広告業界に強い転職エージェントと転職を成功させる秘訣


 > 
 > 
 > 
広告業界に強い転職エージェントと転職を成功させる秘訣
キーワードからコラムを探す

広告業界に強い転職エージェントと転職を成功させる秘訣

271h_(1)

広告業界は人気度が高く、転職が難しいと思っている人も多いでしょう。転職エージェントを利用すれば、インターネットだけでは得られない業界の知識や、面接官のホンネを教えてもらえます。企業に対して、自分がどうアピールすべきかも教えてくれます。
 
ここでは広告業界に強い転職エージェント、転職エージェントを使ったほうがいい理由、利用の際の注意点と賢く活用するコツ、広告業界への転職が有利になるパターンをご紹介します。

 

パソナキャリア
 

広告業界の転職に強い転職エージェント5選

広告業界特化、web広告に強い、求人数が多い転職エージェントをそれぞれ紹介します。それぞれに強みがあるので、あなたのニーズに合った会社を利用してみてはいいかがでしょうか。

 

マスメディアン

Web・広告・マスコミ業界特化の転職エージェントです。広告業界の求人数が豊富なので、転職を考えているのであれば登録して損はありません。職種を選択して求人を探せて、自分のビジョンに合った仕事をピンポイントで見つけやすくなっています。
 
例えばグラフィックデザイナー、Webデザイナー、コピーライター、ディレクター、営業・プロデューサーなど14の職種別に検索ができますので、使い勝手がよく便利です。

 

広告転職.com

広告代理店、制作プロダクション、PR代理店、web関連会社などに特化した転職エージェントです。こちらも広告業界に強いので、登録しておくと質の高い求人にたどり着きやすいでしょう。
 
経験豊富な業界出身者が、あなたの転職活動を無料でサポートしてくれます。有名制作会社や大手広告代理店に人脈があり、信頼されているようです。ネットの情報だけでは不安な方に特におすすめです。

 

ワークポート

ワークポートテック

IT業界に特化した転職エージェントです。広告業界の中でも、web広告に強い企業を探したい方はこちらがおすすめです。求人数が多く、専任のアドバイザーから助言を受けられます。対応がスピーディーだった、求めている求人をたくさん紹介してくれた、との声も多いようです。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

広告業界特化というわけではありませんが、求人数が圧倒的に多い大手転職エージェントです。広告業界の求人も豊富なので、あなたの選択肢をぐっと広げてくれることでしょう。非公開求人を豊富に抱えており、ここでしか挑戦できない希少性の高い案件にチャレンジできます。

 

ランスタッド

リクルートと比べると知名度が低いかもしれませんが、実は世界最大手の転職エージェントです。日本国内だけでも78箇所に拠点を持っているので、地方在住者でも対面でサービスを受けられる可能性が高くおすすめです。
 
世界最大手の人材会社として長年の経験から圧倒的なノウハウを積み重ねています。担当者のサポートが素晴らしかったとの声も多いようです。

 
 

広告業界への転職には転職エージェントを使ったほうがいい4つの理由

転職エージェントを利用すると、無料で転職に関するサポートを受けたり、インターネットだけでは業界知識を教えてもらったりできます。詳しいメリットは次の通りです。

 

非公開案件を紹介してもらえる

転職エージェントを利用すると、一般の転職サイトでは公開されていない求人を紹介してもらえます。非公開求人とは、企業が様々な理由で公開を限定している求人を指します。公開を制限する理由は、重要なポストのため社外に情報を漏らしたくないなどの理由があります。
 
自分一人で転職活動をしていれば挑戦できない案件です。企業が求めるスキルをお持ちの方なら、他の求人よりも好条件で就職できる可能性が高くなります。

 

新しい職種が次々と生まれている

最近はweb広告に勢いがあり、SEM(検索エンジンマーケティング)スタッフ、ソーシャルゲームクリエイター、アカウントプランナーといった新しい職業が次々に生まれています。もはや業界に精通していなければ、すべてを把握できないほどです。
 
