トップ > 転職ガイド一覧 > 転職活動の流れ > 女性の転職|好印象を持たれるスーツマナーと業界別着こなし術

女性の転職|好印象を持たれるスーツマナーと業界別着こなし術

転職活動の流れ

女性が転職活動をするとき、スーツで行くべきか、あるいはどういう服装で面接に行くか迷ってしまうことはありませんか?

服装は第一印象を決めるとても大切なものです。着ていく服装によって面接での採用・不採用を左右してしまう可能性もあるので、どのような服装で行くのがいいのか転職面接での服装マナーを事前にチェックしておきましょう。
 
また、業界、職種によって好まれる服装も若干異なります。

各業界、各職種でベストな服装についても、アドバイスしていきますので是非参考にしてみてください。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
転職エージェントを複数利用する際の正しい選び方とは?

転職エージェントを複数利用する際も、同じ領域で業務を展開するエージェントに登録しても意味がありません

 

例えば、営業職で転職を検討している場合、まず登録すべきは大手で求人数を多数抱える『マイナビエージェント』や『doda』『type転職エージェント』のいずれか一つをまず選択。

 

マイナビエージェント」や「doda」の両方に登録しても構わないのですが、どちらも総合的な職種を扱うエージェントですので、高確率で紹介される求人に被りが出てしまいます。

 

では、2社目のエージェントはどこにするかというと、『営業職の転職に強みを持つエージェント』です。

 

2社目以降の選び方を確認する

 

とはいえ、営業職はどこの会社にもある最もポピュラーな職種ですので、比較検討すべき軸としては・・・

 

行きたい業界に特化しているエージェント

自分の年代に近い求職者が集まっている

の2軸になります。

 

この場合は、行きたい業界で選ぶなら・・・

を、私たちは提案します。

 

そして3社目の、自分の年代に近い求職者が集まっているエージェントですが、エージェントが抱える求職者も年代にはばらつきがあり、どの年代層が得意といった色があるので、最後に年代別に強いエージェントにも登録しておくと盤石です。

 

たとえば、

  1. 20代後半までの第二新卒であれば『ハタラクティブ
  2. 29歳までの狭間の世代なら『U29JOB(ユニークジョブ)
  3. 30代前半から後半の範囲であれば『パソナキャリア
  4. 40代後半までであれば『ビズリーチ
  5. 50代なら『JACリクルートメント

が良いかと思います。整理するとこんな感じですね。

 

総合転職

いずれか1社

マイナビエージェント

type転職エージェント

doda

業界別

2社目

不動産業界

宅建ジョブエージェント

IT業界

レバテックキャリア

コンサル業界

ムービン

広告業界

マスメディアン

年代別

3社目

ハタラクティブ

U29JOB(ユニークジョブ)

パソナキャリア

ビズリーチ

JACリクルートメント

 

評判の良い各業界別・年代別のエージェントは「こちら」にまとめてありますので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

この記事に記載の情報は2021年04月13日時点のものです

転職面接の際の3つの服装マナー

まずはどの業界、どの職種でも当てはまる面接時の服装マナーについてみてきましょう。

清潔感を感じさせる

もしあなたが面接官をやっているとして、不潔な人やだらしない格好の人が面接に来たらどう思いますか?一緒に働きたいとは思えないですよね。

すべてを服装で判断するわけではありませんが、節度と良識のある格好が大前提です。

具体的には、シワシワのシャツは着ない、伝染したストッキングははかない、シミになっているスーツは着ないなどですので、決して難しくはないはずです。

華美にならない

女性にありがちなのが、おしゃれに気をつかいすぎた結果、派手になってしまうというミスです。

普段の服装であれば好きにおしゃれをすればいいのですが、面接、しかも転職の面接となると、派手よりは清楚のほうが印象は良いです
 
「前の会社では好きな格好で仕事していたから」「わたしのファッションスタイルはこれなの」と自分の王道を無理に通そうとはせず、社会人としての良識に沿う服装を心がけましょう。

服装だけでなくアクセサリーでも、派手すぎるものは避けた方が無難です。

世代、性別を問わず好かれる

面接官が同世代の女性とは限りません。男性の場合も多いですし、年代がかなり上の方になることも多くあります。

年代が違うと、服装に対する考え方も違ってくることがありますので、どの世代にも好印象を与えるような服装にしましょう。
 
最近のトレンドを取り入れるにしても、華美になりすぎないように注意する必要があります。

また、女性からの評価が高い服装でも、男性からするとまったく良いとは思わない服装もありますので、清楚であることと、ベーシックであることを意識すると良いでしょう。

転職の面接はスーツで行くべきかオフィスカジュアルでもOKか?

