あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
20代女性の転職ガイド|転職理由とキャリアを見据えた転職成功のポイント
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 116 Office info 176 Office info 186 Office info 165
Ranking agent btn

20代女性の転職ガイド|転職理由とキャリアを見据えた転職成功のポイント

キャリズム編集部
監修記事
%e9%81%93%e7%ab%af

20代の女性が転職をする際、キャリアアップのことはもちろん、結婚や出産などのプライベートの時間も充実させられるかどうかも気にしながら転職活動をするでしょう。

 

20代の女性は転職の際、企業からどのようなことを求められているのかをしっかり把握することで転職成功の確率を上げてほしいと思います。

 

20代女性の転職には、若さによるポテンシャル採用や、20代後半の女性が持つキャリア・スキルを評価したキャリア採用があります。いずれにしても20代女性のニーズは高く、転職自体は難しくありません。

 

その中でもより自分のビジョンを達成できる、より自分が自分らしく活躍できる職場を探すためには、ここで紹介してきたような転職エージェントを活用しながら、在職中に効率よく転職活動を始めることをおすすめします。

 

この記事では、20代の女性が転職活動を始める前に知っておいてほしい情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
目次

20代女性の転職事情|転職希望の女性に対して会社が求めていること

 

20代といっても20歳から29歳までありますが、実際のところ何歳で転職するのがベストなのでしょうか。

 

20代とひとくくりにされていますが、20代の中でも前半か、後半かによって、企業側から求められるものが異なってきます。

 

20代前半の場合|ポテンシャルや素直さ重視

ポテンシャル

20代前半であれば、社会に出たとはいってもまだまだ経験値としては物足りません。言ってみればほぼ新卒採用と変わりないと言えるでしょう。そのため、経験値よりはポテンシャルで採用されることが多いです。

 

自分にはどのような潜在能力があるのかをアピールしましょう。

 

このとき、根拠もそえてアピールできると説得力が増して採用されやすいです。

 

20代前半、特に23~26歳の方は「未経験」転職でのキャリアチェンジも、経験を活かした「キャリアアップ」も選択できる年齢と言えます。
type女性の転職エージェントが保有している20代女性を採用ターゲットとした求人の「未経験」求人の割合を見てみると、24歳女性を採用ターゲットにしている求人の64%が未経験可の求人となっており、20代女性の中でいちばんキャリアチェンジがしやすい年齢だと言えます。

引用元:20代女性が転職する前に知っておくべきこと - type女性の転職エージェント

 

吸収力・素直さ

経験値がないため、採用する会社としては1から教えるつもりで採用します。教育担当になる人が教えることを素直に聞き入れ、実践し、できるだけ早く吸収して身につけてくれそうかどうかを見られています。

 

往々にして素直な人は吸収スピードが速いので、採用担当者が見ているポイントは「素直であるかどうか」だと考えてよいでしょう。

 

20代後半の場合|スキルと経験重視

最低限のビジネスマナースキル

20代前半とは違い、ある程度のスキルを見られるようになります。ただし、実際の業務スキルというよりはビジネスマナーができていることの方ほうが重要です。

 

電話対応やビジネスメールの打ち方、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)の徹底など、今一度自分ができているかどうか確認しましょう。

 

自信のない方は、転職活動を始める前に最低限のビジネスマナースキルはおさらいしておくとよいですね。

 

転職の面接マナー解説|採用担当者が特に見ているポイントまとめ』では、面接におけるマナーをまとめているので、ぜひご活用ください。

 

経験職種での基礎スキル

20代前半までに経験してきた職種での基礎的なスキルは求められると考えておいたほうがよいです。

 

女性の転職市場で最も注目度の高い年齢層が26~28のの年齢層だと言えます。それは、20代ならではの仕事に対しての吸収力の高さや、新卒入社からの基礎スキルの習得を終え、ある程度の現場経験を積んでいる方が多いため、採用企業にとってはこれからの管理職候補として一層の専門スキルの向上や、マネジメントを期待できる年齢層だからです。

