あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > 女性のキャリア > 女性の転職に適した時期はいつ?転職活動で押さえたい3つのポイント
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 76 Office info 96 Office info 106 Office info 136 Office info 166
Ranking agent btn
公開日:2018.8.1 

女性の転職に適した時期はいつ?転職活動で押さえたい3つのポイント

%e3%82%ab%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab

結婚、出産などのライフイベントを控えた女性にとって、どんな時期に転職したらよいのか気になりますよね。

「ずっと働きたいけど、子育てや家事の両立ってできるの?」と、不安に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、女性の転職活動についての疑問にお答えしていきます。

今後の働き方に悩まれている方は、ぜひ参考にしてください。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
転職エージェントを複数利用する際の正しい選び方とは?

転職エージェントを複数利用する際も、同じ領域で業務を展開するエージェントに登録しても意味がありません

 

例えば、営業職で転職を検討している場合、まず登録すべきは大手で求人数を多数抱える『マイナビエージェント』や『doda』『type転職エージェント』のいずれか一つをまず選択。

 

マイナビエージェント」や「doda」の両方に登録しても構わないのですが、どちらも総合的な職種を扱うエージェントですので、高確率で紹介される求人に被りが出てしまいます。

 

では、2社目のエージェントはどこにするかというと、『営業職の転職に強みを持つエージェント』です。

 

2社目以降の選び方を確認する

 

とはいえ、営業職はどこの会社にもある最もポピュラーな職種ですので、比較検討すべき軸としては・・・

 

行きたい業界に特化しているエージェント

自分の年代に近い求職者が集まっている

の2軸になります。

 

この場合は、行きたい業界で選ぶなら・・・

を、私たちは提案します。

 

そして3社目の、自分の年代に近い求職者が集まっているエージェントですが、エージェントが抱える求職者も年代にはばらつきがあり、どの年代層が得意といった色があるので、最後に年代別に強いエージェントにも登録しておくと盤石です。

 

たとえば、

  1. 20代後半までの第二新卒であれば『ハタラクティブ
  2. 29歳までの狭間の世代なら『U29JOB(ユニークジョブ)
  3. 30代前半から後半の範囲であれば『パソナキャリア
  4. 40代後半までであれば『ビズリーチ
  5. 50代なら『JACリクルートメント

が良いかと思います。整理するとこんな感じですね。

 

総合転職

いずれか1社

マイナビエージェント

type転職エージェント

doda

業界別

2社目

不動産業界

宅建ジョブエージェント

IT業界

レバテックキャリア

コンサル業界

ムービン

広告業界

マスメディアン

年代別

3社目

ハタラクティブ

U29JOB(ユニークジョブ)

パソナキャリア

ビズリーチ

JACリクルートメント

 

評判の良い各業界別・年代別のエージェントは「こちら」にまとめてありますので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

女性の転職が30歳以降難しいって本当?

以前まで、「女性の転職は、30歳以降難しい」と言われていました。

これは、終身雇用制が中心で、転職自体が珍しかったことが影響しています。


引用:転職成功者の年齢調査(2017年下半期)|doda

ですが、現在は転職成功者の2人に1人が30歳以上と言われ、転職する人の年齢層は上がってきています

年齢だけが、転職が難しい理由ではないことがわかりますね。

現在、女性が30歳以降に転職することが難しいと言われるのは、以下の理由が挙げられます。

  • 30代後半以降は正規雇用ではなく、非正規雇用での転職が中心となる
  • 20代と比べ、即戦力として期待されるため、未経験職種への転職が難しくなる

参考: 「35 歳転職限界説」の再検討

そのため、同職種や非正規雇用への転職であれば十分可能であると言えます。

女性の転職に適した時期とは

男性、女性を問わず、「長く働いてくれる人材」を企業は求めています。

そのため、結婚や出産などの予定が間近にある女性は、退職のリスクがあると見られがちです。

女性が転職を成功させるためには、ライフイベントに合わせるとよいでしょう。

結婚、出産前(出産予定の1年以上前)

結婚、出産より1年以上前であるなら、企業側も安心して採用しやすいといえます。

産休・育休は権利として認められているとはいえ、他の社員に負担がかかってしまうのも事実。

転職先である程度の実績を作っておくことが、周囲と円満にやっていくためには大切です。

またしっかり実績を積んでいれば、産休・育休後も会社から残ってほしいと言われることもあります。

出産後も働き慣れた環境で仕事を続けられるのはとてもありがたいですよね。

しかし、この時期の転職で注意したいのは、「出産予定の1年以内に転職する」ことです。

なぜかというと、入社から1年以内の社員が育休を申請しても、労使協定により、企業側は拒むことができるからです。

(育児休業の申出)

第五条 労働者は、その養育する一歳に満たない子について、その事業主に申し出ることにより、育児休業をすることができる。ただし、期間を定めて雇用される者にあっては、次の各号のいずれにも該当するものに限り、当該申出をすることができる。

