あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > 転職活動の流れ > 転職の履歴書|書き方の基本と注意するべき5つのポイント
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 76 Office info 136 Office info 166 Office info 1036
Ranking agent btn

転職の履歴書|書き方の基本と注意するべき5つのポイント

%e5%b1%a5%e6%ad%b4%e6%9b%b8

転職活動で必ず必要になるのが履歴書です。

しかし、いざ履歴書の作成に取り掛かると、どのように書いたらよいのか迷ってしまう箇所が出てきますよね。
 

そこで、ここでは転職活動における履歴書の書き方の基本について解説していきます。

さらに、履歴書で注意するべき5つのポイントについても説明していきますので、ぜひ参考にしてください。
 

【関連記事】 転職で受かりやすくなるための履歴書・職務経歴書の書き方とポイント

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
転職エージェントは3社登録がおすすめな理由と正しい選び方

転職エージェントを複数利用する際も、同じ領域で業務を展開するエージェントに登録しても意味がありません。例えば営業職で転職を検討している場合、まず登録すべきは大手で求人数を多数抱える『マイナビエージェント』や『doda』『type転職エージェント』のいずれか一つをまず選択。

 

マイナビエージェント」や「doda」の両方に登録しても構わないのですが、どちらも総合的な職種を扱うエージェントですので、高確率で紹介される求人に被りが出てしまいます。

 

では、2社目のエージェントはどこにするかというと、『営業職の転職に強みを持つエージェント』です。

 

続きを読む

 

とはいえ、営業職はどこの会社にもある最もポピュラーな職種ですので、比較検討すべき軸としては・・・

 

行きたい業界に特化しているエージェント

自分の年代に近い求職者が集まっている

の2軸になります。

 

この場合は、行きたい業界で選ぶなら・・・

不動産業界の営業職に転職したいなら『宅建ジョブエージェント

IT業界の営業職に転職したいなら『レバテックキャリア

コンサル業界の営業職に転職したいなら『ムービン

広告業界の営業職に転職したいなら『マスメディアン

を、私たちは提案します。

 

そして3社目の、自分の年代に近い求職者が集まっているエージェントですが、エージェントが抱える求職者も年代にはばらつきがあり、どの年代層が得意といった色があるので、最後に年代別に強いエージェントにも登録しておくと盤石です。

 

たとえば、

20代後半までの第二新卒であれば『ハタラクティブ

29歳までの狭間の世代なら『U29JOB(ユニークジョブ)

30代前半から後半の範囲であれば『パソナキャリア

40代後半までであれば『ビズリーチ

50代なら『JACリクルートメント

が良いかと思います。整理するとこんな感じですね。

 

総合転職エージェント

いずれか1社

マイナビエージェント

type転職エージェント

doda

業界別のエージェント

2社目

不動産業界

宅建ジョブエージェント

IT業界

レバテックキャリア

コンサル業界

ムービン

広告業界

マスメディアン

年代別で選ぶエージェント

3社目

ハタラクティブ

U29JOB(ユニークジョブ)

パソナキャリア

ビズリーチ

JACリクルートメント

 

評判の良い各業界別・年代別のエージェントは「こちら」にまとめてありますので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

