あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
転職失敗で後悔したときにすべきこと|後悔する人の特徴と乗り切り方
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 96 Office info 176 Office info 116 Office info 406
Ranking agent btn

転職失敗で後悔したときにすべきこと|後悔する人の特徴と乗り切り方

New pixta 24089342 s

転職をしても後悔する人と成功する人がいるのはなぜでしょうか。このページでは、転職でよくある8つの後悔と転職で後悔する人の傾向を説明した上で、具体的にどのような対策をしていけばいいのか説明していきます。
 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
目次

会社に出戻りは許されるのか?

出戻りは許されるケースもありますが、失った信頼を取り戻すためには時間がかかるでしょう。
 

『一度も退職したことがない人』と『過去に退職したことのある人』のどちらを信用することができるでしょうか?たいていの人は『一度も退職したことがない人』を選ぶでしょう。
 

一度でも退職したことのある人は、「いつまた辞めるかわからない。」と思われても仕方がありません。『条件が合えば、会社を辞める人である』と自分で証明してしまったのですから。
 

ただし、復職して10年間勤めていたり、積極的に会社のためになる企画を持ち込んだりする場合には、「また辞めるかもしれない」という心配が薄れてくるでしょう。要するに信頼されるようになってくるということです。
 

信頼されずに仕事をするのは辛いですよね。出戻りが許された場合には、一生懸命働き続けて、職場をどんどん心地よい空間にしていきましょう。
 

転職して後悔した場合にすべきこと

転職したものの失敗してしまい、後悔している人は少なくないですよね。では、そんなときにどのようなことをすればよいのかをお伝えします。

できること1:転職が失敗してしまった理由を分析する

  • 話すのが得意だと思ったから営業職になったものの辛い…。
  • 社風をしっかり把握しなかったために、会社にいること自体をストレスに感じる。
  • 残業はないと聞いていたのに、かなり残業させられている。
 

など、転職が失敗してしまった理由を明確にしましょう。明確にすることによって、仕事を楽しくするための解決策を考えられたり、同じ理由で転職を失敗しないための判断基準になったりします。
 

できること2:仕事に何を求めるかを明確にする

年収、得意なスキルを活かせることなどを理由にして転職先を決めて失敗したのではないでしょうか?
 

ご自身が本当に大切にしているのはここではないかもしれません。

  • 休日日数が多いこと
  • 残業がないこと
  • 成長できる環境
  • 仕事にモチベーションがある仲間
 

などご自身が本当に大切にしているものは何か?をしっかり見つめなおしてみましょう。転職先で実現できるならば実現すればよいですし、難しいようならば再度転職を考えるのも1つの手でしょう。

できること3:転職後にすぐやめるデメリットを知る

転職後にすぐやめることによるデメリットを見てみましょう。
 

デメリット1:再転職が不利になる可能性がある

再転職が不利になる可能性があります。すぐに仕事を辞める人を迎え入れてくれるか?というお話です。
 

社員を雇用したい企業は、転職サイトやエージェントに多額のお金を支払っています。つまり、雇用するのには高額な費用が掛かっているということです。
 

そのため、雇用してすぐにやめられていますと、その費用が無駄になってしまいます。もちろん、研修費なども無駄になります
 

転職希望者がきたものの、前職を3ヶ月でやめたという人だった場合はどうでしょう?その人で決めずに、もっと安定して勤めてくれそうな人を選びませんか?
 

すぐに会社を辞めると信頼性が下がり、再就職が難しくなっています。
 

デメリット2:仕事がない期間が生じる可能性がある

仕事が忙しすぎて、仕事をしながら転職活動をするのが難しい場合があります。そのような場合には辞職してから転職活動をすることになりますが、その間、収入が0になってしまいます
 

経済的余裕がないと精神的にも辛くなってきます。最悪、再就職が決まらず、バイトや派遣などをしなくてはいけなくなる可能性もあります。
 

そのようなケースも想定しておいた方がよいでしょう。
 

できること4:どうしても転職したい場合には転職エージェントを利用する

いまの職場には我慢できない程の不満があり、リスクを背負ってでも転職したいという場合があるでしょう。その場合には、転職サイトではなく、転職エージェントを利用して転職活動をすることをおすすめします。
 