一 当該事業主に引き続き雇用された期間が一年以上である者

引用元: 育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律 第5条

中には認められるという企業もありますが、転職後すぐの育休は周りの目もあって難しいもの。

1年以上働いて、信頼関係を築いてからの育休がベストと言えるでしょう。

子育てが落ち着いたころ

第二の転職に最適な時期は、子育てが落ち着いてくる時期。

  • 子育て中は就職活動をする時間を確保するのが難しい
  • 3歳以下の子供がいる場合、採用されにくくなる


といったことから、子育てが落ち着き、転職活動に割く時間の余裕ができる、この時期の転職がおすすめです。

30歳を過ぎると、事務職の正社員求人は減ってくるものの、キャリアアップのチャンスもたくさんあります。

近年では、さまざまな企業で人手が足りておらず、一度離職をしていたような場合でも、以前の経験を活かして、再就職することもできるでしょう。

【関連記事】女性の再就職|家事と育児の両立を成功させるための仕事選びのポイント

既婚女性は転職が難しい?よくある誤解と転職を成功させるポイント

仕事と育児の両立は可能?

転職する上で、育児と本当に両立できるか心配ですよね。

ですが、実際に育児中に働いている女性の満足度を調べたところ、65%が「満足している」と回答したデータがあります

参考: 働く女性のホンネ ワーキングマザーの仕事「満足度」調査|doda

働く女性をサポートする企業も増え、家庭との両立ができるようになっているからでしょう。

家事育児との両立をするため、会社では質のよい・効率的な仕事を心がけることで、メリハリのある、満足度の高い生活を送ることができているようです。

とはいえ、ご家庭の事情など、ライフスタイルによって、フルタイムでの勤務は難しいという場合もあります。

そんな場合は、時短勤務や、派遣社員といった働き方がおすすめです。

正規雇用よりも収入が減ってしまう可能性はありますが、ご自身のライフスタイルに合った労働条件で仕事をするほうが、家庭との両立はしやすいでしょう。

【関連記事】子持ちの女性が転職をする際に知っておきたい全知識

転職活動で押さえておきたいポイント


転職活動をする際は以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

それぞれ詳しく見ていきます。

明確なキャリアプランを立てる

女性が転職する場合、結婚、出産などのライフイベントを含めたキャリアプランを立てましょう

  • 正社員で働き続け、管理職を目指したい
  • 子育てを中心とし、時短勤務や派遣社員として働きたい


といったように、先を見据えた具体的なキャリアプランができれば、譲れない労働条件も明確になってきます。

転職活動を始める時期に気をつける

一般的に求人数が増える月は、2〜3月、8〜9月

この時期は求人が増える一方、就職したいライバルも増えるため、人気が集中する大手企業の求人倍率は高くなってしまいます。

一方、4〜5月は求人数が減るものの、転職者も減少傾向にあるようです。

この時期の応募は、企業が採用を急いでいるケースもあり、選考が通りやすくなるというメリットがあります。

また、GWを使って、ゆっくりと就職活動の準備もできるので非常におすすめです。

女性のキャリア相談に転職エージェントがおすすめの理由

転職エージェントでは、希望条件に合った企業を紹介してもらえます

専門のキャリアカウンセラーに相談しながらですので、安心して転職活動ができるメリットがあります。

転職時期の相談、条件にあった求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは、希望した職種や労働条件に合わせて、求人情報を提供してもらえます。

中には、女性のキャリア相談に特化した転職エージェントもあり、

  • 女性のキャリアプランに合わせ、有利な転職時期のアドバイス
  • 子育てとの両立ができる、働きやすい企業の求人紹介


など、優位に転職活動が進められるメリットがあります。

仕事と転職活動の両立ができる

転職エージェントは、希望条件を最初に相談すれば、あとはキャリアカウンセラーが求人を紹介してくれます。

また、面接などのスケジュール管理もしてくれるため、仕事や家事で、転職活動にあまり時間が割けない女性にぴったりのサービスとなっています。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは『非公開求人』と言って、求人サイトでは検索されないものも扱っています。

非公開求人は転職エージェントに登録していないと、紹介してもらえないため、よりよい求人を探したいという人は活用したほうがよいでしょう。

【関連記事】
目的別|女性におすすめの転職サイト30選
転職エージェントを女性が利用する際の選び方と賢い利用方法

まとめ

女性の転職はライフイベントに合わせて行なうことが大切で、目安となるのは以下の時期。

① 結婚、出産の前(出産予定の1年以上前)

② 子育てが落ち着いたころ

ご自身のキャリアプランを考える際には、

  • 希望条件を明確にする
  • 春先に転職活動を開始する


といったポイントに注意すると、有利に転職活動ができます。

転職活動の際には、キャリアカウンセラーのアドバイスと、質のよい非公開求人を紹介してもらえる「転職エージェント」がおすすめ。

仕事と家庭を両立して、充実した日々を送るためにも、最適なタイミングで、ライフスタイルに合った企業への転職を叶えてくださいね。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

女性のキャリアに関する新着コラム

女性のキャリアに関する人気のコラム


女性のキャリアコラム一覧へ戻る