あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
未経験職種への転職に強い転職エージェント5選|転職におすすめの理由とは
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 186 Office info 176 Office info 116 Office info 406
Ranking agent btn

未経験職種への転職に強い転職エージェント5選|転職におすすめの理由とは

キャリズム編集部
監修記事
%e5%8f%b3%e6%89%8b

未経験職種への転職に転職エージェントの利用を検討されている方も多いかと思いますが、初めての転職活動であった場合、異業種・未経験業界の動向なども含め、右も左もわからないことばかりで不安になる方も少なくありません。

 

転職エージェントは転職支援として、業界の動向を教えてもらえたり、面接対策のサポートをしてもらえたり、事前に必要な様々な知識を得た上で、希望の条件にあった企業を紹介してもらえる便利なサービスです。

 

未経験の業界、職種にキャリアチェンジしようというのですから「先の見えない作業に」不安と焦りも出て、客観的な判断ができないこともあるのではないでしょうか。

 

この記事では、転職エージェントを活用して、異業種・未経験業界へ効率よく転職するための5つの方法をご紹介します。

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
目次

未経験職種への転職に転職エージェントを活用すべき6つの理由

未経験の分野の転職に転職エージェントを活用する際、下記のようなサポートが受けられます。

  • 応募書類のチェック
  • 面接スケジュールの調整
  • 自分に適した求人の紹介
  • 内定後の年収や入社日の交渉・調整
  • キャリアの相談
  • 業界の動向
  • 市場価値 など

相談するだけの利用でも可能です。

 

異業種・未経験業界の知識が得られる

異業種に転職を希望する場合は、本人が希望していても希望先の業界の動向までつかむことは難しいものです。転職エージェントに登録することで、正確な情報を手に入れることができます。

 

それぞれの企業によって求める人のスキルや経歴も違ってきますので、専門家の視点で自身のこれまでの職歴や能力を客観的に分析してもらうことは必要です。応募先の企業に合った自己アピールをすることは難しいものです。

 

数々の企業のカラーを知る転職エージェントを活用することで、孤独になりがちな就職活動を効率よく進めることができます。また、転職エージェントにだけ公開されている特別な求人情報もあるため、選択の幅が広がります。

 

「未経験歓迎」に気軽に応募して転職できない事態を避けられる

なぜ、未経験の方を採用するのでしょうか?特に転職サイトでよく見られる傾向なのですが、考えられることは3つあります。

 

  1. 応募のハードルを下げルために「あえて未経験可」にしているから
  2. 即戦力になる人が欲しいけど「未経験でも問題ない」から
  3. 「未経験を採用して育てる」体制があり、長く働いてほしいから

 

未経験者でも問題なく業務に当たれる場合は「未経験歓迎」でもよいでしょうし、ゼロから未経験者を育成したい企業である場合は特に気にする必要もないでしょう。

 

ただ、ハードルを下げて応募数を増やしていたり、人の出入りが激しい企業の場合、あえて「未経験可」と表記する傾向にあり、そういった企業は転職後の定着率が悪くなりがちです。

 

また、ハードルが低いと思って応募しても、本当は経験者しか採用しないというスタンスを取られてしまうと、いつまで経っても転職できないという悪循環を繰り返してしまいます。

 

だからこそ、企業の内情を知り、本当に未経験でも可能な求人を選んで紹介してくれる、転職エージェントの利用が必要になってくるわけです。

 

応募者に何を求めているか教えてくれる

転職者や中途採用に企業が求めているのは「即戦力」となり、高いパフォーマンスを発揮してくれる人ですが、未経験者の場合、企業が応募者を判断するポイントは『ポテンシャル』『将来性』の2点です。

 

また、未経験者を採用する以上、教育体制がしっかりしていることも伺えますので、前職にこだわらず、1から頑張ってくれそうな方を選ぶ傾向にもあります。いい意味で「自社の色に染まってくれる」人材を求めているともいえます。

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職先企業の内部事情まで把握していることが多いので、会社自体の伸びしろを判断できるという面でもメリットは大きいでしょう。

 

これまでの経験がどう次に活かせるのか相談できる

新しい職種への転職でも、前職の経験が活かせないことはありません。あなたがこれまで具体的にどう仕事に取り組んできたのか、何にやりがいを感じるのか、エピソードトークなどからも道筋を立ててくれます。

 

