あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
転職できない人に共通する「不採用」の理由|必須スキルや面接NG行為
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 96 Office info 176 Office info 186 Office info 165
Ranking agent btn

転職できない人に共通する「不採用」の理由|必須スキルや面接NG行為

%e7%94%b7%e3%80%80%e9%a0%ad%e4%b8%8b%e3%81%92%e3%82%8b

「彼を知り己を知れば100戦あやうからず」という格言がありますが、転職ができない人はその逆で自分や企業のことについてよくわからないまま転職活動をしている傾向があります。
 
裏を返せば、いま転職できずに困っている人は自分と企業についてよく知れば解決の糸口が見えてくるともいえます。このページでは転職できない人に共通する理由と対策についてご紹介していきます。もし思い当たるフシがありましたら、ご自身の現状と結びつけて考えてみるのもいいかもしれません。
 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

転職できない人に共通する8つの理由

ここでは転職できない人に共通する特徴のうち、代表的なものを8つピックアップしました。冒頭でも述べたように、ほとんどの理由原因は自分と企業を理解していないことにあります。
 

企業の目線になれない

企業目線の思考ができないのは致命的で、転職にかかる時間もお金も無駄にしてしまいます。新しい職場が決まらず焦っているときなどは、採用されないプレッシャーで落ち込んだり、熱意が空回りしたりとどうしても視野が狭くなってしまいます。
 
うまくいかないときは立ち止まって一度考え直しましょう。面接とはお見合いみたいなものです。「私、知的な男性がこのみなの!」という女性に鍛え上げられた上腕二頭筋をアピールしても無駄なのは容易に想像がつきますが、こと転職活動となると似た失敗をする人は少なくありません。
 
例えば、経験者を欲しがっている企業にやる気やポテンシャルをアピールするなどのケースです。自分の強みはそのまま言うのではなく、企業が欲しがっている人材を理解した上で適切なものを提示しましょう。
 

自分の強みと合った企業を選んでいない

これまで身につけてきたスキルを活かせない企業に応募していたり、そもそも自分の強みを理解していなかったりするケースです。自分が特定の技能に関してどのぐらいのレベルなのかを理解し、その能力を求めている会社を見つけられると採用される確率は上がります。
 

自分の考え方と合った企業を選んでいない

転職がうまくいく人は企業の考え方や理念が自分にあっていそうかも重視します。面接官は求職者を見る際に、その人が自分の会社で働いていけそうかということも見ています。一緒に働いている未来を想像させられなければ、採用は難しいと思ってもいいでしょう。
 
ただし、人にも企業にも合う合わないはありますので、この点に関しては断られてもある程度仕方ないといえます。求人を探す際には、自分の考え方と合っていそうかどうかも確認するようにしてみてください。
 

企業を厳選しすぎている

「定時には帰りたい」「土日は休みが良い」「大手が良い」「ラクで儲かる仕事が良い」転職先に関して求めたい条件は多くありますが、全てを満たす職場はあまりない上に競争が激しくなります。
 
数ある希望の中でも、何となくそうであってほしいという条件が含まれている場合もあります。本当に自分が欲しがっている条件を3つ以内に絞り企業を選んでいくことで、受ける会社の選択肢を増やせます。
 

年齢的に厳しい

現場の指導者や管理職があなたより若かった場合、採用を敬遠されることがあります。極端な話、20代の管理職が40代の部下に対して命令をするのは、管理職側からするとかなりやりにくいことです。
 
年齢が理由に不採用にされていると感じる人は、同年代の人が多く働く業界や企業に狙いを絞って応募していくといいでしょう。
 

経験や実力を積み重ねてこなかった

よほどの運か人脈などがない限りは転職でミラクルが起きることはありません。努力もしていないのに一発逆転を狙うと怪しげなビジネスに引っかかったり、年収は良いけど労働状況が劣悪なブラック企業に捕まったりします。身の丈に合った仕事を探すか、将来に向けてスキルや実力をつけるかした方が現実的でしょう。
 

転職したら今抱えている問題が全て解決すると思っている

「あのクソ上司のせいで自分の実力が全く評価されない」「今の会社では自分が本当にやりたい仕事はできない。今の自分は本当の自分じゃあない」ここまで極端でないにしても、今の職場で抱えている問題を全て企業や他人のせいにし、転職すれば自分は変われるはずだと思いこんでいる人がいます。
 
