事務職に強い転職エージェントの選び方と利用する際の注意点


 > 
 > 
 > 
事務職に強い転職エージェントの選び方と利用する際の注意点
キーワードからコラムを探す

事務職に強い転職エージェントの選び方と利用する際の注意点

Womna-tenshon

事務職に転職したい、また事務経験があってそれを活かした仕事をしたいと思っていたらどうすればいいのでしょうか。ただ闇雲に求人を探していては自分が望むような企業にはなかなか就職できませんし、時間の無駄になってしまいます。
 
そんな時、転職エージェントを利用する際はどこに気を付けるべきかをまとめておりますので参考にしてください。
 

「どの転職エージェントが自分に合っているのかわからない・・・」

転職経験者が、実際に使ってみて良かったと感じた転職エージェント、気になりませんか??

【女性にお勧めの転職エージェント6選】※登録無料


事務職に強い転職エージェントの探し方と見極め方

現在、様々な転職エージェントの紹介会社があります。もちろん自分に合った紹介会社、より親身に付き合ってくれるアドバイザーがいなければ良い転職先は見つからないでしょう。なので、どのようにして探せばいいのか、また良い転職エージェントの見極め方をまとめました。
 

転職エージェントと転職サイトとの主な違い

転職サイトと転職エージェントはシステムが根本的に違ってきます。転職サイトは自ら求人を見て応募するのに対し、転職エージェントは担当のアドバイザーが個人の希望に沿った求人を探してくれます。また、求人サイトには載っていない非公開求人の紹介もしてくれます。
参考:転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識
 

事務職に強い転職エージェントの見極め方

一口に転職エージェントと言っても数多くの紹介会社が存在しています。その中で自分に合ったエージェントを探し満足の行く転職を成功させるにはどうすればいいのでしょうか。転職をしようとして検索したらたくさんの転職エージェントが出てきてどれを利用すればよいかわからなくなってしまう方も多いと思います。事務職は分野が広いため特化した転職サービスはありません。そこでいくつかのポイントに重点を置いて探しましょう。
 

自分を分析する

何も知らないうちに転職活動をしてもほとんど失敗してしまいます。まずは自分の長所、短所をしっかり理解した上で、どのような分野の仕事がしたいか、自分には何が向いているかを知りましょう。
 

口コミを調べる

インターネットでそれぞれの転職エージェントを調べると利用した方の評判を見ることができます。まずは事務職の良い口コミがある転職エージェントをいくつか探してみましょう。
 

求人件数を見る

転職エージェントではそれぞれ扱っている求人の数は違ってきます。この時できるだけ多くの求人があるところを探しましょう。数が多いほど転職の幅は広がっていき、希望する企業に就職できる確率が上がります。事務職は他の職業に比べて求人数が多いので自分の希望の企業があるかよく調べましょう。
 

アドバイザーの確認

事務職は一般事務や医療事務など様々な分野があるのでそれぞれに特化したアドバイザーがいます。自分に合った転職エージェントを探すと転職が有利に進むでしょう。
 

セミナーや転職活動支援ツールの利用

紹介会社によっては無料でセミナーなどを開催しているところがあります。これらを積極的に利用していきましょう。きっと新たな発見があるはずです。
 

転職エージェントの意外な落とし穴

どれだけ求人が多く、有能なアドバイザーがいても一つの転職エージェントだけを利用していてはいけません。転職に成功した方は平均で約4人からアドバイスを受けています。いくつか掛け持ちをして自分に合った転職エージェントを探すのが成功の近道です。
 

大企業と中小企業

現在、大手企業の多くの求人は契約社員となっています。そのため正社員の求人はほとんどありません。もし正社員として働きたいのであれば中小企業に強い転職エージェントを探すのが現実的な選択となっています。
 
また都会部と地方部でも転職エージェントによっては扱う求人が違ってくるので注意が必要です。
 
 

転職エージェントに限らず事務職の主な採用基準とは

転職エージェントを利用する際も企業の採用基準は変わりません。転職の際、どの点を注意すればよいか、また面接当日に良い印象を持ってもらうためにはどのようにすれば良いでしょうか。
 

経歴

転職にしても就職にしても、履歴書を書かない事には始まりません。転職エージェントでは審査に通りやすい履歴書の書き方も教えてくれます。
 

履歴書の書き方

履歴書の書き方は基本と変わりません。なので丁寧に書くことが大切です。いくら達筆な字でも崩して書かず必ず楷書で書くようにしましょう。ですが、丁寧に書きすぎて文字が小さくなってしまったり、枠いっぱいに書いてしまうと採用責任者が読めなくなってしまうので注意が必要です。
 

