トップ > 転職ガイド一覧 > 資格講座 > ITパスポート取得におすすめの講座5選|講座の必要性や試験の難易度についても解説

ITパスポート取得におすすめの講座5選|講座の必要性や試験の難易度についても解説

IT・エンジニアの転職
資格講座

今や業務上ITが全く関係しない仕事は珍しいとも言えるようになってきましたね。

 

いわゆるIT企業と言われる会社でなくても、日々の業務でもIT技術は使いますし、今後もより身近なものになってきます。

 

ITパスポートは、そのIT・情報処理に関する基礎中の基礎の試験となっており、幅広い職業でアピールできる資格の1つです。また、国家資格であることも大きな強みです。

 

今回は、ITパスポート試験の合格率を高めてくれるおすすめ通信講座を5つご紹介します。

 

 

ITパスポートとは?ITパスポート試験の概要や難易度

冒頭でもご説明したように、ITパスポートとは、情報処理推進機構による情報処理に関する知識の入門的な試験で、国家資格となります。

 

ただ、幅広い職業で役に立つ一方、SEなどの専門性が問われる職業では、基本的すぎて特に評価されるような資格ではない点は覚えておきましょう。

 

IT業界で活躍されたいのであれば、今後『基本情報技術者試験』や『情報処理安全確保士』などのより難易度が高い試験合格を目指していくべきでしょう。そのための入門編としてまずITパスポートに挑戦する人も多いです。

参考:ITパスポート試験

 

ITパスポート試験の日程

ITパスポート試験は全国各地で実施されており、毎年春と秋の2回実施されます。開催地域によって多少の日にちの違いがあるため、詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考:試験開催状況一覧|ITパスポート

 

ITパスポート試験の合格率

ITパスポート試験の合格率は、毎年50%前後となっています。情報処理推進機構による他の国家資格の中でも難易度が低い部類に入りますが、それでも合格率は半々なので、しっかり勉強して確実に合格できるように準備しておきたいですね。

 

ITパスポート試験合格に必要な時間

ITパスポートで合格するためには、一般的に100時間程度の学習時間が必要と言われています。基本的には次回の試験に向けて、2~3ヶ月前から勉強を始めていくことが多いです。

 

ただ、これは情報処理に関する知識が全くない人の話で、ある程度基礎知識を持っている方は、20時間程度の勉強だけで合格できるくらいの難易度です。

 

繰り返しますが、情報処理に関する入門編の資格といったところですね。

 

 

ITパスポートで通信講座が必要なケースとメリット

ここまでITパスポ-トがどのような資格なのかを簡単にご説明しましたが、実際にITパスポート試験に合格するために、通信講座は利用した方がよいのかどうかを解説します。

 

独学でも十分に合格は狙える

まず、著者個人的な考えですが、ITパスポート試験に合格するために、通信講座の必要性は決して高いとは思いません

 

100時間の学習時間であれば、2~3ヶ月みっちり勉強すれば、独学でも十分でしょうし、出題範囲が広すぎどこから勉強すれば分からないとなることも少ないからです。

 

市販のテキストも数多く揃えてあり、テキストと問題集だけなら通信講座にするよりも安く済むことが多いです。

 

通信講座がおすすめの人

  1. 何としても次回の試験で合格したい
  2. 情報処理に関する知識が全くない
  3. 1ヶ月程度の短期間で試験に挑む

 

このような方は、時間短縮して効率学習のために通信講座を検討してみ見ても良いでしょう。

 

学習補助としての活用はできる

また、独学にプラスして学習補助としての通信講座を使う方法もあります。通信講座の中には便利な機能を搭載したものも多く出てきており、スマホ1つで移動中に講義を聞くこともできます。

 

移動時間などのわずかな時間でも、情報処理の知識に触れておくことで、ITパスポ-ト試験の合格率も上がるでしょうし、なによりご自身での理解度も高まることでしょう。

 

日々のちょっとした時間でも勉強を取り入れたい方は通信講座を一度検討してみて下さい。

 

価格はだいたい1~2万円|初学者や確実に合格したい人にはおすすめ

具体的なITパスポ-ト試験に対応した通信講座のプラン・価格は後述しますが、だいたいどれも1~2万円程度の価格設定にしてあります。

 

決して高すぎるというほどでも無いので、先ほどもお伝えしたように、何としても合格したい方や、時間短縮して効率的に学びたい方には通信講座も十分におすすめです。

 

 

ITパスポ-ト試験合格のためのおすすめ通信講座5選

こちらではITパスポ-ト試験合格を目指す方に、おすすめの通信講座を5つご紹介します。

 

上記でもお伝えした、

 

