トップ > 転職ガイド一覧 > 40代の転職 > 40代女性の転職が難しいと言われる理由と正規雇用へ繋がる転職活動

40代女性の転職が難しいと言われる理由と正規雇用へ繋がる転職活動

女性のキャリア
40代の転職

男性に比べて女性の正規雇用者の割合が少ない中、正規雇用を目指して転職する女性も少なくありません。
 
この記事では、転職が難しくなってくると言われる、特に40代の女性へ向けて、転職活動のノウハウをご紹介します。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
あなたに最も適した仕事・企業を調べてみませんか?

「今の会社に不満がある」「自分のやりたい事と仕事が合っていない」「自分に合っている職場や仕事を見つけられるか不安」など、ストレス社会の今の日本。


仕事を一生懸命頑張っているからこそ、「どうして評価されない」「もっとやりがいのある仕事をしたい」『自分に合っている職場や仕事を見つけたい』という悩みを抱えている方は非常に多く、あなたもきっとその一人だと思います。そんなあなたに、転職支援サイト「キャリズム」がおすすめするのが「適職診断」です。

自分に適した仕事はなんのか、転職活動をする8割以上の方が転職エージェントのアドバイザー経由であったり、何らかのツールを利用する形で「適職診断」を活用しています。キャリズムがおすすめしている「適職診断」は、あなたの思考性からピッタリの仕事・企業を判断、これまでの転職支援実績と膨大なデータから、限りなく精度の高い診断結果が期待できます。 

 

下記では、あなたにおすすめの「適職診断ツール」を3つご用意いたしました。あなたの経験やスキルを求めている企業がきっと見つかりますので、まずは気軽に受けてみることをお勧めします。もちろん利用は無料です。

 

40代で転職する女性って多い?


厚生労働省が発表している、平成28年雇用動向調査結果の概況を見ると、40代の場合、男性よりも女性転職者の方が多いことがわかります。
 
もちろん、男女関係なく20代の転職者が最も多いことは事実ですが、それでも40代転職者も少なくはありません。
 
男性に比べ、女性の転職者が多い原因の1つとして、正社員として働いている人の割合が、女性のほうが男性に比べて低いことが挙げられます。
 
もちろん、データを見て40代女性の転職者が多いから転職をしたほうがよいというわけではありません。
 
もし、今の自分の労働状況が芳しくないと感じるのならば、それがその人にとって転職のよいタイミングなのです。
 
 

40代女性の転職が難しい理由

年齢相応のスキルや経験が求められるから

これは男女限らずですが、40代以降の転職となると、年齢相応のスキルや経験が求められます。
 
企業側からしても、40代の転職者を雇うということはそれなりに人件費もかかり、採用にはかなり慎重になるもの。
 
また、すでに働いている20代、30代の人から見ても、自分よりも高い給料を受け取っている人に高い能力がなければ納得できないのは想像できるでしょう。
 
給料などの労働条件をよいものにしたいと考える場合、どうしてもある程度のスキルや経験がなければ難しいと言わざるを得ません。
 

子供がいるから

40代女性にもなると、配偶者や子供がいる場合も多くなり、正社員として働くとなると、それだけ責任が重くなったり、労働時間が増えたりしますから、「子供がいる」というだけで企業側からしても採用しにくくなることは否定できません。
 
正社員として転職したいと考える場合、働ける時間を確保するために家族の協力を仰ぐなど、働ける環境をしっかりと整えた上で転職活動をする必要があります。
 

そもそも求人数が少ないから

転職が難しい理由の1つとして、40代女性を正社員募集している企業がそもそも少ないということも挙げられます。
 
正社員採用を目指して転職活動をする40代女性は少なくないので、その分ライバルも多く、転職活動は厳しいものになってしまうのです。
 
 

