あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > IT・エンジニアの転職 > エンジニアに人気の転職先ランキング堂々の1位はあの企業|転職で後悔しないための秘訣
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 76 Office info 136 Office info 106 Office info 176
Ranking agent btn

エンジニアに人気の転職先ランキング堂々の1位はあの企業|転職で後悔しないための秘訣

キャリズム編集部
監修記事
Pixta 65990015 s

エンジニアで転職を検討している方は、転職に人気の企業もちょっぴり気になるところですね。

 

複数の大手転職サイトのIT業界やエンジニア向けの人気企業ランキングをまとめてみたところ、皆さんご存知のあの企業が圧倒的にランキングトップとなっていました。

 

やはり人気企業となると多くが大企業となるのですが、転職の成功は人気の大企業に転職することだけではありません。給与や労働時間などの条件面や仕事のやりがい、評価方法など、中小企業やベンチャー企業でも魅力的な企業は多くあります。

 

今回は、エンジニアの転職で人気の企業や、転職成功させるためのおすすめサイト・エージェントをランキング形式でご紹介します。満足いく転職のためにもぜひ参考にしてみてください。

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

【2020年10月最新版】withコロナの転職事情|コロナ渦で転職を成功させるには?

新型コロナウィルスの感染拡大による業績悪化などを理由に、多くの企業は採用活動の見送り続けているのが現状です。下図は厚生労働省が10月2日に発表した有効求人倍率の推移になります。

 

2020年8月時点の有効求人倍率は1.03倍。実に8ヶ月連続の低迷を続け、ここ数年で最も転職が難しい時代と言えます。

【2020年10月発表】新型コロナ感染拡大に伴う求人倍率の変化

求人数は減っているのに、求職者数は伸びているこの現状の中、よい求人に出会っても内定が出ない状況は大いに予想できます。このコロナ渦で、失敗しない転職に繋げる最も大きなポイントは・・・

続きを開く

 

  • いかに書類選考を通過率を上げる
  • 面接の準備を徹底すること
  • 転職のプロから最新の動向を聞くこと です

 

希望する企業への転職を成功させたいかたは、選考通過率を高めるためにも、プロの力を借りることをおすすめします。

 

  1. 20代〜30代まで幅広く対応できるエージェント(『type』『ビズリーチ』『マイナビエージェント』など)に3社ほど登録する
  2. 各担当から連絡が来たら、電話やオンラインで簡単な面談をうける
  3. 提案された求人などを見ながらアドバイザーと面接対策や書類の添削をしてもらう

 

転職の意思も固まっていないけど、相談してみることが大事です。リーマンショック以来の不況と言われる未曾有の状況ですが、「仕事の悩み」「転職すべきか迷っている」などの相談に関してはプロのアドバイザーですから、気軽な気持ちで行動してみましょう!

 

もし、どの転職エージェントを選んで良いかわからないという場合は、下記の診断ツールで、あなたにぴったりのエージェントが診断できます。

 

 

 

【大手転職サイトの調査結果をもとに】エンジニアに人気の企業ランキングTOP5

早速、エンジニアに人気の転職先として良よく名前の登場してきた企業をランキング形式で5社ご紹介します。

 

今回は、以下の4つの大手転職サイトの調査によってランキングとして出されているものをいったんまとめ、その中で多かった企業を再度ランキングにし直しています。

 

  1. doda
  2. マイナビ
  3. リクナビ
  4. openwork(企業の口コミサイト)

 

dodaに関しては、『IT・通信』と『インターネット・広告・メディア』がエンジニアに深く関わってきそうだったので2種類のランキングを対象にしています。

 

 

doda(IT・通信)

doda(広告・メディア)

マイナビ

リクナビ

openwork

1

Apple Japan

グーグル

グーグル

グーグル

グーグル

2

ソフトバンク

楽天

リプレックス

楽天

ユーザーベース

3

日本マイクロソフト

ヤフー

富士通

NTTデータ

セールスフォース・ドットコム

4

NTT西日本

リクルートホールディングス

ソニー

任天堂

Facebook

5

NTT東日本

電通

アイ・ディ・エイチ

野村総合研究所

イトクロ

6

NTTドコモ

LINE

 

NTTドコモ

リクルートライフスタイル

7

日本アイ・ビー・エム

NHK

 

ソニー

Grooves

8

NTTデータ

フジテレビジョン

 