職種は同じでも『未経験業界』への転職で有利なのは『営業職』ですが、問題にどう対処し、どんな解決につながったかなどの話はどの業界・職種でも一緒です。

 

大切なのは伝え方です。社会人としての経験や仕事への熱意をしっかりアピールすることができれば、未経験の職種への転職も成功しやすいでしょう。

 

推薦文を書いてもらえる

未経験の職種に転職を希望する際、なかなか面接まで進めないのは、応募者の思いが企業にうまく伝わっていないことも原因の一つです。

 

転職エージェントを活用すると「前職でどんな経験があるか」「未経験の職種に転職したい理由は何か」などを明確に伝えることができます。的確な文章を自分で書くのは難しいものですが、転職エージェントでは、希望する企業に対して推薦文を書いてもらうことができます。

 

年齢による不安も解消されやすい

未経験の分野に転職するのは、年齢が高くなるほど難しいと思いがちですが、実はそうとも言い切れないのです。募集している企業によっては、職種の経験よりも、マネージメント力やアイデア力がある人、ムードメーカー的な人などを求めている場合もあります。

 

例えば、転職エージェントには下記のような長々としたことを説明できますが、転職希望先には履歴書だけでは伝わりません。

 

IT業界に長い間勤めていましたが、元来人と接するのが好きで、学生時代は運動部でマネージャーをやっており、ムードメーカー的な存在でした。パソコンと向き合うよりも、今後は人と向き合いたいのでホテル業界への転職を希望しています。外大を卒業し英語力があるので、海外にも進出している大手ホテルを狙っています。

 

業界によっては、まったく違った業界から新しい風を入れたいといった考えもあり、客観的に推薦文を書いてもらえることで、面接まで進める可能性が大きくなります。

【関連記事】転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識

 

 

未経験業界への転職におすすめの転職エージェント5選

転職エージェントといっても多数ありますし、キャリアアドバイザーとの相性もあります。

 

大切なことは、1『あらゆる分野で未経験者の転職にも力を注いでいる』、2『多くの求人情報を持っている』転職エージェントに登録することです。1は『20代の未経験者を多く採用したい』と考えている企業がほとんどなので、転職の成功率が上がります。

 

2については、情報が多ければ多いほど、自分にぴったりの転職先が見つかるのはもちろんですが、転職エージェントでは9割ほどが非公開求人なのです。

 

下記では、公開求人、非公開求人がともに国内最大級の転職エージェントを5つご紹介します。

 

マイナビエージェント|入社後のフォローアップに最大限の強み

公開求人数10,299件(2018/11/26時点)の転職エージェントです。他転職エージェントとの大きな違いは、入社後の手厚いサポート体制にあり、定期的なフォローアップや仕事のやり方、悩んでいることがあればできるだけ解決し、長く働いてもらえるような体制を敷いています。

 

対応職種

ITコンサルタント

営業

アプリケーションエンジニア

インフラエンジニア

システム運用/保守/サポート

社内システムエンジニア

製品開発

エンジニア(機械系/電気系/光学系/化学系/組込・制御系)

生産技術

医師/看護師/薬剤師/保育士

戦略・業務・会計コンサルタント

金融系

不動産専門職

ディレクター(WEB/ゲーム/デザイナー)

経営企画/事業企画/事業統括

建築 技術開発・調査・エクステリア

公式HP

https://mynavi-agent.jp/

 

doda|求人保有数No.1の求人・転職サイト

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/ckeditor_assets/pictures/1049/content_%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_2018-11-26_20.10.28.png

公開求人数58,279件(内営業職12,599件:2018/11/26時点)の名実共にトップの求人数掲載数を誇る転職エージェント。営業職からの年収アップや、IT業界、メーカー、不動産、金融、コンサルなど、営業職を欲する業界を抑えつつ、他全ての業界をカバーしています。

 

対応業種

IT(法人営業(直販or代理店)

半導体電子部品・エレクトロニクス製品

自動車装置・機械製品

原料素材・化学製品

医療(MR、医療機器など)

食品日用品・消費財

建設土木・不動産・住宅

金融

広告メディア

人材求人広告

その他

公式HP

https://doda.jp/

 

ハタラクティブ|20代若手の採用・長期的に育てていきたい企業が多い

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/system/ckeditor_assets/pictures/206/content_.png.?1531293444