40代女性が転職するときに考えるべきこと

自分に「ない」ものを探さない

「40代での転職は遅すぎる」と感じてしまうと、どうしても自分にないものばかりを探してしまうようになります。
 
でも、40代女性だからこその強みはありますし、子育ての経験がある人ならばそれだけでも強みになる業界もあります。
 
また、経験豊富で落ち着きのある、また人柄のよい人材を求めている企業もありますから、まずは自分の強み、自分に「ある」ものが何なのか探してみることが大切です。
 
同業種へ転職するのならば、非正規だろうと正規だろうと、現職で培ったスキルや経験は必ず転職先でも活かせます。
 
これまでの人生経験や社会人経験で自分が培ってきたものは何なのか、男性にはない強みや20代、30代の女性にない強みは何なのかをじっくりと考えてみましょう。
 

仕事を選ばないという選択肢もある

40代女性が正社員として転職するのは、やはり簡単だとは言えません。
 
それでも、「正社員になって安定を手にしたい」という気持ちがどうしても強いのならば、仕事を選ばないという選択肢もあります。
 
特に、人手不足に困っている業界であれば、40代女性でも転職は比較的しやすいですし、介護業界や医療業界であれば、40代女性の人生経験を活かしやすく、転職しやすくなります。
 
また、給料が希望の金額に満たなくても、『正社員』という目標をまずは達成するために、全く希望とは違う職種、業界に転職するというのもよい方法です。
 

キャリアの道筋をイメージできるか

今後のキャリアの道筋を考えて転職するというのも大切です。
 
例えば、マネジメント経験がなければ40代でいきなり管理職に転職するのはかなり難しいですが、規模の小さい企業であれば採用される可能性も比較的高くなります。
 
給料や労働条件が多少悪くても、「まずはマネジメントの経験をする」という目的を持って転職したのならば、それは転職失敗とは言いません。
 
特に40代に求められるのはマネジメントなどの管理職経験ですから、その経験を積むために転職し、その後少しずつキャリアアップしていくという方法もあるのです。
 
仮に正社員として転職できる企業が見つかったとしても、そこで今後のキャリアに役立つ経験が積めなければ、この先の転職はとても難しいものになります。
 
条件が悪くてもいいから正社員として転職するのか、今後のキャリアを考えて転職するのかを考えることが重要です。
 
 

40代女性が転職活動でやってはいけないこと

「なんとなく」で決断する

40代女性の転職で大切なのは、明確な目的を持つこと。
 
20代、30代に比べ、40代がこの先転職できる機会は限られているので、しっかりと目的を持って転職することが非常に重要なのです。
 
逆に言えば、条件が悪かろうと、周りの人に反対されようと、自分が目的さえ持っていればどんな転職先を選んでも失敗にはなりません。
 
何歳まで働きたいのか、どのくらいの給料を目指したいのか、などをよく考えて明確な目的意識を持ちましょう。
 

資格に頼る

40代女性が転職するとき、大切なのは資格を持っていることではなく、スキルや経験があるかどうかです。
 
はっきりと言えば、40代で「転職するなら資格を取ろう」と思っても、もう遅いと言えます。
 
もちろん、需要が高く、価値のある資格であればよいのですが、そういった資格を持っている人はそもそも転職先には困りません。
 
40代女性が転職を考えるならば、「いかに経験を積む機会を得るか」「いかにスキルを磨くか」ということに重点を置きましょう。
 
【関連記事】40代の転職に資格は必要?|資格なしでも転できる例と役立つ資格まとめ
 
 

もし転職活動に不安がある場合は転職エージェントへの相談が有効

転職活動に不安があるのなら、1人で全てを考えようとせずに、転職エージェントに相談してみましょう。
 
転職エージェントに相談することで、自分にどのようなスキルがあるのか診断してもらえたり、今後のキャリアを形成するために一番の近道を教えてもらえたりします。
 
また、女性の転職に強いエージェントもありますし、女性のキャリア形成に詳しい専門のエージェントを育てている転職エージェント企業も少なくありません。
 
1人で転職サイトなどを調べているだけではどうしても情報不足に陥りやすくなるので、転職のプロ、特に女性の転職のプロに相談するのは非常に有効な手段です。
 
【関連記事】転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識
 
 

まとめ

40代女性が転職を考えた場合、まず強みになるのはマネジメント経験、そして高い技能です。
 
それらがない場合は、いかに強みを作るかを考えることが重要で、経験を積んだり技能を磨いたりできる企業へ転職することが必要になってきます。
 
また、現職に就きながら経験を積むことができるのであれば、すぐに転職せずに準備期間を設けることも大切です。
 
そうやって強みを作ることができれば、40代の女性でも正社員への転職は決して不可能なものではなくなりますから、しっかりと目的を持った上で転職活動を進めていきましょう。
 
【関連記事】40代の転職希望者が未経験職へ転職するための知識【男性編】

この記事の執筆者
キャリズム編集部

転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070