あなたにピッタリな
転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
20代女性におすすめの転職サイト・エージェント7選と上手な活用法
キーワードからコラムを探す

20代女性におすすめの転職サイト・エージェント7選と上手な活用法

%e3%82%a6%e3%82%ad%e5%a5%b3%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89

20代女性の転職は『新しいことにチャレンジしたい』『キャリアアップしたい』などと考える一方で、出産・育児に関する制度の充実も気になりますよね。

 

「転職活動を始めたけれども、なかなか希望に合う職場がみつからない…。」

 

そもそも数ある転職サイトのなかで、どこに登録すればよいのかわからない人もいると思います。

 

この記事では、20代女性におすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。

またあわせて、転職サイト・エージェントを上手に活用するコツや、転職を成功させるためのポイントなどについても解説しますのでご確認ください。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

20代女性におすすめの転職サイト・エージェント5選

転職サイトや転職エージェントはたくさんあり、どれを利用すればいいのか迷ってしまいます。ここでは数あるサービスの中でも、20代女性におすすめの転職サービスを厳選して紹介していきます。
 

転職サイト・エージェント名

特徴

JAIC(ジェイック)

・利用者の80.3%が正社員就職

・ブラック企業を紹介しないことに定評あり

type女性の転職エージェント

・年間5,000名以上のカウンセリング実績

・年齢に応じたサポートを受けられる

リクルートエージェント

・非公開求人数19万件以上(2018年8月現在)

・圧倒的実績から、男女問わずおすすめ

パソナキャリア

・利用者の67.1%が年収アップを実現

・IT・通信、メーカー、営などの分野が得意

マイナビエージェント

・20代からの評判が良い

・手厚いサポートで、はじめての転職でも安心

女の転職@type

・掲載求人数1,000件以上

・適職・年収診断といったコンテンツが充実

とらばーゆ

・3,000件以上の正社員求人を保有

・働く女性のインタビューを数多く掲載

ジェイック

ジェイック

正社員への就職を目指す20代の方向けの転職サイトがジェイック(JAIC)です。

正社員就職にこだわっており、ジェイックを利用した80%以上の方が正社員就職を実現しています。

また、ジェイックはブラック企業を紹介しないことにも定評があり、転職後の定着率も他の転職サービスを大きく上回ります。

より良い職場で正社員として働くべく、社会人としてのリスタートを切りたい方に特におすすめの転職サイトです!
 

type女性の転職エージェント

typeの人材紹介

type転職エージェントは、年間5000名以上の転職サポート、18年の運営で蓄積された豊富なノウハウや経験に強みがあります。

 

20代前半・半ば・後半、それぞれ年代別で異なるポイントを意識したサポートを受けることができるため、ご自身のキャリアの悩みを踏まえた転職先を見つけることができるでしょう。

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の1都3県での転職に力を入れており、首都圏にお住まいで、若いうちにキャリアアップを目指したいという女性におすすめとなっております。
 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界第1位を誇る転職エージェントで、抱える非公開求人数19万件以上(2018年8月現在)と非常に豊富です。

 

全国に16の拠点があり、転職フェアや個別相談会を各所で開催しています。また電話での面談を行っているため、住んでいる場所に関わらず利用することができます。

 

キャリアアップを目指す方もワークライフバランスを重視する方にとっても、魅力的な転職先を探しやすい環境が整っており、女性に特化しているわけではありませんが、圧倒的な実績から男女問わずおすすめです。
 

パソナキャリア

パソナキャリア

親身な対応に定評のある転職エージェントで、キャリアが浅い若手の転職者に対しても優しくサポートしてくれます。グループ全体が女性の社会進出を推奨しているので、女性の気持ちを理解してくれるのも魅力です。

 

総合型の転職エージェントですが、IT・通信、メーカー、営業といった分野に力を入れています。『パソナキャリア』を利用して転職した人のうち、67.1%が年収アップをしているため、キャリアの充実を目指す女性にはおすすめです。
 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビが運営する20代の転職に特化した転職エージェントです。

20代の転職を専門的に扱っていますので、同年代の方がよくつまずくポイントを熟知しています。面接・書類がなかなか通過できない方は利用すると目からウロコが落ちるかもしれません。
 

女の転職@type


『type女性の転職エージェント』の同じ会社が運営する転職サイトです。

 

女性向けの正社員求人を1000件以上保有しており、『残業が少ない』『育児と両立OK』などこだわりの条件で絞って検索することができます。

 

また適職・年収診断といったコンテンツも充実しており、転職したいと考えていても、具体的に何をやりたいか決まっていない人におすすめです。

 

とらばーゆ


人材紹介サービス大手の『リクルート』が運営する女性向け求人・転職サイトです。一般事務や経理といったオフィスワークはもちろん、医療・看護系の求人も多く抱えています。

