トップ > 転職ガイド一覧 > 転職活動の流れ > 転職理由で面接官に好まれる「キャリアアップ」の上手な使い方

転職理由で面接官に好まれる「キャリアアップ」の上手な使い方

転職活動の流れ

転職理由を説明する際、「キャリアアップのために…」というと採用されやすくなるといわれていますが、どうしてキャリアアップを転職理由にすることがよいとされているのでしょうか。

そこで今回は、転職理由に『キャリアアップ』という言葉を使う際の例文を提示しながら、面接官が転職理由にキャリアアップを好む理由についても解説します。
 

パソナキャリア

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
あなたに最も適した仕事・企業を調べてみませんか?

「今の会社に不満がある」「自分のやりたい事と仕事が合っていない」「自分に合っている職場や仕事を見つけられるか不安」など、ストレス社会の今の日本。


仕事を一生懸命頑張っているからこそ、「どうして評価されない」「もっとやりがいのある仕事をしたい」『自分に合っている職場や仕事を見つけたい』という悩みを抱えている方は非常に多く、あなたもきっとその一人だと思います。そんなあなたに、転職支援サイト「キャリズム」がおすすめするのが「適職診断」です。

自分に適した仕事はなんのか、転職活動をする8割以上の方が転職エージェントのアドバイザー経由であったり、何らかのツールを利用する形で「適職診断」を活用しています。キャリズムがおすすめしている「適職診断」は、あなたの思考性からピッタリの仕事・企業を判断、これまでの転職支援実績と膨大なデータから、限りなく精度の高い診断結果が期待できます。 

 

下記では、あなたにおすすめの「適職診断ツール」を3つご用意いたしました。あなたの経験やスキルを求めている企業がきっと見つかりますので、まずは気軽に受けてみることをお勧めします。もちろん利用は無料です。

 

この記事に記載の情報は2021年03月30日時点のものです

なぜ転職理由で『キャリアアップのため』が好まれるのか?

転職理由に『キャリアアップ』が好まれることには、きちんとした理由があります。

キャリアアップという言葉のなかには、ネガティブな要素が入っておらず、また以下のような理由があるからです。
 

転職理由『キャリアアップ』以外はだいたいネガティブ

転職を考える方の多くは理由が共通しています。

たとえば給料が低い、出世できない、残業や休日出勤などの時間外労働が多すぎる、人間関係が最悪だった…というようなネガティブな理由です。

これらの転職理由が事実だったとしても、面接の際に正直に伝えてしまえば、「そんなことで辞めるなら、うちも辞めるかもしれない」と採用を思いとどまる企業も多いでしょう。
 

企業は前向きな理由で転職した人を採用したい

本当の転職理由はキャリアアップではないにしても、企業としては前向きな気持ちで転職した人を採用した方が、企業の業績につながると考えます。

「キャリアアップのために転職したい」と答えてくれば、「前の職場では実現できなかったことを実現したいのだな。」「この人にはやる気があるのに前職の環境が悪かったのかな…。」などと企業側に与える印象もよくなるはず。
 

