あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
薬剤師におすすめの転職エージェント5選と賢く利用するための秘訣
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 75 Office info 105 Office info 175 Office info 115 Office info 165 Office info 85 Office info 225 Office info 375 Office info 335 Office info 95
Ranking agent btn

薬剤師におすすめの転職エージェント5選と賢く利用するための秘訣

New pixta 19548247 s

薬剤師の転職でエージェントを利用する人は多く、年収アップや理想の働き方を実現しています
 
しかし中には「ブラックな調剤薬局を紹介された…。」「年収は上がったが仕事がハードで体が限界になった…。」という人もいます。
 
転職エージェントとの付き合い方を知っていれば、このような悲劇は回避できるかもしれません。
 
この記事では、薬剤師の転職におすすめのエージェント、利用するメリット・デメリット、賢い利用方法、薬剤師の転職を成功させるポイントなどについて紹介します。
 
転職エージェントを利用するか迷っている人の参考になれば幸いです。
 
薬剤師に強いおすすめ転職エージェントランキング

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

薬剤師の転職に強い転職エージェント5選

薬剤師向けの転職エージェントにはいくつか種類があり、利用する際はそれぞれの特徴を把握しておくことが大切です。

(1)調剤薬局、ドラッグストア、病院のどの求人が多いのか
(2)正社員とアルバイトどちらの求人が多いのか


特に上記の2点を踏まえておくと、目的に合った転職エージェントを探しやすくなるでしょう。
 

エージェント名

特徴

マイナビ薬剤師

楽天リサーチが実施した利用者満足度調査で5年連続NO.1に輝いた転職エージェント。

ファルマスタッフ

日本調剤グループが運営する転職エージェントで、派遣登録をすることも可能。

薬キャリ

薬剤師向けの求人情報ポータルサイトで、提携しているエージェント33社の求人を一括検索可能。

ファーマジョブ

2009年設立の転職エージェントで、本社のある北海道や東京、大阪など都市部の転職に強い。

薬剤師求人.com

薬剤師向け転職ポータルサイトで、掲載している正社員求人の数が8万件以上と豊富。

マイナビ薬剤師

楽天リサーチが実施した、『薬剤師転職支援サービス利用者満足度NO.1』に選ばれた実績がある転職エージェントです。
 
自分では聞きづらい福利厚生や休日、職場の雰囲気などを代わりに確認してくれるため、転職後のミスマッチを減らしやすいメリットがあります。
 
【職場別の求人数(非公開求人を除く)】

調剤薬局

32,287件

病院・クリニック

2,437件

ドラッグストア(調剤併設)

5,266件

ドラッグストア(OTCのみ)

8,651件

企業その他

317件

※2018年8月現在
 
【雇用形態別の求人数(非公開求人を除く)】

正社員

42,848件

契約社員

3,134件

パート・アルバイト

29,477件

※2018年8月現在
 
正社員の求人が多く、しっかり働いて稼ぎたい人におすすめです。
 
相談会場が全国14箇所に設けられており、キャリアアドバイザーとの直接の面談はもちろん、遠方に住んでいる場合や、多忙で時間が取れない場合は、電話やメールでの相談もできます
 
また、休日転職相談会や出張転職相談会をさまざまな地域で行っているため、自分の都合に合わせて利用するとよいでしょう。

 

ファルマスタッフ

大手薬局チェーンを運営する日本調剤のグループ会社です。業界の知識や動向に精通した転職エージェントが80名以上在籍しており、専門性の高いサポートを期待できます。
 
【職場別の求人数(非公開求人を除く)】

調剤薬局

41,380件

病院・クリニック

2,008件

ドラッグストア(調剤併設)

4,769件

ドラッグストア(OTCのみ)

2,044件

企業その他

129件

※2018年8月現在
 
【雇用形態別の求人数(非公開求人を除く)】

正社員

26,053件

派遣社員

5,204件

紹介予定派遣

1,662件

パート・アルバイト

17,672件

※2018年8月現在
 
求人数は50,000件以上で、正社員・派遣・パート・アルバイトからそれぞれの都合に応じて求人を紹介してもらえます。
 
また『日本調剤』が持つノウハウを活かしたコンテンツや、業務に役立つアプリの配信など、薬剤師のスキルアップやキャリアアップにつながる情報が盛りだくさん。

 
転職を具体的に考えているわけではなくても、登録しておいて損はないでしょう。

 

