トップ > 転職ガイド一覧 > IT・エンジニアの転職 > エンジニアが転職を考える5つの理由と転職を成功させるコツ

エンジニアが転職を考える5つの理由と転職を成功させるコツ

IT・エンジニアの転職

転職市場において最も転職が多い業種の一つとされるエンジニア。今回の記事では、エンジニアの方がどういう理由で転職をしているのかという実態と、その転職を成功させるためのコツをご紹介していきます。

「転職を考えてはいるけど勇気が出ない」「今の職場に不満があるので転職したい」と思っているエンジニアの方必見です。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

エンジニアの本音|転職を考える5つの理由

まずは転職面接などで面接官に話すような転職理由ではなく、実際のエンジニアの方の本音から見ていきましょう。
 

自分への評価が低い、給与が低い

エンジニアの方が一番はじめに挙げる転職理由は給料への不満です。皆さんの中にも会社からの自分に対する評価に満足していなかったり、正当な給与をもらえていないと感じていたりする方も多いのではないでしょうか。

 

エンジニアの仕事は専門知識が必要なものが多く、仕事内容も営業など他の業種からしたらブラックボックス化しているところがあります。そのため、エンジニアの業務内容や大変さなどを理解していない営業が無理な納期の仕事を押し付けてくるということも多々あるでしょう。

時間的に無理な業務だからこそ寝る間も惜しんで働き、やっとのことで仕上げても「できて当たり前」という評価をされてしまい、正当な評価や給与を受けていないと転職したくなるのも当たり前ですよね。

 

将来に不安を感じている

IT社会では技術の変化が激しく、業界内の常識も日々進化しています。「自分の会社は市場の変化についていけているのか」「自分の技術はいつまで通用するのだろうか」と不安に思うエンジニアの方も多いのではないでしょうか。

 

1年前に主流だった技術が今は遅れている技術になっていることもあり、自分が学んできて身に付けているスキルが今後も使えるのか、自分自身、必要な人材として生き残っていけるのか不安に思ったタイミングで転職を考える方も多くいらっしゃいます。
 

労働環境が過酷

先ほども記載したように、エンジニアの労働環境は過酷なことが多いです。

 

定時に帰れたことはここ半年ない、有給休暇も取れたためしがない、常に睡眠不足、という悩みを抱えるエンジニアの方はかなりいらっしゃいますよね。

 

下請けの下請けのそのまた下請けの会社でエンジニアをやっていると無理難題を押し付けられ、過酷な労働環境になってしまう上に給料も少ない、という負のスパイラルに陥っているケースが多く見受けられます。

 

心と体がボロボロになってしまう前に転職をした方がいいと考えるのは普通かもしれません。

 

人間関係に不満を感じる

どの職場にもあることですが、人間関係で悩んだ結果転職を考える人はとても多いです。

 

中でもエンジニアの世界では、プログラミングのことが一切わかっていない上司からのパワハラまがいな対応に嫌気がさすことも多く、また、コミュニケーション能力が低い同僚に囲まれ相談することすらできずに悩むことも多いようです。

 

そのような場合、社長が技術系出身者である会社やエンジニアの仕事への理解が深い会社への転職を考えることが、ストレスなく働く上では一番の近道かもしれませんね。

 

仕事内容そのものに不満を感じる

エンジニアの方は専門技術の仕事とも言えるため、仕事内容そのものにやりがいを持っている方が多くいらっしゃる業種です。

 

そのため、本来やりたかった仕事ができていない状況に置かれていると不満も大きくなりがちです。プログラミングが好きでプログラマーとして仕事がしたいのにSEなどを任され、まったくプログラミングに関われていない。

 

WEBデザイナーとしてしか働けていない、というように本来やりたかった仕事ができない場合も転職を考える大きなきっかけになります。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

エンジニアが転職をしてうまくいく割合

実はエンジニアの方で転職をして成功した方の割合は8とかなり多いのです。

 

転職前は「給料が低い」「会社からの評価が低い」「やりたい仕事ができなくてやりがいを感じられない」「残業が多く体力の限界」といった不満ばかりだった方が、

 

  1. 転職した後は給料が上がった
  2. 「頑張った分だけ評価が上がってうれしい」
  3. 「やりがいを感じる」
  4. 「定時に帰れる」

 

という喜びの声や感激の声をもらしている方が数多くいます。転職に際しては不安なことも多くあるかもしれませんが、悩んでいるだけでは現状は改善されません。エンジニアの方が転職を成功させるためにできることからやっていきましょう。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

