あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
転職は不安で当たり前|20代が転職の不安を拭い去るためにできること6つ
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 76 Office info 176 Office info 116 Office info 406
Ranking agent btn

転職は不安で当たり前|20代が転職の不安を拭い去るためにできること6つ

キャリズム編集部
監修記事
New pixta 12452843 s

あなたが20代であれば、転職を検討していても以下のような不安から、腰が重くなることもあるかと思います。
 

  • 「面接官にアピールできるような強みや経験がない」

  • 「次の職場も働きにくかったらどうなるんだろう」

  • 「そもそも自分がやりたい仕事がよくわからなくなってきた」


今の状況を変えるのは誰にとっても不安かと思います。心配事について考え出すと、上手く行かない未来ばかり想像してしまうことでしょう。ただ、20代というのは経験がなくても、ポテンシャルで採用してもらえる最後のチャンスでもあります。

慣れないことに不安を覚えるのは当然のことです。問題は、苦しい時にどんな行動を取れるのかではないでしょうか?

今回は、転職を考える20代によくある不安をお伝えした上で、不安を拭い去るためにできることなどをお伝えしていきます。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

20代が転職を考えた時に直面する7つの不安


最近では転職する人も珍しくはありませんが、特に初めての転職であれば、人によって様々な不安がつきまとうことかと思います。

ここでは、転職を考える20代が直面しがちな不安をご紹介します。

自分にとって働きやすい職場を見つけられないんじゃないかという不安

最近では第二新卒という言葉も出てきているように、以前ほど転職に関してネガティブなイメージを持っている人は減ってきたかと思います。

しかし、転職のハードルが下がった分安易に転職をしてしまい、次の職場でも似たような悩みを抱えているのもまた事実。

現在の職場に働きにくさを感じており、毎日会社に行くのが憂鬱という人もいるでしょう。「もし転職をしてもまた辛い思いをしながら、働かなければならないのでは…。」と考えてしまうと、不安で身動きも取れなくなってしまいます。
 

面接官にアピールできる強みがない不安

転職をしたいと思っていても、「面接官にアピールできる強みも無いしなあ」と考える人はいないでしょうか。アピールできる強みがないと感じている場合、対処法は2つあります。

1つは現在のスキルに磨きをかけることです。現在の仕事やスキルに興味がある場合であれば、実力をつけたり成果を出したりすることで、社外で求められる人材になることもできます。

もう1つはポテンシャル採用を狙う方法です。あなたが20代前半や第二新卒であれば、スキルや経験よりも将来性や熱意といったポテンシャル、で採用してもらえる可能性が大いにあります。

「プログラマー 未経験」などで検索し、なりたい職業に関して未経験者歓迎の求人があるかどうか確認してみましょう。
 

希望している仕事ができないのではという不安

新卒である程度の規模がある会社に入社した場合など、実際に働くまで配属される部署がわからないといったことも起こりえます。入社したもののやりたい仕事ができなかった、という新卒があなたの周りにもいるかも知れません。

ただ、転職の場合は職種ごとに人を募集しているので、自分が興味のある職種に絞って応募することは可能です。

インターネット上での情報収集や面接での質問を通して、通常業務で具体的にどんなことをしているのか確認をしていきましょう。
 

転職を繰り返して行き場がなくなる不安

スキルを身に着けられないまま転職を繰り返してしまえば、どんどん転職可能な職場が少なくなっていくのはご存知でしょう。

今の職場で上手く行っていなければ、次の職場に行っても上手く行かないんじゃないかと、不安になることもあるかと思います。
 

激務になるんじゃないかという不安

ブラック企業という言葉が使われるようになって久しいですが、今でも労働者に長時間労働を要求する職場が多くあります。

毎日が職場と家の往復になることに対して、「嫌だな」と感じる人は少なくないでしょう。
 

新しい人間関係に馴染めるかという不安

仕事は好きでも一緒に働いている人は好きじゃない、という人もいるでしょう。いくら仕事とは言え、どうしても相性が合わない人と毎日顔を合わせるのは苦痛なものです。

また、組織文化と個人の性格がミスマッチしている場合も、働きにくさを感じるかと思います。大人しくてこれまで文化系の部活に所属していた人が、ゴリゴリ体育会系の会社に入社してしまえば、考え方が合わずにすり減ってしまうことでしょう。

仕事内容だけではなく、転職先企業の文化や雰囲気と自分の性格が合っているか確認することも重要です。
 

自分は忍耐力が足りないのではないかという不安

  • 「ここで働けないやつが他の企業にいって上手く行くはずがない」

  • 「みんなもツライけどがんばっている」

  • 「長時間労働は当たり前」


転職の意志を誰かに伝えようとすると、上記のような発言をされる場合があります。確かに忍耐強さは大切ですし、逃げグセがついてしまえば何も成し遂げられないまま終わってしまうでしょう。