仕事をしながらこのような知識をすべて集め、自分にぴったりな職業を探し出すには膨大な時間がかかります。しかし、業界に詳しいアドバイザーがいれば、上記のような情報をすべて自分で収集する手間が省けます。
 
転職支援を受けるだけでなく、情報収集に活用するといった使い方もできます。

 

求人情報だけではわからないことも教えてもらえる

インターネットから得られる情報には限界があります。たとえば社風や面接で求められるポイントは関係者しかわかりません。業界特化の転職エージェントを使えば、広告業界にいなければわからないことを教えてもらえます。
 
・面接で何をアピールするのが最も効果的なのか
・履歴書はどこが見られているのか
・どんな人材を欲しがっているのか

 
以上のようなポイントに対する明確な答えがないのであれば、登録しておいて損はないでしょう。

 

広告業界に強いアドバイザーに助言を受けられる

一人で転職活動をすると、どうしても今の立ち位置や自分の市場価値などが見えにくくなります。転職エージェントでは初回にカウンセリングがあり、あなたのキャリアプランや悩みに関をしっかり聞いてくれます。
 
自分だけでは見つけられなかったような案件を紹介してくれたり、面接に関してアドバイスをくれたりします。業界や応募先企業のことをもっと知ったり、助言をもらったりしたい人は利用してみるといいでしょう。

 

広告業界に強い転職エージェントを使う際の注意点

転職エージェントは無料で転職をサポートしてくれますが、担当者の質で満足度が左右されるので注意しましょう。違和感を覚えたら他社のサービスに乗り換えることをおすすめします。
 

求めている職種・職務内容にマッチしない案件を紹介されることもある

企業にもよりますが、転職エージェントはあなたのスキルや経験に合った案件の紹介が得意です。過去の経験を活かしたほうが年収が上がり、エージェントが企業から得られる紹介料も上がります。

報酬欲しさにあなたの要望を考慮しない担当者もいるので要注意です。相手が言うことすべてを真に受けないようにしましょう。

転職エージェントや担当者の質にはバラツキがある

転職エージェントに登録すると、あなたに専任のアドバイザーがつきます。このときに誰が担当してくれるかによって、良くも悪くもサービスの質が変わります。あなたに親身に寄り添ってくれる方がいる一方、売上を上げることにしか興味がない人もいます。

業界知識があっても、得意不得意もあります。人間からサービスを受ける以上、この手の不確実さはある程度仕方がありません。もしサービスを利用する上で違和感があれば、担当者を代えてもらったり、別の転職エージェントを利用したりしましょう。

との媒体の広告に携わりたいのかあらかじめ検討しておく

広告業界未経験の人は、自分がどんな広告に携わりたいのか明らかにしたほうが、転職エージェントを選ぶ際、担当者に要望を伝える際などにスムーズに進みます。

同じ広告と言っても、テレビ広告とインターネット広告では手法や求められるスキル、働き方などが変わってきます。転職後のキャリアパスに大きく響きますので、考えておきましょう。

都合のいい情報以外も教えてくれるか確認する

アドバイザーの中には、転職を決断させたくて紹介した企業の良い点しか語らない人もいます。しかし、不安は早いうちに解決するに限ります。例えば社風は必ず確認しておくといいでしょう。

広告業界はハードワークな企業も多く、体育会系のノリが嫌いな人にとっては苦痛になるかもしれません。もちろんそんな企業ばかりではありませんが、内部の雰囲気を具体的にイメージしておくことで、転職後のミスマッチを防ぎやすくなります。

 

広告業界に強い転職エージェントを賢く利用するコツ

上のセクションでは転職エージェントのデメリットについて触れてきました。ここではその欠点を補い、サポートを上手く使いこなすために必要なポイントをご紹介します。
 

2・3社程度の転職エージェントに登録する

転職エージェントや担当者の質にバラツキがあるのは仕方がないことです。2~3社のエージェントを登録しておくとリスクヘッジになります。相性のいい担当者が見つかるまでは、複数の転職エージェントを実際に試してみるといいでしょう。
 