正社員を目指すため、『20代・既卒。第二新卒の転職』に特化したエージェントです。第二新卒だけでなく、フリーターや未経験者へのサポートにも力を入れています。履歴書添削や面接対策へのサポートが厚く、その実績は書類通過率91.1%、内定率80.4%。

 

対応業種

営業(法人/個人)

事務/アシスタント

企画/管理/クリエイティブ

IT/通信系エンジニア

モノづくり系エンジニア

建築/土木系エンジニア

販売/サービス

社会福祉士・介護士・ホームヘルパー

カスタマーサポート・テレオペレーター

教室長・スクール運営

調理スタッフ など

特徴

20代、既卒、第二新卒、未経験職種・業界特化

公式HP

https://hataractive.jp/

 

JAIC|20代既卒・社会人経験がない方でも利用できる

『JAIC(ジェイック)』は、既卒・フリーター、未経験でも就職できる。転職エージェントです。JAIC(ジェイック)としては営業職をおすすめしていますが、決してそれだけを紹介しているわけではありません。登録後にまず無料の研修を7日間受けるのが特徴です。

 

  • 飛び込み営業の研修(※現在は営業ではなくアンケートへの協力)
  • ビジネスマナー研修
  • セルフマネージメント研修
  • プレゼンテーション研修

 

なお、研修に参加せず、求人先を紹介してもらっての転職活動も可能です。また、『JAIC』では、転職後長く活躍してもらうために、飲食、金融、不動産といった、離職率の高い業界の求人をあっ旋することはありません。

 

対応職種

公式HP

https://www.jaic-college.jp/

 

リクルートエージェント|他を圧倒する非公開求人数

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/ckeditor_assets/pictures/1050/content_%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_2018-11-28_15.57.02.png

公開求人は39,963件(非公開求人数:200,406件:2018/11/28時点)とdodaエージェントと比べると若干見劣りはしますが、非公開求人数を20万件以上も保有していますので、登録しておけばまず間違いない転職エージェントの一つです。

 

対応職種

営業

工業製品

IT技術・システム

広告・販促営業アカウントエグゼクティブ

マスコミ

人材

金融保険

住宅不動産

MR医療機器

印刷

その他

公式HP

https://www.r-agent.com/

 

 

未経験でも転職しやすい業界は?

未経験者の方にとって転職が決まりやすい職業について紹介していきます。
 

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

1位

美容・ブライダル・ホテル・交通

94.7%

2位

販売・フード・アミューズメント

93.6%

3位

技能工・設備・配送・農林水産 他

90.3%

4位

保育・教育・通訳

90.1%

5位

医療・福祉

84.9%

6位

管理・事務

83.3%

7位

公共サービス

83.1%

8位

企画・経営

81.4%

9位

医薬・食品・化学・素材

80.1%

10位

コンサルタント・金融・不動産専門職

79.8%

11位

営業

78.4%

12位

クリエイティブ

73.1%

13位

電気・電子・機械・半導体

70.0%

14位

建築・土木

69.2%

15位

WEB・インターネット・ゲーム

57.1%

16位

ITエンジニア

48.6%

※1:2017年11月7日調べ/職種はマイナビ転職上の分類に基づく

引用元: マイナビ転職|未経験から転職しやすい職種・業種は? 企業は未経験者に何を期待してるん?

 

ホテル系は東京オリンピックを控えていることもあり、サービス拡大に伴い、求人が増えているため、未経験でも歓迎している業界といえます。接客業も専門的な知識がなくても採用されやすい傾向にあります。

 

宅急便などの配送、宅配ドライバーなどが含まれる職種も運転免許があれば比較的狙い目です。 介護・福祉業界も人手不足の業界ですから、今後、拍車がかかることが予想されます。

 

営業職全般は未経験でも転職しやすい

営業職は離職率が高いため、求人募集をしている企業の多い業界になります。営業は採用の間口が広く、ポテンシャルが求められる職種であるため、未経験者でも採用される確率は高めの職業です。

 

エンジニア・専門職は転職エージェントを使っても未経験では転職しにくい

時代の流れもありますが、IT・WEB業界のエンジニアやデザイナーは、求職者にとって売り手市場であり万年人手不足の業界です。人手が足りてない上に忙しい職場の多い業界ですが、専門知識が求められますので、未経験者の転職はなかなか厳しいかもしれません。

 

必須要件

■経験

・インフラエンジニアとしての実務

※経験工程、領域、OSなど不問

 

■人柄

・成長意欲がある

・コミュニケーションを図ることが好き

・主体的に物事を考えることができる

 

歓迎要件

■経験

・構築

・運用

 

■知識

・何か業界に特化した業務知識がある

引用元: レバテックキャリア

 

応募すること自体はできますし、スクールなどに通えば知識は比較的簡単につきますが、入社してからが大変ですので、あまりおすすめはできないですね。

 

転職エージェントを活用する際の流れは?