薬キャリ

エムスリーキャリア株式会社』が運営する薬剤師向けの求人情報ポータルサイトです。『薬キャリ』と提携する転職エージェント33社の求人を一括で検索することができます。
 
自分に合う求人が見つからない場合は、希望条件を登録することで、さまざまな転職エージェントがあなたに合う求人を紹介してくれます。
 
【職場別の求人数(非公開求人を除く)】

調剤薬局

46,897件

病院・クリニック

3,793件

ドラッグストア(調剤併設)

3,369件

ドラッグストア(OTCのみ)

1,666件

企業その他

1,566件

※2018年8月現在
 
【雇用形態別の求人数(非公開求人を除く)】

正社員

45,190件

契約社員

2,017件

派遣社員

7,273件

パート・アルバイト

19,716件

※2018年8月現在
 
『m3.com会員』になると、求人応募の際の情報入力の手間が省けたり、薬剤師に関する医療のニュースが読めたりと、さまざまな特典が受けられるためおすすめです。
 

ファーマジョブ

株式会社メディカルジョブセンター』が運営する転職エージェントで、保有している求人の約70%が非公開求人です。
 
会社設立が2009年と比較的最近であり、他の老舗エージェントに比べて掲載数は少ないものの、厳選された質の高い求人を紹介しています。
 
【職場別の求人数(非公開求人を除く)】

調剤薬局

3,947件

病院・クリニック

642件

ドラッグストア

1,305件

企業

137件

その他

2,896件

※2018年8月現在
 
【雇用形態別の求人数(非公開求人を除く)】

正社員

4,691件

契約社員

256件

パート・アルバイト

98件

※2018年8月現在
 
求人の多くは調剤薬局で、特に本社のある札幌や、東京、大阪、福岡といった都市部の求人数が多くなっています
 

薬剤師求人.com

さまざまな転職エージェント34社の求人をまとめた薬剤師向けの転職ポータルサイトです。
 
各転職エージェントで掲載されている求人を検索することができて、応募する際も『薬剤師求人.com』に登録するだけで済みます。
 
職場別の求人数(非公開求人を除く)】

調剤薬局

81,882件

病院・クリニック

3,435件

ドラッグストア

9,144件

ドラッグストア(OTCのみ)

2,520件

企業その他

1,030件

※2018年8月現在
 
【雇用形態別の求人数(非公開求人を除く)】

正社員

80,346件

契約社員

2,312件

派遣社員

3,676件

パート・アルバイト

45,321件

※2018年8月現在
 
『薬剤師求人.com』では、自分に合った転職先を見つけるために、転職エージェント3社の求人に応募することを推奨しています。複数の求人を比較することで、1社だけではわからない特徴や情報を知ることができるかもしれないからです。
 
そのため、応募先が3社決まっていない人には、希望条件に合う求人を持つ転職エージェントが紹介してくれるので、どこを選べばいいのかわからないという人におすすめです
 
【関連記事】
薬剤師の転職サイトの選び方とオススメの転職サイト5選

薬剤師が転職エージェントを利用するメリット

ここでは転職エージェントを利用すると具体的にどんなメリットがあるのか解説します。
 

キャリアに関する相談に乗ってもらえる

自分のキャリアビジョンに対して、どういう職場を選ぶべきか、どんなスキルを身につけるべきかなど具体的なアドバイスをもらえます。
 
例えば、子育て期間中はパートで働きたいが、子供が育ったら正社員に復帰したい場合など、将来に対して今からどういう準備をすればいいか相談できます。
 
詳しくは『転職エージェントに効率よく相談するコツとおすすめの相談先』をご覧ください。
 

あなたにあった求人を紹介してくれる

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーによる面談が行われます。
 
面談の際に確認した求職者が転職で希望する条件や、将来の目標を踏まえた上で、理想に合致した求人を紹介してもらえます。
 
あなたはその中から気に入った求人を選ぶだけなので、吟味するためにかかる時間を節約できるのです
 

応募書類の添削・面接対策をしてくれる

希望すれば応募書類の添削や面接対策もしてくれます。
 
転職エージェントは応募先企業に関する情報を持っているので、応募先ごとに最適なアプローチができるでしょう。
 
転職活動が不慣れな方は特に利用しておきたいサービスです。
 

給与等の交渉を代行してくれる

労働者の当然の権利とはいえ、残業や給与に関する交渉を自分から切り出すのはなかなか抵抗があるものです。
 
転職エージェントに依頼すれば交渉を代行してくれるので、自分一人で転職を決めるよりも年収がアップするケースもあります。
 

サービスは全て無料で利用できる

これだけのサービスを何故無料で利用できるのでしょうか?

