで考えても優秀な転職エージェントです。
 

salon career AGENT

美容業界の求人に特化した転職エージェントです。美容師、ネイリスト、アイリスト、セラピスト、整体師など豊富な職種の求人があります。
掲載店舗数は10,000店を超えており、地方在住の方もお住いの地域の求人を見つけられます。
正社員、契約社員、アルバイトとあらゆる雇用形態の求人が掲載されているので、あなたにあった働き方から選べます。
Salon careerを使えば自分で求人を探すこともできますが、salon career AGENTを使えば掲載された求人からあなたのスキルに合ったものを紹介してもらえます。
 

リクエストQJエージェント

美容師の求人に特化した転職エージェントです。求人美容室は全国に7,500店舗以上あり、11,000人以上の方が利用しています。
転職が初めての方、今後のキャリアに迷いがある方、女性美容師の方などに向けた転職相談やイベントが多数開催されておりますので、転職に不安がある方は一度試してみるといいかもしれません。
未経験者からベテランまで豊富な求人が揃っています。
 

美容業界に強い転職エージェントを利用するメリット


転職エージェントを利用すると、無料で面接・書類対策を受けられます。
キャリアに関して第三者の客観的意見をもらえるほか、サロンの雰囲気を教えてもらえたりと、求人情報だけでは得られない情報を得られます。詳しくは以下をご確認ください。
 

キャリアアドバイザーの客観的意見をもらえる

将来なりたいビジョンがあっても、それを叶える最適な職場を一人だけで見つけられるとは限りません。
転職エージェントに登録するとキャリアカウンセリングを受けられます。あなたの希望を具体的に伝えることで、転職のプロがあなたにあった求人を紹介してくれます。
また、転職に迷っているときも相談をすれば、いま転職すべきか否かについても意見をもらえます。
 

サロンの雰囲気を教えてもらえる

多くの美容師の方が人間関係の悩みを抱えています。馬の合わない同僚がいたり、オーナーと方針が合わなかったりと様々なケースがあります。
自分の行動で解決できる場合もありますが、最初から自分に合ったサロンに勤務できるのであれば、そうするに越したことはありません。
転職エージェントに相談するとサロンの雰囲気を事前に教えてくれるため、一人で転職した場合よりも雇用のミスマッチを減らせます。
 

面接・書類対策をしてもらえる

書類がなかなか通過しなかったり、面接がどうしても苦手だったりする人もいるでしょう。
転職エージェントに登録すると書類提出から採用が出るまでをサポートしてもらえます。
たとえ面接で力を発揮できなくても、優秀な担当者に当たれば採用担当者に直接あなたをプッシュしてくれる場合もあります。転職慣れしていないのであれば是非利用したいところです。
 

雇い主と交渉してもらえる

労働時間や給与の交渉など、雇用主に直接言いにくいことをあなたに変わって交渉してくれます。自分で交渉する勇気がない…という方には頼りになるサービスです。
 

体験入店システムがある転職エージェントも

実際に働いてみてから入店するか否か決められる制度がある転職エージェントもあります。サロンで働くことで、雰囲気や客層、技術を自分の目で確認し、納得したうえで働き始められます。
 

すべてのサービスを無料で利用できる

転職エージェントの利用は無料です。採用が決まった場合に、雇い主側から転職エージェントへ採用者の年収の30%前後が報酬として支払われます。そのお金で運営しているため、求職者が利用料を取られることはありません。
 

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントは便利なサービスですが、担当者の質で転職の成否が左右されるといったデメリットもあります。利用する前に注意すべきポイントを確認しておきましょう。
 

担当者の質にばらつきがある

優秀な担当者がいる一方、職歴が浅かったり、新卒で入社したため転職経験のない担当者に当たったりする場合もあります。
得意分野があなたの職業と違う、労働者を商品としか見ていない、など当たり外れがあります。担当者が信用できそうになければ、担当を代えてもらう、別のエージェントを利用するなどしましょう。
 

充分なサポートを受けられるかチェックする

転職エージェントがホームページで謳っている強みが現実に反映されているのかもチェックしましょう。特に大手の転職エージェントだと、利用者が多く1人1人に十分手が届かないケースもあります
 

都合のいいことしか言わない担当者もいる

あなたに転職を決めさせたがっている担当者もいます。前述したように転職エージェントは転職を成立させることで雇い主から報酬を得ています。
都合の悪い情報を言葉を濁すことなく説明する誠実さがあるかどうかも確認しておきたいところです。
 

望んでいない条件の求人を紹介されることもある

相手も仕事である以上、あなたの希望に沿った職だけをピンポイントで紹介できないのはある程度仕方のないことです。しかしあまりにも度が過ぎているようであれば他の転職エージェントを利用しましょう。
 

美容業界に強い転職エージェントを賢く利用する方法


転職エージェントを利用するデメリットのほとんどが、担当者とのミスマッチに起因するものです。
複数の転職エージェントを利用したり、自分でも情報を集めたりすることで、デメリットを回避しメリットを最大限に活かす使い方ができます。
 

2,3社の転職エージェントに登録する。

1社しか利用していないと担当者とのミスマッチするリスクが高くなるので、2,3社登録しておきましょう。
複数のキャリアアドバイザーの意見を聞けるため、サービスに良し悪しを客観的に把握しやすくもなります。利用は無料ですから、使えるものは使っていきたいところです。
 

