あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
第二新卒未経験でエンジニアに転職するのが簡単な5つの理由
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 96 Office info 176 Office info 186 Office info 165
Ranking agent btn

第二新卒未経験でエンジニアに転職するのが簡単な5つの理由

キャリズム編集部
監修記事
Pixta 49131700 m

第二新卒が未経験でエンジニアに転職するのは「難しいのでは?」と思う方も多いでしょう。

 

ところが、第二新卒の方がエンジニアへの転職を目指す場合は、

 

  1. 「第二新卒」であること
  2. エンジニアに転職すること

 

の2つの要素が転職市場で有利に働くのです。

 

今回の記事では、第二新卒の未経験でのエンジニアの転職が成功しやすい理由とともに、転職の方法についても解説していきたいと思います。

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

第二新卒未経験でもエンジニアになれる3つの理由

これまでは主なエンジニアの種類についてご紹介しましたが、未経験者でもエンジニアになれるのでしょうか?

 

IT企業へ転職を検討している方は気になるところだと思いますのでみていきましょう。

 

未経験でも歓迎する企業が増えている

現在IT業界では深刻なエンジニア不足と言われています。経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2015年時点でIT人材の総数は約92万人となっており、すでに約17万人の人材が不足していると発表しています。

 

その数は今後も拡大していくことが予想され、2030年には約59万人のIT人材が足りなくなるという推定結果も出ています。そのため、一からエンジニアへ育成することを前提に未経験者歓迎のIT企業も増えています。

 

クラウドソーシングの発達

今では、クラウドワークスやランサーズなど、クラウドソーシング系のアプリが多く、駆け出しのエンジニアでも仕事ができる環境が整っています。

 

こうした背景からフリーランスが活躍し始め、誰でもエンジニアを目指せる体制が整いつつあります。

 

もちろん、単価はそこまで良いものではありませんが、エンジニアとして転職するまでの練習として利用してみても良いでしょう。

 

スクールやセミナーが充実

プログラミングスクールやIT系のセミナーが増え、高額ではありますが実践で使える内容を効率良く学ぶことができます。

 

未経験のエンジニアは壁にぶつかることが多く、挫折してしまうのはよくあることなので、その都度教えてくれる人がいるのは心強いですよね。

 

なかでも転職保証付きのスクールも多いので、短期間で集中して学習し、内定を勝ち取りましょう。

 

 

『第二新卒』で『エンジニア』なるメリットと転職が簡単な5つの理由

まずは、どうして「第二新卒」の方の転職はうまくいきやすいのか解説していきます。

 

第二新卒が企業に喜ばれる理由・メリット3つ

そもそも「第二新卒」とはどういう意味なのか知っていますか。第二新卒というのは、大学卒業後、新卒で就職をしたが、それから3年以内に転職しようとしている人のことを意味します。

 

だいたい22歳~25歳で、一度社会人として働いた経験がある人のことです。では、第二新卒は転職活動においてどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

短くても社会人経験がある

第二新卒の1つ目のメリットは、社会人として働いた経験があるという点です。

 

そのため、「仕事をする」とはどういうことかをある程度理解しています。どんな職種でも共通して必要となるビジネスマナーや仕事の仕方を身に着けていることは大きなメリットです。

 

働いたことが全くない新卒よりも、第二新卒を積極的に採用して新人教育の負担を減らしたいと考えている企業も多いようですよ。

 

転職者の中では若い

2つ目のメリットは、「若い」ということです。第二新卒の多くは22歳~25歳と若いので、新しく学ぶ姿勢が強く大きな成長が見込めます。

 

年配の方だと、過去の仕事の経験や固まってしまった考え方などが邪魔をして、新しい仕事に適応できないケースも多々あります。

 

社会人経験はあるものの。エンジニアとして働くうえで不必要な非効率な習慣を身に着けていないというのもひとつのメリットなのです。

 

政府が奨励している転職時期の人材

3つ目の理由は、第二新卒の採用が企業にとってメリットとなるという制度上の理由です。

 

