トップ > 転職ガイド一覧 > 業界別の転職活動 > エグゼクティブ・管理職に強い転職エージェント3選|選び方と転職成功の条件

エグゼクティブ・管理職に強い転職エージェント3選|選び方と転職成功の条件

業界別の転職活動

管理職なのに転職なんてしていいんだろうか。役員のポストなんてそうそう募集されていないだろう。そもそもどうやってハイクラスのポストに転職するんだ。そう考えて今の職場に残る人は多いでしょう。実は管理職や役員の企業間移動は増えており、スキルと実績次第でキャリアアップを目指せます。

エグゼクティブ転職に必要な知識について、以下の5つを解説します。
 

  1. エグゼクティブ採用が増加している背景

  2. エグゼクティブ転職の特徴

  3. 転職エージェントの選び方

  4. 転職時の注意点

  5. エグゼクティブ転職を成功させるヒケツ

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
転職エージェントを複数利用する際の正しい選び方とは?

転職エージェントを複数利用する際も、同じ領域で業務を展開するエージェントに登録しても意味がありません

 

例えば、営業職で転職を検討している場合、まず登録すべきは大手で求人数を多数抱える『マイナビエージェント』や『doda』『type転職エージェント』のいずれか一つをまず選択。

 

マイナビエージェント」や「doda」の両方に登録しても構わないのですが、どちらも総合的な職種を扱うエージェントですので、高確率で紹介される求人に被りが出てしまいます。

 

では、2社目のエージェントはどこにするかというと、『営業職の転職に強みを持つエージェント』です。

 

2社目以降の選び方を確認する

 

とはいえ、営業職はどこの会社にもある最もポピュラーな職種ですので、比較検討すべき軸としては・・・

 

行きたい業界に特化しているエージェント

自分の年代に近い求職者が集まっている

の2軸になります。

 

この場合は、行きたい業界で選ぶなら・・・

を、私たちは提案します。

 

そして3社目の、自分の年代に近い求職者が集まっているエージェントですが、エージェントが抱える求職者も年代にはばらつきがあり、どの年代層が得意といった色があるので、最後に年代別に強いエージェントにも登録しておくと盤石です。

 

たとえば、

  1. 20代後半までの第二新卒であれば『ハタラクティブ
  2. 29歳までの狭間の世代なら『U29JOB(ユニークジョブ)
  3. 30代前半から後半の範囲であれば『パソナキャリア
  4. 40代後半までであれば『ビズリーチ
  5. 50代なら『JACリクルートメント

が良いかと思います。整理するとこんな感じですね。

 

総合転職

いずれか1社

マイナビエージェント

type転職エージェント

doda

業界別

2社目

不動産業界

宅建ジョブエージェント

IT業界

レバテックキャリア

コンサル業界

ムービン

広告業界

マスメディアン

年代別

3社目

ハタラクティブ

U29JOB(ユニークジョブ)

パソナキャリア

ビズリーチ

JACリクルートメント

 

評判の良い各業界別・年代別のエージェントは「こちら」にまとめてありますので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

エグゼクティブ採用に強い転職エージェントの選び方

次に、エグゼクティブ採用に強い転職エージェントの選び方について、どういったポイントを見ていけば良いかを解説していきます。
 

すぐに転職したいなら総合型転職エージェント

一般的なエージェントです。豊富な案件の中からあなたにあった求人を提案してくれるので、短期間に多くの企業を比較検討できます。エージェントを選ぶ際はあなたの年齢、求める年収、内資か外資かをふまえて探しましょう。

 

転職エージェントが多すぎて、どこを選べばよいかわからないという方は、『転職エージェント徹底比較|あなたに合った転職エージェントランキング』をご覧ください。

 

時間があるならヘッドハンティング型転職エージェント

あなたにあった求人があり次第スカウトから情報が送られてきます。総合転職エージェントよりも条件がいいことも多く、時間が許す方にはぴったりです。

 

事業に密接に関わりのある求人なので企業は公開したがらず、ヘッドハンティングを頼りにすることが多いようです。ただし件数が多くないので急いでいる方には向きません。

 

 

エグゼクティブ・管理職に強い転職エージェント3選

ビズリーチ

  • 年収900万円以上で転職をお考えの方
  • 高収入のスカウトを受けたい方

年収500万円以上の転職者からの満足度NO.1を誇るビズリーチ。他社の人材紹介サービスとは異なり、ヘッドハンターからのスカウトを通じて転職先を選べるシステムになっています。
 