引用元:20代女性が転職する前に知っておくべきこと - type女性の転職エージェント

 

実績というよりは基礎的なことが求められます。例えば営業であれば、いくら売り上げたという実績よりもテレアポの仕方や訪問先での対応の仕方、メールマナーなどが求められます。

 

20代は女性が転職するベストなタイミング

世の中には転職の28歳、35歳などの限界年齢説がいくつか出回っているようですが、結論から言いますと、リミットというのは特にありません

 

ただし、女性であれば28歳までが転職を考えるのには最も適していると言えるかと思います。

 

理由としては、新卒でスムーズに働き始めていれば28歳は5,6年仕事を経験しているので、自分がどの仕事に向いているのか、どういう仕事をしたいと考えているのかをしっかりと把握できるからです。

 

加えて、結婚や出産について30歳を区切りで考えている女性は多いかと思いますが、その区切りの30歳までまだ2年あるので、比較的冷静に転職活動をすることができるからです。

 

ただし、今の働き方に納得できないと感じたタイミングがあなたにとってのベストタイミングですので、特にこだわる必要はないでしょう。

 

 

20代の女性が転職で迷った時に知っておきたい3つのこと

まず、20代の女性たちはどのような理由から転職を考え始めるのでしょうか。20代女性の転職理由をランキングで見ていきます。

 

20代女性の転職理由ランキング

1位:ビジネススキルをアップしたい

ある程度働いたあとだからこそ、自分の実力をもっと試したいと思ったり、他の業界でも仕事してみたいという興味が出てきたりするのが20代の特徴かもしれません。

 

2位:給料に不満がある

少し後ろ向きな理由ですが、なんだかんだいってもお給料って大切ですよね。女同士で遊びに行くにしても結婚の準備をするにしても、お金は必要になります。

 

3位:残業が多い・休みが取れない

こちらも後ろ向きな理由ですが、ライフワークバランスを重んじる流れにもなっていますし、ある程度の休みがないと仕事でのパフォーマンスも上がらないので、勤務時間や休日体制も自身に合う会社を選ぶのがベストと言えるでしょう。

 

他にも、仕事にやりがいを感じていない、イメージと違っていた、会社の人間関係が辛い、などという悲痛な声もありました。

 

どのような理由にしても、自分自身が納得していない職場でだらだら働いていても100%の力は出し切れないと思います。

 

よりよい環境を求めて転職活動をすることも視野に入れることをおすすめします。

 

20代転職希望女性の本音とは

転職の面接や、転職エージェントとの面談で聞かれて答える回答は『タテマエ』であることが多いのではないでしょうか。

 

この章では、20代の女性が転職をする際に考えている本音と、その本音に対してしっかり考えてほしいことをまとめました。

 

安定して長く働きたい

誰もがリストラの危険性を感じずに、安定して働きたいと思いますよね?

 

また、短期的に条件のよいところよりも長期的に見て安心して働ける職場がよいと思う人も多いでしょう。

 

→「安定とは具体的にどのような状況を言っていますか? また長くとは何年先までのことを言っていますか?

 

抽象的に「安定」や「長く」と考える方が多いと思いますが、具体的にあなたにとっての安定の定義や長くとは何年先までのことを言うのかをしっかり考えたうえで転職活動をする必要があります。

 

具体的に考えておくことで、転職先の候補が複数出てきたときにより自分の希望条件に合った会社を的確に選ぶことができます。

 

結婚、出産しても続けられる会社に就職したい

結婚や出産のことを念頭に置きながら転職活動をするのは女性特有ですよね。

 

結婚、出産をしたあとに家庭に入る女性もいますが、仕事を続けたい女性にとっては転職活動の際、とても気になるポイントだと思います。

 

→「結婚、出産の予定はいつ頃ですか? 結婚や出産をしたあとに仕事に求めることは何ですか?

