あなたの転職活動応援メディア
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
外資系に強い転職エージェントの選び方と外資系に転職するコツ
キーワードからコラムを探す

外資系に強い転職エージェントの選び方と外資系に転職するコツ

New pixta 40509478 s

外資系企業への転職は日本企業への転職と勝手が違います。英語インタビューや英文レジュメの対策はどうしよう。成果が出ないと速攻クビになるのでは。今の英語力で採用されるんだろうか。そう不安に感じる人も多いでしょう。

このページでは、外資系企業への転職には転職エージェントを使うべき理由、使う際の注意点、おすすめの転職エージェント、転職を成功させるためのポイント、日本企業の違いについて解説していきます。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

外資系企業への転職には転職エージェントを使ったほうがいい理由

外資系に強い転職エージェントを使うと非公開求人を紹介してもらったり、英語インタビューや英文レジュメの添削をしたりしてもらえます。企業の情報を積極的に入手するためにも、自分にあったエージェントを見つけ積極的に利用するのが得策です。

 

非公開求人を紹介してもらえる

非公開求人とは企業の事情により後悔が制限されている案件のことです。応募者の殺到を防ぐため、社内外に知られたくない重要なポジションの求人のため、など様々な理由があります。

特に外資系の非公開求人はハイクラス向けのものも多く、求められている能力がある人はさらなる収入を見込めます。

 

英語インタビューの対策や英文レジュメの添削をしてもらえる

初めて外資系へ転職しようとしている方は、英語インタビューや英文レジュメにどう対策していいかわからないことでしょう。インターネットや書籍で調べるのも悪くありませんが、時間やお金がかかります。

転職エージェントを使えば、無料で外資系企業への転職に強いアドバイザーからアドバイスや添削をもらえます。自分だけでは気づけなかったことを教えてくれます。時間もお金も節約できる極めて合理的な選択肢です。

 

外資系特有の制度や社内の雰囲気を聞かせてもらえる

日本企業だけで働いていた方にとっては、働かずして外資系企業の実情をすべて知るのは難しいでしょう。

結果を出さなければすぐにリストラされるのではないか。TOEICのスコアしかないけど、自分の英語力で大丈夫なんだろうか。英文のレジュメの書き方がわからない。一人で考えていてはわからない疑問を転職の専門家に相談できますので、不明点や心配事を1つ1つ解決できます。

 

転職に関わるサポートを無料で受けられる

こんなに便利なサービスなのに、無料なのは怪しいと感じる人もいるかもしれません。しかし転職エージェントは慈善事業でもなんでもありません。無料の理由を知るにはビジネスモデルを理解するのが手っ取り早いでしょう。

転職エージェントは求職者を企業に紹介しています。採用が決まるとその人の年収の30%前後が企業からエージェントへ支払われており、そのお金で運営されています。よってあなたが後から不当にお金を請求されることはありません。

 

外資系企業の転職に強い転職エージェントを使う際の注意点

転職エージェントは無料で利用できる便利なサービスです。しかしいくつかの注意点を覚えておかないと、転職活動に時間がかかる、入社後に思っていたのと違った、といった風にもなりかねません。ここでは転職エージェントを使う際に最低限注意すべき点について見ていきましょう。

 

サポートの手厚さは要チェック

日本企業への転職と違い、異なる点がたくさんあります。特に初めて外資系企業に転職をしようとしている方であれば、その道に精通している専門アドバイザーの助言を受けた方がいいでしょう。

社風や評価制度、面接で見られるポイント、英文レジュメや英語インタビューなど、毎日働いていればすべてを自分一人でやるのはなかなかハードです。無料で利用できるので、特に使わない理由はありません。

 

担当者次第で命運が左右される

転職エージェントの評判が良かったとしても、担当になったアドバイザーが必ずしもあなたの要望にマッチしているわけではありません。得意な業界が違ったり、経験が浅かったりする場合もあります。

そんなときは遠慮なく担当者を変えてもらいましょう。頑張ってくれているのに申し訳ないと感じることもあるかもしれませんが、今後のキャリアに関わることです。背に腹は代えられません。

担当者だけでなく、転職エージェント自体の得意分野があなたのニーズと違っていた場合、他の会社を利用することをおすすめします。

 

定期的に連絡を取る

転職エージェントは案件を紹介する際に、更新日が新しい求職者から声をかけていきます。更新日とは最後に転職エージェントに連絡を取った日のことです。登録したら長い間放置せず、定期的に連絡を取っていきましょう。

 

外資系企業の転職に強い転職エージェント5選

ハイクラス向けのエージェントから、比較的キャリアが浅い方向けのエージェントまでを5つご紹介致します。ご自身の実力に見合ったものがあればぜひ登録してみてください。

JAC Recruitment

世界8カ国に拠点を置くイギリス初の転職エージェントです。英語インタビューや英文レジュメにネイティブチャックが入るのが最大の魅力です。業界出身者から社内の雰囲気や面接のコツといった生きた情報を教えてもらえます。

優良な案件が豊富ですが、求職者にも相応の実力が求められるので、市場価値が低いと判断されれば案件をあまり回してもらえません。キャリアに自身のある方におすすめです。

リクルートエージェント

未経験からでも応募できる案件も多く、異業種へ転職したい方にも利用しやすいエージェントです。一方スキルが求められる案件も保有しており、スキルや年収をアップさせたい人にもおすすめです。案件の幅が広いので、迷ったらとりあえず登録しておくのもいいでしょう。