日本マイクロソフト

ビーボ

9

アクセンチュア

博報堂

 

日本オラクル

カラフルカンパニー

10

KDDI

ZOZO

 

パナソニック

VOYAGE GROP

 

その中でも登場回数がランキング上位に来ており、登場回数が多かった会5社が以下の5社となります。

 

1位|グーグル

どのランキングでも働きたい企業として、1位にきていた会社がグーグル合同会社(グーグルの日本支社のようなもの)です。他の人気企業にはバラつきはあったものの、グーグルに関してはほとんどが1位だったため、圧倒的人気と言って過言ではないでしょう。

 

インターネット検索を中心に、広告事業、動画配信(YouTube)、WEBブラウザなど多くの人が利用するWEBサービスを手掛けます。

 

社名

グーグル合同会社

本社所在地

東京都渋谷区渋谷3丁目21番3号渋谷ストリーム

設立

1998年

資本金

1,000万円(日本のみ)

従業員数

1,000人(日本のみ)

URL

https://about.google/intl/ja_jp/

 

グーグルがこれほどまでに転職市場で人気の理由

グーグルに関しては、あまりにも人気があったので、なぜそこまで人気があるのか?の意見をまとめてみました。

 

  1. 知名度
  2. 自由な働き方
  3. 残業はさせずに結果を求めるスタンス
  4. 高い技術力
  5. 外資系企業で全世界の社員と繋がれる
  6. 結果主義だが個性を大事にされる

 

様々な意見がありましたが、主な理由は上の通りです。

 

要約すると、自由な働き方で自分のやりたいことが実現しやすい環境が整っていることが魅力的なようです。それでいて、会社全体が「残業は良くない」雰囲気があるため、エンジニア特有の長時間労働も防げそうです。

 

高い技術力は申し分なく、さらには毎週の全社員ミーティング(しかも全世界)によって、自分の技術力向上に繋げることができます。

 

意外に少なかった意見としては、『給与面での優遇』です。「グーグルだから」と、ある程度の信頼はあるでしょうが、多くの方が給与面よりも働き方や自己実現を重視していることが分かりました。

 

 

 

2位|楽天

楽天は、ショッピングサイトを中心に様々な事業を展開する日本発のインターネット企業です。今では、スペインの人気強豪サッカークラブ『バルセロナ』のスポンサー(ユニホームの胸部分)になるほど、活躍の場は世界規模です。

 

楽天と言えば、ショッピングサイトの楽天市場が代表的ですが、少し使いづらいこともあり「もっと良くできそう」なんていう、エンジニア目線での意見もありました。

 

社名

楽天株式会社

本社所在地

東京都世田谷区玉川一丁目14番1号楽天クリムゾンハウス

設立

1997年2月7日

資本金

2,059億2,400万円

従業員数

7,288人(単体)

URL

https://corp.rakuten.co.jp/

 

3位|NTT

NTTは複数のグループ会社がランクインした形になりましたが、日本の通信事業を担う巨大企業になるため、高い技術力と圧倒的な安定感が人気の要因となりました。

 

また、社員の充実度や一緒に仕事をした際の印象の良さもランクインの要因としてみられています。

 

社名

日本電信電話株式会社

本社所在地

東京都千代田区大手町一丁目5番1号 大手町ファーストスクエア イーストタワー

設立

1985年4月1日

資本金

9,380億円(グループ全体)

従業員数

319,050人(グループ全体)

URL

https://www.ntt.co.jp/index.html

 

4位|日本マイクロソフト

日本マイクロソフトも外資系企業の日本支社となりますが、Windowsを中心としたOSの代表的企業ですから、高い技術力は約束されています。

 

労働時間や年功序列のように長く働くことだけが評価に繋がらずに、結果がしっかり評価されるような外資系企業に多い評価基準もキャリアアップを目指すエンジニアにも人気のようです。

 

社名

日本マイクロソフト株式会社

本社所在地

東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー

設立

1986年2月

資本金

4億9,950万円

従業員数

2,485人(日本のみ)

URL

https://www.microsoft.com/ja-jp

 

5位|ソニー

ソニーも日本発の巨大企業で、電子機器やゲームなどのハードウェアだけにとどまらず、映画や音楽などのエンタメ事業も手掛けます。日本の企業として世界に通用する技術力は、エンジニアであれば憧れるものがあります。

 

社名

ソニー株式会社

本社所在地

東京都港区港南1-7-1

設立

1946年5月7日

資本金

8,802億円(グループ全体)