第二新卒を採用した企業は、厚生労働省が支給する「特定求職者雇用開発助成金」を受け取れるのです。

 

どの企業も採用にかかるコストは抑えたいと思っています。第二新卒を採用し、一定期間働くと助成金が貰えるため、第二新卒の採用枠を増やす企業も多いようです。

 

採用枠が増えることは、採用率がダイレクトに上がります。この助成金の存在も、第二新卒にとって有利に働いているようですね。

 

第二新卒がエンジニアへの転職を歓迎される2つの理由

続いて、どうして「エンジニア」への転職がうまくいきやすい理由について説明していきます。

 

業界が人手不足

エンジニアへの転職がしやすい理由は、業界全体の「人手不足」にあります。様々な業界でエンジニアを必要としている現在では、経験者や新卒の採用だけでは人材が足りていません。

 

そのため、未経験でも採用する企業がどんどん増えているのです。なかでも第二新卒は、先ほど解説したように新しい仕事を学ぶ意欲が高く、最低限の社会人としての経験やスキルもあるので重宝されています。

 

システムエンジニア(SE)の求人が豊富

ちなみに、エンジニアと呼ばれる業種のなかでも特に求人が多いのは、システムエンジニア(SE)と呼ばれる職種のものとなっています。システムエンジニアは、顧客との話し合いを基に、どういったシステムを作るのかという設計段階から、完成させてテストするところまでを担う職種です。

 

プログラミングの知識だけでなく、顧客と交渉する能力も求められます。システム開発のプロジェクト全体の管理も行います。

 

システムエンジニア以外では、

  • インフラエンジニア(サーバーやネットワークの設計・構築・保守が仕事)
  • Webエンジニア(Webサービスやアプリケーションの開発や修正が仕事)

 

といった職種があります。

 

インフラエンジニアやWebエンジニアは、システムエンジニアよりプログラミング能力の要求レベルが高い職種です。

 

そのため、システムエンジニアと比較すると、未経験可の求人は少なめとなっています。

 

第二新卒が未経験でエンジニアを目指す場合は、システムエンジニアへの転職が最もメジャーな選択肢です。

 

 

エンジニア未経験の第二新卒が知るべき職種と仕事内容・年収事情

そもそもエンジニアとは、具体的にどんな仕事をしているのかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

一口にエンジニアと言っても、業務内容やスキルによって多くの種類が存在するので、ここでは主なエンジニアをご紹介していきます。

 

システムエンジニア

システムエンジニアとは、システム開発における提案から設計、開発、テストまで、一連の流れに携わるエンジニアで、ソフトウェアエンジニアとも呼ばれます。

 

システム開発には多くの人が関わってくるので、システムエンジニアは技術だけでなくコミュニケーション能力も求められる重要なエンジニアです。

 

システムエンジニアの平均年収は約300〜700万円です。

 

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、クライアントの目的に合わせたサーバーの台数や適切なスペックを設計し、構築、運用、保守までを行います。

 

OSやネットワークセキュリティ、グループウェアの知識が必要とされ、場合によってはアプリケーション開発の知識も求められるエンジニアです。

 

サーバーエンジニアの平均年収は約300〜700万円です。

 

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、データ通信に精通しているネットワークシステムの構築を行うエンジニアです。

 

ルータやスイッチ、DNS、メール、ファイアウォールなどの技術を用いて、コンピュータネットワークの設計から構築、運用、保守までを行います。

 

ネットワークエンジニアの平均年収は約400〜800万円です。

 

データベースエンジニア

データベースエンジニアとは、データベースやチューニングに関する知識を用いて、データベースの設計から、構築、運用、保守までを行います。

 

データベースのインストールや最適化をするのも業務の一つです。

 

データベースエンジニアの平均年収は約300〜700万円です。

 

プログラマー

プログラマーとは、これまで紹介したSEが作成した設計や仕様書をもとに、機能を実装するエンジニアです。

 

ソフトウェアエンジニアやコーダーとも呼ばれ、アプリケーションやWebなどのジャンル別で専門のプログラマーがいます。

 