転職エージェントとは、転職活動の相談に乗ってくれる人のことをいい、転職者がどのようなニーズを抱えていて、どこの企業ならば適しているかを判断してくれます。ニーズを客観的に捉えてくれるので、ご自身に合った会社を勧めてくれるでしょう。
 

費用は基本的に転職先の企業が支払うので、ご自身は支払う必要はありません。無料で自分に適した会社を知りたい場合には、ぜひ転職エージェントを利用してみてくださいね。
 

【関連記事】
転職エージェントと転職サイトの違いと賢い利用方法

 

転職でよくある8つの後悔

すべての後悔に共通しているのが、理想と現実のギャップを考えずに転職してしまったという点です。将来起こりうる不満を事前に100%把握するのは不可能ですが、転職した人がどんな理由で失敗しているのか知っておくことで完璧でないなりにも対策ができます。それでは代表的な8つの後悔を見ていきましょう。
 

後悔1:仕事内容が思っていたのと違った

目的が漠然としているまま転職して決まったケースです。何ヶ月か働いてみたのはいいものの、自分が本当にやりたかったのはこの仕事なのだろうかという悩みが生まれ始めます。このような失敗をしないためにはいきなり転職をせずに、目的の職業についている人と同じ勉強をしてみる、実際に話を聞く、在宅で働いてみるなどスモールステップで始めるのといいでしょう。
 

後悔2:労働時間が長い

繁忙期は残業があるかもと言われていたのに、蓋を開けてみれば通常時も残業だらけだったと言うケースです。どうしても勤務時間にこだわる場合は、週に○時間以上は残業しないと素直に伝えることで不採用になった方がもっといい会社を探せるかと思います。
 

後悔3:思っていた労働条件と違う

入社前に必ず労働条件通知書を確認しましょう。大丈夫だろうと根拠のない楽観視をせず、現実はどうなっているのか調べる姿勢が公開を未然に防ぎます。採用者に労働条件を確認する場合は、面接時よりも内定が出た後の方がいいでしょう。
 

後悔4:前の職場の良さに気づいた

さらに悪い職場を経験し、今まで自分は守られていたのだと気づき後悔するパターンです。覆水盆に返らず。もはやどうすることもできません。
 

後悔5:人間関係が上手く行かない

新しい職場で1から人間関係を気づいていくのはなかなか骨がおれることです。職場が変われば考え方や常識も変わりますから、これまでの社会人経験で培った考え方にしがみつけばしがみつくほど自分自身が痛い思いをすることになります。
 

後悔6:これまでの経験を活かせない

こんな仕事ができそうだなという期待と、実際に任される仕事は必ずしも一致しません。事前によく確認しておくことです。面接官に具体的にこういうことをしたいですが、御社ではそれが可能ですかと聞いてしまうのもいいでしょう。
 

後悔7:仕事が自分に合わない

目的の無い転職をした人や運が悪かった人によくある後悔です。そもそも自分が何をしたいのかがわからないのに、どうやって合う仕事を見つけるというのでしょうか。
 

後悔8:社風に馴染めない

働く人たちがどんな考え方をしているのかも事前にチェックしておきたいポイントです。自由な社風の会社から、ルールが厳しい会社へ転職すると息苦しさを感じるに違いありません。職場見学をすることで未然に失敗を防ぎましょう。
 
 

あなたは大丈夫?転職で後悔する人の特徴

どんな人でも転職での失敗は一定の確率で起こります。ここでは運の要素を除外して、転職で後悔しやすい人の考え方や性格にスポットライトを当てて見ていきます。

特徴1:自分本意である

ベクトルが自分にしか向いていない人は、企業がどんな人材を欲しがっているのかがわからないからまともな会社からは弾かれます。そんな人を雇ってくれるのは、どんな人でもいいから働いてほしいような同じように自分本位の企業くらいなものでしょう。こればかりは性格なので一朝一夕では変えようがありません。
 

特徴2:依頼心が強い

他人や会社がなんとかしてくれると思っている人は、問題を自分以外の誰かのせいにします。自分のせいにできない人は改善努力をしようという発想にならないので、何度も同じ失敗を繰り返します。
 

