仕事をスムーズに辞める5つの退職理由と円満退社のコツ


 > 
 > 
 > 
仕事をスムーズに辞める5つの退職理由と円満退社のコツ
キーワードからコラムを探す

仕事をスムーズに辞める5つの退職理由と円満退社のコツ

New_pixta_8628239_s

仕事を辞める理由をどう伝えるべきか迷った経験は誰にでもあるでしょう。今までお世話になった会社に退職の意志を伝えるのは勇気が入りますし、引き止められたり気まずくなったりすることを想像すると億劫になってきます。
 
このページでは、円満に退職しやすい上手な理由の伝え方と、みんなが仕事を辞めたいと思う理由、仕事を辞める際に注意したいことについてお話していきます。

【関連記事】
仕事を辞めたいけど言えない理由と言いやすくする8つの方法
仕事を辞めてよかったと思う5つの瞬間と転職を迷う人へ9つのヒント

Pc_tool_head
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn

円満に退職するには|退職理由の上手な伝え方5選

上手に退職するには、今の職場ではどうしようもない理由を伝えるのがポイントです。不満をなるべく言わないようにしつつ、引き止めにくい理由を考えていきましょう。また、嘘をつくと罪悪感や後ろめたさを覚えるので、本音を100%伝えなかったとしても本音に近い建前のほうが気持ち的に楽かと思います。
 

金銭的な理由を伝える

例えば、「結婚を控えていて最低〇〇〇万円の年収が必要になりました」と伝えるパターンです。今勤めている会社がなかなか年収を上げたがらない、または支払う余裕が無いときには特に有効でしょう。
 

健康上の理由を伝える

労働環境が悪く体を壊しかけている方におすすめの方法です。病院へ行き診断書をもらってきましょう。症状が重くなってからだと意志力や判断力に支障が出てくるので、くれぐれも無理はしすぎないでください。
 

結婚を機に

女性にとっては使いやすい転職理由です。結婚を機に仕事を辞める女性は珍しくないので、比較的受け入れられやすいかと思います。
 

キャリアアップしたい

やりたいことがあって挑戦したいという気持ちを伝えます。キャリアアップが目的で転職する人は多いので、よくある理由として伝えやすいでしょう。特にあなたが20代の場合は、未経験職へ転職できる限界が刻一刻と迫っています。良心を持った相手なら引き止めにくいはずです。
 

違う仕事がしたい

「仕事が合わなかった」と素直に伝えるのは最も無難な方法かもしれません。誰のせいにもしていない上、なおかつどうしようもない理由だからです。ただし、配置換えをすると言われるリスクがありますので、この機会にあなたが本当にしたい仕事と向き合うといいかと思います。
 
 

みんなが仕事を辞めたいと思う理由は

退職理由を伝える際は建前になることも多いでしょう。ここではみんなが本音ではなぜ仕事を辞めたがっているのかについてご紹介していきます。
 

人間関係

業種や職種を問わず最も多い転職理由でしょう。ただし、素直に行ってはいけない理由でもあります。「同じ部署の○○さんが気に入らないので辞めます」と言えば辞めるまでの1ヶ月を毎日気まずく過ごす羽目になるのは想像に難くありません。
 

給料が安いから

こちらもよくある転職理由です。ただし給料が安いからと安易に辞めるのはおすすめできません。少しでもいい条件で雇用されるよう経験やスキルを身に着けて、企業に欲しがられる人間になってからでないと給料アップは伴わないからです。逆に能力がある人はすぐにでも転職した方がいいでしょう。
 

将来性がないから

業界や会社に将来性がない場合はむしろ転職しないことがリスクです。20代のうちは未経験でも雇ってくれる職場はありますが、30代40代になって市場価値のあるスキルを身につけていない人間を欲しがる企業を探すのはとても骨が折れます。
 

激務だから

昨今ではブラック企業という言葉もある通り、薄給で激務をしている人も珍しくありません。体調管理が心配ですが、ブラック企業で数年耐えた経験は強みになります。体を壊す前に転職先を見つけましょう。
 

仕事がつまらないから

仕事は遊びではないのでつまらないことがあって当然ですし、向き不向きもあります。この理由で転職したい人が注意すべきポイントは、具体的にやりたい仕事が明確になっていること。次も同じ理由で辞めないようにしましょう。
 
 

仕事を辞める際に注意したいことは

仕事を辞める際に注意したいのが、
 
・確実に辞められそうな理由を用意する
・辞めて終わりではない
 
の2点です。引き止められたりうやむやにされたりするリスクを最小限にしつつ、後味の悪さを残さないように辞めるのがポイントです。以下では具体的な注意点を見ていきましょう。
 

本音と建前を使い分ける

退職理由によっては本音でかまわないものと建前をいったほうがいいものがあります。例えば原因が他の人にあったとしても、あくまで自分の都合で辞めるというスタンスでいると波風立ちにくいかと思います。
 

引き止めにくい理由にする

今あなたが考えている退職理由に、どのぐらい引き止める余地があるのかを考えます。例えば、部署が少ない会社であれば違う仕事がしたい理由で辞める、年収アップに消極的な会社に対しては「もっと給料が必要だから」と伝えるというのも1つの手です。
 
