あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
エンジニアが年収を上げる最善の方法とは|転職やフリーランスに強いエージェントも紹介!
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 96 Office info 165 Office info 76 Office info 116
Ranking agent btn

エンジニアが年収を上げる最善の方法とは|転職やフリーランスに強いエージェントも紹介!

キャリズム編集部
監修記事
Pixta 49410951 s

エンジニアとして働いている皆さんは、現状の自分の年収に満足していますか?

 

物足りなく感じ、収入を上げたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、エンジニアが年収を上げる方法について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

エンジニアの職種別に見た平均年収はいくら?

そもそも、周りのエンジニアたちがどれくらいのお給料ももらっているかご存知でしょうか。

 

エンジニアの平均年収がいくらなのか、エンジニアの平均年収を職種ごとにまとめていた、大手転職サイト、『マイナビエージェント』のデータを参考に、ご紹介します。

 

システムエンジニアの場合

システムエンジニアの平均年収は、443万円。SEとも呼ばれ、ソフトウェアの開発全体を管理する役割を担います。

 

システムエンジニアの収入は、スキルや雇用形態、労働時間によって個人差も大きいようです。

 

サーバーエンジニアの場合

サーバーエンジニアの平均年収は465万円 。その名の通り、サーバーの管理が主な仕事です。

 

社内SEの場合

社内SEや社内システム企画の平均年収は、516万円です。企業内の様々なシステムの開発・運用を担う仕事です。

 

20代のエンジニアの平均年収は?

次に、20代のエンジニアの平均年収をリサーチしてみました。同世代のエンジニアがどれくらい稼いでいるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

 

大手転職エージェント「doda」が運営するキャリアコンパスによると、20代のSEやプログラマの平均年収は、365万円

 

働き始めたばかりの20代前半なら300万円台前半を、仕事にも十分慣れた20代後半なら400万円弱くらいなら平均的な年収といえるのではないでしょうか。

 

将来の年収はどれくらい?

10年後、20年後の自分がどれくらいの収入を得ているのかイメージできますか?

 

将来の年収の目安も、同年代の平均年収と同様気になる人が多いのではないでしょうか。

 

エンジニアとして働き続けた場合、将来の年収はどれくらいになるのか、政府によって行われた「賃金構造基本統計調査の職種別賃金額」を基に計算してみましょう。

 

「賃金構造基本統計調査の職種別賃金額」によるとシステムエンジニアの給与の平均(平成27年度)は、

 

  • 所定内給与額(月額)は、34万9千円
  • 年間賞与その他特別給与額は、111万6千円

 

なので、合計で、34.9×12+111.6=530.4(万円)と概算されます。

 

全世代のシステムエンジニアの平均年収が約530万円ということは、将来的には5~600万円代の年収が現実的な数字といえるのではないでしょうか。

 

他の職種の20代の平均年収は?

他の業界で働いている20代の平均年収も合わせてチェックしてみましょう。

 

システムエンジニア以外の仕事をしている人の収入はどれくらいなのでしょうか。

 

20代の平均年収

職種

平均年収

商社(営業)

360万円

銀行・証券(法人営業)

444万円

銀行・証券(リテール営業)

380万円

コンサルタント

506万円

事務・アシスタント

282万円

建築(設計)

317万円

Webデザイナー

294万円

福祉・介護

275万円

 

20代エンジニアで年収の高い職種は?

同じエンジニアでも職種によって収入は異なります。システムエンジニアなどと比べて年収の高い職種には次のようなものがあります。

 

同じエンジニアでも職種によって収入は異なります。システムエンジニアなどと比べて年収の高い職種には次のようなものがあります。

 

ITコンサルタント

ITに関する知識を活かしたコンサルタントです。平均年収も高く、473万円 となっています。

 

プロジェクトマネージャー

マネジメントの経験やスキルがあれば収入アップに繋がります。

 

平均年収は491万円。20代後半のシステムエンジニアと比べても、100万円くらい高いですね。

 

転職してエンジニアの年収が上がった事例

転職して収入を上げることに成功したエンジニアの事例をご紹介します。

 

➀年収120万円アップした事例

仕事の合間にCISSP(セキュリティ プロフェッショナル認定資格)など難関の資格を取得していることを評価され、また口下手で苦手だった面接の対策をして、大手企業への転職に成功。

 

  • 転職前:中堅システムインテグレーターのシステムエンジニア、年収480万円
  • 転職後:大手システムインテグレーターのシステムエンジニア、年収600万円

 

➁大手ゲーム会社へ転職し年収アップした事例

給与体系やプロジェクトの進め方に疑問を感じ転職。これまでの経験がそのままいかせる大手ゲーム会社へ転職して、具体的な金額は不明ですが年収を上げることに成功。

 

  • 転職前:コンシューマーゲームの開発エンジニア、新卒入社後7年間ほとんど給与が上がらない
  • 転職後:大手コンシューマーゲームの開発エンジニア、給与アップ

 

エンジニアが転職して年収を上げるためのポイント

エンジニアは、転職する際にどのような点に気をつければ、収入アップさせることができるのでしょうか。エンジニアが転職で年収を上げるポイントには、次のようなものがあります。

