トップ > 転職ガイド一覧 > 転職活動の流れ > 転職先が決まった後に押し寄せてくる不安とその対処法について

転職先が決まった後に押し寄せてくる不安とその対処法について

転職活動の流れ

転職先が決まったことは嬉しく感じているものの、以下のようなことで不安を感じている人はいるのではないでしょうか?

  • 「仕事はできても、人間関係でうまくいかなかったらどうしよう…。」
  • 「期待に応えられるか不安だ。」
  • 「面接時に聞いていた内容と違う部分があったらどうしよう…。」
  • 「自分の転職先選びは正しかったのだろうか。」

内定をもらった会社への返答期限が迫るにつれて、このような不安な気持ちはさらに増すことになるかと思います。

ですが、どんなに条件のよい会社に転職が決まったとしても、はじめて働く会社であることに変わりはありませんので、不安を感じるのは当然です。

不安な気持ちを抑えるためにも、まずは自分が感じている不安をしっかりと把握した上で、その対処法について詳しく知っておくことが大切です。
 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事に記載の情報は2021年04月12日時点のものです

転職先の会社に感じる3つの不安

転職先が決まった人が一番不安に感じる部分は『転職先の会社のこと』ではないでしょうか?

この章では、転職先が決まった人が感じる3つの不安について紹介していきます。

不安1:転職先でもうまく人間関係を構築できるのか

転職先での人間関係は誰もが気になるはず

  • 「すでに働いている人達の輪に溶け込むことができるのだろうか」
  • 「怖い上司がいて、怒鳴られる日々にならないだろうか」

このような不安を感じる気持ちが大きくなるほど、転職したことを後悔することになるのではないか?と思う気持ちも増してくることでしょう。

特に、今まで転職をしてきた経験がある人ほど、過去に味わった苦い思い出がフラッシュバックしてきて、本当に転職をするべきか悩んでしまうことになるかと思います。

【関連記事】
職場の人間関係が合わない!仕事を辞めたい時にすべき最良の行動とは?

不安2:転職先から求められている仕事内容をこなせるのか

転職である以上、新卒とは違って転職先の会社から即戦力として期待されている場合がほとんどです。

転職先の会社からの期待に応えることができなければ、先方としても間違った人材を採用してしまったと思うことになるでしょうし、自分自身も会社に居づらくなるかもしれません。

不安3:入社前に聞いていた条件や待遇と同じかどうか

ブラック企業という言葉が世間を賑わせていることもあり、入社前に確認していた条件や待遇と異なる部分があったらどうしようと不安に思う人も多いかと思います

自分の中で許せる部分であればよいのですが、残業や休日出勤など、生活に支障をきたすほどの違いがあれば、プライベートに大きく影響してくることになりますので、最悪の場合また転職をすることになるかもしれません。
 

転職先でうまくやっていくための3つのポイント

転職先の会社から求められている能力に応えることは重要な部分ではありますが、一番大切なのは人間関係をしっかりと構築しておくことです。

新しい職場に一刻も早く馴染むためにも、転職先に勤めてから上手くやっていくためのポイントを紹介していきます。

ポイント1:挨拶は元気よくハキハキと

転職初日から意識しておきたいポイントとして挙げられるのが、挨拶をしっかりと行なうことです。

自己紹介のときはもちろんのこと、社内ですれ違う人達にもしっかりと挨拶を行なうことで、『元気がいい人』と見られることになりますので、第一印象がよくなることは間違いありません

たとえどんなに仕事ができる人であったとしても、挨拶ができないようであれば嫌われることになりますので、そうならないためにも挨拶はしっかりと行ないましょう。

ポイント2:分からないことは素直に聞く

社会人としての経験を積んできたこともあり、質問をすることが恥ずかしいと思う人もいるかと思いますが、分からないことは素直に上司や先輩に聞くという姿勢を持つことが大切です。

どんなに優秀な人であったとしても、転職先の会社のことについては詳しく知らないのが当然ですから、質問をしたところで特におかしなことではありませんし、逆に質問をしない方が不自然です。

転職先の業界に精通してきたという人でも、今まで行なってきた仕事が正しいことであるとは限りませんし、自分が知らないやり方もあるかもしれませんので、分からないことがあったときはその場で解決を図るようにしていきましょう。

ポイント3:思い込みで行動するのはNG

今まで勤めていた会社のときと同じような行動を取るのは危険だと思っておいたほうがよいです。

例えば、前職では12時にお昼休憩に入ることが当たり前であったとしても、転職先の会社では社員が交代でお昼休憩を取るということも十分考えられます。

間違った行動をしていては周りの人に煙たがられることになりますので、一つひとつの行動や仕事内容をしっかりと確認しながら進めていくようにしましょう。
 

転職先探しで失敗しないための4つのポイント

内定をもらった時点で少しは気が楽になるかと思いますが、本当にその会社に入社してよいのかを確かめるためにも、以下のことも参考にしてみてください。

ポイント1:労働条件を書面で確認する

募集要項や面接時に口約束で取り交わしたことをそのまま信じるのではなく、『労働条件通知書』などの書面を用いて給与や休日などの条件を確認しておきましょう

内定後に書面を発行してくれる会社がほとんどですが、小規模な会社だとこちらから言わないと発行してくれない場合もありますので、そんなときは自分から書面の発行をお願いしましょう。

入社後に嫌な思いをしないためにも、労働条件通知書に記載してある内容をしっかりと確認し、不明点があれば入社する前に必ず確認しておきましょう。

ポイント2:職場見学を希望してみる

会社の規定による部分ではありますが、職場見学を希望すれば対応してくれる会社も中には存在します。

面接官が自社のことをアットホームな会社だと話していたとしても、実際は職場の雰囲気が悪い場合も考えられますので、自分自身が嫌な思いをしたくないのであれば職場見学を希望してみることをおすすめします

ポイント3:ネットの口コミを見ておく

『企業名 口コミ』で検索すれば、転職先の会社に勤めている社員や元社員の口コミが出てくる場合がありますので、悪いことが書かれていないかを事前に確かめておくこともひとつの方法です。

また、『OpenWork』というサイトに無料登録をすることで、元社員が書き込みをした会社の情報や入社後のギャップを知ることができますので、興味がある人は覗いてみてはいかがでしょうか?

ポイント4:絶対に焦ってはいけない

「今の職場を一刻も早く辞めたい。」「無職の期間が長引いたこともあり、早く就職しなければいけない。」と焦ってしまうようであれば、間違った転職先を選んでしまうことになります。

焦る気持ちは分かりますが、入社後に後悔しないためにも『転勤のない会社』『週休2日制』など、自分が絶対に譲れない条件だけはしっかりと持っておくことが大切です。

【関連記事】
転職の成功例|成功した人の共通点と成功の定義まとめ
転職活動がうまくいかない人の共通点とすぐに転職成功に導く7つの秘策
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職先から内定をもらった後に不安な気持ちが押し寄せてくるのは当然のことです。

いち早く不安を解消するためにも、入社前に労働条件や不明点を解決しておくことが重要になってきます。

また、転職先の会社から求められている能力に達していない部分があったとしても、人間関係をうまく築いていれば上司や先輩が意外とカバーしてくれるものです。

これらのことを踏まえた上で自分に合った転職先を選択できたのであれば、その会社で一日も早く貢献できるように頑張っていきましょう。

【関連記事】
転職は不安で当たり前|20代が転職の不安を拭い去るためにできること6つ

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

同じカテゴリの転職コラム
  • 新着コラム
  • 人気コラム
  • おすすめコラム