あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > 転職活動の流れ > 電話相談可能な転職相談先6つ|電話相談をよりよい時間にする為に準備すべきもの
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 106 Office info 136 Office info 76 Office info 736
Ranking agent btn

電話相談可能な転職相談先6つ|電話相談をよりよい時間にする為に準備すべきもの

キャリズム編集部
監修記事
Pixta 35592031 s

転職を考えている方は、誰かに相談して色々な意見を聞きたいところですね。今回は、『電話相談』にフォーカスを当てて、電話相談のメリットや電話で相談を受けてくれる窓口などをご説明します。

 

また、電話相談前に情報を整理しておくことでより質の高い相談もできます。相談前にある程度ご自身で考えておく内容についてもご説明します。

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

転職の電話相談をするメリットと他の相談方法との違い

まずは、転職に関する相談を電話で行うメリット・デメリットや他の相談方法との違いについてご説明します。

 

相談方法の違いでも得られるアドバイスの質と量が違ってくることがありますから、「果たして今の自分の状況に合っているのか?」を確認しながら電話で相談するかどうかを決めてください。

 

回りくどいことはいいから相談先を知りたいという方は、後述する「転職に関して電話相談ができる相談窓口・相談相手」をご覧ください。

 

電話で転職相談をするメリット

電話相談はあまり時間や場所を制限されることもなく、気軽にできて多くの窓口があるのでおすすめの相談方法です。

 

また、転職に関する電話相談ならほとんどが無料でできますので(通話料がかかる場合はアリ)、お金の心配も不要です。

 

基本的に無料|お金と時間がかからない

上でもお伝えしましたが、転職の電話相談は基本的にどこも無料でできます。相談先によっては通話料がかかるケースもありますが、フリーダイヤルや担当者から折り返し電話がかかってくる方式であれば、通話料すら気にする必要もありません。

 

また、場所の制約を受けることも少なく、自宅でも昼休憩のカフェからでもできますので、在職中の方でも相談しやすい方法ですね。

 

文字よりも伝えたいことが伝わりやすい

メールやフォームなどからの相談だと、どうしてもニュアンスが伝わりにくかったり、結局は電話・面談で詳しい話をするようなことにもなり得ます。

 

電話で相談することで、こちらの伝えたいことや相手のアドバイスもお互い伝わりやすくなると言えます。

 

聞きたいことがすぐに聞ける

相談を受けている最中に新たな疑問が出てくることは多いです。電話であればその都度質問できますので、「何度も電話を繰り返して…」ということも少なくなるでしょう。

 

電話で転職相談をするデメリット

一方、電話相談では以下のデメリットがあります。

 

情報が整理できてないと話がまとまらない

電話相談はいわゆる即興でお悩みを伝える場ですから、事前に準備をしていないと相談時間が長引いた割には良いアドバイスがもらえないことにもなり得ます。

 

相談相手が転職エージェントや相談窓口などの日頃から相談を受けている人物であれば、ヒアリングなどである程度誘導してくれますが、そうでない場合には、とりとめのない会話になって、せっかくの時間を無駄にしてしまうこともあるでしょう。

 

メモは必須|アドバイスは残しておこう

電話でのやり取りは録音でもしていない限り残りません。電話の最中はどんどん話題が出ていたのに、いざ電話を切った後に「あれ?何を話したっけ」ということはよくありますね。

 

電話での転職相談は、おすすめの職種・業種や具体的な企業名、目安となる給料など、具体的な名称や数字を教えてもらえることもあります。

 

必ずメモを片手に、重要情報はしっかり残しておくようにしましょう。

 

お互いの時間を合わせる必要がある

電話相談ですから当然受話器の向こうには人がいて、あなたのために時間を割いてくれています。そのことをお忘れなく。

 

相談窓口のように業務として相談を受けている場合にはまだ良いのですが、知人などに相談する際は、あらかじめ要点をまとめておき、先に本題から解決させてその後話題を広めていくのが良いでしょう。

 

「不安だから・心配だから」と、ダラダラと不平不満を伝えているだけだと、相手の状況によっては迷惑をかけてしまう場合があります。

 

電話相談以外の相談方法

電話相談以外にも転職に関しては主にメール相談や面談での相談も可能です。それぞれの特徴を簡単にまとめましたので、状況に応じて使い分けてみてください。

 

メール相談

メリット

デメリット

同じ内容を複数の相談先に使いまわせる

間の時間に気軽にやり取りできる

時間に制約がなく気も使わない

文字を打つことが手間

レスポンスが遅い

 

