あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
転職がうまくいかない理由と対策
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 105 Office info 75 Office info 175 Office info 115 Office info 165 Office info 85 Office info 125 Office info 375 Office info 335 Office info 95
Ranking agent btn

転職がうまくいかない理由と対策

New stockvault businessman holding a globe with information technology icons180087

転職がうまくいかないと、気持ちがどんどん塞ぎ込んでしまいます。このページでは転職がうまくいかない理由と対策について1つ1つ解説していきますので、よろしければ今後の参考にしてみてください。
 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

転職活動時によくある5つの誤解

まず最初に転職活動をする際にありがちな誤解について確認していきましょう。思い違いを減らすことが転職成功への第1歩です。
 

転職すれば今の不満はすべて消える

今の職場がとにかく辛くて転職したがっている人がよくいます。そういう人たちは転職をすれば今の悩みがすべて解決して、もっと自分らしく生きれるはずだと現実逃避的に思い込んでいる場合が少なくありません。このような精神状態のことを青い鳥症候群といいます。
 

企業にいえるような強みがないと思い込んでいる

人間の思い込みは強力で、思い込みと事実の区別がつかなくなることが誰にでもあります。アピールできる強みがないと思うと、その主張をうらづける真実のみを集める傾向が人間にはあるので、本当に転職したいなら見方を変える必要があります。
 
手っ取り早いのは自分の強みを誰か他の人に聞くことです。なるべく多くの人に聞いたほうが、客観的に自分を見つめ直せるようになります。
 

大企業のほうがいい

いまだに多い誤解ですが、大企業だからと言って安定しているわけではありません。例えば製造業は戦後からバブルが弾ける前ぐらいまでは強かったものの、今では人件費が安いアジアの製造業との競争に晒され、大きく業績を落としています。
 
どうしても安定したいのであれば安易に転職先を企業規模で決めるのではなく、参入障壁が高く競争が少ない業界を探し出す、圧倒的な実力をつけるなど何かしらの努力が必要です。
 

退職理由はポジティブに言わなきゃならない

ポジティブに言い換えられる場合は問題ありませんが、絶対にポジティブじゃなきゃいけないんだと勘違いして、取ってつけたような退職理由を言ってしまう人がいます。しかし、相手が優秀な面接官であれば付け焼き刃は見抜かれますので、むしろ逆効果となります。
 

資格があれば転職に有利になる

資格があれば就職や転職に有利だと思っている人がいますが、必ずしもそうとは限りません。看護師免許や医師免許など、資格がないとできない仕事であれば取得する価値はあります。
 
しかし、そうでない資格の場合はあくまで参考にしかなりません。あくまで仕事にどう貢献できるかが重要であって、資格がある人よりも関連する業務経験がある人のほうが活躍してくれそうだと面接官は考えます。
 
 

転職がうまくいかない5つの理由


次に転職がうまくいかない理由のうち、よくあるものをご紹介します。自分に該当する箇所がないかぜひ確かめてみてください。

自分ばかりにベクトルが向いている

「給料は○○万円以上がいい」「営業は嫌だ」「福利厚生がしっかりしていなきゃ嫌だ」など自分の希望にばかり目が向いている人がいます。就業先に対して希望があるのは当然のことですが、採用されるのを目的にするのであれば、企業に自分がどう貢献できるのかを企業目線で考えたほうが利口です。面接はあなたという商品を売り込む営業のようなものです。
 
例えば、あなたの家に訪問販売がきたことを想像してください。たいして欲しくもない商品を「○○万円で買ってください」「毎月購入してください」など営業マンの都合ばかりのセールストークをされたら鬱陶しく感じるでしょう。あくまでも、その商品が自分の抱えている問題をどう解決するかが知りたいはずです。
 
面接でも知らず知らずのうちに上記の例のようになっている人がいますので、要注意です。
 

企業がどんな人材を欲しがっているのか理解していない

企業目線で考える癖がついたら、次は企業がどんな人を欲しがっているのかを知りましょう。新卒がいいのか、経験がある中途がいいのか、どんなスキルを持った人が欲しくて、何を期待しているのか。これを知らないまま転職活動をしても時間を浪費するだけです。
 

自分の強みを効果的にアピールできていない

自分の強みは個々の企業が欲しがっているスキルや人材像に絡めてアピールせねばなりません。先に述べたように、企業が欲しがっている人材を理解した上であなたの強みをどう打ち出していくか考えましょう。
 

自分が働きたい企業と企業が欲しい人材がマッチしていない

企業が求めているスキルや経験、人間像とマッチしていないケースです。単純にミスマッチな場合もありますし、オーバースペックもしくは背伸びしすぎの場合もあります。面接はお見合いのようなものですから、両思いにならないこともよくあります。
 