転職の面接の際、スーツで行くべきか、スーツ以外の服装で行くべきか、迷ったことがある方も多いかと思います。

結論から言うと、スーツの方がベターです。転職の面接は、企業からすると将来の戦力を選ぶためのいわば『商談』です。
 
商談に行くときは基本的にスーツで行くかと思いますので、転職面接でもそれを踏まえた服装にしましょう。

ただ、スーツで行くことにしたとしても、面倒だから学生の就活で着ていたリクルートスーツで行こうと、考えている方もいらっしゃると思います。
 
ですが、リクルートスーツを着ることは絶対に避けてください 転職活動では、面接官はあなたのことを社会人経験のあるビジネスマンとして見ています。

学生の就活生であればフレッシュさを武器にできますが、転職活動ではリクルートスーツを着てしまうことで、経験のない頼りない人という印象を与えてしまいます。
 
社会人らしいこなれたスーツを選ぶようにしましょう。また、スーツではなくビジネスカジュアルで行く場合は、ジャケットの着用はしたほうが無難ですのでその点だけ抑えておきましょう。

転職面接にスーツで行くときの3つのポイント

スーツと一言にいっても、女性の場合はパンツにするか、スカートにするか、カラーは何色にするかと悩むことも多いでしょう。

この項目では、面接に行くスーツを選ぶ際のポイントを紹介します。

選ぶべきカラー

スーツの色も迷いどころかと思います。基本的に黒、グレー、ネイビーなどのダーク系の色を選ぶのが良いです

白のスーツはお水系の印象、派手な印象を与えてしまうので避けた方が無難です。

こなれた感じを出したい場合は、インナーをカットソーにするとビジネスマンの雰囲気が出るので、業界によってはおすすめできます。

パンツスーツの場合

よく、パンツスーツは避けた方がいいのではないかと悩まれる女性もいらっしゃるのですが、業界、業種関わらずパンツスーツを避けた方がよいということはありません。

面接官からの印象として『バリバリ仕事のできるキャリアウーマン』というイメージを持ってもらうことができますので、キャリアアップのための転職活動の場合には、パンツスーツを選ぶのがいいかもしれません。
  
また、外回りのある営業では、動きやすいという意味でパンツスーツを着て働くところをイメージしてもらうのもいいと思います。

ただ、サイズの合っていないダボダボ、もしくはパツパツのパンツスーツは、印象が一気にダウンしてしまうので、サイズの合ったものを選ぶようにしてください。

スカートスーツの場合

スカートスーツの場合は、女性らしい華やかな印象を与えることができるので、特に事務職や経理、受付の面接にはおすすめです

また、年齢が上の面接官の中には『女性=スカートをはくもの』という考えの方も、まだ少なからずいらっしゃいます。

二次面接、最終面接など、上の年次の方が出てくる面接では、スカートスーツを選ぶのがベターです。
 
なお、スカートにプリーツが入っているものなどは、こなれた社会人の雰囲気を出せるので、地味になり過ぎるのを避けたい場合は取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

転職面接を受ける時のインナーのマナー

それでは次に意外に迷ってしまうことの多いインナーについてポイントをご紹介していきます。

選ぶべきカラー

結論、白のインナーがシンプルかつ清潔感があってベストです。形としてはシャツタイプでもカットソーでもどちらでも問題ありません。

実際に働くようになってからは、薄いピンクやブルーのインナーを着用してもいいかと思いますが、面接時は第一印象がすべてなので、化粧ノリも映えやすい白を選ぶことをおすすめします。

フリルなどのデザイン

スーツが黒の場合、インナーをただの白シャツにしてしまうと、リクルートスーツのようになってしまって野暮ったくなるかもしれません。

ちょっとしたフリルなどのデザインがついているものを選ぶのもいいでしょう。
 
ただし、派手すぎるものは逆に悪印象をもたらしてしまうので、あくまでシンプル・清潔感があることを念頭において選ぶことが大切です。

また、グレーやネイビーのように少し色味があるスーツであれば、シンプルな白シャツでも十分映えますので、フリルがついているものでなくてもこなれた感じを出すことができます。

転職面接にふさわしいバッグの選び方

服装がスーツ、もしくはビジネスカジュアルなので当然ビジネス用のバッグを選びましょう。

決してリュックサックやトートバッグ、ハンドバッグなどは選ばないようにしてください。

バッグ選びのポイントとしては、 

  • A4サイズのファイルが入るサイズであること
  • 色が派手すぎないこと
  • 明らかなブランド品でないこと

です。シンプルで派手すぎないもののほうが、仕事ができるイメージを持たせることができるので、自分の趣味を主張しすぎないように気を付けましょう。

また、バッグの中身はちらっと見えてしまうこともあるので、整理整頓されているかどうかも事前に確認しておいてください。

転職面接の服装マナーでNGなもの

ここまでのところで転職面接での服装マナーをご紹介してきましたが、ここからはNGなものをまとめておきましたので、自分が選んでいる服装が当てはまっていないかもう一度確認してみましょう。