面接官が転職理由でチェックするポイント

転職活動の関門である面接において、面接官はどんなところをチェックしているのでしょうか。

態度や志望動機はもちろんですが、転職理由も応募者の評価を大きく左右しているのです。
 

なぜここで働くのか

企業側としては「なぜ応募してきたのか』というのは非常に大事なポイントです。数ある企業のなかから、会社を選んだ理由が「何となく」じゃ採用したくありませんよね。

また転職理由が「残業が辛かったから」「業務負担が大きすぎたから」という理由だと、面接官は「忙しくない仕事を求めているのだな」と判断されてしまうことも。

このように、転職理由からは、あなたが何を求めて仕事をしているのかが伝わってしまうものです。
 

仕事に対して責任感を持って働けるか

中途採用には、仕事に対する責任感を高く持っていることが望まれます。

企業側は、自分に任された仕事の重要性を理解し、最後までやり遂げることができる人を採用したいはず。

しかし「やりたいことと違ったので」というような転職理由では、責任感のなさがうかがい知れてしまいます。

「やりたいことと違ったけれど、プロジェクトが終わるまではと、仕事をやり遂げました」などの言い方をすれば、まだポジティブにとらえられるかもしれません。
 

ストレス耐性が十分にあって新しい環境にも適応できるか

転職理由が「精神的に継続しがたかった」「前職の人間関係が悪かった」という転職理由は、あなたのストレス耐性のなさを浮き彫りにしてしまいます。

面接官は、できるだけストレス耐性があり、新しい環境にも適応できる人を採用したいと考えています。

そうでないと、ストレスのある状況に追い込まれたときに、また転職してしまいかねないからです。

【関連記事】
仕事を辞めたいけど言えない理由と言いやすくなる8つの方法
転職の面接で退職理由を伝えるときに気を付けるべき4つのこと
 

面接官に伝わる|キャリアアップを活用した例文



前述してきた転職理由は、どれも転職活動においてよい結果につながりにくいものであり、やはりキャリアアップを転職理由にすることは得策だと考えられます。

でも、具体的にキャリアアップという言葉をどのように転職理由に入れ込めばよいかわからない人も多いでしょう。

そこで、以下にキャリアアップを活用した例文を紹介します。

残業や休日出勤などが原因で転職する場合

例文:現職では月に80時間以上の残業に加え、年間休日日数は100日を切っております。もちろん会社の業績のために時間外労働はこなしますが、長時間労働により1件あたりの案件とていねいに向き合えずにおります。

御社では社員の労働環境を第一に考えられており、そのような環境であれば1件1件に真摯に向き合うことでクライアントの満足度の高い仕事が可能になると考えております。

このような仕事を積み重ねることによって、自分自身のキャリアアップにもつながると考え、転職を希望しました。
 

人間関係が原因で転職する場合

例文:現職では先輩社員から不当な扱いをされ続け、仕事自体は非常に熱意を持って取り組んでいただけに、悔しい思いをして参りました。

御社の会社見学では、社内の風通しのよさと、部署を問わずにコミュニケーションを取り合っている様子を拝見し、ぜひ良好な人間関係の中で自身のスキルを発揮したいと考え、転職を希望しました。

本来のスキルを発揮できる御社において、前職では果たせなかったマネジメント職へのキャリアアップを目標に、前向きに取り組んでいきたいと考えております。
 

年収・地位の向上を目指し転職する場合

例文:現職では不況による人員削減が行われ、管理職のポジションも減少し、直属の上司にはどれだけ努力しても5年以内の昇進はないと宣言されました。

しかし、私には前職で築いてきた社内随一の交渉力と、新規プロジェクトを立ち上げて5,000万円の利益を出してきたという実績がございます。企業の業績の都合で自身のキャリアアップが実現できないことに納得できずに退職しました。

御社のIR情報を拝見し、特にここ3年間の成長率には感嘆しました。御社で私のスキルと経験を活かし、自身のキャリアアップを実現するとともに、営業部の後輩育成にも努めたいと考えております。
 

まとめ

転職理由に『キャリアアップ』という言葉を入れると、採用側へポジティブなイメージを与えることができます。

転職理由は、中途採用において応募書類でも面接場面でも質問されることが多い項目です。

前向きな印象を与えられるキャリアアップを転職理由に入れることで、自分自身の価値を高く見せることもできるでしょう。

しかし、自身で考えた転職理由が、面接官にうまく伝わるか不安な場合もあると思います。そんなときは転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは、無料で履歴書の添削や面接の練習をしてくれます。転職活動に不安がある方はぜひ登録しておきましょう。

【関連記事】
初心者必見|転職エージェントとの面談の流れとその対策
 

リクルートエージェント

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070