ただ、上記のようなセリフをいつも真に受ける必要はありません。他の人が何と言っていようが、あなたの決断に対して責任を取るのはあなた自身です。20代の内はポテンシャルで採用してもらえることもあるので、新しい仕事に挑戦するチャンスでもあります。

上記のような発言を真に受けた結果、未経験職種に転職しやすい時期を逃してしまったとあればそれこそリスクでしょう。他人の助言に感謝しつつも、自分はどうしたいのか、といった本心の部分は見失うべきではありません。
 

転職をした方が良い場合・しない方が良い場合

転職を考える場合、次のような疑問を感じることがあります。
 

  • 「どのタイミングで転職するべきなのか」

  • 「本当に今転職しても大丈夫なんだろうか」


基本的に良い職場に転職できれば転職は成功なので、転職のタイミングに関しては結果論にならざるを得ません。

以下では、あくまで一般的な転職のタイミングについていくつかご紹介します。
 

転職をした方が良い場合

人間関係がどうしても合わない

他人を変えるのはほぼ不可能です。どうしても馬が合わない人が職場にいて、耐え難い苦痛を味わっているのであれば、部署を変えてもらったり転職をしたりして、ストレスの原因になっている人と関わらないようにするしかないでしょう。

【関連記事】
職場の人間関係のストレスに悩んだときの対策と行動の仕方
 

仕事内容がどうしても合わない

20代は未経験の職種に採用されやすい時期です。よく「3年は働こう」と言いますが、3年も待っていたら第二新卒の時期を逃してしまいます。

どうしても仕事の内容が合わない場合で、なおかつチャレンジしてみたい仕事があるのなら転職も視野に入れると良いでしょう。

【関連記事】
仕事が楽しくない理由と楽しいと感じられるようにするための考え方
「仕事がつまらない」が理由で転職するときに注意するべきこと
 

ブラック企業で働いている

  • あまりにも薄給

  • 身体を壊すほどの長時間労働

  • パワハラやセクハラが横行している


もしあなたが上記のようなブラック企業で働いている場合は、心身を壊す前に転職先を探すことをおすすめします。企業の体制は簡単にはかわらないので、その場で耐えていてもあなたが消耗してしまうだけです。

【関連記事】
会社を辞めたい!そんなときの賢い辞め方・耐え方・頼れる相談先まとめ
 

転職を見合わせた方が良い場合

やりたいことを仕事にできている場合

いくらやりたい仕事であろうと、壁に突き当り出口の見えない日々を過ごすことになる時もあるでしょう。やりたかった仕事ができている場合、この辛く苦しい時期をどう過ごすかによって1年後、3年後の実力に大きく差が開いてきます。

理由にもよりますが、転職をして後悔しそうであれば、もう少し見送ってみても良いかも知れません。
 

現在の不満に対して改善策を考え行動していない場合

生きていれば理不尽なことばかりです。面と向かっては言えないこともたくさんあるので、家に帰った後や飲みの場で不満を爆発させる人も多いでしょう。

不満なことを愚痴るのは決して悪いことではありません。ただ、あなたの周りに文句を言うだけで、改善に向けて何も行動しない人はいないでしょうか?

もちろん個人が行動したところで解決しない問題もありますが、不満を言うだけで行動しないというのも問題解決にはなりません。

現在抱えている不満に改善の余地があり、まだできることが残っているのであれば、転職は少し見合わせた方が良いかも知れません。
 

今後やりたいことが明確になっていない場合

目の前の問題から逃げる目的で転職するのは辞めた方が良いでしょう。次にやりたいことが明確になっていないまま転職をしたとして、今よりも快適に働いている保証はあるでしょうか?

最低限、次にやりたい仕事を明確にし、具体的な業務の内容は把握した上で転職されることをおすすめします

転職後に理想と現実のギャップに苦しみたくなければ、今のうちに可能な限り情報収集をしておきましょう。
 

転職の不安を拭い去るためにやるべき6つのこと


現状を変えようとすれば不安を感じるのは当然のことでしょう。「次の職場でも上手く行かないんじゃないか」などと考えれば、腰が重くなって当然です。

それでも転職を考えているのであれば、少しずつやるべきことに着手し、不安を拭い去るべく行動をしていく必要があります。

最後に、転職の不安を解消するためにできることをお伝えします。

ネガティブな発言に耳を貸しすぎない

転職に関してネガティブな意見を言う人もいて、説得力があるように感じてしまう場合もあるかと思います。例えば、「ここで働けないのに他の職場でやっていけるはずがない」というセリフなどよく聞きますが、実際はそんなことはありません。

