あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
接客業に向いてない人の特徴と正しい転職活動の進め方
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 186 Office info 176 Office info 116 Office info 406
Ranking agent btn

接客業に向いてない人の特徴と正しい転職活動の進め方

キャリズム編集部
監修記事
%e6%8e%a5%e5%ae%a2%e6%a5%ad %e5%90%91%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%84

仕事をしていて「接客業に向いていないのでは」と感じたことはないでしょうか。お客様とのコミュニケーションは、結構難しいものですよね。

 

しかし、接客業に向いていない人が、接客業の仕事を続けていくのはとても苦痛です。そこで、ここでは接客業に向いてない人の特徴について解説していきます。

 

さらに、接客業に向いてない人のための正しい転職活動の進め方についても話をしていきます。

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

接客業に向いてない人の特徴

最初に、接客業に向いてない人の特徴を挙げていきます。あなた自身が当てはまっていないか、ぜひチェックしてみてください。

 

特徴1:口下手

接客業に向いてない人の特徴として最も多いのが、口下手な人です。お客様との会話が苦手で、お客さんとのコミュニケーションがうまくできないような人です。

 

接客業という仕事は、お客さんとのコミュニケーションを取るのが仕事のようなものです。当然ながら、会話が苦手で口下手な人は、接客業には向いていないと言えるでしょう。

 

特徴2:融通がきかない 

融通がきかない人も、接客業に向いていない人の典型です。お客さんの要望に合わせて臨機応変に対応するのが接客業です。

 

そのため、マニュアルどおりの対応しかできないような融通が利かない人は、接客業には向いていないのです。

 

特徴3:気が弱い

気が弱いことも、接客業に向いてない人の特徴として挙げることができます。お客様に無理難題を言われても、気が弱くて断ることができないような人です。

 

お客様がいつも正しいとは限りません。ときには理不尽なことを言ってくるお客さんと接することもあるのが接客業。そのため、気が弱い人には接客業は難しいのです。

 

特徴4:緊張しやすい

接客業に向いてない人の特徴4つ目は、緊張しやすい人です。お客さんを目の前にすると、緊張してしまい頭が真っ白になってしまうような人です。

 

接客業はお客さんに商品やサービスを勧める仕事です。お客様と接することに緊張してしまっては、当然ながら商品を販売することはできないでしょう。

 

そのため、緊張しやすい人は、接客業に向いていないのです。

 

特徴5:気が短い

些細なことですぐに腹を立てるような人も接客業に向いてない人の特徴として挙げることができます。接客業をやっているとお客さんから文句やクレームを言われることがあります。

 

しかし、お客さん優先の接客業では、もちろん怒りの態度を見せることはできません。そのため、短気な人は接客業には向いていないのです。

 

特徴6:人見知り

接客業に向いてない人の特徴として6つ目に挙げるのが、人見知りです。初対面の人とコミュニケーションを取ることが苦手な人です。

 

接客業という仕事は、初対面のお客さんと会うことがほとんど。そのような接客業の仕事が、人見知りの性格の人に向いているわけがありません。

 

特徴7:ストレスに弱い

ストレスに弱い人も接客業には向いていません。お客さん優先の接客業では、色々と我慢をしなければいけないケースが多いです。

 

そのため、接客業という仕事は、非常にストレスが溜まりやすい仕事でもあるのです。ストレスに弱い人にとって、接客業を続けていくのは困難でしょう。

 

特徴8:プライドが高い

プライドが高い人も、接客業には向いていないと言えるでしょう。

 

自分が間違っていたとしても、プライドが高いためにそのミスを認めないような人です。プライドが高い人は、どうしても上から目線になりがち。

 

お客さんを敬わなければいけない接客業において、プライドが高い人は向いていないのです。

 

特徴9:気配りができない

接客業に向いてない人の特徴として最後に挙げるのが、気配りができない人です。お客さんとコミュニケーションを取ることがメインの接客業。

 

当然ながら、お客さんに対する配慮や気配りができないような人には不向きな仕事です。
 

 

接客業に向いてない人の転職活動の進め方

ここからは接客業に向いてない人の転職活動の進め方について話をしていきます。

 

進め方1:我慢せずに転職を決意する

最も大切なことは、転職を決意することです。性格的に合わない接客業を嫌々と続けていくのは、精神的にもよくありません。

 

我慢をしながら接客業を続けるのはやめて、今すぐに転職することを決めましょう。

 

進め方2:仕事の向き・不向きを理解する

次に、人には向いている仕事、向いていない仕事があることを理解することです。人それぞれの性格によって、必ず仕事の向き・不向きが生まれるものなのです。

 

まずは、この事実をしっかりと受け止めましょう。

 

進め方3:自分に合った仕事を見つける

接客業に向いてない人が転職活動をするときの大きなポイントが、自分に合った仕事を見つけることです。

 

自分の性格や得意分野をしっかりと考えて、どのような仕事が適しているのかを真剣に考えてみてください。

 

進め方4:転職エージェントを活用する

そうは言っても自分に合った仕事がなかなか分からないですよね。そのようなときにおすすめなのが、転職エージェントの活用です。

 

転職エージェントに利用登録することで、専任のキャリアアドバイザーからキャリアカウンセリングを受けることができます。

 

自分に合った仕事がハッキリしないのであれば、キャリアアドバイザーに相談しましょう。多くの人の転職を見てきたキャリアアドバイザーに相談することで、あなたも自分に合った仕事が見つかるはずです。
 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

自分に合った仕事が見つかる転職エージェント

そこで、ここからは自分に合った仕事が見つかるおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

【関連記事】 転職エージェントを女性が利用する際の選び方と賢い利用方法

 

パソナキャリア

『パソナキャリア』は、業界最大手の転職エージェントであり豊富な求人が揃っています。また、経験豊富なキャリアアドバイザーが親身になってサポートしてくれます。

公式サイト:パソナキャリア

 

type転職エージェント

次に紹介する転職エージェントが、『type転職エージェント』です。無料で利用できる転職支援サービスに申し込むことで、専任のキャリアアドバイザーのカウンセリングを受けることができます。

公式サイト:type転職エージェント

 

ランスタッド

最後に紹介する転職エージェントが、『ランスタッド』です。ランスタッドは、正社員にもならず派遣・紹介予定派遣の求人も揃えているのが特徴。求人情報の量は圧倒的で、転職を考えているのであれば、必ず活用したい転職エージェントです。

公式サイト:ランスタッドジャパン
 

 

まとめ

この記事では接客業に向いてない人の特徴について話をしてきました。あなたにもいくつか思い当たる節があったのではないでしょうか。

 

さらに、接客業に向いてない人のための正しい転職活動の進め方についても話をしてきました。

 

ここで解説した内容をしっかりと実践して、ぜひ転職を成功させてください。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

業界別の転職活動に関する新着コラム

業界別の転職活動に関する人気のコラム


業界別の転職活動コラム一覧へ戻る