 

20代の女性であれば最大の関心事ともいえる結婚と出産ですが、具体的にその予定は決まっているでしょうか。

 

結婚したいけどパートナーがまだいなかったり、彼氏とは付き合いたてで結婚の予定はまだまだ先だったりする方であれば、転職活動においてはそこまで結婚について考える必要はないのかもしれません。

 

また、結婚後や出産後、具体的に仕事に何を求めるかについて事前に考えておくと、自分にとって必要な条件と必要ではない条件が明確にわかるので、転職に失敗する可能性を低く抑えることができるでしょう。

 

女性が働きやすい環境で仕事をしたい

業界によっては男性社員が8割以上を占めていたり、長く勤務する女性が少ないような職場もあったりするでしょう。できるだけ女性が働きやすい職場を検討したい方も多いと思います。

 

→「女性が働きやすい職場の条件は何ですか?求める福利厚生の内容は何ですか?

 

「働きやすい」と一口に言っても、人によってその内容はさまざまです。

 

他人が「ここは女性が働きやすい職場です。なぜなら…」とアドバイスしてくれたとしても、あなたが納得できる内容でなければ、あなたにとって働きやすい職場ということにはなりません。

 

どういう環境であれば自分が働きやすいと感じるのか、会社から福利厚生としてどのようにサポートしてほしいのか、考えておきましょう。

 

20代女性が転職に失敗する、陥りがちなミス

20代は若くて体力も勢いもあるので、転職市場においてはとても有利です。しかし、20代だからこそ陥ってしまう転職の際の落とし穴も存在します。

 

前もってどんなことに陥りやすいのか知っておくことで未然に防ぐようにしてください。

 

 

 

職種だけで転職先を決めてしまう

転職をきっかけに職種を変えたり、希望の職種がはっきりしていたりすること自体はとてもいいことなのですが、職種だけにこだわって転職先を決めてしまうという落とし穴があります。

 

例えば、競争率の高い事務職に転職したいと考えたとき、「事務職ならばどこの会社でもいい!」と転職してしまうと、転職先の会社の福利厚生が納得できなかったり、思ったより給料が良くなかったり、と後々になって後悔が出てきてしまいます。

 

職種をメインに転職先を検討しつつもそのほかの条件もしっかりとチェックすることが重要です。

 

自分の長所、短所を決めつけて転職してしまう

20代前半の方に多いのですが、自分の長所や短所を勝手に決めつけてしまうことです。

 

自分では「しゃべるのが苦手だし性格もおとなしいから、営業は向いていない」と決めつけていても、第三者から見れば「人の話をしっかりと聞けて、問題把握能力が高いので、営業向き」と判断されることも往々にしてあります。

 

勝手な自己判断で向いている職種や職場環境を決めつけるのではなく、転職エージェントなど転職のプロフェッショナルに相談しながら次の転職先を検討するのが、最も安全で成功率の上がる方法かもしれません。

 

やりたいことをはっきりさせないまま転職してしまう

現在の職場や過去の職場に不満がたまった結果の末の転職だと起こりやすい落とし穴です。

 

現状から逃れたいという一心で、次の職場でやってみたいことや成し遂げたいことをはっきりさせずに転職してしまうと、必ずと言っていいほど次の職場でも不満まみれになってしまいます。

 

「今の職場が嫌だから転職する」という考えではなく「今の職場ではやりたいことができていない。だから次は●●ができる職場環境に転職したい」というように、やりたいことが何なのかはっきりさせてから転職活動をしてください。

 

譲れない条件があいまいなまま転職してしまう

転職活動をする人は皆さん、現在の職場になんらかの納得できない事情があって転職を検討されていることと思います。

 

はっきりと「給料が不満」「休日出勤や残業が多すぎて不満」「転勤があるのが不満」など、明確に納得できないことを自分自身で把握できていれば問題ありません。

 

しかし、「なんとなく今の職場が好きじゃないから」という状況で転職活動をしてしまうと次の職場でも“なんとなくの不満”が湧き出てしまいます。

 

絶対に譲れない条件がなんなのか、どこまでなら譲れるのか、自分の中でしっかりと線引きをしておくことが大切です。

 

 

【雇用形態で見る】20代女性が転職するなら正社員?派遣社員?契約社員?