 

①スキルアップ

エンジニアの年収は、自分自身のスキルに大きく左右されることがあります。

 

この後に紹介する

・社内での出世

・フリーランス

・転職

 

のいずれの方法で年収を上げるとしても、高いスキルは絶対に大きな武器となります。

 

エンジニアに求められる能力は多岐にわたります。

 

  1. クライアントとの交渉やメンバーとのコミュニケーションを円滑に行うスキル
  2. システムやプログラミング言語に関する知識
  3. 論理的に考える習慣 など

 

こうしたスキルを伸ばして、自分自身のエンジニアとしての価値を上げるようにしましょう。

 

また、「基本情報技術者試験・応用情報技術者試験」や「マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP)」、「ITコーディネータ」などの資格を取るのもオススメです。

 

②社内での出世

同じ会社で働いていても、役職などによってもらえる給料は異なります。そのため年収を上げるためには、社内での出世を目指すというのも一つの手段です。

 

社内で出世してより高い立場を目指し、より責任のある仕事を任されるようになれば、自ずと給料も上がってきます。

 

上流工程に関われるような出世

今取り組んでいる仕事のスキルを磨くことも大切ですが、年収を上げるためには上流工程に携われるようになることも重要なのです。

 

基本的には、上流の工程に関わる人の方が収入は高くなる傾向があります。そのため、上流工程に関われるようになることを意識して転職をすると年収アップにも繋げやすくなります。

 

具体的には、大規模プロジェクトに参加して経験を積める職場や上流工程に携わりやすい大手への転職が近道です。

 

マネジメント経験を積む

ただ単にIT関連のスキルを伸ばすだけでなく、マネジメントのスキルも身に着けられるとより収入を上げるチャンスは増えます。

 

開発チーム全体をマネジメントする経験があるエンジニアは高く評価されます。

 

転職時にも、マネジメントの経験が積めそうかという視点で会社を選ぶと良いかもしれませんね。

 

ブロックチューンなど最新技術を扱う企業への転職

年収1000万円を超える可能性があるとはいえ、フリーランスは不安定でちょっと……という方には転職がおすすめです。

 

エンジニアが年収を上げる方法として最も代表的な手段でもあります。

 

自分のスキルや経験をより高く評価してもらえる会社や待遇が良い会社に転職すれば、着実なキャリアアップを図ることが可能です。

 

また、これから伸びていく業界を見極めて転職するのも有効な方法です。

 

最新技術を扱い、今後業績が拡大することが望める企業で活躍すれば、その会社での給料が上がることが期待できるだけでなく、自分自身のエンジニアとしての価値も高まります。

 

そのため、将来性のある技術を学べる企業を選ぶことも重要なのです。

 

現在注目されている最新技術には、

 

  1. ブロックチェーンなどのフィンテック技術
  2. フードテックやヘルステックなど、何かとICT技術を掛け合わせたジャンル
  3. AIやディープラーニング

 

などがあります。

 

③フリーランス

会社を辞めて、フリーランスのエンジニアとして活動するという選択肢もあります。

 

専門的なスキルを身に着ければ高単価の案件も受注できるようになりますし、なかには年収1000万円以上を稼ぐフリーランスエンジニアもいます。

 

自分のスキルに自信があり、大きく年収をアップさせたいという方は、フリーランスも検討してはいかがでしょうか。

 

またより自由なスタイルで仕事ができるというのは、お金には代えられない大きな魅力かもしれません。

 

転職で年収を上げたいエンジニア必見!オススメ転職エージェント3選

年収アップを目指して転職したい!でも、具体的にどうすればいいのか分からない……。

 

そういう人にオススメなのが転職エージェントへの相談です。

 

転職エージェントでは、年収を始めとした希望の条件を伝えることで、あなたのニーズにマッチした求人を紹介してもらうことができます。

 

また、面接対策や転職先の企業との条件交渉の代行など、充実したサポートも無料で受けることが可能となっています。

 

オススメ転職エージェントを3つ紹介するので、ぜひ活用してみてください。

 

レバテックキャリア

 

最初に紹介するのは「レバテックキャリア」という転職エージェントです。

 

IT業界特化のエージェントで、エンジニア向けの求人のみを扱っています。

 

IT業界の事情にも精通しているので転職の相談もしやすく、利用者の希望やスキル、経験などにあった求人を紹介してくれます。

 

利用者一人ひとりへのサポートも手厚く、転職活動をどうやって進めていくのか丁寧な面談をしてくれます。

 

また企業の調査にも力を入れているので、求人に応募したあとも効果的なアドバイスをもらえます。

 

対応地域が首都圏や関西、福岡のみなので地方の案件に弱いという欠点はありますが、対応地域で転職を考えている人にはあまり関係ありません。

 

転職を考えているエンジニアの皆さんにはぜひオススメしたい転職エージェントのひとつです。

 

Geekly

 

IT業界やWeb、ゲーム業界専門の転職エージェントです。

 