日本だけでも企業は400万社以上あります。1社で当てはまったことが他の400万社で当てはまるというのは、確率で考えれば理にかなっていません。

他人のネガティブな意見を真に受けるぐらいであれば、なぜ上手く行っていないのか、どうすれば上手くいくようになるのかを考えた方が良いのではないでしょうか。
 

何が不満の原因になっているのか特定する

そのためにも、まずは何が不満になっているのか明確にしておきましょう。

納得の行かない日々が続くと、全てがイヤに感じることもあるかと思いますが、仕事をしていれば嫌なこととそうでないことがあるはずです。具体的に何が不満なのか、原因を特定しましょう
 

どんな仕事ができれば満足なのかある程度把握する

やりたい仕事や望んでいる働き方が明確になっていないと、次の職場でも似たような失敗をする恐れがあります。

まずは次の職場に期待する条件を箇条書きにし、それらに優先順位をつけていきましょう

どこまでが妥協できてどこからは妥協できないのかを明確にすることで、自分にとって好ましい求人を振るいにかけていきます
 

興味があるものにはとにかく手を出してみる

何事もやってみないことには、好きか嫌いか判断しにくいものです。いきなり転職するのがハードルが高ければ、趣味や副業として始めてみるのも良いでしょう。

自分で体験をしていることであれば、転職をしても仕事の内容面に関してはギャップを感じにくいかと思います。
 

20代で転職したことがある人の話を聞いてみる

不安な時は上手く行かない未来ばかり想像してしまいます。そんな時は放っておくとネガティブな情報ばかりが目についてしまいますので、意図的に上手く行った人の情報を集めて視野を広げるのが良いでしょう。

インターネットで検索をすれば、転職で上手く行った人体験談をいくらでも見つけられます。知り合いに転職経験がある人がいれば、その人に話を聞いてみるのも良いでしょう。

これまでは思いつかなかったような発想を得られるかもしれません。
 

転職や企業に関して情報収集からはじめる

「転職活動は何をすれば良いんだろう?」と疑問を感じている場合は、情報収集から始めましょう。これから何が起こるのかわからないことが不安の原因になっている場合もあります。

やりたい仕事をするには何が必要なのか、どんな企業が自分に合っているのかが明確になっていく内に、どんどん不安が薄れていくかと思います。

とはいえ、個人でできる情報収集には限界があります。もちろん自力で転職活動をしても構いません。ただ、転職エージェントを活用すると、転職の相談に乗ってもらった上であなたの希望に沿った求人を紹介してもらえます

他にも、書類や面接対策をしてくれたり、求人票だけではわからない企業の特徴についても教えてくれたりします。詳しい人に相談をしながら転職活動を進めていきたい人は、転職エージェントの活用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識
転職エージェントと転職サイトの違いと賢い利用方法
 

20代転職の不安を拭い去るために活用したい転職エージェント4つ

最後に、20代の転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントは転職の心強いサポーターになってくれますが、エージェントや担当者と相性が合わない場合もありますし、複数のサービスを検討する意味でも、2~3社程度併用されることをおすすめします。
 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
20代や第二新卒歓迎の求人を多く保有している転職エージェントです。手厚いサポートにも定評があり、利用者満足度No.1を誇るエージェントでもあります。

転職活動にまだ不慣れな方や、自分のアピールポイントを掴み切れていない方は、一度『マイナビエージェント』の転職サポートを受けてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手の『リクルートエージェント』。その総合力の高さから、ひとりひとりにマッチした転職先を選定してくれるエージェントです。

総合転職エージェントの中では最も多くの非公開求人数を抱えており、まず最初に登録しておいて損のないエージェントです。

type転職エージェント

type転職エージェント

1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)での転職に強いエージェントです。

誰だって転職することで年収が下がってしまうのはなるべく避けたいところ。『type転職エージェント』は年収交渉に強みを置いているため、転職者がより有利な条件で転職できるようサポートしてくれます。

パソナキャリア

パソナキャリア
サポートの親身さに定評がある転職エージェントです。運営元のパソナグループは社会貢献を社風にしており、強引に求人を勧めてくることはありません。

書類や面接対策だけでなく、転職に関して疑問や不安を感じた時に相談できるパートナーが欲しいと感じそうであれば、パソナキャリアの利用をおすすめします。
 

まとめ

転職が不安な気持ちはよくわかります。頑張ったところで良い職場に巡り会える保証はありませんし、職場が合わないからといってまたすぐに転職活動を始めるわけにもいきません。転職に関しては運の要素もありますので確実に成功する方法はありません。

ただ、結果はコントロールできないとしても、良い職場を見つけるための努力をするかどうかは自分で決められます。

もし何からやったら良いのかわからないようであれば、まずは情報収集から始めていきましょう。あなたの転職成功を影ながら応援しています。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職活動の流れに関する新着コラム

転職活動の流れに関する人気のコラム


転職活動の流れコラム一覧へ戻る