従業員数

111,700人(グループ全体)

URL

https://www.sony.co.jp/

 

 

エンジニアが利用すべき転職サイト・エージェントランキングTOP7

エンジニアに人気の企業ランキングをご紹介しましたが、どこも大企業で、求人数には限りがあります。もちろん、狙って人気で働きがいのある企業に転職することが一番なのですが、今回のランキング以外にも労働条件や働きがいで満足できる企業は数多くあります。

 

むしろ、ランキングにはないベンチャー企業にも、これからの可能性を大きく秘めた会社も多くあります(ランキング上位のグーグルや楽天も創業からわずか20年しか経っていません)。

 

大事なことは、転職後に後悔しないような納得できる転職をさせることにあります。そのためには、求人情報を多く集める転職サイトや、転職のサポートを行ってくれる転職エージェントの存在が必要不可欠になるでしょう。

 

 

転職エージェント

転職サイト

手軽さ

カウンセリングを行って一緒にキャリアプランを立てていく。

求人応募、面接時期を自分で決められる分、手軽さがある。

求人数

キャリアプランに合った求人を厳選して紹介。非公開求人も多数。

非公開求人以外はすべて応募が可能。

企業の情報量

求人サイトには載っていない企業文化なども知ることができる。

求人サイトで公開している情報のみ確認可能。

サポート体制

適性と希望を理解した上で最適な業界、職種、企業をコンサルタントが一緒に考えてくれる。

転職のノウハウなどを読んで、自分で転職活動を行う。

交渉
面接設定

企業への応募から面接設定、入社の条件交渉などもキャリアコンサルタントがすべて行う。

応募や面接設定、給与交渉などすべて自分で行う。

入社成功率

職務経歴書の書き方から面接対策、採用担当者が見ているポイントなどをアドバイスしてくれるため、内定率が格段に上がる。

求人サイトや他の情報源から学んだことを活かして面接に挑む。頑張り次第でしっかりと入社を勝ち取ることができる。

 

転職エージェントと転職サイトの違いをまとめると上記の通りですが、いくつかの転職サービスを利用しながら、満足できる転職先企業を見つけていきましょう。

 

こちらでは、エンジニアにおすすめの転職エージェントや転職サイトを7つご紹介します。

 

 

 

 

Geekly

 

特にエンジニアとしての経験が十分にある方の転職では、転職エージェント『Geekly』がおすすめです。IT・Web・ゲーム業界に特化しており、その分野での知識は十分に期待でき、理想とする会社の提案やマッチングも可能です。

 

ただ、関東圏内が主な対象となっているので、関東以外の方は他の転職エージェントを優先させてください。

 

 

 

レバテックキャリア

 

『レバテックキャリア』も経験向けの転職エージェントで、エンジニア向けの求人のみを専門で取り扱っています。エンジニア向けに特化していることで、コンサルタントのエンジニアに対する高い理解度を望むことができます。

 

企業の人事だけでなく、現場のプロジェクトマネージャーとも人材に関する情報を共有しており、マッチングの制度も高めることができるようになっています。

 

また、普段から企業と信頼関係を築いてきているので、内定までの時間を最短9日まで短縮でき、スピーディーに転職したい人におすすめです。

 

 

 

マイナビエージェントIT

 

転職市場では最大手となるマイナビが運営するエンジニア向けの転職エージェントが『マイナビエージェントIT』です。最大手ならではの求人数の多さが魅力的で、ベンチャー企業から大手企業まで、様々な求人の紹介を受けることができます。

 

また、キャリアアドバイザーのサポートに定評があり、転職希望者と面談を行ない、対面で今までのキャリアや転職先の希望などのヒアリングをしてくれます。「1人で転職活動をするのが不安」「手厚いサポートを受けながら転職したい」という人におすすめの転職エージェントです。

 

 

 

ワークポート

『転職コンシェルジュ』という呼び方で、よりきめ細かい転職サポートを行ってくれる転職エージェントが『ワークポート』です。

 

エンジニアやIT業界に特化しているというわけではありませんが、IT・ゲームやエンジニア職の求人はもともと多くなっていますので、気になる求人の紹介も期待できるでしょう。

 

 

パソナキャリア

 

『パソナキャリア』は、きめ細かいサービスに定評がある転職エージェントで、特にIT業界や転職そのものに初挑戦する方にはおすすめの転職エージェントとなります。

 