しかし、そういう人は大抵の場合次の職場でも似たような問題を抱え、転職を繰り返した挙句どこからも正社員採用されなくなります。もううすうす気づいているのではないでしょうか?今いる場所で頑張れない人はどこへ行ってもがんばれません。
 
ただし、ブラック企業など明らかに会社側が悪い場合はその限りではありませんので、心と体を壊す前に撤退するようにしてください。
 

転職に求めるものが明確じゃない

なんとなく今の職場が不満だからと本当の自分を探すかのように転職しても、新しい職場で満足できる確率は低いでしょう。そもそも自分が何を求めていて、どうなれれば満足なのかを知っていなければ理想はかないません。
 
例えば、レストランに行って「適当になんか美味しいもの持ってきて」と言ってもせいぜい誰の口にでも合いそうな料理が出されるのがオチです。具体的に食べたい料理がわかっていないと本当にほしい料理を食べられないように、自分が望むキャリビジョンが不明確なまま転職してもそこそこの満足度しか得られません。
 
 

転職を成功させるために知っておきたい9つの対策


ここまでで転職できない人にありがちな理由を見てきました。ここからは具体的にどう対策していけば良いのかに関して説明していきます。

働きながら転職活動をする

転職活動をするからと早まって辞表を出すのはやめましょう。内定が出ないまま数ヶ月を過ごすのは、思った以上に精神を削ります。採用されたいからと妥協し転職を決めたものの、前職より労働状況が悪化したとあっては本末転倒です。特別な事情がない限りは、現職を続けながら転職活動を進めることをおすすめします。
 

転職に何を求めているのか明確にする

先にも触れたように転職してどうなっていたいのかがわかっていないと、自分にピッタリあった職場は見つけられません。社会の目は気にせず純粋に自分がどうなりたいのかを具体的にしましょう。
 

企業目線で考える

「この会社に対して自分はどう貢献できるのか」「どんな人材を欲しがっているんだろうか」「どの強みをアピールするとこの面接官は一緒に働きたいと思うんだろうか」など、面接の準備をする際は自分が企業に対してどんなメリットをもたらせるのかを中心に考えていきましょう。
 
転職がうまく行っていない人は、自分にばかりベクトルが向いている傾向があります。相手の目線に立ち情報収集をしたりアピールの仕方を考えたりできるようになると、徐々に結果が変わってきます。
 

自分に合った企業を選ぶ

自分の強みや考え方に合致した企業を探していきましょう。情報をこれまでよりも幅広く収集できると良いと思います。やり方が分からなければ転職のプロである転職エージェントに相談する手もあります。転職エージェントに関しては後述します。
 

計画的に実力をつける

どうしても行きたい企業や入りたい業界があるけど今の実力では厳しい場合は、着実に求められる経験を積んでいきましょう。資格を取る、バイトで入社する、プライベートの時間を使い挑戦するなど、各々のケースに応じてベストな手段を選んでください。
 

行動量を増やす

企業を厳選している人はあまり求人に応募していないとも言えます。採用される確率が5%だとすると、20社に挑戦すれば1社採用してくれることになりますので、とにかく数をこなすことで解決する手もあります。
 

質のいい情報を仕入れる

転職のミスマッチを防ぐには、企業の生きた情報を仕入れる必要があります。ネットだけではなくOB・OG訪問をする、職場見学をするなどして現場に近い情報を集めていきましょう。イメージや期待で入社を決めるのはミスマッチの元です。
 

今の職場でもう少し頑張ってみる

転職はあくまで今の職場では達成できない目標を叶えるためにできる選択肢の1つに過ぎません。転職したい企業に対して、どうしてもそこじゃなきゃいけない必然性はあるでしょうか。
 
あるなら転職してください。ないなら今の職場でもう少しだけ頑張って見てはいかがでしょうか。社会に出たら辛いことや理不尽がたくさんあり、働くのが嫌になるときもあります。しかし、今の職場で不完全燃焼のまま転職してもいいのでしょうか。
 
企業がほしいのは問題解決能力のある人間なので、ちょっと嫌なことがあったらやめそうと思われるとそもそも次の採用が決まりません。つらい現実を克服した事実があなたの自信や魅力に変わる日がきっとくるはずです。
 