体型に合っていないスーツやジャケット

自分の体型に合っていないぶかぶかなものやパツパツのものは、だらしない印象を与えてしまうのでNGです。

もし昔買ったスーツが、自分の体型に合わなくなってしまっていたら買い直してください。

個性の強すぎるもの

ファッションであれば自分の好きな服装、個性が出せるものを着たいと思うのが普通ですが、転職活動ではその考えはいったん捨てましょう。

どの面接官にも好印象を与えられる服装がベストですので、個性が強く出過ぎてしまうものはNGです。

カジュアルすぎる服装やバッグ

新卒の就活と違い、ビジネスカジュアルが許容されるのが転職活動ですが、あくまで『ビジネス』カジュアルです。

「遊びに来たの?」と思われてしまうようなカジュアルすぎる服装は避けてください。

色気を出し過ぎる服装

女性の服装で気を付けたいのが、色気が出過ぎていないかという点です。

スカートが短すぎたり、インナーから胸元がはだけすぎていたり、ブラがすけていたりしませんか?

わざとではなくても、色気が出過ぎてしまう人もいるので注意してください。
 
もし自分でわからない場合や、日頃から色気があると言われるような女性は、面接に行こうとしている服装で、周りから客観的な意見を聞いた方が安全かもしれません。

一目でブランド物とわかるもの

新卒の面接と違い、社会での経験をある程度積んだ状態での面接となりますので、それなりに服装やバッグにお金をかけることは悪いことではありません。

ただ、一目見てどこのブランドかすぐにわかるものは、人によっては不快感を与えてしまう可能性がありますので避けた方がいいでしょう。
 
特にバッグでは、ブランドのロゴが大きく入っているものは威圧感を与えてしまうこともあるので、転職活動では使わないようにしてください。

業界、職種別|好印象を与えるベストなスーツファッション

最後に、業界別、職種別でおすすめの面接ファッションをご紹介していきます。

転職活動と一言で言っても、業界によって好まれる、好印象を与えるファッションが異なることがありますので、自分の志望する業界のお勧めファッションを是非チェックしてみてください。

IT系、ネットベンチャー業界の面接

IT系やネットベンチャーの会社では、実力があり、結果を残せる人間かどうかを面接で見ようとしているので、服装に細かい会社はかなり少ないと思って問題ないでしょう。

そのため、自分が一番魅力的に見えるビジネスカジュアルのファッションがベストです。
 
逆に堅苦しくキッチリとしたスーツで行ってしまうと「うちの会社の雰囲気にマッチしなさそう」という印象を持たれてしまい、印象が良くないケースも多いので注意が必要です。

通常のスーツを着ていく場合も襟付きのシャツではなく、カットソーなどでカジュアルさを出すとベターです。

金融業界の面接

金融業界はネットベンチャー系と真逆で、かなり堅めの服装が好まれます

スーツは黒でシャツも襟付きがベストでしょう。もちろんインナーの色は白にすることをお勧めします。

また、しわがあったり汚れがあったりした場合も意外にみられていますので、少なくとも前日までにはスーツの状態をチェックしておいてください。

美容、アパレル業界の面接

この業界では、転職者のセンスを見たいと思っている面接官も多く、一般的なスーツだとセンスをアピールにできない可能性があります。

転職先の会社の方が着ている服装を参考にするとよいでしょう。

会社にもよるかと思いますが、具体的には『細めのパンツ+きれい目のシャツ+ジャケット』というスタイルか、『膝丈くらいのスカート+きれい目シャツ+ジャケット』というスタイルがおすすめです。
 
地味でも派手でも印象が良くないので、清潔感があることと、こなれている雰囲気を出せるよう服装を選んでください。

管理職求人への応募面接

管理職に応募する場合は、かなり仕事ができる人間であることが前提になります。

服装からもそれを察知してもらえるようなものがよいので、おすすめとしては襟のついていないノーカラージャケットなどを着ていくと良いと思います。
 
また、カラーも単純なブラックよりも、ライトグレーやベージュなど、明るめなものを選ぶのもよいでしょう。

まとめ

面接で第一印象をよく見せることはとても重要です。

面接の際の服装で採用、不採用の結果が変わってくることもありますので、今回の記事を参考にしていただいて、転職活動を有利に乗り切っていただければ幸いです。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070