20代の女性が転職を考える際、正社員として転職をすればよいのか、それとも派遣や契約社員として転職をすべきなのか、悩みどころではないでしょうか。

 

  • 「これまで正社員として働いてきたけど、派遣社員に変えたほうがいいのかな?」
  • 「今までは派遣社員だったけど、正社員として頑張りたい!」など

 

今までと違った働き方を選択しようとしている方のために、それぞれの特徴や、それぞれの働き方に向いている人はどのような人なのかご説明します。

 

正社員を希望する場合

会社の就業規則に定められた定年まで働き続けることができます。つまり、自分の意志で会社を退職しない限り、そして会社がつぶれない限りその会社で働き続けることができるという立場です。

 

正社員の最大の特徴はやはり、安定性があるということでしょう。他の2つの働き方に比べお給料が高くなることがほとんどで、労働日数も安定しています。

 

契約社員を希望する場合

会社が存続する限りそこで働き続けることができる正社員と違い、契約社員は定められた期間の間だけ就労するという特徴があります。

 

そのため、契約した期間を過ぎた場合は継続するか退職するか選択しなければいけません。たいていは半年~1年という期間で契約が結ばれます。

 

契約社員の特徴は、期間を限定して働けるので、旦那さんの仕事の都合で引越しが多いことがわかっていたり、その会社や仕事が自分に合うかわからなくて不安だったりする場合、契約終了時にスムーズに仕事を辞めることができるでしょう。

 

派遣社員を希望する場合

派遣社員が正社員や契約社員と大きく違うのは、雇用契約を働く会社とではなく、人材派遣会社と結んでいるという点です。

 

ですので、いつまで働けるのか、どのような形態で働くのか、給料はどのくらいになるのかなどの権限が人材派遣会社の方にあるということを忘れないようにしましょう。

 

派遣社員の特徴は、給料交渉や面倒な契約関連を、すべて間に入っている人材派遣会社が行なってくれるという点です。

 

また、入社した会社が自分に合わないと思ったときに、次の更新時に辞めやすいというメリットもあります。

 

どの働き方を希望するかは人それぞれ

安定した収入と生活が欲しいなら正社員

正社員の特徴の部分でも触れましたが、正社員は他の2つの働き方に比べとても安定しています。安定した収入を手にし、堅実に生きていきたいという女性は正社員として転職を考えるとよいかもしれません

 

ただし、正社員として働くのであれば、その会社でしっかりと腰を据えて勤務する覚悟を持つ必要があるので、転職を決める前に

 

  • 「本当にこの会社で頑張っていけるのか」
  • 「他に確認すべきことはないか」 など

 

慎重に吟味することを忘れないようにしましょう。

 

自由な時間が欲しいなら派遣社員か契約社員

契約社員も派遣社員も期間が決められているという特徴がありますが、他にも時間的に融通が利きやすいというメリットがあります。

 

派遣社員や契約社員に日常的に残業をさせる会社は少ないですし、休日に出勤しなければいけないこともほとんどありません。

 

仕事よりもプライベートに重点をおいていきたいという女性は契約社員、派遣社員を視野にいれるとよいかと思います。

 

 

【出産・キャリア・待遇で見る】20代女性が転職するときに検討すべきこと

この章では、20代で転職を考える女性が事前にチェックしておいたほうがよい項目について詳しく見ていきたいと思います。

 

結婚、出産について

女性のキャリア形成においては結婚、出産、子育ての問題がかならずついて回ります

 