 

転職のプロに相談する

転職がうまくいかないのは自分の理想的なキャリアプランがわからない、企業目線で情報収集をできていない、効果的なアピールができていないなどの理由があるからです。自分で解決できるなら問題ありませんが、そうでないなら転職エージェントに相談するのも良いかもしれません。
 
転職をする際に転職エージェントを使い職場を吟味する人も多く、転職エージェントは今ではよく利用されているサービスだといえます。もし興味がありましたら、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

転職できない人に共通する面接のNG行為

転職できない人がしてしまうNG行為を見てみましょう。

NG行為1:遅刻する

道を調べておかなかったために道に迷ったり、会場を間違ったりすることがあります。その結果遅刻してしまいます。
 

ビジネスの場面では遅刻は命取りになるミスです。面接官は「違う人を雇った方がよい。」と考えるでしょう。
 

NG行為2:うまく話せない

緊張のせいで噛んでしまったり、ゴチャゴチャしたことを言ってしまったりすることがあります。
 

仕事をする上で円滑なコミュニケーションは必須です。その見込みが立たない人は厳しいでしょう。
 

NG行為3:逆質問できない

逆質問では企業への興味があるかどうかを評価されます。興味なかったら質問することができないからです。
 

NG行為4:身だしなみがだらしない

ネクタイが曲がっていたり、ヘアセットがボサボサだったりするとマイナス評価を受けるでしょう。

取引先との打ち合わせに失礼な恰好をしていったり、失礼な態度を取ったりしないか心配になるからです。

面接の時点からそこも含めて見られています。
 

転職できない人におすすめの転職エージェント5選


ここでは転職エージェントの中でもサポートが親切だったり、キャリアに自信がない人でも安心して利用できたりするようなサービスを厳選して紹介します。

マイナビエージェント

利用者満足度No.1を誇る転職エージェント
 

最大手のリクルートと比べると求人数が劣るものの、きめ細かい転職サポートで多くの利用者から支持を得ています。
 

転職に迷ってしまう人は、不安ばかりに気を取られて、行動を起こせなくなることが少なくありません。
 

マイナビでは、面談で転職者の悩みや不安を丁寧にヒアリングします。面談内容を踏まえ、経験豊富なキャリアアドバイザーが、的確なアドバイスであなたの転職をサポート。
 

退職の伝え方や履歴書の書き方に始まり、転職後のアフターフォローまで行ってくれるマイナビエージェントで、後悔しない納得の転職を目指してみてはいかがでしょうか。
 

パソナキャリア


親身な対応に定評のある転職エージェントです。登録者一人ひとりに対して手厚いカウンセリングを行ってくれることから、転職に関して不安や疑問があり相談したいと感じている方におすすめです。
転職活動を初めて経験する方や、自分が転職するべきかどうかを客観的に判断してもらいたい方は登録してみてはいかがでしょうか。
 

type転職エージェント


1都3県での転職実績に強みがあるエージェントです。年収交渉力で他のエージェントよりも長けており、転職を機に年収アップを目指す方の心強い味方です。
また他のエージェントに比べて女性の登録者が多く、女性ならではの悩みに向き合いながら転職先を見つけてくれることで定評があります。
 

リクルートエージェント


業界最大手の転職エージェントです。圧倒的な求人数を誇り、その85% 以上が非公開求人です。自分の強みを活かしながら、より良い好条件の求人に巡り会いたい方におすすめです。
またリクルートエージェントは面接対策にも力を入れており、自分のアピールポイントをうまく表現できない方や、転職活動に不慣れで面接テクニックに自信のない方にはぴったりの転職エージェントです。
 

JAIC


20代限定の転職エージェントです。第二新卒・既卒・フリーターなど、社会人経験がまだ浅い方が正社員を目指すときに使いたいサービスです。
転職後の定着率は80.3%を記録しており、転職後のミスマッチを回避しながら、優良企業の正社員就職を狙う方におすすめとなっております。
 

まとめ

いかがでしたか?転職したい動機がはっきりし、企業目線で物事を考えられるようになると転職がうまく行きやすくなります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職活動の流れに関する新着コラム

転職活動の流れに関する人気のコラム


転職活動の流れコラム一覧へ戻る