特徴3:自分を知らない

自分が何をしたいのかはわからないけど、今やっている仕事でないことだけはわかるというパターンです。まずは自分が何をしたいのかを知ることから始めましょう。
 
やりたいことなんかないという人もいるかもしれません。もしかしたら、心の底ではやりたいことがあるけどそんなの無理だと諦めてはいないでしょうか。できないと自己否定をすることで、どんどん自分が見えなくなっていきます。
 

特徴4:隣の芝生が青く見える

FacebookやTwitterを見ていると、学生時代の同期のキラキラした姿が見えることがあります。そんなときに今の仕事がうまく行っていないと、どうしても「あいつはいいな~」と思ってしまうものです。
 
しかし、人は見栄っ張りで恥ずかしいところや生々しい努力は見せたがらない一面を持っています。わざわざ「後輩が上司になってコキ使われているなう」とツイートする人を見たことがあるでしょうか。
 
みんな見えないところで苦労しているものです。いいことばかりではありません。他人が眩しく見えたら、その人は今の成功をつかむのにどんな苦労をしてきたのだろうと考えると嫉妬することも少なくなるかと思います。
 

特徴5:情報収集はインターネットだけで満足している

入ってみないとわからないことではありますが、求人情報やニュースだけで転職先を決めてはいないでしょうか。求人情報は応募者の母数を集めるために、基本的にいいことしか書いてありません。親切に「終電まで帰れない職場です」とは教えてくれないので、面接官や転職エージェントに質問して自分で実情を知る必要があります。
 

特徴6:アピールが独りよがり

強みは企業が欲しがっている人材像に照らし合わせて伝えないと、面接官にとっては本当の強みになりえません。効果的なアピールをするには面接官がどんな人材を欲しがっているのかを理解しましょう。
 

特徴7:どこでもいいから内定が欲しい

ろくに情報収集をせず、勢いで転職を決めると後悔します。いま無職で金銭的に追い込まれているなどに理由ですぐに仕事が欲しい人などによくある失敗です。
 
 

転職で後悔しないための5つの対策

ここまでで転職の失敗パターンを見てきました。どんな理由で後悔するのか知り、未然に防ぐ方法を考えるのが転職成功への近道です。ここからは、具体的にどんな対策ができるのかについてご説明します。
 

対策1:どんな失敗パターンがあるのか知る

まずは他の人がどんな理由で転職に失敗しているのかを理解しましょう。転職では優先事項をつけて職場を見つけるのも大事ですが、例えば人間関係が悪ければ他の条件がいくら良くてもストレスがつきまといます。
 

対策2:労働条件通知書は入社前に必ず確認する

労働条件面でのギャップはこれである程度防げます。心配であれば、内定が出た後に面接官や実際に働いている人に質問をしてもいいでしょう。大丈夫だろうと思いきちんと確認をしないまま入社するのはリスクが高い行為です。
 

対策3:人間関係や社内の雰囲気を事前に知る

求人票だけでなく、職場見学などをして現場にいなければわからない情報を集めます。人間関係の良し悪しや社風を自分の目で見て判断できるので、明らかに合わない会社はこの段階である程度選択肢から除外しましょう。
 

対策4:自己分析を徹底する

まずは自分が仕事に何を期待しているのか知りましょう。転職で後悔しないためには、自分にとって何が成功なのかを明確にしておくことです。
 

対策5:転職エージェントに相談する

一人で転職の失敗を防ぐのには限界があります。インターネットで情報収集をしても、一般的な傾向は理解できてもあなたに特有の対策を考えるのは難しいもの。
 
転職エージェントに相談すると、一緒に自己分析をしてくれる他、転職で後悔しないためにはどうすればいいかについても教えてくれます。詳しくは「転職エージェントに効率よく相談するコツとおすすめの相談先」を御覧ください。
 
 

リクルートエージェント

まとめ

いかがでしたか?転職で後悔しないためには、目的意識を持ったうえで希望が満たされる職場を探していく必要があります。求人情報を当てにせず、現場に近い情報を仕入れていきましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職活動の流れに関する新着コラム

転職活動の流れに関する人気のコラム


転職活動の流れコラム一覧へ戻る