 

『とらばーゆ』では求人情報だけでなく、転職に役立つコンテンツも豊富。実際に転職を行った女性のインタビューも掲載されており、理想の職場・仕事探しをするうえで参考になる部分も多いでしょう。
 

【関連記事】
転職エージェントの費用は無料|求職者に費用が発生しない理由
女性の転職|転職経験者が本当に価値があると感じた転職エージェント6選
転職エージェントに効率よく相談するコツとおすすめの相談先
 

20代女性に転職エージェントの利用をおすすめする理由

20代女性におすすめの転職サイトとエージェントについて解説しましたが、「そもそも、この2つのサービスって何が違うの?」と疑問に思った人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

詳しい違いについては、『転職エージェントと転職サイトの違いと賢い利用方法』を見てもらえればと思いますが、この項目では20代女性に転職エージェントの利用がおすすめの理由を説明します。

現職での仕事と両立しやすい

「もし次の会社がすぐに決まらなかったら…。」という不安から、今の職場で働きながら、転職活動をする人も多いのではないでしょうか。

 

働きながらであれば、お金の心配もいらないので、転職に失敗しても無職になる不安がない反面、スケジュールの調整が大変です。

 

転職エージェントを利用すれば、代わりに面接の日程や入社時期、給料などについて調整・交渉をしてくれるので、仕事との両立がしやすくなります。

 

非公開求人を見ることができる

転職エージェントでは、通常の求人サイトでは見ることができない非公開求人を保有しています。

 

インターネット上に公開されている求人は見つけやすい一方で、多くの人が応募するため、良い条件であればあるほど、競争率は激しくなります。

 

企業も多くの応募者の履歴書から、良い人材を見つけ出すだけでも一苦労ですので、非公開求人にすることで応募ができる人を厳選しているのです。

 

こうした非公開求人は良い条件であることも多く、また転職エージェントは企業と求職者双方の希望を把握しているため、自分に合った職場を見つけやすくなります。

 

履歴書・面接対策を受けられる

「書類選考の時点で落とされてしまう…。」「面接で緊張してうまくしゃべれない。」という悩みを抱える人も少なくないでしょう。

 

転職エージェントでは、履歴書の添削や面接対策などのサポートを無料で受けることができます。

 

書類選考で落ちるのであれば、履歴書や職務経歴書の記述に問題があるのかもしれないですが、自分自身で原因を見つけるのは簡単ではありません。

 

また面接の際に自分では気づかない癖や、転職理由や志望動機に一貫性がないなんてこともあります。

 

プロによるアドバイスを受けることで、自信をもって転職活動に臨めるでしょう。

 

【関連記事】
転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識
転職の履歴書|書き方の基本と注意するべき5つのポイント
面接対策で転職成功率は58%アップ?よくある質問&逆質問具体例
 

転職サイト・エージェントを上手に活用するためのコツ

転職サイトやエージェントはただ登録するだけでなく、いくつかのコツを押さえることで、より効果的に活用することができます。

 

  • 複数登録する
  • 担当者と相性が悪ければ違う転職エージェントを利用する
  • 口コミサイトを利用する

 

上記3つのコツを意識することで、自分の希望条件に合った職場探しがしやすくなるので、確認しておきましょう。

 

複数登録する

転職サイト・エージェントが保有する求人は、各社それぞれで異なっています。

 

1つの転職サイトに登録するだけでも、多くの求人情報を知ることができますが、複数のサイトに登録をしておいたほうが、自分の希望に合う会社を見逃す可能性は少なくなるはずです。

 

もちろん、多くのサイトに登録すると、紹介のメールや電話が頻繁にきてうっとうしいと感じることもありますよね。

 

例えば、転職サイトとエージェントをそれぞれ1社ずつ登録してみたり、とりあえず気になったサービスを使ってみて、合わないと感じたら他に乗り換えたりと、ストレスが溜まらないよう上手く活用しましょう

 

また転職エージェントには、幅広い分野の求人を扱う総合型と、アパレル関係、医療関係など業界に特化している専門型の2種類があります。総合型と専門型をそれぞれ1社ずつ登録しておくのもおすすめです。

 

担当者と相性が悪ければ違う転職エージェントを利用する

転職エージェントでは、紹介した企業に利用者が採用されてはじめて、紹介料として報酬を得ることができます。また受け取る報酬金額は、基本的に採用された人の年収の3割程度といわれています。

 

そのため、担当者次第では、採用されやすさや年収の高さを優先して、利用者の希望に合わない企業を紹介してくることも少なくありません。

 

担当者が希望に合わない求人しか紹介してこなければ、利用する転職エージェントを変更したほうがよいでしょう。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