質問の意図を理解できていない

面接官が特定の質問をすることで、何を知りたがっているのかを察して返答に反映できる人は採用されやすいように思います。言葉上の意味だけでなく、相手の意図を理解できるよう普段から情報収集していきましょう。
 
 

転職を成功させる7つの対策


ここまでで転職でよくある誤解とうまくいかない理由を確認してきました。個々からは転職を成功させるための具体的な対策について触れていきます。

新卒の転職活動との違いを知る

新卒時と転職時の違いを知ることで、企業に対して的を射たアプローチができるようになります。少しでも不安がある方はここで違いを再確認してみてください。
 
 

新卒時と転職時の主な違い

 

新卒時

転職時

業務経験

×

社会人経験

×

社会人としてのマナー

ポテンシャル

即戦力

×

選考フロー

長期

短期

採用

一括

不定期

コスト(採用や育成)

 
 
上の表からもわかるように、新卒時はポテンシャルがあって最低限の礼儀・マナーがあれば採用してもらえます。採用や育成にお金と時間をかけて、長い目で即戦力に育てようと考えている様子が伺われます。
 
これに対して転職時は、業務経験があり即戦力になれる可能性がある人材が求められます。よって転職時は、研修や育成にコストが掛からず、すぐに活躍できる根拠を主張したほうが採用される確率が高くなります。
 
また、中途採用の求人は欠員が出た場合や事業を拡大する際など、ニーズが生まれた段階で行われます。つまり求人を出している時点で、企業は何らかの具体的なスキルや経験を持つ人を求めていることがわかります。企業が求める人物像に対してあなたの強みを適切にアピールしましょう。
 
ただし、第二新卒の転職は両者の中間あたりに属します。第二新卒の転職に関しては、面接で第二新卒が転職理由を伝える際に知っておきたい全知識を参考にしてみてください。
 

これまでのキャリアを生かせる企業を探す

すでに述べたように転職の場合は即戦力が求められるため、これまでのキャリアを活かせる選択をしたほうが待遇は良くなります。未経験職へ転職する場合でも、これまでのキャリアと何かしらの関連があったほうがアピールしやすいでしょう。
 

だめだった理由をきちんと振り返る

転職がうまくいかないのは何度も同じミスをするからかもしれません。失敗するたびに、何が悪かったのか振り返るようにしましょう。もし自分では何が悪いのかわからなければ、第3者の意見を聞くことで自分では気付けなかった悪い点を理解できます。
 

転職する理由を明確にする

今の職場に何か不満があって、漠然と転職したいなというレベルの動機では当然上手く行きません。なぜなら、自分が本当は何を求めているのかがわからないので、取ってつけたような志望動機になるからです。
 
そもそも明確な目的意識がある場合よりもやる気が湧いてこないはずです。なぜ転職する必要があるのか、今一度振り返ってみましょう。紙に箇条書するのがおすすめです。
 

キャリアプランを明確にする

転職は理想のキャリアを実現するためのものなので、将来どういうふうに働いていたいのかを明確にしましょう。逆算思考で今何をすべきか考えていかないと、場当たり的で一貫性のない転職をすることになります。
 
当たり前にできている人もいますが、現実から逃れるために転職をしようとしていたり、転職すれば問題がすべて解決すると思っていたりする場合は、案外将来像が明確になっていないものです。
 

企業の生きた情報を手に入れる

転職後に思っていたのと違ったと後悔するケースは珍しくありません。ミスマッチを完璧になくすのは難しいですが、リスクを最小限に減らす努力はすべきです。そのためには職場見学やOB・OG訪問などをして、現場の雰囲気を知る必要があります。それ以外にもイメージではなく現実を元に判断しているのかどうか内省する必要があります。
 

転職のプロに相談する

転職がうまくいかないのは、うまくいかない理由を理解できていないからでもあります。自分の落ち度を自分自身で気づくのは難しいことですし、実際にトライ&エラーを繰り返して学ぶのにも時間がかかります。
 
そんなときは転職エージェントに相談してみるのも一つの手です。彼らは数多くの転職者の相談に乗ってきていますから、何が良くて何が悪いのかを熟知しています。転職エージェントに相談するのは、車の免許を取るときに自動車教習所に行くようなものです。転職エージェントって何?という方は以下の記事を参考にしてみてください。
 
【関連記事】
転職エージェントに効率よく相談するコツとおすすめの相談先
転職エージェントの費用は無料|求職者に費用が発生しない理由
 
 

まとめ

いかがでしたか?このページでは転職が上手く行かない理由と対策について見てきました。転職活動の参考にしていただけると幸いです。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職活動の流れに関する新着コラム

転職活動の流れに関する人気のコラム


転職活動の流れコラム一覧へ戻る