  • 何としても次回の試験で合格したい
  • 情報処理に関する知識が全くない
  • 1ヶ月程度の短期間で試験に挑む

 

このような方は通信講座の必要性も高くなってきますので、積極的にチェックしてみてください。

 

ITパスポ-ト試験対策の通信講座は、どこもシンプルでコースはだいたい1つか2つです。価格も1~2万円。安いところだと1万円未満ですので、気になる通信講座があれば公式サイトもぜひチェックしてみてください。

 

通信講座によっては、無料体験や資料請求もありますので、実際の使い心地や講義内容を確認することもできます。

 

スタディング|スマホ学習に特化!低価格で利用しやすい

公式サイト:https://studying.jp/itpassport/

 

スタディングは何と言っても圧倒的に安い価格設定が魅力的で、通信講座なのに1万円未満の低価格を実現しています。ITパスポ-ト試験の通信講座の価格相場は1~2万円程度ですから、格安と言えますね。

 

また、スマホ・パソコンでの使いやすさに力を入れており、通勤途中や待ち時間などの『ながら学習』もしやすくなっています。

 

家で勉強する時は、テキストの問題集を解いていきながら、通勤・外出時の空いた時間にスタディングで追加学習をするような使い方もできますね。

 

無料体験版も充実していますので、ぜひ一度使い勝手を試してみてください。

 

スタディングの特徴

  1. 安くて利用しやすい
  2. スマホ・パソコンでの使いやすさ
  3. 無料体験版あり
  4. 合格お祝い(Amazonギフト券2,000円分)あり

 

上でもお伝えした、『安い』『使いやすい』も大きな特徴ですが、合格お祝いがある点も魅力的です。合格してアンケートに答えた方は、2,000円のAmazonギフト券を貰うことができます(2022年試験まで)。

 

仮に合格してお祝いをもらうことを前提で利用したとすれば、実質5,980円(税別)で通信講座を受けられますので、かなり安いですね。

 

コースの内容と費用

ITパスポート合格コース

7,980円

※価格は税別です。

 

スタディングのITパスポ-ト試験講座は、税別7,980円です。後述にて他の通信講座もご紹介しますが、安さで言えばかなり安い部類に入ります。

 

補助的な使い方もしやすい価格帯ですし、これ1つでも合格に向けた勉強をすることも十分可能です。決して難易度が高いわけではないITパスポ-ト試験だからこそ、これくらいライトな通信講座をまず第一におすすめしました。

公式サイト:https://studying.jp/itpassport/

 

フォーサイト|高い合格率と見やすいテキスト

公式サイト:https://www.foresight.jp/it/

 

フォーサイトはITパスポ-ト試験において、全国平均の1.55倍を誇る合格率を出している通信講座です。1度の試験で確実に合格したいと考えている方にはおすすめの通信講座です。

 

また、フォーサイトの特徴として見やすいテキストが非常に評判が良いです。フォーサイトは他の通信講座もいくつもやっているのですが、フルカラーテキストが分かりやすいとの声をよく耳にします。

 

ITパスポ-ト試験に限っては、2021年度試験対策からテキストを一新しており、さらに見やすくなっているのではないかと思います。公式サイトからもサンプルを見ることができますので、気になる方は参考にしてみてください。

 

フォーサイトの特徴

  1. 高い合格率
  2. テキストが好評
  3. 分割払い可能
  4. 質問に対するレスポンスが早い
  5. 合格お祝い(Amazonギフトコード1,500円分)あり

 

上記で触れた以外の特徴だと、質問に対してすぐに反応が返ってくることが多いようです。通信講座と独学の大きな違いの1つに、分からないことがあった時に質問ができる点にありますので、講師への質問もぜひ有効活用してみてください。

 

また、フォーサイトでも合格お祝いとしてAmazonギフトコード1,500円分があります。

 

コースの内容と費用

逆算プラン

14,800円

※価格は税別です。

 

フォーサイトのITパスポ-ト試験講座の価格は、まさに平均的な価格帯と言えます。分割払いも可能で、月々数千円で利用も可能です。

 

また、今回は割引などありませんでしたが、フォーサイトの他の通信講座では、定期的に割引キャンペーンを実施していることが多く、特に試験直前になると割引し始める傾向が多いようです。

 

もし、試験直前に駆け込みで通信講座を検討している方がいましたら、割引していないかどうかも要チェックですね。

公式サイト:https://www.foresight.jp/it/

 

資格スクエア|低価格で必要最低限の内容を詰め込んだ講義

公式サイト:https://www.shikaku-square.com/

 

資格スクエアでは、9,720円(税込)でITパスポ-ト試験講座を受けることができます。さらに、今なら2021年3月31日まで30%OFFの割引キャンペーン中で、6,804円(税別)となります。