転職エージェントは転職を1件決めるごとに、先方から採用した人の年収の約30%を報酬として受け取っています。そこで得たお金で運営しているため、お金を請求されることはありません

詳しくは転職エージェントの費用は無料|求職者に費用が発生しない理由を御覧ください。

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントは便利なサービスであっても、使い方次第では良い結果を得られません。たとえ相手が転職の専門家でも、全ての情報を鵜呑みにしないようにしましょう。
 
ここでは転職エージェントを利用する際の注意点を説明します。

担当者の質で転職の成否が左右されがち

転職エージェントの評判が良くても、いい担当者に当たらない恐れがあります
 
あなたが求めている分野と得意分野が違ったり、単に相性が良くなかったりする場合もあるからです。
 
中には転職を急かしてくるような人もいますので、担当者の質が良くなければ別の人に変えてもらったり、違う転職エージェントを利用したりするようにしましょう。
 

サポートを充分に受けられない可能性もある

転職エージェントがホームページでうたっている強みが、現実に反映されないこともあります。
 
担当者1人あたりが抱えるサービス利用者が増えすぎると、どうしても個々人へのサポートが手薄になってしまうからです。
 
実際に利用したうえで、期待していたサービスを受けられるかチェックしてみてください。
 

都合のいいことしか言わない担当者もいる

前述したように、転職エージェントは利用者が紹介した企業に採用されて、はじめて利益を得ます。
 
誠実に顧客目線を忘れない人は多いですが、中には回転数を重視してすぐに転職を決意させようとする人もいます。
 
あなたの疑問に対して、都合のわるい情報も正直に答える誠実さを持っているかどうかチェックしてみてください。
 

望まない条件の求人を紹介されることも

100%理想的な求人がいつでもあるとは限りません。最優先事項を優先しながらも、他の条件は妥協せねばならないこともあります。
 
ただし、中にはあなたの希望を全く無視して求人を紹介してくる人もいますから、流されて応募することのないようにしましょう。
 
詳しくは転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識をご確認ください。
 
【関連記事】
転職するか悩む男性薬剤師へのアドバイス|おすすめの転職エージェント
転職するか悩む女性薬剤師へのアドバイス|おすすめの転職エージェント

転職エージェントを賢く利用する方法


転職エージェントを利用するデメリットは、ほとんどが担当者の質にばらつきがあることに原因があります。

ここでは転職エージェントを有効活用するための考え方をご紹介します。

転職エージェントは2,3社登録する

複数の転職エージェントに登録しておけば、担当者との相性が悪かった際のリスクヘッジになります。
 
また、情報源を複数持つことで、相手の発言が妥当かどうか客観的に把握しやすくなるでしょう。
 
相性のいい担当者と出会うまでは、複数の転職エージェントを試してみるくらいの気持ちでいてもいいかもしれません。
 

定期的に連絡を入れる

基本的に担当のキャリアアドバイザーは、あなた以外の求職者のサポートも並行して行っています。
 
場合によっては他の求職者が優先されて、自分のほうには、なかなか求人の紹介をしてもらえないということもありえます。
 
求人情報をできるだけ多くもらいたいのであれば、担当者からの連絡を待つだけでなく、こちらから連絡してみましょう
 
ただし、注意してほしいのが、ご自身が提示した条件が厳しすぎて紹介できる求人がない、面談した際の印象が悪く優先度が低くなっているなどの理由で、情報が来ない場合があります。
 
キャリアアドバイザーとの面談の際は、しっかりとアドバイスに耳を傾ける、またドタキャンや無断での遅刻はしないなど、社会人としてのマナーはしっかり守りましょう。
 

転職エージェントの言うことを鵜呑みにしない

利害が絡む場面に関しては、転職エージェントの言うことを疑い半分で聞いたほうがいいでしょう
 
つまりあなたが採用を決めることで転職エージェントは利益を得ますから、都合のいいことを言うとしたらこの場面です。
 
年収が高い企業に採用が決まったほうが、転職エージェントが得られる報酬も高くなるので、希望条件を無視した求人を紹介されることも少なくありません。
 
もし、自分の希望に沿わない求人ばかりを紹介してくるのであれば、違う転職エージェントを利用しましょう。
 
逆に面接対策などはなんの利害も関係しないので、素直に話を聞いてもそれほど問題ありません。
 

転職サイトも併用する

転職エージェントは便利ですが、あくまで転職活動の主体は自分自身です。
 
転職サイトを利用してどんな求人があるのか調べる、社員による口コミサイト『Vorkers』を利用して社内の雰囲気を知るなど、能動的に動く姿勢は忘れないほうがいいでしょう。
 