転職の履歴書|書き方の基本

それでは、履歴書の一般的なフォーマットにある各項目について、書き方の基本を解説していきます。

1 提出年月日

提出年月日は、基本的に作成した日付を記入します。

もし郵送で履歴書を送るのであれば、投函した日付を記入するようにしましょう。


また、履歴書を面接の当日に持参するのであれば、その面接を実施する日付を記入することになります。

このように、履歴書の提出年月日は、その用途によって記入方法が変わります。

2 写真

次に履歴書に貼る写真についてです。

写真のサイズは、横幅3cm縦幅4cmが基本3ヶ月以内に撮影した写真を利用しましょう。
 

撮影はスピード写真でも問題ありませんが、できれば写真館で撮影するのがおすすめです。

履歴書の写真はあなたの印象を決める重要な要素ですので、時間とコストをかけてよいものを作りましょう。

3 学歴

次に学歴の記入方法ですが、履歴書全体で西暦か元号かの表記を統一するのが基本です。

学歴は高校からの記入で、それ以前の記入は不要です。


また、学校の学部や学科の名称は、省略せずに正式名称で記入すること。

例えば、「高校」も「高等学校」と略さずに記入します。

4 職歴

職歴は時系列で記入していき、学校名と同様に省略せずに正式名称で記載します。

転職の回数などが多く、全ての職歴が書ききれないような場合は、「 詳細は職務経歴書に記載」として職務経歴書に書くようにします。

そして、全ての職歴の記載が終わったら最終行に「現在に至る」と記入して、次の行に右寄せで「以上」と記入するのが基本です。

5 免許・資格

免許や資格は取得した年月日順に記載 していきます。

免許や資格も同様に、省略せずに正式名称を記載します。

例えば、『運転免許証』ではなく『普通自動車第一種運転免許』というように正式名称で書くことになります。

6 志望動機

志望動機のポイントは、企業が求めている人材を理解したうえで自身の強みを伝える ことです。

そのうえで、入社後に何をしたいのか、何ができるのかを明確に伝えることが大切です。

さらに意識したいのが、志望動機を読んだ採用担当者が、なぜ競合他社ではなく自社を選んだのかを理解できるようにしておくこと。

志望動機は履歴書の中でも重要な項目ですので、しっかりと時間をかけて作成しましょう。

7 趣味・特技

趣味・特技は空欄にする人がいますが、履歴書で空白の欄があるのは絶対にNGです。

年数などは気にせずに、趣味は必ず記載するようにしましょう。

一方で、数多くの趣味を記入するのもNGです。

面接で履歴書に記載した趣味・特技から話が弾むこともありますので、あなたが関心の高い趣味を絞り込んで記載しましょう。

8 通勤時間

通勤時間は最大でも1時間30分まで を転職先として選ぶようにしましょう。

それ以上かかると、採用担当者も毎日の通勤に支障が出てしまわないか不安になります。

そのため、1時間30分以上の場合は、面接でどのように答えるかを準備しておきましょう。

9 本人希望欄

本人希望記入欄には、例えば「営業職を希望します。」というように、あなたが希望する職種を記載します。

希望する勤務地があるのであれば、営業所名などを記入。

待遇面については、「 貴社規定でお願いいたします。」という表記にするのが基本。

転職の履歴書で注意するべき5つのポイント

ここまで履歴書の各項目の書き方についてお伝えしてきました。

全て基本的なルールですので、しっかりと守るようにしましょう。
 

そして、ここからは履歴書を作成するときの5つのポイントについて解説していきます。

これから転職活動の履歴書を作成しようと考えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

1 企業に合わせて作成する

転職の履歴書で最も大切なポイントが、応募する企業に合わせて作成することです。

例えば、志望動機は応募する企業ごとに全て個別に作成していきます。

一度考えた志望動機を他の企業の応募へ使い回すのは絶対に避けましょう。

2 時間をかけて丁寧に作成する

また、履歴書は時間をかけて丁寧に作成しましょう。

心を込めて丁寧に書いたことは、必ず読み手に伝わるものです。

また、履歴書を作成するのは意外と時間がかかるものです。

しっかりと計画を立てて履歴書の作成に取り組むようにしましょう。

3 自分に合ったフォーマットを選ぶ

そして、履歴書のフォーマット選びも重要なポイントです。

なかには『自己PR』の欄があったり『家族構成』や『健康状態』などの欄があったりするフォーマットもあります。

自分自身をアピールしやすい、自分に合ったフォーマットを選びましょう。

4 誤字脱字はNG!必ず見直しをする

また、履歴書の誤字脱字は絶対にやってはいけません。

それを読んだ採用担当者は、あなたの入社の意欲が低いと判断するからです。

そのため、履歴書を書き終えたら、誤字脱字がないかを見直しましょう。

特に、いくつもの履歴書を書いていると集中力が落ちてきて、単純なミスをしてしまうケースはよくあることです。

記入ミスや記入漏れなどがないかを必ずチェックしましょう。
 

そして、履歴書を書いていて文字も間違ってしまった場合は、修正液や二重線などで訂正をしてはいけません。

そのまま書き続けるのではなく、新しい別の履歴書に最初から書き直すこと。

5 必ず控えをとっておく

そして、書き終えた履歴書は必ず控え・コピーをとっておくようにしましょう。

そうすることで、どの企業に、どのような履歴書を送ったのかを後から確認することができるからです。


先ほども説明したとおり、企業ごとに履歴書は作成するものです。

だからこそ、後から履歴書の内容を確認できるように控えをとっておくことが大切なのです。

もちろん、面接の前には、控えの履歴書を見てから臨むようにしましょう。

まとめ

さて、ここまで転職活動における履歴書の書き方の基本について話をしてきました。

履歴書の各項目に関して、それぞれ書き方の基本とポイントを説明してきたので、参考になったのではないでしょうか。


さらに、履歴書で注意するべき5つのポイントについても話をしてきました。

履歴書は企業の採用担当者にあなたという人物を伝える重要な書類です。

記入ミスや誤字脱字がないかをしっかりと確認して、時間をかけて丁寧に作成しましょう。


ここで解説してきた履歴書の書き方の基本をしっかりと守って、応募する企業の採用担当者の目に留まる履歴書を作成するようにしてください。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職活動の流れに関する新着コラム

転職活動の流れに関する人気のコラム


転職活動の流れコラム一覧へ戻る