顔写真

履歴書に貼る顔写真は、枠からはみ出していないものの裏に氏名を書いて貼るようにしましょう。氏名を書かないと剥がれてしまったときにわからなくなってしまいます。
 

面接

書類選考が通ったら面接が待っています。少しでも面接官にいい印象を持ってもらうために以下のことに気を付けましょう。またアドバイザーと面接練習もできるので有効に活用しましょう。
 

面接での対応方法

面接では何より第一印象が大切です。スーツやシャツがしわになっていないか確認し、また女性の方は過度の化粧は控えましょう。
参考:転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識
 
 

転職エージェントを使う上での個人的対策

合格に少しでも近づくスキル

事務職にはPCや会計、文章作成など様々なスキルが要求されます。これらを持っていることで、面接の際のアピールポイントにもなりますし、仕事に就いてからも即戦力として働くことができます。
 

アドバイザーとの信頼関係

転職を成功させる上でアドバイザーとの信頼関係を築く事により転職がスムーズに進む場合があります。求人先の疑問や面接準備などで積極的にコミュニケーションをとり早く信頼関係を築けるようにしましょう。
 

20代が事務職に転職する場合

20代で転職される際、前半の方は第二新卒枠として多少の経験や多くの伸びしろを、後半の方は即戦力として後輩の指導や今までの経験を期待され採用されることが多いです。どちらにしてもポテンシャルを期待されることが多いので、今までやってきたことをすぐ結果に繋げられるように努力しましょう。
 

30代が事務職に転職する場合

30代の方は管理職や幹部候補、またチームのメンバーとして両方の能力が必要とされてきます。なので別業界の転職でもかつての経験があればよい企業が見つかるでしょう。ですが、その反面経験が無かったり、アピールポイントがないとなかなか自分の期待は通らないでしょう。
 

40代が事務職の転職をする場合

現在の転職事情として40代以上の事務職の応募も数多くあり、就職してからは管理職を任されることもあります。なので、経験が多ければ更なる収入アップにつながることもあるでしょう。しかし事務職が未経験の方は年齢がネックになり難しくなるのが現実としてあります。転職エージェントを通してだけでなく、自ら企業にアプローチをかけてみるのもいいでしょう。

「どの転職エージェントが自分に合っているのかわからない・・・」

転職経験者が、実際に使ってみて良かったと感じた転職エージェント、気になりませんか??

【女性にお勧めの転職エージェント6選】※登録無料

転職エージェントを利用する際の注意点

転職を手助けしてくれる転職エージェントですが、まれに悪質な物の場合もあります。それらの見分け方、また対策はどうしたらいいのでしょうか。
 

悪質な転職エージェントの実態

悪質な例として求職者の希望していない企業に面接を受けさせる事例があります。その他にも架空請求や個人情報の漏えいなどをするケースもありました。
 

見分け方と対処法

このような転職エージェントの見分け方は、無名な紹介会社には登録しない、面接を希望する際は必ずメールをもらうことです。事前に下調べをし、少しでも怪しいと思ったら利用するのはやめましょう。
 

心構え

転職エージェントで注意する点は、転職エージェントを利用しても、必ず満足の行く転職ができるかはわからない、ということです。いくら転職エージェントが凄腕だったとしても、転職するのは自分自身なので、自分の意思をしっかりと持ち周りに流されないようにしましょう。けして登録しただけでいい結果は得られません。
 

まとめ

転職エージェントの選び方についてまとめてみてきましたがいかがでしたでしょうか。転職はアドバイザーに頼っているだけでは成功しません。自らも努力し、転職エージェントと二人三脚でしっかりと準備すればきっと満足のいく結果は出るはずです。

【関連記事】
女性の転職|事務職に就くためにおさえる面接のポイントと探し方のコツ
経理の転職に強いエージェントを選ぶコツと賢い活用法
女性の転職|転職経験者が本当に価値があると感じた転職エージェント6選

Pc_tool_head
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn
編集部

本記事は厳選 転職エージェントナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※厳選 転職エージェントナビに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

業種別 転職のすすめに関する新着コラム

業種別 転職のすすめに関する人気のコラム


業種別 転職のすすめコラム一覧へ戻る