定期的に連絡を入れておく

転職エージェントは求人情報を紹介する際に、更新日が新しい人から連絡していきます。
更新日とは、あなたが最後に転職エージェントと連絡を取った日を指します。1,2週間に1回連絡をとっておくと、優先的に案件を紹介してもらいやすくなります。
 

転職サイトなども併用し自分でも情報収集をする

転職エージェントはあなたにあった求人を紹介してくれます。しかし自分で自由に求人を見つけたいのであれば、転職サイトを使ってどんどん探していきましょう。
気になる求人があれば応募して面接に挑むのもありでしょう。転職エージェントに採用までお世話になってもいいですが、紹介される案件が気に入らなければ、転職ノウハウを吸収する目的で利用するのもいいでしょう。
 

美容業界での転職を成功させる4つのポイント

自分のキャリアプランを明らかにし、方向性があったサロンを見つけられれば転職後の仕事が充実しやすくなるでしょう。ここでは美容業界での転職を成功させるためにおさえておきたいポイントを解説します。
 

キャリアプランを明らかにする

サロンにはそれぞれ個性があります。自分の考えにあった職場を見つけて充実した生活を送るためにも、まずは自分が将来どう働いて行きたいのかを明らかにしましょう。
例えば1箇所で安定して長く働きたい人と、転職を繰り返し、貪欲に技術を吸収したい人では目指す職場が違うのはお分かりいただけると思います。求人を探す前に、まずは自分の理想を知りましょう。
 

サロンの教育方針と自分の方向性があっていそうか確認する

自分の理想とするキャリアプランがわかったら、次に求人を探します。ただしサロンの個性はさまざまなので、事前の情報収集は欠かせません。
詳しい人がいるなら直接聞くのもいいですし、インターネットで調べるのもいいでしょう。転職エージェントに聞いたり、体験入店したりするのも悪くありません。納得感を持って入社するのとなんとなく入社するのではモチベーションが違ってきます。
 

リピーターを増やす努力をする

転職をしたい美容師のほとんど方が持っているのが集客できないという悩みです。成功したいのであればこの問題は解決せねばなりません。
自分でできることはどんどんやっていきましょう。技術だけでなく話術も磨く、お客さんが話した内容を覚えている、理想の髪型を一緒に考えるヒアリング力と提案力を身につけるなどできることはたくさんあります。
客ハン・モデハンをしたり、SNSを活用したりしましょう。雑誌やネットへの出稿がまだなら検討しましょう。どれだけ集客に力を入れられるかで将来の収入が変わってきます。
 

転職を考えているなら20代のうちに

美容師は体力勝負なので、転職するなら若いうちに行動しておいたほうが良さそうです。ただしアシスタントのまま転職すると、次の職場でもまたアシスタントとして1からやり直しになりますから、焦りは禁物です。
美容師に限界を感じて異業界に挑戦するにしても、未経験が許されるのは20代までです。忙しさを理由に将来のことを考えないまま過ごすと、後から高い利息を払うことになるかもしれません。
 

美容業界から異業種へ転職する際の有力候補

最後に美容業界から異業種に転職する際に有力な候補を紹介します。事務職以外はこれまで美容業界で働いてきた経験を活かせる可能性があります。以下で詳しくご確認ください。

 

営業

お客様とのやり取りが苦にならなかった人に向いているかもしれません。学歴や職歴に関係なく、成果さえ出せば高収入を狙える夢のある仕事です。美容商材を扱う企業の営業職になれれば、コミュニケーション能力だけでなく、これまでの知識も活かせます。
 

アパレル業界

美容業界からの転職が多い業界です。美容業界で働く人はおしゃれに対するこだわりを持っていることが多いので、そのセンスを活かしてアパレル業界で活躍している人もたくさんいます。
 

アイリスト

まつげエクステやまつげパーマなど、まつげに携わるお仕事です。美容師と比べて勤務時間が短く、技術を磨けば自分の店を持つこともできます。仕事をするには美容師免許がいるので、今美容師の方はこれまでの努力を無駄にせず転職できます。歴史の浅い職業ですが、最近ではまつげに関するオプションを取り入れる美容院も出てきており、活躍の舞台が広がっています。
 

福祉美容師

障害を持つ方や介護が必要な方のお宅に訪問し美容業を行う美容師を指します。就業時間や休日などが通常の美容師と違い安定しています。もっとたくさんのお客様に来てもらいたいと思っているサロンは多いですが、今は高齢者社会なので福祉美容師になれば活躍のどんどん広がっていきます。こちらの仕事も美容師免許がいるので、これまでの経験を活かして働けます。
 

事務職

女性の方に特におすすめの仕事です。美容師は立ち仕事かつ体力勝負なので、年を取ったときにこのまま働き続けられるか不安に感じる人もいるでしょう。腰を悪くしている人もいるかもしれません。事務職はデスクワークなので、腰に負担がかかりませんし体力が落ちた後でも働けます。これまでの経験は活かせないかもしれませんが、肉体的限界に直面した女性にとっては有力な選択肢の1つになるでしょう。
 

まとめ

転職エージェントに複数登録することで、担当者との相性に左右されにくくなります。美容業界でスキルアップするにしても異業種を目指すにしても、若いうちに行動するに越したことはありません。自分のキャリアプランを明らかにし、方針が合うような転職先を見つけていきましょう。
 

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070