あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
結婚を控えた男性の上手な転職理由の伝え方とは?
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 76 Office info 176 Office info 116 Office info 406
Ranking agent btn

結婚を控えた男性の上手な転職理由の伝え方とは?

New stockvault sunset lovers101209

結婚を転職理由として伝える際にどう言えばいいか迷っていませんか?

このページでは結婚を機に転職する男性が、上手に転職理由を伝える方法と面接官が知りたがっているポイント、転職する際に男性が押さえておきたいポイントについて解説します。転職活動の参考にしていただけると幸いです。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

結婚を機に転職をする男性が知っておきたい|転職理由の上手な伝え方

ここでは結婚を控えた男性が転職理由を伝える際に意識しておきたいポイントについて解説します。
 

長く働きたい気持ちを伝える

大前提として、結婚だけに限らず転職理由を伝える際には、応募先の企業で長く働きたいと思っていることを伝える必要があります。企業は長く活躍してくれる人材がほしいという前提を元に転職理由を細かく詰めていきましょう。
 

パターン1 結婚が理由の転職だと正直に言う

結婚を転職理由にするのは決して悪いことではありません。子供を養うことを考えて安定した企業に転職したり、家族と暮らすべく地元に戻って腰を据えたりする転職はよくあることです。
 
いずれにせよ家族を守るために決断したことに変わりはないので、真面目に働く意志はむしろ伝えやすく、独身男性にはないような責任感をアピールできます。企業や面接官が結婚に対して理解を持っている場合に特に有効です。
 

パターン2 他の理由をメインにする

結婚を理由にしにくい方は、他の動機を使いましょう。20代はポテンシャル、30代は経験を求められる傾向がありますので、年齢に合った訴求を考えましょう。ただし、結婚することを考えると前職の経験を活かせる企業を狙うのが無難です。その企業でなければいけない必然性を出しながら、スキルアップやキャリアアップを志望動機にします。
 

転職に対して前向きな姿勢を示す

ネガティブな考えは面接官に伝わります。「前の職場じゃあ年収アップは見込めないから転職しよう」「残業が多すぎるから転職しよう」と考えるよりも、家族に不自由させないための選択として転職を選びたいものです。転職は不平不満があるからするのではなく、前向きな目標を達成するためにしましょう。
 
家族がいるから真面目に長く働いてくれるだろうと面接官に思ってもらえるくらいが理想的です。
 

結婚は前向きな転職理由にしやすい

転職理由を伝える際に前職の不平不満をいうのは基本的に悪印象になります。しかし、結婚が理由の場合は、「今の仕事に不満はありませんが、結婚をするころには地元に戻って腰を据えて働きたいと思っていました」など、否定しようもないような理由をネガティブなニュアンスを含むことなく伝えられます。
 
転職理由を無理やり前向きに言い換えると、違和感があり面接官に見透かされます。あくまで自然な前向きさでなければいけません。結婚では比較的それがしやすいといえます。
 
 

結婚を理由に転職する男性に対して面接官が確かめたいと思っているポイント

面接官が求職者をチェックしているポイントはいくつかありますが、ここでは結婚を控えた男性が特に覚えておきたいポイントに絞ってご紹介します。
 

またすぐ退職しそうな人か

企業にとって採用した人にすぐ辞められるのは大きなリスクですから、面接では何らかの質問でほぼ確実に辞めそうな人かどうか確認されると思ってもいいでしょう。前職での不満を言わないほうがいいのは、嫌なことがあったらすぐ辞める人だと思われるのを未然に防ぐためです。
 
多くの結婚したい人は冒険よりも安定を求めていますから、長く働きたい意志はむしろ伝えやすいように思います。
 

残業はできるのか

男性の場合残業はつきものですが、近年では共働きで家事や育児を分担している家庭もあります。各家庭の都合によっては残業が厳しい場合もありますので、該当するようであればどのぐらい残業があるのか確認しておきましょう。
 