【関連記事】
 転職エージェントと転職サイトの違いと賢い利用方法
薬剤師が転職で失敗しないために知っておきたい18の知識

転職を成功させる5つのポイント

転職を成功させるためには転職の目的を明確にしたうえで、キャリアビジョンに合致した職場を選んでいくべきです。

以下では具体的なステップを解説していきます。

【関連記事】
薬剤師の転職|転職理由・転職するメリット・成功させる3つのポイント
薬剤師の転職面接でよく聞かれる9つの質問と7つの対策

転職理由を明確にする

漠然と今の職場に不満があるといった理由で転職すると、本当に求めているものが明確ではないため、次の職場でも似たような悩みを抱えることにもなりかねません。
 
もし転職理由がクリアでなければ、一度立ち止まってどういった目的で転職をしたいのか、文章化してみるといいでしょう。
 
面接で転職理由を答える際には注意が必要で、言い方を工夫して正直に伝えるべきでしょう。
 
例えば忙しすぎるのが不満だった場合、もし変に空気を読んで先方や転職エージェントにバリバリ働けますと伝えてしまえば、転職しても問題を解決できない可能性が高くなります。
 
転職理由がネガティブなものであれば、前向きに言い換えましょう
 
「以前の職場ではスピードを求められたため、ミスが多くなりがちでした。患者さん一人一人向き合い丁寧な指導ができる環境で働きたいと思い、転職を考えました。」といえば、本心を伝えつつも悪い印象を与えずに済むはずです。
 
転職理由は転職活動において、肝となる部分ですので、もう一度よく考えてみてください。
 

優先順位を決める

転職理由は1つとは限らず、年収アップ、キャリアアップ、温かい人間関係、残業の少なさ、サポートの手厚さなど複数の希望があることでしょう。
 
しかし全てが満たされる職場はなかなか見つかるものではないので、優先したいものと妥協できるものの順位をつけておきましょう。
 
でないとこれもいい、あれもいいと複数の求人に目移りしますし、良さそうな条件の職場に転職しても、一番求めていた条件が満たされないといったことも起こりえます。
 
あらかじめ優先順位をつけることで、おのずと自分にあった求人がわかるようになります。
 

どの職場で働きたいか決める

薬剤師の転職先には調剤薬局、ドラックストア、病院、製薬会社など豊富な選択肢があります。
 
ここまでで明らかになった転職の動機を踏まえつつ、あなたのキャリアビジョンが叶えられるような職場を選びましょう。
 
ここで方向性をある程度絞っておくことで、求人を探すのにかかる時間を節約できます。
 

徹底的に求人情報を収集する

転職の動機が明らかになったら、次は求人情報集めです。
 
薬剤師の転職市場にはどんな求人が流れているのかを転職サイトで確認しつつ、転職エージェントから業界の動向やトレンドを教えてもらいましょう。
 
転職エージェントはあなたにピッタリの求人を紹介してくれるだけでなく、応募先企業の雰囲気や、求められている人材像に関して生きた情報を持っていますから、積極的に引き出していきましょう。
 
イメ-ジで職場を決めると、入社してからこんなはずではなかったと後悔するかもしれません。事前に情報収集をして、確信を持った上で転職しましょう。
 

転職先の情報を入手する

面接官や転職エージェントの人柄が良かったから大丈夫だろう、と思い転職したものの、配属先の薬局の人間関係がよくなく失敗した人もいます。
 
職場見学をさせてもらい、あなたが働く場所を実際に自分の目で確認しておきましょう
 
転職してみないことには職場の良し悪しがわからないかもしれませんが、事前に納得したうえで転職先を選んだほうが後悔せずに済みます。
 

まとめ

薬剤師の転職を成功させるには、明確な目的意識と転勤先に関する生きた情報が必要です。複数の転職エージェントを上手く活用して、効率よく転職活動を進めていきましょう。
 
この記事で紹介した転職エージェントは、それぞれ特徴や求人数、使いやすさなどが異なるため、実際に登録して自分に合ったところを使うのがおすすめです。
 
もし自分に合った転職エージェントを見つけることが難しいと感じる場合は、『薬剤師に強いおすすめ転職エージェントランキング』も参考にしてみてください。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

薬剤師の転職に関する新着コラム

薬剤師の転職に関する人気のコラム


薬剤師の転職コラム一覧へ戻る