定期的に連絡を入れておく

定期的に連絡をした方が優先して案件を紹介してもらいやすくなります。担当者は求職者に案件を紹介する際に、更新日が新しい人から声をかけていきます。更新日とは、あなたが最後に連絡を入れた日を指します。1~2週間に一回連絡をしておきましょう。
 

転職サイトと併用する

転職市場にどんな案件が流れているのかを、自分から能動的に調べたい人は転職サイトを活用しましょう。ほとんどの場合、転職エージェントはあなたにあった案件を紹介してくれるだけなので、自分から自由に求人を調べられません。
 
もしいい案件があれば、その場で応募してもいでしょう。転職エージェントのサポートを受けたからと言って、自分で転職を決めてはいけない決まりはありません。

 

広告業界への転職が有利になる3つのパターン

景気が回復し、広告業界は売り手市場です。いかに紹介するスキルや経験をお持ちの方は特に有利に転職活動を進められるでしょう。
 

異業種からでも広告業界へ転職するチャンスは存分にある

広告手法に詳しいからと言って転職が有利になるとは限りません。最近ではマーケティングやグローバル人材を求めている傾向があり、スキルを持つ方にとっては異業種から広告業界へ転職するチャンスです。
 
先進的なマーケティングアプローチやITの活用、海外のマーケティング知識や経験がアピールポイントになりますので、履歴書や面接でおおいにプッシュしましょう。
 

Web広告分野では未経験者の採用も拡大している

広告業界に限らず、IT関連分野では慢性的に人材が欠乏しています。経験がなくても知識があれば採用してくれるケースもありますし、年齢が若くてやる気があれば採用される場合もあります。

ただし広告業界は人気がありますので、別業界のIT関連職種に転職する場合よりも未経験者のハードルは高くなります。ITに興味があればですが、広告業界が求めるスキルを身につけられる職種にまずは転職するといった選択肢も考えてみてもいいかもしれません。

営業職・事務職の経験がある人は有利

景気が回復しており、広告業界も売り手市場なので転職するなら今がチャンスです。特に営業職と事務職の求人が多く、業界に入る目的だけで考えるなら、狙い目と言えます。
 
広告業界における営業職は、給与水準が高く華やかな雰囲気がつきまといます。業績と景気が良いことから、業界未経験者でも採用されるチャンスがあります。

報酬額の大きさは魅力ですが、その分仕事内容はハードな可能性が高いので、困難があっても立ち向かえるメンタルの強さがある人のほうが向いているでしょう。
 
一方、広告業界における事務職は女性に人気があります。超人気の職種なため、ひとたび求人を公開すると応募が殺到し、すぐに締め切られるのが特徴です。最初に求めていたスキルを満たしていたとしても、ライバルが多く最終選考には最初の基準を超えた人たちとの競争になります。
 
以上の理由で、途中から採用基準が上がることがあります。不採用になっても落ち込みすぎず、新しい会社にスピーディーに応募していきましょう。

 

まとめ

パソナキャリア

いかがでしたか?

人気の高い広告業界で転職をするには、転職エージェントに協力してもらい、あなたの強みを企業が求める形でアピールするのが近道になります。周辺業界経験者や未経験者でも採用のチャンスは有りますので、ぜひ挑戦してみてください。
 
転職サイトと併用したり、複数の転職エージェントを利用したりすることで情報の偏りを防げます。担当者の腕に左右されるリスクも減らせます。限られた時間を有効に活用し、後悔のないよう転職活動を進めてみてください。
 

Pc_tool_head
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn
編集部

本記事は厳選 転職エージェントナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※厳選 転職エージェントナビに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

業界別 転職のすすめに関する新着コラム

業界別 転職のすすめに関する人気のコラム


業界別 転職のすすめコラム一覧へ戻る