家庭との両立はできるか

いざという時仕事よりも家庭を優先しそうな人か、要領が悪くどちらとも中途半端になりそうな人でないかなど、その人の基本的な能力を確認されることもあります。念のため家庭と仕事をどう両立しようとしているのか、具体的な答えを用意しておくといいでしょう。
 

人や会社のせいにする人か

退職理由を伝えるときに前の職場の問題点ばかりを口にする人がいます。確かに、社会に出れば理不尽なことは山ほどあるでしょう。しかし、面接官がそれを聞くと「この人はなんかあったらまた他人や職場のせいにするんだろうなあ」と思ってしまいます。採用されることを目的とするなら、人のせいにしたような発言は控えたほうが利口です。
 
 

結婚を機に転職する男性が押さえておきたいポイント



ここまでで転職理由の上手な伝え方と、面接官が気になっているポイントについて伝えてきました。ここからは結婚を控えた男性が転職をする際に覚えておきたいポイントについて解説します。
 

家族を養える年収であることが大前提

やりがいや身につくスキルなど仕事に求める条件は多くあると思います。しかし、結婚が前提となると他の転職の場合よりも年収が重要性を増してきます。子育てのお予定があるのならなおさら、最低でも年収400万円前後は確保しておくといいでしょう。年収が早い段階で頭打ちになるような職業も避けたほうが無難です。
 

残業が多すぎない

残業の量は年収と天秤にかけて判断しましょう。年収があるに越したことはありませんが、余暇がまったくなく家族との時間が取れないと、すれ違いや離婚の原因にもなります。近年では3組に1組の夫婦が離婚しているとも言われています。家族を守るために働いた結果、家族とコミュニケーションを取る暇がなく最終的に離婚してしまったとなっては本末転倒です。
 

安定している、もしくは実力がつく企業や職種を選ぶ

目先の年収も大事ですが、将来的にどれだけ稼げる力を伸ばせるかも大事です。競争が緩やかで雇用が安定している業界を探す、市場価値のあるスキルを身につけるなど長期的な視野を持って仕事を選びたいものです。
 

働きながら転職活動をする

まれに、今の仕事をやめてから転職活動を始める人がいますが、基本的に新しい職場が決まるまでは今の仕事をやめるべきではありません。転職が決まるか決まらないのかわからない期間を無収入で過ごすのは精神に来ますし、追い込まれれば追い込まれるほど転職先を妥協しがちになります。
 
精神的に余裕がある時のほうが冷静に職場を検討できますから、特別な理由がなければ今の仕事を続けたまま求人を探していきましょう。
 

家族の協力や理解を得る

転職活動がうまくいかないと不安になり酒を飲みすぎたり、生活習慣が不規則になったりすることもあります。そんなときに支え合えるのが家族です。すべてを一人で抱え込まず、パートナーとしっかり相談し、二人で乗り越えていきたいものです。心の支えがあるのとないのでは頑張れる度合いも変わってきますから、転職する際には事前に話し合い協力的な関係を築いておきましょう。
 

転職のプロに相談する

結婚を理由に転職するのはほとんどの人が初めての経験かと思います。不慣れなことに対しては、一人で判断しないで経験がある第3者に相談したほうがいい場合もあります。結婚を機に転職した知り合いがいれば、ぜひ話を聞いてみてください。もしそれでも心もとなければ、転職エージェントに相談する選択肢もあります。
 
転職エージェントは将来のライフプランも考えた上で相談に乗ってくれますから、結婚するならどんな仕事を選ぶべきかいまいちピンときていない人にもおすすめです。あなたにあった転職理由の上手な伝え方も一緒に考えてくれるでしょう。もし興味がありましたら、以下の記事を参考にしてみてください。
 
【関連記事】
転職エージェントの費用は無料|求職者に費用が発生しない理由
転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識

まとめ

いかがでしたか?結婚は転職理由としては比較的伝えやすい部類と言えます。本文で触れてきたように、質問をすることで面接官が何を知りたがっているのかを意識しつつ、長く働きたい気持ちが伝わるような受け答えをしていきましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職活動の流れに関する新着コラム

転職活動の流れに関する人気のコラム


転職活動の流れコラム一覧へ戻る