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/system/body_image1s/265/original/%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%9E.jpg?1528883142

①転職支援サービスへの申し込み

ネット上の転職エージェントを訪れ、希望の職種や年収、勤務地、転職を希望する時期や氏名、年齢、住所、学歴や職歴などを書き込み、指示に従って申し込みをします。
 

②転職エージェントから連絡

希望の条件に合った求人情報が、1週間ほどで届きます。
 

③コンサルタントやキャリアアドバイザーと電話などで面談

キャリアアドバイザーのアドバイスを受けながら、客観的に自分のスキルやキャリア、長所や短所についてチェックしていきます。第三者が入ることによって自分では分からなかった部分も見えてきます。

 

また、「給料だけは最低でも手取り25万円は欲しい」とか、「長時間残業だけは避けたい」など、譲れない部分の確認も行ないます。

 

④求人企業の紹介・職務経歴書の書き方・面接の指導

求人誌には掲載されない情報の提供や職務経歴書の書き方、面接対策の指導などが受けられます。

 

⑤内定から入社までのサポート

退職するにあたっての前職を円満退社するためのコツや、退社する際にやっておくことなどのアドバイスが受けられます。
 

 

転職エージェントで未経験職種への転職を成功させる5つの心構え

①履歴書や職務経歴書は複数部用意しておく

履歴書や職務経歴書は、求人への応募のためだけでなく、転職エージェント側のキャリアアドバイザーにも自分のことを理解してもらうために用意しておきましょう。

 

②自己分析をしておく

転職エージェントでキャリアアドバイザーと面談する前に、希望する企業や業界、年収や手当、残業時間、休日などについてまとめておきましょう。絶対譲れない部分や妥協できる部分なども、はっきりさせておくことが大事です。

 

③資格にこだわらない

全く違った職種に再就職をするにあたっては、その企業に有利な資格を取得することを考えてしまいますが、企業側から必要な資格が明記されていない限り、無理に取る必要はありません。実務経験が伴わない資格は、ほとんど即戦力にはならないようです。
 

④転職を焦らない

異業種に再就職するにあたっては、なるべくじっくりと選ぶことが大事になってきます。失業保険をあてにして早々と前職を退社するのはリスキーです。相性のよい企業に出会うまでにはある程度時間がかかることを踏まえて、在職中から転職エージェントを利用しましょう。

 

⑤理想と現実の違いを受け止める

ほとんどの企業は即戦力を求めています。そのため、夢があっても異業種にチャレンジするのはかなり厳しいかもしれません。前職と同じ職種を選ぶと、採用する企業は一から育てる必要がないのでコストがかかりません。

 

給料が安い20代で未経験の人を育てるのと、ある程度の給料を払わなければならない30代では企業側の負担が大きく違ってくるのです。異業種に転職する場合は前職と同程度の収入を得るのは難しいと現実を受け止めることも大切です。
 
【関連記事】
20代の転職理由と納得のいく転職をするための10の知識
30歳代からの転職は不利?転職後の年収と成功に必要なものまとめ
40代中高年が転職で失敗するさまざまな理由と転職成功・失敗談
 

 

まとめ

未経験の分野の職種への転職は、同業種への転職に比べて難しいと言われています。

 

しかし、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談しながら、じっくりと進めていくことで多くの人が希望の職種へ就職しています。

 

転職エージェントを利用することで応募書類添削や面接練習など、さまざまな支援を受けることができるので、在職中でも無理なく転職活動ができます。

 

ほとんどの転職エージェントは「なぜ未経験でもその企業を目指すのか」「どんな経験を活かせるのか」をじっくり聞いてくれます。不安な場合は、転職エージェントを何件かを同時に活用してみてはどうでしょうか?

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職エージェントに関する新着コラム

転職エージェントに関する人気のコラム


転職エージェントコラム一覧へ戻る