口コミサイトを利用する

『残業ほとんどなし』『年収1,000万円以上』『風通しが良くアットホームな職場』のようなうたい文句に惹かれて、転職してみたら実際は全く違ったということもありえます。

 

求人情報だけではわからない、実際の職場環境を知りたい場合は、『Vorkers』『転職会議』などの口コミサイトを利用するとよいでしょう。

 

企業の魅力ややりがい、年収、評価制度など、転職の際に気になる情報を以前働いていた、現在働いている社員が投稿しています。

 

もちろん、働きやすさや年収の高さは、人によって感じ方が違います。あくまで参考程度にすべきですが、働く前に社員の生の声が確認できるため、転職先のイメージが掴みやすくなるでしょう
 

企業が20代女性を採用する際にチェックしているポイント

企業が応募者に対してどんなことを重視しているのか知ることで、事前に対策を練り採用される率を上げられます。

ここでは企業が20代女性を採用する際にチェックしているポイントをいくつかご紹介します。

自ら進んで貢献してくれる人か

「○○のスキルを身につけたい」「新しいことに挑戦したい」など、仕事での成長を望むのは社会人としては当然のことです。

 

しかし、志望動機を述べる際や質問をする際などに、自身の成長ばかりについて発言するのは望ましくありません。

 

というのも、企業がお金をかけて人材を採用するのは、自社の発展に貢献してほしいからであり、成長の場を設けているわけではないからです。

 

「○○のスキルを身につけたい」という気持ちも大切ですが、面接官は内心「企業は学校じゃないよ」と思っているでしょう。

 

ただ漠然と成長したい、挑戦したいというのではなく「○○のスキルを身に着けて○○の仕事に活かしたい」など、自分がいかに企業に対して貢献していけるのか説明できてはじめてアピールになります。

 

【関連記事】
転職理由で面接官に好まれる「キャリアアップ」の上手な使い方
転職の理由「スキルアップ」はNG?面接官も好印象な伝え方まとめ

 

結婚後に辞めてしまうのではないか

結婚・出産後にどう働こうとしているのか気になっている企業は多いでしょう。セクハラにならないように、「10年後どうなっていたいですか?」など将来の目標に絡めつつ、オブラートに包んで聞いてくることもあります。

 

結婚しても働き続ける意志を具体的な根拠とともに伝えましょう。例えば出産後のことについて聞かれたら、「近所に両親が住んでいて、忙しいときはサポートしてくれると言っています」「勤務時間中は保育所に子供を預けます」など働き続けられる根拠を提示しましょう。

 

また実際に転職した後も、2~3年ほどは仕事に打ち込み、実績を作っておくことが大事です。

 

しっかりとした実績があれば、周囲も産休・育休に対して理解を示してくれますし、積極的に協力してくれるでしょう。

 

【関連記事】

結婚が理由で転職する際の上手な伝え方

 

採用してもすぐ辞めてしまうのではないか

新卒の3割が最初に入社した会社を3年以内に辞めているように、若い年齢だと特に「採用してもちょっと嫌なことがあったらすぐ辞めてしまうのでは」と思われるかもしれません。

 

引用元:新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)|厚生労働省

 

退職理由を問われた際に、前向きかつ納得感のある答えを言えるよう準備しておく必要があります。

 

例えば、給料が低いことを理由に退職した場合、そのことを正直に伝えてしまうと面接官の印象が悪くなりかねません。給料の低さに不満があったと伝えるのではなく、成果や実績がしっかり反映される企業で働きたいなどと、伝えたほうが印象は良くなるでしょう。

 

【関連記事】

転職の面接で退職理由を伝える時に気を付けるべき4つのこと

 

短所や問題に対してどう対策をしているか

面接では、あなたの短所や仕事で直面した問題点、前職で不満だった点に関して聞かれる可能性もあります。短所や不満があるのは当然のことで、それ自体は悪いことではありません。

 

企業はあなたが問題点に対してどう解決していったのかを知りたがっています。また同じ問題を繰り返さないために、どのような対処法を考えたのかを詳しく答えられるようにしておきましょう。

 

とはいえ、『面接のために考えました』というような内容では、面接官に作り話だと見抜かれるかもしれません。

 

普段から目標・計画を決め行動して、達成できなかったときは何が原因だったのか見直す癖をつけておくとよいでしょう。。

 

【関連記事】

面接の転職理由で本音を伝えていいケースと駄目なケース

 

20代女性が転職を成功させるために知っておきたい5つのポイント

転職を成功させるためには、なりたい将来像を明確にしたうえで、それを実現できそうな企業を探していく必要があります。

ここでは20代女性が転職を成功させるために知っておきたい点について説明します。

本当に転職すべきなのか見直す

転職すべきかどうかの見極めは大切なことで、今抱えている問題から逃避することだけが転職理由であれば、転職をやめた方が良いです。。

 