メール相談は電話よりも気軽に時間を気にせずに送れることがメリットですね。一方でやり取りに時間がかかりますので、何度も返信が続くようであれば一度時間を合わせて電話相談した方が手っ取り早いこともあります。

 

面談

メリット

デメリット

より濃い相談ができる

就職面接の予行練習にもなる

移動に時間がかかる

時間に限りがある

準備していないとうまく話せない

 

一部の相談窓口では、面談を設けてくれる場合があります。直接顔を合わせての相談になりますので、より深い相談や情報共有も期待できます。ただし、移動時間や時間制限などもありますので、事前の準備はより重要になります。

 

 

転職に関して電話相談ができる相談窓口・相談相手

こちらでは転職に関する相談先として『専門家』『公的機関』『知人』の3パターンをご紹介したいと思います。それぞれの良し悪しがありますので、ご自身が転職について考えている程度や悩みの大きさなどに応じて相談先を決めていってください。

 

転職の専門家への相談|具体的な転職先まで~基本的に登録が必要

「こういう業界に転職したい」「給与はいくらを希望」「いつ頃転職する」など、ご自身の中である程度転職することが決まっているのであれば、転職エージェントや転職サイトなどの転職の専門家に相談されることをおすすめします。

 

転職エージェントと転職サイトの違いは、数ある求人をアドバイザーが紹介しながら教えてもらうか(転職エージェント)、自分で探していくか(転職サイト)の違いです。

 

転職エージェント

アドバイザーが付き、相談にも乗ってくれる

転職サイト

基本的にはサイトに掲載がある求人を自分で選ぶスタイル

 

しっかり相談もしたいのであれば、アドバイザーが付いてくれる転職エージェントがおすすめです。

 

転職エージェント

上でもお伝えしましたが、転職エージェントでは『アドバイザー』という担当者が付きます。あなたの希望や登録内容を元におすすめの求人や、場合によっては面接の練習まで行ってくれます。

 

転職の相談をしたいのであれば、転職エージェントは強くおすすめします。基本的にはまずは登録してご自身の基本情報を伝えて利用開始となります。

 

登録に費用はかかりませんし、色々な求人やアドバイスを得るために当サイトでも複数の転職エージェントへの登録をおすすめしています。気軽に転職の専門家に相談できる機会ですので、いくつかの転職エージェントを実際に見てみてください。

 

【関連記事】「【徹底解説】転職エージェントの賢い選び方|特徴別のメリットと良いアドバイザーに出会うには

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

転職サイト

転職サイトは求人情報が掲載しており、その中から気になる求人を自分で選んで応募することがメインです。

 

サイトにもよりますが、相談窓口はほとんどないので、実際に相談したいのであれば転職エージェントがおすすめです。

 

公的機関の相談窓口|転職に関する基本的な相談がメイン

厚生労働省や公益財団法人などが運営する転職に関する相談窓口もいくつか存在します。電話相談も可能で費用がかかることもありませんので、気兼ねなく相談されてください。

 

「転職は考えているけど、初めてで心配」「会社に退職を伝えるにはどうすれば?」など、転職に関する基本的な相談は公的機関にしてみることをおすすめします。

 

ハローワークなどとも連携しており、ある程度の求人紹介もできますが、事業で行っている転職エージェントに比べると求人案件の数も質も違ってきます。

 

おしごとアドバイザー

おしごとアドバイザーは、厚生労働省が運営する就職・転職に関する相談窓口です。平日も夕方以降21時まで、土日祝日も10時~21時対応と、仕事終わりに相談しやすい時間帯まで受け付けてくれることがありがたいですね。

 

公式サイトで挙げられている相談事例でも

 

  • 『どこから手をつけていいのか…』
  • 『転職回数が多いが、不利でしょうか?』

 

など、初歩的なお悩み相談も多いようです。

電話番号

0120-987-754

受付時間

平日:17時~21時

土日祝:10時~21時

【公式サイト】「おしごとアドバイザー

 

東京しごとセンター

主に東京・関東圏中心になりますが、公益財団法人の東京しごとセンターでも転職に関する電話相談や面接を受けてくれます。

 

ただ、電話相談は簡易的な問い合わせが主で、基本的にはカウンセリングなどの面談になると思っておいてください。

 

年代別や条件等で相談窓口を変えることもでき、例えば年数が経ってからの転職や女性の出産後の再就職など、状況に応じて適した窓口を利用することもできます。

 

電話番号

03-5211-1571

受付時間

平日:9時~20時

土曜:9時~17時

【公式サイト】「東京しごとセンター

 

身近な人への相談|相談内容を決めておかないとただの愚痴になりがち…

ここまで相談を業務として受けている窓口をご紹介しましたが、身近な方への相談も方法としては考えられますね。

 