基本的なスキルであるHTMLとCSSに加え、JavaやPHP、C言語などのスキルが求められます。プログラマーの平均年収は約250〜600万円です。

 

 

第二新卒エンジニアが未経験でも採用される基準

未経験でのエンジニアに転職を目指す場合、面接では次のようなことを確認されます。

 

すぐに辞めないこと

新卒で就職した企業を短期間で辞めた第二新卒の人は、転職先も長続きしないのではと疑念を持たれます。

 

そのため、採用したとしてすぐに辞めないかどうかを確認されることになります。

 

その際今の会社を辞める理由を聞かれることもありますので、しっかりと理由を説明できるようにしておきましょう。

 

コミュニケーション能力

エンジニアとして働くためうえで、コミュニケーション能力は必須項目となります。

 

チームを組んで作業したり、顧客と交渉をしたりということを問題なく行えるかどうか確認されることになります。

 

エンジニアの適性はあるか

未経験での転職なので、エンジニアとしての高度なスキルは求められません。

 

しかし、パソコンをある程度使いこなせるか、プログラミングに抵抗感はないか、といったポイントは確認されます。これからエンジニアとして働くことになるのですから当然ですね。

 

 

 

 

第二新卒が覚えておくと転職に有利なプログラミング言語

ここまで読んでいただければ、エンジニア未経験者でもIT企業への転職が可能ということがお分りいただけたと思います。

 

ですが、予め勉強しておくことで転職が成功する確率が上がるだけでなく、より良い条件で採用される期待が高まります。

 

ここでは転職に有利になるプログラミング言語3つをご紹介していくので、みていきましょう。

 

Java

Javaは、大規模なシステム開発で利用されるプログラミング言語で、ほとんどのIT企業で使われています。

 

また、どんなコンピュータでも動きを加えることができるので、Webサービスや業務ツール、アプリケーション開発など、幅広く使用され、その柔軟さから人気のプログラミング言語として知られています。

 

javascript

javascriptとは、ブラウザ上で様々な動きを加えることができる言語です。

 

サーバー側で動きを加えることのできる「Node.js」や、Googleが開発した「AngularJS」、Facebookが開発した「ReactJS」など、色々なフレームワークやライブラリが開発されており、javascriptの活用できる幅が広まっています。

 

今後もさらなる開発が期待ができるので、ぜひ身につけておきたいプログラミング言語と言えます。

 

 

 

Python

最近では、人工知能やビッグデータの解析、開発が進み、膨大なデータを処理するために使用されるPythonが注目を集めています。

 

今までの日本では、JavaやPHPが人気で特に目立ったプログラミング言語ではありませんでしたが、アメリカでは以前から主流なプログラミング言語として知られています。

 

具体的にはディープラーニングやIot、ロボティクスなどの分野で必要とされているプログラミング言語です。

 

 

未経験第二新卒でエンジニアへの転職を成功させる方法

エンジニアとして働いた経験が無い第二新卒が、エンジニアに転職する方法は大きく分けて2つあります。

 

IT・エンジニアに強い転職エージェントの利用

1つ目の方法は、転職エージェントの活用です。転職エージェントの利用にはお金は必要ないので安心してください。

 

転職エージェントに登録すると、ただ単に求人を紹介してくれるだけでなく様々なサポートを受けることができます。

 

サポートには、

  1. 職務経歴書の添削
  2. 面接指導や模擬面接
  3. 企業への推薦状
  4. 入社後のアフターフォロー

といったものがあります。

 

転職の経験が乏しい第二新卒にとってはどれもありがたいものばかりですよね。

 

ただし、転職エージェントを利用する際は、「IT業界に強い転職エージェント」を選ぶようにしましょう。実は、エージェントによって得意な分野は違うのです。

 

 

 

プログラミングスクールからの転職斡旋

2つ目は、プログラミングスクールに通うという方法です。スクールごとのカリキュラムに沿って、エンジニアとして必要なスキルを学ぶことができます。

 