エンジニアが転職を成功させるためにできること

エンジニアの方の転職がうまくいく確率は一般的に高いことはお分かりいただけたかと思いますが、より成功確率を上げるためにしておいた方がよいことをご紹介していきます。是非参考にしていただき、よりあなたにあった職場を見つけて転職を成功させていただければと思います。

 

転職の目的を整理して明確にする

どの職種にも言えることですが、転職する上で、転職の目的を明確にすることはとても大切です。

 

エンジニアの中途採用の場合、大手企業では採用マニュアルがしっかりと整っているため技術面やポテンシャルで採用されることもあるようですが、ベンチャー企業など一人一人のスキルが大きくかかわる会社では「なぜ転職をしようとしているのか」「転職先でどんな風に活躍したいのか」を重視する傾向にあるので事前に整理しておく必要があります。

 

自分にあった転職支援サービスを選ぶ

以前は転職活動といえば転職サイトに登録して求人を自力で探すというのが主流でしたが、最近は転職エージェントを活用する人も増えてきています。

 

どのサービスを使うのが自分に向いているのか転職活動を始める前にチェックしておきましょう。また、もうすでに転職活動を始めている方も、自分の今のやり方が本当に効率的なのかどうか見直してみるのもいいかもしれません。

 

転職サイトを活用することのメリット、デメリット

転職サイトの活用のメリットはやはりその求人数でしょう。ただ、数は多く見ることができる一方で良い情報ばかりが載せられているため、その会社の実情がわかりにくかったり、労働環境が自分に適しているのか判断しにくかったりします。

 

色々な会社の求人を比較したいときには使いやすいですが、ある程度希望の業界や労働条件が決まっている場合は希望の求人を見つけることに時間がかかってしまうという難点もあります。
参考:転職エージェントと転職サイトの違いと賢い利用方法

 

転職エージェントに相談することのメリット、デメリット

転職エージェントのメリットは、転職活動を全面的にサポートしてくれる点にあります。

 

希望要件がはっきりしていなくてもエージェントとの面談でヒントをもらいながら転職戦略を一緒に組み立てていくことができますし、志望企業の面接対策や傾向を教えてくれるエージェントも多いので、特に転職活動に慣れていない人にとっては強い味方になってくれるでしょう。

 

デメリットとしては、各エージェントによって多少サポートの質が異なることと、得意分野が異なる場合がありますので、活用するエージェントを見極める手間がかかってしまうことが挙げられます。
参考:転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識

 

選ぶべき転職エージェントを見極めるコツ


それでは次に、相談すべき転職エージェントの見分け方のコツについてご説明していきます。
 

求人数が多いこと

まず、大前提として求人数が豊富にあることが大切です。最初に紹介してもらう求人も、抱えている求人数が多ければ多いほどあなたに合ったものを紹介してくれますし、もし万が一最初に紹介された企業から内定がもらえなくても、多くの求人を抱えていればその分その後のフォローも行ってくれることになりますので成功確率もあがります。
 

WEB業界に豊富な知識があること

転職支援のスキルが高くてもWEB業界の知識に疎いエージェントであれば、あなたの希望を正確に理解できなかったり、紹介先の企業の求める人材像も的確に把握できていなかったりするので転職後のミスマッチを招きかねません。

どのようなシステムをどういう工程でどの言語を使って開発していたのかについての質問だけでなく、技術の構成や選定の理由まで踏み込んで会話してみるとWEB業界に精通しているかどうかをある程度見極めることができます。

選ぶべき転職エージェントがわからないときは

それでもどの転職エージェントに相談したらいいか判断できないと感じた場合は、いくつかの転職エージェント会社に登録し、それぞれの転職エージェントと面談してみることをお勧めします。

 

各社を比較することによってそれぞれのエージェントの強みなども見えてくることがあります。

 

また、面談の際に「こういう仕事も向いていますね」などと助言をくれるエージェントもいますので結果的にそのエージェントに全面支援を頼まなかったとしても得られるものは大きいはずです。

 

参考

▶︎ネットワークエンジニアが転職を成功させる為の全知識

▶︎エンジニアの転職に強い転職エージェントと転職成功の秘訣

▶︎ITに強い転職エージェントを比較して転職を有利に進めるコツ

 

 

まとめ

いかがでしょうか。転職する機会が多いとされるエンジニアですが、転職活動において大きな不安を抱えていらっしゃる方も多いでしょう。

 

ただ、少しでも転職したいと感じているならば、まずは行動に移してほしいと思います。

 

転職をすることでしか得られない可能性もありますので前向きに転職活動を乗り越えていってほしいと思います。今回の記事がその手助けになれれば幸いです。

 

この記事の執筆者
キャリズム編集部

転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

同じカテゴリの転職コラム
  • 新着コラム
  • 人気コラム
  • おすすめコラム