確かに、理不尽な上司や努力が報われない社風など、毎日毎日味わっていては不満が爆発するのはもっともです。

 

しかし、自分で何も努力せずにすべてを企業や他人のせいにしていては、転職先でも似たような問題を抱えかねません。

 

転職を繰り返せば、将来正社員として採用してくれる会社は減るので、今いる場所で能動的に問題を解決する姿勢は持っておいたほうがいいでしょう。

 

ただし、理不尽ないじめやセクハラなどで、体調に異変が生じているなら今すぐにでも辞めるべきです。比較的20代は転職がしやすいといわれているので、自分の身体を壊してまで無理はする必要もないでしょう。

 

戦力になることを考える

転職を考える女性のうち、多くの方がワークライフバランスに関する言葉を口にします。仕事とプライベートが両立できるからこそ長く働き続けられますし、労働者としては企業に要求したい権利でもあります。

 

ただし、自身がライフ(プライベートを楽しむこと)に比重を置きすぎていないか十分に気を付けてください。入社前に面接官にそんな姿勢が伝わってしまうと、「やる気があるのかな」と思われかねません。

 

プライベートを充実するためにも、最初は多少余暇を犠牲にしてでも企業に欲しがられる実力をつけたほうがいいでしょう。その方が長い目で見るとワークライフバランスをとれます。

 

未経験の職種に転職する際には特にこの考え方が大事になってきます。もし興味があれば『女性が未経験職へ転職する際の注意点と対策』もご確認ください。

 

転職する理由を明確にする

「キャリアアップしたい」「高収入を目指したい」「職場環境を良くしたい」など転職したい理由はさまざまで、できることならすべての条件を満たした職場で働きたいですよね。

 

しかし、求める条件が多いほど、応募できる求人は少なくなりますし、転職したけど本当に一番の目的が達成できなかったということになりかねません。

 

まずは、なぜ転職したいのか、次の仕事に求める条件を紙に書き出してみることをおすすめします。さらに書き出した目的・条件に優先順位をつけていきましょう。

 

自分の中で求める条件を明確にしておくことで、応募すべき求人がはっきりしますし、採用後のミスマッチを減らすことにもつながるからです。

 

1つ注意しておきたいのが、こうして明確にした転職理由を面接の際にそのまま伝えないということです。ネガティブな理由は前向きに、キャリアアップなど漠然とした目的は、応募先の業務に絡めるなど、伝え方は工夫しましょう。

 

【関連記事】
転職理由で面接官に好まれる「キャリアアップ」の上手な使い方
転職の面接で退職理由を伝える時に気を付けるべき4つのこと

 

仕事を続けながら転職活動をはじめてみる

転職をする際に今の仕事を辞める人がいますが、現職を続けながら新しい仕事を探したほうが無難です。

 

例えば、次の仕事のあてがないまま現職をやめたとします。もし仕事が決まらなければ、口座から預金がどんどん減っていくプレッシャーを感じながら生きていくことになります。

 

生きるために妥協して、採用されやすい仕事をしようという考えにもなりかねません。無駄にリスクを背負うだけですので、働きながら仕事を探しましょう。

 

情報収集をする

採用後のミスマッチを防ぐためにも、求人情報だけでは得られない生の情報を集めておくことをおすすめします。OB・OG訪問をする、職場見学をする、口コミサイトを利用する、転職エージェントに話を聞くなどして、入社後にギャップを感じないようにしましょう。

 

また他の人の転職活動の良い・悪い事例を調べておくことも大切です。特にはじめて転職する人の場合、何に注意すればよいのかわからないことも多いはず。

 

失敗例、成功例の両方を確認しておくことで、転職活動の方向性、具体的なイメージがつかみやすくなるでしょう。
 

まとめ

20代女性の転職は、結婚や出産といったライフイベントを考えると、慎重になってしまうもの。

 

理想の職場を見つけるためには、自分に合った転職サイト・エージェント選びが肝心となります。

 

記事内で紹介した転職サイト・エージェントは、女性ならではの悩みや不安に寄り添った提案をしてくれるのでおすすめです。

 

またこの記事で紹介した、転職サイト・エージェントをうまく活用するコツ、転職活動を成功させるためのポイントを参考にしていただければ幸いです。

 

【関連記事】

転職したい20代の女性向け|人気の職種と転職を有利にするおすすめ資格
女性の転職は20代のうちに|転職前にすべきことと正社員採用のポイント

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

はじめての転職に関する新着コラム

はじめての転職に関する人気のコラム


はじめての転職コラム一覧へ戻る