退職の意志を伝える以上、1度引き止められると再び伝えるのには勇気がいります。1回で確実に決めましょう。
 

嘘をつくのはNG

例えば鬱など、露骨な嘘をつくとバレないためにさらにウソを付くことになります。いくらでも退職理由の伝え方はあるので、わざわざリスクの高い理由を選ぶのは気苦労の元です。
 

不満は言わないほうが無難

人のせいにするのはNGです。不満があるから転職するのは当然のこと。しかし、ここでの目的は本音を伝えることではなく後腐れなく辞めることですから、不満を伝えるのはNGです。
 

労働契約に定められた期間内にバックレない

労働契約で退職の意志を伝えてから何日は働くようにと取り決めがあるはずです。どうしても行きたくなければ有給を消化しましょう。もし消化できなくても、バックレるのはハイリスクです。
 
確率は低いですが最悪訴えられます。また、あなたの噂が広まれば転職しにくくなりますし、今の会社の人間と今後どこで会うかわかりません。会社ではなく自分のためにバックレはやめましょう。
 

最低限の義務は果たしてから辞める

現在の仕事を引き継がないと、社内だけでなく取引先や顧客にまで迷惑がかかります。後から罪悪感に苛まれたり、悪い噂が広まって困ったりしたくなければ最低元の義務を果たしてから辞めましょう。
 

意志の固さが大切

退職の意志を伝えると引き止められることもあります。情の深い方や優しい方は特に相手に合わせない要注意です。結局のところ、あなたが残って特をするのは企業です。それでいてあなたが年取っても同じように雇用してくれている保証はありません。辞めると決めたらぶれないようにしましょう。
 

次の職場を決めてから転職する

仕事を辞める際は、退職の理由を考えるとともに次の転職先を決めておくと良いでしょう。「退職してからじっくりと仕事を探そう」という発想は、よほどの勝算がなければ避けるべきです。
退職後は収入が途切れるので、預金を切り崩す生活をすることになります。潤沢な預金があるならまだしも、そうでなければ日に日に焦りが大きくなり、妥協して転職先を決めてしまうことにもなりかねません。
特別な事情がない限りは、収入源を切らすことなく、金銭的・精神的余裕を持った上で次の職場を決めましょう。最後に、次の職場を選ぶ上で便利な転職エージェントを3つご紹介していきます。

今よりも自分に合った職場を探す時に便利な転職エージェント4つ

転職エージェントを活用するとあなたのニーズに合った求人を紹介してくれるのはもちろんのこと、転職のプロにキャリアに関する相談をすることができます。
 
自力で転職をするのが不安な方はぜひ一度相談されることをおすすめします。
 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職業界大手リクルートエージェントが運営する転職エージェントです。10万件を超える非公開求人を保有しており、職種や業種を問わず利用しやすくなっています。
非公開求人は、応募が殺到しそうな人気企業が人気の職種求人を出す時などに利用されます。
通常の応募では出会えない内容の求人ですので、他では出回っていない優良企業への転職を目指したいという目的だけでもリクルートエージェントを利用する価値はあるでしょう。
 

type転職エージェント

typeの人材紹介

1都3県での転職実績に定評のあるエージェントです。他のエージェントに比べて年収交渉に強みを持っています。
転職する際にどうしても考えてしまうのは、転職後の収入の事ですよね。type転職エージェントは、今よりも働きやすい職場に行きたい!でも年収は下げたくない!という欲張りな方にオススメの転職エージェントです。
 

パソナキャリア

パソナキャリア

履歴書・職務経歴書などの書類の書き方、企業毎の面接のアドバイスなどサポート体制も充実。親身で丁寧なサポートが評判で、転職全般の相談に乗ってもらうこともできます。
キャリアをこれから築いて行こうという方や、未経験職種への転職を考えている方はパソナキャリアを登録することで、自信をもって転職活動に臨めることでしょう。
 

マイナビエージェント

#NAME?

20代や第2新卒の転職支援に強みを持っている転職エージェントです。
一部の企業では、第二新卒は
●社会人のマナーを身につけているので新卒より即戦力になる
●30代以上の転職者より前職に染まっていないので吸収力がある
という理由から魅力ある人材として注目しています。
そういった第二新卒を積極的に募集している優良企業の求人を豊富に持っているので、第二新卒の方が転職エージェントを選ぶ際は是非選んでいただくといいと思います。
 
20代や第2新卒ならではの転職事情をわかっている担当者を見つけることで、他の転職エージェントには理解されなかったような細かい悩みまで理解してもらえる可能性があります。
 

まとめ

いかがでしたか?仕事を辞める理由を伝える際は、それなら仕方ないと思われるような理屈を考えるのがベストです。辞めると決めたら、引き止められてもダラダラ働き続けないよう、考えをブレさせないようにしましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事】
仕事を辞めたいけど言えない理由と言いやすくなる8つの方法
仕事辞めてよかったと思う5つの瞬間と転職を迷う人へ9つのヒント
 

Pc_tool_head
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn
編集部

本記事は厳選 転職エージェントナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※厳選 転職エージェントナビに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

はじめての転職に関する新着コラム

はじめての転職に関する人気のコラム


はじめての転職コラム一覧へ戻る