20代の前半であればまだ結婚、出産について考えなくても大丈夫と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただ、転職後にプライベートを犠牲にすることなくしっかりと働き続けるためには、20代の転職の時期にしっかりと結婚、出産、子育て問題について考えておくのがベストです。

 

それらの計画を考慮して転職希望先を選定すると、将来的にも満足できる転職をすることができます。

 

出産前後の転職は難しいのが実情

20代で、まだ出産経験のない女性や、これから第2子、第3子の出産を考えている女性は、転職の際に出産・子育てを考慮したスケジュールを組み立てる必要があります。

 

妊娠中の転職活動はいわずもがな、企業側も採用してすぐに産休に入る人を雇用することはまずないため、転職活動には不向きです。

 

出産して1年未満の場合も、子どもが急に熱を出して休みを取ることが想像しやすいため、企業側としては採用をためらいます。

 

企業側だけの問題ではなく、働く女性側としても、妊娠中の心身ともにデリケートな状態で、または出産直後で乳児を育てながらという環境で働くことは非常に負担が大きいため、転職活動を始めるには避けたほうがよい時期だといえるでしょう。

 

キャリアアップについて

転職をすることによってどのようなキャリアパスをしていきたいのかということは事前にしっかりと考えておかなければなりません

 

最終的なゴールから逆算して今必要なキャリア形成をすることができる職場はどのような職場なのか、どのような職種なのかを見ていきましょう。

 

また先ほども述べましたが、女性の場合、子育てのときに一時的にキャリア形成ができなくなりますので、その点も考慮して計画を立てていくと、いざ産休などに入ったときも計画が崩れることがないので安心です。

 

将来のビジョンは明確にしておくのがベター

20代の女性が転職しようとする場合、20代なりに前職で積み重ねてきたキャリアがあるかどうか、そして将来の見通しを立てることが重要となります。

 

特に役職も目指さず、ワークライフバランスの整った環境で働きたい!という女性もいれば、少しくらい無理をしても役職を目指したい!という女性もいるでしょう。

 

ところが、厚生労働省による『平成28年度雇用均等基本調査』では、管理職に占める女性の割合は課長相当職以上の高いポジションでは全体の12.1%であり、87.9%の課長相当職は男性が務めているということになります。

 

このデータを把握した上で、自分が何年後にどのポジションまでキャリアアップしていきたいのか、もしくはキャリアアップではなくとも数年後にどのような仕事をしていたいのかという明確なビジョンが必要です。

 

待遇について

給料、昇進システム、労働時間など、基本的なことですが会社からの提示とは別に自分自身の理想条件は持っておくとよいと思います。

 

転職活動が進んでいって入社を決めるかどうかの際に、自分自身の基準をもとに交渉をするのと、相手の基準のみで話を進めるのとでは大きく結果が異なります。

 

福利厚生について

福利厚生については大手企業とベンチャー企業でかなり異なってきますし、同じ会社内でも職種によって異なることもあります。

 

最低限どのような福利厚生が必要と考えているかを整理しておきましょう。

 

 

20代女性が転職を成功させる5つのポイント

 

ポイント1:転職理由・目的をはっきりさせる

20代女性が転職する場合、『どうして転職するのか』『転職してどうしたいのか』という2点について明確にしておくことで、転職成功の確率がアップします。

 

前の職場が激務で…薄給で…残業が多くて…というネガティブな転職理由では、企業側はまた同じような理由で辞めてしまうのではないかと考えるでしょう。

 

また、「なんとなく」や、「自分には合わないと感じたから」という転職理由もよくありません。

 

企業や仕事のどこに不満があるのかがわからない状態で転職活動をすると、また転職先でも同じような悩みを抱えて再び転職しなければならなくなってしまいます。

 

また同じ理由で「自分のどんな価値観、どんな部分に、仕事の何が合わないのか」を突き詰めて転職しないと、転職の応募書類すらまともに書けない可能性もあります。

 