スカウトメールをこまめにチェックして返信することが求められるので、主体的に転職活動をしたい方にピッタリです。
※必ず簡易職歴書(全27問)まで記載してください。スカウト数が大幅に増えます。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

 

CAREER CARVER

  1. リクルートグループが運営する、 年収600万円以上向けのエージェント!
  2. 直近年収が600万円以上の方
  3. 今までのキャリアを活かしつつ、更なるキャリアアップを目指す方

 

リクルートグループが運営する、ハイクラス層だけに利用が許された転職エージェントです。優秀なヘッドハンターを600名備えており、更に上のポジションを狙える案件を多数あっ旋してもらえます。

 

自分のキャリアを活かしながら更なる大幅な年収アップを目指す方や、将来的に経営層を目指せる会社を狙っている方は、必ず登録しておきたいエージェントです。

公式サイト:https://careercarver.jp/

 

Spring転職エージェント

  1. 世界有数の人材サービス! 外資はもちろん国内の優良求人も多数!
  2. 外資系転職を視野に入れている方
  3. 自分のスキルを活かしキャリアアップしたい方

 

Spring転職エージェントは、世界最大級の人材サービス企業アデコが運営する転職エージェントサービスです。外資、グローバル企業、国内有数の大手企業はもとより、優良中堅企業など幅広い企業の求人を抱えています。

 

すでに自分のスキルに自信があり、優良企業への転職を通してキャリアアップしたい方におすすめです。

公式サイト:https://www.springjapan.com/

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

管理職や役員の転職でエグゼクティブ採用が増加している背景

終身雇用が当たり前だった時代では管理職の転職は多くありませんでした。ですが近年では以下の要因もありエグゼクティブ人材の移動が増えています。
 

グローバル化

多くの日経企業が新規市場開拓を目指して海外に進出しています。外需を取り込みたくてもそれを担える人がいないため、現地で現場を仕切れる人材のニーズが増加しました。

他の求人と違うのは「経験」が重視される点です。語学力はあくまで最低条件で、現地を知り経験を積んできた背景が求められています。もし海外経験があるのであれば大きなアドバンテージになるでしょう。
 

M&Aの増加

日本企業の海外M&Aは年々増加しています。レコフのデータによると、2009年には海外M&Aの金額が約4兆円でしたが、2015年には8兆円を突破する規模にまで膨れ上がりました。

 

買収に伴い外部から経営者を採用する場合もあり、CEOをはじめとした人材のニーズが増加しています。
 

ベンチャー企業の成長

急激に成長するベンチャー企業では人材の育成と登用が追いつかないケースもあります。エグゼクティブ人材においても同じことで、大企業で経験を積んだ人が成長の機会を求めるベンチャー企業に飛び込むことも多いようです。

 

とはいえ、成長したいというだけでベンチャーに転職すると、失敗することもあります。

 

ベンチャー企業に転職する7つのリスクと5つのリターン』で、ベンチャー企業に転職する場合のリスクと魅力について、まとめているので参考にしてみてください。

 

後継者の不在

帝国データバンクによると、国内企業の66.1%が後継者不在の問題を抱えているようです。事業を継承するために外部から経営者を採用する流れが加速しており、企業経営に携わりたい方にとってはチャンスが増えているといえます。

 

上記以外にも投資ファンドの登場や外資系企業の参入などで、経営層の人材が求められています。ニーズはあるもののエグゼクティブ層・ハイクラス層の人材は少なく希少価値のある存在です。


 

エグゼクティブ採用のある転職エージェントの特徴

秘匿性の高い案件を多く扱っています。一般サイトではありつけない希少な非公開案件に巡り会えるチャンスがあります。利用者の年齢層が高く、期待できる年収も高額です。

 

求人案件は非公開

大前提としてエグゼクティブクラスが転職をしようと思えば、エージェントの手を借りた方が効率的だと知っておきましょう。なぜなら求人のほとんどが未公開で、エージェントを通してしかめぐり会えないためです。