 

これは、最初にご紹介したスタディングよりも安い価格となり、今回ご紹介するITパスポ-ト試験の通信講座の中で最安値となります。

 

教材は、テキスト1冊と15分×43回の講座で構成されており、主に講座を見ながら学習を進めていく形です。1コマ15分と言うと短いようにも感じますが、必要最低限に絞って凝縮したことによって、ちょっとしたスキマ時間でも講義を聞きやすいような設計がされている点が特徴です。

 

資格スクエアの特徴

  1. 30%OFFキャンペーン中(3月31日まで)
  2. 15分×43回の講座

 

コースの内容と費用

ITパスポート講座

9,720円→【期間限定】6,804円

※価格は税込です。

 

2020年現在、資格スクエアのITパスポ-ト試験講座は30%OFFキャンペーンを実施しており、税込6,804円で利用することができます。これは、今回ご紹介するITパスポ-ト試験の通信講座の中で一番安い価格になっています。

 

短い時間の講義で知識を高めていく形となりますので、自主学習に対する補助やスキマ時間で知識を高めるために活用されてみてください。

公式サイト:https://www.shikaku-square.com/

 

ユーキャン|初学者でも安心の充実の通信講座

公式サイト:https://www.u-can.co.jp/

 

通信講座として知名度が高いユーキャンでも、ITパスポ-ト試験に対応した通信講座があります。価格は26,000円(税込)と、強気の価格設定ですが、10カ月の分割払いによって月々2,680円からの利用も可能です。

 

講座の内容は、主に初めて情報処理に関する試験に挑戦する方でも合格できるプログラムとなっており、4ヶ月かけて一通りを学んでいく形になります。

 

教材は、メインテキスト1冊とWEB教材、過去問800問が収録されたCD-ROMとなっています。模擬試験2回と終了課題1回で、それぞれ添削を受けながら試験対策を行うこともでき、内容はかなり充実しています。

 

ユーキャンの特徴

  1. 分割払い可能
  2. 合計3回の添削
  3. 約800問の過去問CD-ROM付き

 

コースの内容と費用

ITパスポート講座

26,000円

※価格は税込です。

 

ユーキャンのITパスポ-ト試験講座の価格は26,000円(税込)となっています。繰り返しますが、10回の分割払いも可能で月2,680(税込)で始めることもできます。

 

TAC|価格は高めだがサポートが充実

公式サイト:https://www.tac-school.co.jp/kouza_joho/joho_crs_idx.html

 

資格の学校TACでは、全国に教室を構えているので、通信講座だけではなく通学制で講座を受けることも可能です。講師との距離が近いため、分からないことがあればすぐに質問できることが魅力的です。

 

また、ITパスポ-ト試験では珍しく複数のコースが用意されており、他の資格取得を一緒に目指したり、ITに関する知識を幅広く高めていけるようなコースもあります。

 

例えば、ITパスポート(本科生)&簿記3級(合格本科生)合格パックでは、ITパスポ-ト試験に併せて、こちらも就職のシーンで人気の簿記3級を一緒に学んでいくことができます。

 

特にITに強いこだわりがなく、とにかく就職に役立つ資格をたくさん取っておこうと考えている方にはお得ですね。

 

TACの特徴

  1. 通学での利用も可能
  2. 選べるコースが多数
  3. 他の資格とのセット学習もあり

 

コースの内容と費用

ITパスポート本科生

25,000円

ITビギナーズパック

39,000円

※価格は税込です。

 

TACのITパスポ-ト試験講座は、他の通信講座に比べると少し高めの料金設定です。一方で、教室に通って学習することもでき、ご自身の状況に合わせて学習方法を取ることができます。

 

WEB教材で一方的に情報を得ながら学習するよりも、講師に質問しながら学んでいきたい方はTACも候補に上がるかと思います。

 

 

まとめ

ITパスポ-ト試験は、幅広い職業で求められる知識を学べ、これからも活躍の場が広がっていくであろう資格の1つです。情報処理に関する資格の中では入門編になりますが、それでも合格率50%程度で、不合格もあり得る試験です。

 

初めて情報処理の試験を受ける方や、短期間で合格を目指す方などは、ぜひ通信講座を上手く活用しながら効率的に学習を進めていってください。安いものであれば6,000円程度で利用できますし、スマホでスキマ時間にちょっとだけ講義を聞くような学習スタイルを取ることもできます。

 

公式サイトに行けば、無料お試しや資料請求もありますので、気になる通信講座があった方は、ぜひ一度無料でお試しください。

この記事の執筆者
キャリズム編集部

転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

同じカテゴリの転職コラム
  • 新着コラム
  • 人気コラム
  • おすすめコラム