パソナキャリア

20,000件以上の求人を保有しており、そのうち約80%が非公開求人です。パソナの調査によると利用者のうち96%が満足しているようです。求職者一人一人に丁寧なサービスをすることに定評があります。初めて外資系企業に転職する方やキャリアの浅い方に特におすすめの転職エージェントです。

Spring転職エージェント

スイス初のグローバル企業です。世界60ヶ国に拠点を置き圧倒的なネットワークから日本国内の外資系案件も大量に保有しています。日本にも160位上の拠点があり、地方の外資系求人も豊富です。首都圏に住んでいる以外の方にもおすすめの転職エージェントです。

ビズリーチ

ハイクラス向け求人を探している方におすすめの転職エージェントです。特に年収750万円以上の方は好条件の案件を紹介してもらえますので、条件にあった方は挑戦してみるといでしょう。

年収1,000万円以上の案件が多く、専門性が求められるような管理職や専門職の求人が中心になっています。外資系はIT業界と金融業界に強いようです。
 

外資系企業のへの転職を成功させるための4つのポイント

外資系企業は日本企業と異なる点も多く、いい条件で転職できたからといって安心はできません。ここでは転職に成功する前と後で最低限覚えておくべき4つのポイントをご紹介します。

また、外資系企業への転職で失敗したくないという方は『外資系転職の失敗パターン5つと後悔しないために考えておきたいこと』も合わせて、読むことをおすすめします。

外資系企業への転職に必要な語学力

TOEIC700点を応募のラインにしている企業が多いようです。800点はあくまで初歩で、入社以降実用的な英語力を伸ばしていくことになります。幹部社員を目指す方以外は、そこまで実用的な英語力が求められないケースも多いようです。

入社当初は英語ができなくても、仕事をしながら磨き上げていくことで海外研修や海外出張などさらなるチャンスを掴めるようになります。
 

転職エージェントは複数登録する

転職エージェントや担当者との相性が合わない可能性もあります。利用者は案件を紹介される受け身の立場なので、担当者の良し悪しで転職がうまくいくかどうかが別れます。リスクヘッジのためにも2,3社登録しておくのをおすすめします。
 

転職は可能性を広げる手段と考える

伝統的な日本企業では、転職がネガティブにとられがちです。しかし外資系企業では転職によるキャリアアップがメジャーですから、気後れするどころか積極的に考えていくべきです。むしろ一箇所にとどまるのではなく、貪欲に実力を磨いていかないといつまでたっても年収がアップしません。
 

転職後は自己ブランディングを考える

転職が決まれば喜びたくなるでしょう。しかし外資系企業への転職成功は始りに立ったに過ぎません。転職によるキャリアアップが主要なため、自分の進むべき道は自分で描かねばなりません。

転職成功に満足することなく、スキルを徹底的に磨き上げ、〇〇を頼むなら△△さんだな。と言われるレベルまで自分をブランディングするのが理想です。市場価値が上がるほど転職の選択肢が増え、引く手あまたになります。
 

外資系企業と日本企業との違いを把握

昇進・昇給の仕組みやカルチャーが日本企業とは異なります。より詳しく知りたい方は転職エージェントに聞くとして、ここでは日本企業と外資系企業の大まかな相違点を確認して行きましょう。

長く働けば出世できるわけではない

新しくついた仕事を数年頑張ったところで、上のポジションになれるとは限りません。管理職などは外部からリクルートされることが多く、長く働いたかどうかは問題になりません。

良くも悪くも実力主義です。更に転職を繰り返し市場価値を上げるためにも、経験やスキルは貪欲に吸収しましょう。
 

仕事の範囲が具体的に決まっている

外資系ではJob Descriptionによって自分の業務範囲が明確に決まっています。日本企業のように仕事の範囲が曖昧ではないので、無駄なく特定の仕事に専念し専門スキルを高めていけます。
 

成果主義のため実力がある人には有利

日本企業の場合、入社後に研修があり名刺の渡し方や電話のかけ方、製品を理解するための研修などがあります。時間をかけて社員を育てるカルチャーがありますが、外資系では即戦力が採用され、結果が出なければクビにされてしまいます。

どちらが良い悪いの問題ではありませんが、日本の横並びな文化が嫌で、なおかつ実力のある方にとっては、実力をいかんなく発揮できる舞台になりかねます。
 

個人主義

日本企業は社員を大切にするため、居心地がよく感じる人がいるのもまた事実です。しかし業務時間外の飲み会に行きたくない人にとっては苦痛以外の何者でもないでしょう。会社は仕事のために行く場所であって、必要以上の人間関係は煩わしいと感じる人にとって外資系企業は働きやすいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

初めての外資系への転職では英文レジュメや英語インタビューなど一人で対応するのが難しいため、転職エージェントの利用をおすすめします。エージェントや担当者の良し悪しに左右されないためにも、2,3社に登録しておきましょう。

転職成功後も油断せず、自分のブランディングを考えることをおすすめします。日本企業のような安心感・安定感はないかもしれませんが、外資系に転職すれば自分で自由にキャリアを切り開いていけるチャンスを得られます。
 

 
Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職エージェントに関する新着コラム

転職エージェントに関する人気のコラム


転職エージェントコラム一覧へ戻る