こちらもIT・エンジニアに特化しているエージェントではありませんが、求人数が多く約7,000の求人は常時取り扱っています。

 

『パソナテック』というIT派遣事業も運営しており、IT業界に対してのノウハウの蓄積があります。面接の時にアピールすべきポイント、業界のトレンド、など未経験者に不足しがちな有益な情報を得られることでしょう。

 

 

 

リクルートエージェント

『リクルートエージェント』は、転職業界大手のリクルートが手掛ける転職エージェントです。

 

エンジニア専門の転職エージェントではありませんが、Webエンジニア専門チームが設けられています。エンジニアの方の利用であれば、専門チームのコンサルタントが担当者になってくれるので、業界知識に関しては心配不要です。

 

doda

 

『doda』に関しては、転職サイトという形でご紹介しますが、「アプリケーションエンジニア」「webサービス系エンジニア」「セキュリティエンジニア」といったように、分野ごとに求人を探していけるので、非常に使い勝手のよいサイトです。

 

エージェントに登録して担当者からの返答を待つ間、余裕があればご自身でも求人をいくつかチェックしてみましょう。

 

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

エンジニアが転職を成功させるためのポイント

ここまで、エンジニアに人気の企業ランキングやおすすめ転職エージェントをご紹介してきましたが、転職を成功させるためには、ご自身の事前準備も大事になります。

 

最後に、エンジニアが転職を成功させるためにこれだけは準備しておきたい3つのことについてご説明します。

 

 

 

転職先に求める条件を明確にして優先度の順位付けまでしておく

エンジニアに人気の企業はすでにご紹介していますが、皆さん何かしらの理由があってその企業を良いと思っているわけです。

 

『どの企業が良いか』よりも『どういう職場で働きたいのか』を明確にしておきましょう。

 

その時の状況、年齢、家族状況などによって何が大事になるかの優先度も違ってきますので、『これだけは譲れない』という優先度が高い条件を具体的な数字に落とし込んで決めておきましょう。

 

そうすることで、転職エージェントなどから求人を紹介してもらうときも、お互いの思い違いが生じにくくなります。

 

主に決めておくべき項目は以下の内容があります。

 

  1. 年収アップ
  2. 人間関係の良さ
  3. スキルが身につく
  4. 将来性がある
  5. 安定している
  6. 残業が少ない
  7. ネームバリューや企業規模

 

自分が持っているスキルをまとめておく

厳しいことを言いますが、いくら理想を掲げてもご自身のスキルが求められていないようであれば、簡単には採用されません…。

 

ご自身のこれまでの経験やスキルなどをしっかり棚卸して、まずはコンサルタントに伝えられるようにしておきましょう。

 

まだどうしても技術が追いつかないようであれば、今の職場でもう少し経験を積んでみたり、条件を少し下げた企業にいったん転職して、経験を積んだ後に理想とする会社に再転職する判断もできますね。

 

転職エージェントの複数の利用は必須

今回7つの転職エージェントや転職サイトをご紹介しましたが、できることなら複数の転職エージェントに登録してみてください。

 

まず、転職エージェントによって取り扱っている求人に違いがあります。Aではなかった理想の求人がBの転職エージェントでは取り扱っているかもしれません。そのような機会損失をしないためにも、複数の転職エージェント登録はおすすめです。

 

また、担当になるコンサルタントによって当たりはずれがあります。評判が良い転職エージェントでも、コンサルタントとの相性がいまいちの場合は十分にあります。

 

わざわざ相性が悪いコンサルタントとやり取りを続ける必要はありません。他のエージェントも試してみたいと思った時にすぐに切り替えられるためにも、複数の転職エージェントに登録して実際に比較してみると良いでしょう。

 

 

 

 

まとめ

エンジニアの転職に人気の企業ランキングでは、グーグルが圧倒的な1位となりました。

 

自由な働き方や高い技術力、労働条件の良さなどが人気の秘訣だと考えられます。しかし、グーグルに転職できる方は限りがあります…。

 

もちろん、グーグル以外にも良い企業、成長ができる企業は数多くあります。人生の中でそう何度もない転職活動だからこそ、後悔しないようにしっかり準備して、転職エージェントなどをうまく活用しながら転職を成功させていってください。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

IT・エンジニアの転職に関する新着コラム

IT・エンジニアの転職に関する人気のコラム


IT・エンジニアの転職コラム一覧へ戻る