登録者に配布している面接攻略マニュアルを始め、転職活動に不慣れな人を支えてくれるサービスが充実しています。

 

転職決定までのスピード感が圧倒的に早く、最短で登録から1ヶ月程度で内定まで辿り着いたケースもあるそうです。

 

アドバイザーもIT業界出身の方が多く、応募者のスキルをしっかり見極めて転職先を選定してくれるため、転職後のミスマッチも少なく、利用者満足度の高いエージェントです。

 

筆者も『Geekly』を利用した際は、担当アドバイザーさんの能力が高く、希望した条件の求人だけではなく、これから伸びるであろう業界の求人を開く

募集はしていないが、こんな人材を取っておいた方が良いという採用コンサル

までやってくれました。

 

求人を紹介する企業の情報をしっかりと把握しているので、転職希望者への提案力が高く、ミスマッチを防ぎやいのも魅力。

 

マイナビエージェントIT

 

続いて紹介するのは、「マイナビエージェントIT」です。

 

こちらは、新卒向け就活サイトなどでもお馴染みの「マイナビ」が展開するIT業界に特化した転職エージェント。

 

業界トップクラスの求人数を誇るので、転職者にとって選択の幅が広いのも魅力的。

 

誰もが聞いたことのあるような大手企業から、地方の企業や将来性抜群のベンチャー企業まで幅広くそろえています

 

サポートも手厚く、キャリアアドバイザーは親身になって転職活動の助けになってくれると評判です。企業に提出する履歴書などの添削や面接の準備、推薦状などの存在は心強いですよね。

 

また給与や入社日などの交渉もアドバイザーが代行してくれます。

 

大手ならではの充実した安定感もあるサービスを望む方にピッタリのエージェントです。

 

doda

最後に紹介するのは、リクルートと並ぶ業界最大手のエージェントサービスです。

 

大手転職サイト「doda」を運営している国内2位のエージェントです。

 

ここまで紹介してきた2つのエージェントとは異なり、IT特化ではありませんがその分規模も大きく、扱っている求人の数・質ともに優れ、サポートも充実しています。

 

転職に関するノウハウもしっかりと蓄積されているので、転職に関するアドバイスは大きな助けとなってくれるはずですよ。

 

転職イベントなども開催しているので、転職活動が始めてで不安だという方はぜひ利用してみてください。

 

 

 

 

エンジニアの年収を上げるのは転職だけではない

収入アップの方法は、なにも転職することだけではありません。

 

エンジニアが自分のスキルを活かして年収を上げる主な方法には、次のようなものがあります。

 

①フリーランスエンジニアになる

今の会社を辞めて新しい会社に入るのではなく、フリーランスとして活動するというのもひとつの選択肢です。

 

自分のスキルを活かして高単価の案件を受注できれば、年収1000万円以上も目指すことができます。

 

また、自由な働き方が可能だというのも大きな魅力ですね。

 

②起業する

思い切って起業するというのはいかがでしょうか。確かに、転職やフリーランスと比べるとリスクは高いでしょう。

 

しかし、その分成功した時のリターンは計り知れないものがあります。うまくいけば年収が数百倍にアップさせることだって可能かもしれません。

 

高年収を狙うフリーランスエンジニアを目指すならオススメのエージェント3選

フリーランスとして収入アップを目指す人は、フリーランスエンジニア向けのエージェントの利用をオススメします。

 

こちらではオススメできるエージェントを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

レバテックフリーランス

 

フリーランスエンジニア専門のエージェントの中で最大級の規模を誇るのが、この「レバテックフリーランス」です。

 

フリーランスとして活動するエンジニアの多くが登録しているエージェントなので、とりあえず登録しておいて間違いはないでしょう。

 

案件数が多く報酬も高水準でサービスも充実しています。

 

報酬の支払いが翌月15日と早いのもフリーランスにはありがたいポイントですね。

 

 

 

ポテパンフリーランス

続いて紹介するのは、「ポテパンフリーランス」です。

 

経験の浅いフリーランスエンジニア向けの案件も豊富なので、初心者の方にオススメです。

 

オウンドメディア「ポテパンスタイル」で発信している情報も、フリーランスには役立つものが盛りだくさん。

 

BTCエージェントfor エンジニア

「BTCエージェントfor エンジニア」では、スキルの高いフリーランスエンジニア向けの案件を多数取り扱っています。

 

高額の案件や非公開案件が豊富なので、経験があって高収入を目指す人にピッタリのエージェントです。

 

専任コンサルタントのサポートが受けられるのもありがたいですよね。

 

まとめ

エンジニアが年収を上げる方法は、フリーランスエンジニアになったり、起業したりと様々なものがあります。なかでも安定して着実に年収を上げられるのが転職。

 

今回の記事で解説した平均年収などと比較して、自分ももっと収入を上げられるのではないかと思った方は転職によるキャリアアップを考えてみてはいかがでしょうか。

 

参照元一覧

マイナビエージェント

doda

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

IT・エンジニアの転職に関する新着コラム

IT・エンジニアの転職に関する人気のコラム


IT・エンジニアの転職コラム一覧へ戻る