ただ、先にお伝えすると身近な方は転職に詳しい人とも言えませんので、転職の報告や簡単なアドバイスを求める程度に留めておいた方が良いです。

 

家族

同居する家族や学校を卒業してすぐの転職となると、家族の方にも転職についての話を伝えるべきでしょう。

 

ただ、転職について何も決まっていない漠然とした状態で「転職しようと思っているのだけど~」と話を出しても、反対される可能性すらあります。

 

先に上記の相談先を利用してしっかり考えを固めた上で、「こういう理由でこういう会社に転職を考えている」と、より具体的に伝えることで転職を応援してくれる可能性は高まります。

 

友人

単に仲が良いだけの学生時代などの友人への転職の相談はあまりおすすめではありません。お伝えの通り、不平不満が出てくるだけで終わってしまうケースもあるからです。

 

すでに転職を成功させている方や、転職しようと考えている企業や業界で働く友人がいればアドバイスを受けるのは良いですね。

 

同僚はNG

社会人になると学生時代の友人よりも同僚と仲良く過ごすことも多いでしょうが、いくら仲が良くて気心が知れた人であっても同僚に転職の話を出すことは厳禁です。

 

仲は良くて信頼できると思っていても、会社内で転職しようとしていることが知れ渡る要因にもなります。今の会社を辞めるのであれば、まずは直属の上司に一番に伝えるべきです。

 

伝える順番を間違って先に同僚に話してしまうと、社内での居心地が悪くなったり、準備が整っていない状態での引き留めにあったり、転職が失敗に終わる要因にもなり得ます。

【関連記事】「仕事を辞めたい人の頼れる相談先と円満退職のコツ

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

転職の電話相談をする前に整理しておきたい情報まとめ

ここまでの内容を読んでいただき、どこに転職の電話相談をすべきかがある程度目星も付いたかと思います。最後に、より質の高い相談ができたり、アドバイスを受けられるために電話相談をする前に整理しておく項目をお伝えします。

 

簡単なメモ書きで良いので、手元に情報を用意して電話相談しましょう。

【関連記事】「就活生必見の自己分析のやり方|自己分析の必要性や上手に進める方法も解説

 

現在の状況と転職を決めた理由

転職するのであれば、今よりも条件が良い会社に転職したいと考えるのが通常ですよね。最低基準となる今働く会社の情報は整理しておくと良いです。

 

  1. 職種・業種
  2. 給与
  3. 労働時間
  4. 年間休日(月平均休日)
  5. ボーナスの有無と金額
  6. 勤務地・通勤距離/時間
  7. 会社の雰囲気(ハラスメントを受けているなど)

 

わざわざ紙に書き出す必要がない項目もありますが、主に上のような情報は聞かれたときにすぐに答えられるようにしておくと良いです。

 

特に「なぜ転職しようと思ったのか?」理由がはっきりしているのであれば、そちらも明確にしておくと良いです。

 

自分のスキルや強み

転職を成功させるには、企業に自分をアピールする必要があります。相談先に相談するときから自分の強みは伝えられるようにしておきましょう。そうすることで、おすすめの業界や職種を提案してもらえることもあります。

 

ただ、日々黙々と働いていると、なかなか自分の良さは分からないものですね。転職エージェントで実力のあるアドバイザーなら、これまでの実績や勤務内容を元に、適した職種・業種をアドバイスできる人もいますので、自己分析を兼ねて相談してみるのも良いです。

 

後の面接でも聞かれることが多い内容ですから、あらかじめアピールポイントははっきりさせておくと良いですね。

 

転職先に望む条件

上でもお伝えしましたが、転職するならこれだけは譲れない条件と理由について決めておきましょう。条件を絞ることで相談先もより具体的な求人を紹介しやすくなります。

 

逆にやりたいことや条件が決まっていない状態での相談になると、まずは「どうするか」を決めることから始めていきますので、実際に転職するまで時間がかかります。

 

ご自身である程度決められる部分はあらかじめ決めておくとスムーズです。もちろん、「何を決めれば良いかも分からない」という方は、そのような相談から始めても問題ありません。

 

 

まとめ

今回は、転職に関する相談先を『電話相談可』に絞ってご紹介しました。転職エージェントや公的な相談窓口など、電話で転職相談がしやすい環境は整っています。

 

ある程度ご自身の要望や状況をまとめた上で、気軽に相談してみてください。相談先は全面的にあなたの味方になってくれるでしょう。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職活動の流れに関する新着コラム

転職活動の流れに関する人気のコラム


転職活動の流れコラム一覧へ戻る