20代で転職するなら、これからの年齢に応じたキャリアアップをしていきたい、何歳までにこんな仕事を任されてみたいというような、転職の理由や目的をアピールすることで、採用されやすくなります。

 

 

 

ポイント2:社会人経験3年以内は第二新卒枠で転職する

第二新卒に関する明確な定義はありませんが、一般的に新卒から入社3年目までを第二新卒と考える企業が多いものです。

 

もしもあなたがまだ入社3年目以内なら、企業が設けている『第二新卒枠』に応募してみることをおすすめします。

 

第二新卒は、こなれすぎないビジネスマナー、20代前半ならではのポテンシャルを買われ、転職市場ではニーズの高い人材です。

 

企業によっては、中途採用と第二新卒を分けて募集をかけているところもあるため、採用されやすい第二新卒枠で転職することで、転職成功率がアップするでしょう。

 

 

 

ポイント3:効果的な逆質問で意欲をアピールしよう

転職の目的を明確にして、応募先の企業についてもしっかり研究などの準備ができているなら、自信をもって面接に臨めるはず。

 

そのうえで、もう一歩他の転職希望者よりアピールするには、逆質問が効果的です。
 

  • 「新入社員には具体的に何を期待していますか?」
  • 「キャリアを重ね、将来的には管理職として活躍したいと考えています。求められるのはどういった能力が必要でしょうか?」

 
などと質問すれば、情報収集になりミスマッチを事前に防げるだけでなく、面接官の目には意欲のある人間のようにうつるでしょう

 

ポイント4:仕事を続けながら転職活動をする

20代女性が転職活動を行なう場合、一度退職してから転職活動を開始するのはハイリスクです。

 

一度退職してしまうと、万が一次の仕事が決まらなかった場合、期限の決まっている失業保険の打ち止め後、生活していくことが難しくなります。

 

また、いくらニーズが高いとはいえ、20代でも明確なビジョンがなかったり、高望みしたりしている人は転職できずにいる期間が長期化する可能性はあります。

 

ブランクがあればあるほど転職には不利になってしまうため、在職中に転職活動を行なうのが理想的です。

 

 

 

ポイント5:女性向けの転職エージェントを利用する

転職エージェントを使うと無料で転職成功までのサポートが受けられます。質の悪いキャリアアドバイザーに当たらない限りは、基本的にデメリットはないので利用を検討するのがおすすめ。

 

「男女が平等に評価される職場がよい」「結婚しても働き続けられる企業に就職したい」など、同性にしかわからないこともあるでしょう。

 

女性向けの転職エージェントであれば、女性のアドバイザーも多く、あなたのニーズをより汲み取ってくれることでしょう。

 

20代の女性が転職で転職エージェントを利用すべき理由

希望の条件の求人を紹介してくれるだけなく、入社の際の交渉まで行ってくれるからです

 

女性の場合、給与交渉や雇用条件などの交渉を自分1人で行なうことが難しいと考えているケースも多いと思いますが、そんなときにそれらを代行してくれるのが転職エージェントです。

 

女性ならではの『悩みや希望』があったとしても、女性のキャリアアドバイザーが多い・女性に特化している転職エージェントであれば、最適な転職先を紹介してくれる可能性が高まります。

 

 

 

 

20代女性に人気の職種ランキングと人気の理由

続いては、実際にどのような職種が人気を博しているのか、ランキング形式で見ていきましょう。まだどの職種で転職をするかどうか迷っている方は参考にしてみてください。

 

1位:事務職

やはり女性の人気ナンバー1は事務職ですね。なんといっても残業が少ないのとストレスも他職種と比べると少ないのが魅力のようです。

 

残業がほとんどないので、アフターファイブで結婚相手探しも可能ですね。

 

2位:営業職

20代であれば、経験がなくても雇ってくれる会社も多いのが営業職。歩合制を取り入れている会社もあるため、バリバリキャリアを積んでいきたい20代女性にとても人気です。

 

売り上げを上げれば上げるほど会社内でも評価が上がるため、やりがいも感じやすいのが魅力です。

 