役員クラスの求人を一般に公開してしまうと、会社の大きな動きがバレてしまうリスクがあるので、情報が一般に出回ることはめったにありません。
 

一般的な求人サイトでは探せない

経営者や管理職の方は一般的な転職サイトでは求める条件の求人を見つけられません。これらのサイトでは若手や大量採用がメインなので、エグゼクティブ専用の転職サイトを使うようにしましょう。
 

求人数が少ない

役職が上がるほどポストが少なくなるので、おのずとスタッフ職よりも求人の数が減ります。
 

転職者の年齢層が高い

経営幹部では4,50代、管理職では3,40代の転職者が多いようです。外資系やIT系を除き日本企業では社員の気持ちを考えると経営者の年齢は重要で、若さが逆にマイナスになることもあります。
 

期待できる年収が高額

管理職の求人では年収を800万円から2,000万円以上に想定しています。

 

転職エージェントでエグゼクティブクラスを狙う時の注意点

最後に、転職エージェントを狙う際の注意点を確認しておきましょう。

 

Vorkersで社内の雰囲気を知る

Vorkers』は社員による会社評価の口コミサイトのことです。売上をあげるために転職を成立させたがるエージェントもいますので、できる範囲でご自分の目で社内の雰囲気を知っておくとミスマッチを減らせます。

 

話して良い内容とそうでない内容の線引きをしておく

同じ業界や競合に転職するケースもあります。その際は話してもいい情報とそうでない情報の線引きをしておきましょう。秘匿性が高い情報を公開すればむしろ信用がさがりますし、転職しない場合はリスクもつきまといます。

 

複数の転職エージェントに登録しておく

エグゼクティブ向けの求人はただでさえ件数が少ないうえに非公開なので、複数の転職エージェントに登録した方が機会を失わずに済みます。コストはかかりませんから、登録しておいて損はありません。

 

転職エージェントとの相性には要注意

担当者との相性があわなかったら人を変えてもらいましょう。エージェントは優秀な人材を紹介することで報酬と信頼を得ています。担当者と良好な関係を築けた方がいい案件を紹介してもらいやすくなります。

 

 

エグゼクティブ・管理職が転職を成功させるヒケツ

何よりも経験が重視されます。35歳までにいかに自分の活躍するフィールドで経験を積んでおくかが成功へのカギになります。
 

35歳までに実績を積んでおく

目安として20代後半には自分の仕事をいえるものに出会っておきましょう。そして35歳までに特定分野での実績を積みあげます。年収1,000万の転職に成功した人は、30代のうちに前職でも年収700万から800万を稼いでいます。

 

それ以外では一人で億単位の売上を獲得するプレイヤーなど能力と実績が伴っている人がうまくいっているようです。

 

TOEICなどの高い語学力は武器になる

海外進出を視野に入れている企業の場合はTOEICのスコアや海外での労働経験が高評価につながります。海外の市場に参入したいけど担当者がいない企業は多いので、経験がある人は引く手あまたです。

 

感性も大事

また、近年の海外赴任先は欧米から東南アジアへシフトしています。コストダウンの観点から、現地の人材をリクルートするケースも多いので、その国の国民性と日本企業の文化をうまく整合できる必要があります。語学力だけでなく、現地人と肩を並べて物事を語れる感性がいります。

 

まだ転職まで時間があるのであれば、機会を見て現地で経験を積めば思わぬキャリアアップにつながるかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか。

ここまででエグゼクティブ採用が増加している背景、エグゼクティブ転職の特徴、転職エージェントの選び方、転職時の注意点、エグゼクティブ転職を成功させるヒケツを確認してきました。

 

グローバル化やIT化、M&A件数の増加によって管理職やCEOの役割を担える人材が求められています。事業に密接なつながりのあるポストだから、企業は一般公開したがりません。さらに案件自体も多くないので転職エージェントを利用するのが現実的です。

 

急いでいる場合は総合転職エージェント、時間に余裕がある場合はヘッドハンティング型転職エージェントを利用するといいでしょう。キャリアアドバイザーのいうことを全てうのみにするのではなく、vorkersのような口コミサイトで実情を知ればミスマッチを減らせます。

 

エグゼクティブ転職で年収アップを成功させるには、計画的に実績と実力を積み上げましょう。高年収を目指すならそれなりの年収、海外進出を志向するなら語学力と海外での経験があると有利です。いい転職先を見つけだす参考にしていただけると幸いです。
 

 
この記事の執筆者
キャリズム編集部

転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070