3位:技術職

技術職はいわば手に職をつけるイメージにぴったりで、一度スキルを身につけてしまえば一時的に職を離れていても復帰することが可能です。

 

そのため出産後も仕事復帰したいと考えている女性に人気の職種と言えるでしょう。

 

また、20代であれば未経験だったとしても受け入れて教育してくれる会社もあるので、「興味がある」というレベルでもチャレンジしやすいのも魅力ですね。

 

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

20代女性に人気のおすすめ転職エージェント・サイト5選

20代の女性であればほとんどの方が初めての転職活動になるでしょう。どの転職サイトを使えばよいかわからない方も多いと思います。

また転職エージェントを使うか迷っている方もいらっしゃるでしょう。

 

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、若い世代の利用者満足度が高い転職エージェントです。

第二新卒や20代の転職支援に力を入れており、はじめての転職の方でも安心して利用できるでしょう。

将来に漠然と不安があり、今のままで大丈夫なのかと感じている女性も多いかと思います。

マイナビエージェントは、丁寧なカウンセリングに定評があり、5年、10年先のキャリアを見据えた提案が受けられます。

知名度が高く、企業からの信頼が厚いマイナビエージェントであれば、さまざまなニーズに対応が可能です。

転職を考えている方であれば、まず登録しておいて損はありません。
 

type女性の転職エージェント

  1. 1都3県で転職を考える20代~30代の女性の求人に強み
  2. 女性の転職実績も豊富にあるので、質の高い転職支援サービスが受けられる

 

20代女性の中にも、高収入・高キャリアをめざして転職したいという人も多いでしょう。そんな女性におすすめなのが『type転職エージェント』です。

 

年収400万円以上の求人を保有し、女性に特化したエージェントなので、女性が働きやすく、なおかつ高収入が目指せる転職先が見つかります。

 

1都3県での実績にこだわっており、20代でも現職で実績を残している女性にとっては、魅力的な求人が数多く揃っており、さらなるキャリアアップを目指すことができます。

 

doda

言わずと知れた業界最大手の転職エージェントです。抱える求人数も、他のエージェントより非常に多いため、自分に合った転職先を見つけられる可能性が上がります。

 

doda』は、リクルートに並ぶ業界大手であり、高い転職成功率を誇る転職エージェントです。

 

10万件を超える非公開求人の中から、20代女性のスキルやキャリアにマッチする求人を紹介してくれるだけではなく、転職初心者に向けた応募書類の添削などのサービスも充実しています。

 

応募後にもキャリアアドバイザーが応募先の採用担当にアプローチをかけてくれるので、転職成功率がアップするのです。

 

転職エージェントと併用して利用するのがおすすめの転職サイト2つ

続いて転職サイトを2つ紹介します。20代の女性に特化したサイトもあるので、自分に合ったものを探してみてください。

 

より詳しく知りたい方は『女性向け転職サイト13選|転職サイト利用時に注意すべきポイント』をご覧ください。

 

マイナビ転職女性のおしごと

求人の多さが魅力のサイトで、多くの転職希望者が利用しています。

 

とらばーゆ

人材業界トップのリクルートが運営する女性の求人サイトです。正社員や契約社員などの幅広い雇用形態の求人があります。


 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

まとめ

女性が社会で活躍するようになってから、自分のキャリアを考える20代女性が増えてきています。

 

それに伴い、20代で転職を考える女性も増えてきていますが、やみくもに転職活動を行なうよりも、戦略的に行なったほうが成功確率も上がりますし、転職後の満足度も上がります。

 

今回の記事でご紹介した20代の女性が転職活動において求められていることや、転職活動を行なう際に考えておいたほうがよいことをしっかり踏まえたうえで、理想の会社探しをしてください。

 
Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

女性のキャリアに関する新着コラム

女性のキャリアに関する人気のコラム


女性のキャリアコラム一覧へ戻る