短期集中型のコースから半年などの長期間のコースまであるので、どれくらいの期間で転職したいのかに合わせて選びましょう。

 

またスクールによっては、単にスキルを伸ばすだけでなく転職支援も受けることができます。

 

転職支援を行っているプログラミングスクールでは、非公開求人を紹介してもらえたり、実際に企業に推薦してくれたりします。

 

そして、職務経歴書の作成や面接準備、ポートフォリオ作りなどのサポートも行っているので、未経験でも安心して転職面接に望めます。

 

下記では、そのオンラインサービスで特に良いものをご紹介します。

 

ドットインストール

このサイトはプログラミングの学習サイトなのですが、コンセプトは「3分動画でマスターする」です。

 

レッスンの数は300以上もあり、レッスン一つ一つの講座を3分間に分割して手軽に始められるといったところが特徴です。

 

一つ一つのレッスンの時間がそれほど長くないので、網羅的にプログラミングの仕方を学びたいならまずはこのサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

 

【公式サイト】https://dotinstall.com/

 

Progate

こちらもドットインストールと同じプログラミング学習サイトですが、このサイトでは動画でプログラミングを学ぶのではなく、実際にコードを書いてプログラミングを学ぶといった特徴があります。

 

開発環境はProgateが用意してくれていて、ブラウザ上で手軽にプログラミングができます。

 

こちらも学べる言語はWebエンジニアが使うものはほぼ対応しています。実際にコードを書いて動作させるところまで体験できるので、楽しくプログラミングを学べると思います。

 

【公式サイト】https://prog-8.com/

 

 

未経験者におすすめ!エンジニア転職に強い転職サイト5選

ここからは実際に転職をする際に利用すべきおすすめの転職サイトをご紹介していきます。

 

レバテックキャリア

『レバテックキャリア』は、IT・Webに特化した転職エージェントです。IT業界の転職エージェント市場ではかなり大手です。

 

もともとシステム開発の受注から始まった会社ですので、社内のキャリアアドバイザーは技術的な知識を豊富に持っているケースが多く、転職活動をするにあたって心強い味方になるでしょう。

 

公式URL:https://career.levtech.jp/

 

Doda|第二新卒未経験歓迎の求人が多い

利用者から満足の声が多いDODAでは、約3万件の求人を公開している最大級の転職サイトです。

 

エンジニアの求人数も、業界最大手の「リクルート」に引けを取らない案件を有しているので、未経験歓迎の企業も見つかりやすいと言えます。

 

公式URL:https://doda.jp/

 

マイナビエージェントIT

大手の『マイナビグループ』が運営するIT・エンジニア系専門の転職エージェントです。

 

大手の強みを活かしたさまざまな求人を所有しており、エンジニアやWebプログラマーだけでなく、ITコンサル畑の方にもおすすめです。

 

面接対策も充実しており、退職理由や志望動機など、面接で必ず聞かれるような項目に関しては、適切な練習・対策をしてくれます。

 

また、保有する求人の約8割が好待遇も期待できる『非公開求人』である点も見逃せません。 

 

公式URL:https://mynavi-agent.jp/it/

 

リクナビNEXT

年代を問わず、転職者の約8割の方が利用しているリクナビNEXTでは、転職決定者数が業界1位の実績を誇る優良サイトです。(自社調べ 2015年1月時点)

 

会員限定機能として、登録した条件に合った新着情報をメールで配信され、職務経歴書などの基本情報はレジュメとして保存することができるので、効率よく転職を進めることができます。

 

また、職務経歴や希望条件などを匿名で登録することで、企業側から直接オファーが届くサービスも利用することができるので、転職の可能性も広がります。

 

公式URL:https://next.rikunabi.com/

 

GEEK JOB|第二新卒未経験からの転職支援を完全無料でサポート

  1. 未経験からプログラマー転職支援サービスの中でも20代・フリーター第二新卒特化をしている稀有な就職支援サービス
  2. フリーター、自分のプログラミングは選考に通用するのか、開発者として転職したい方に特におすすめ
  3. 支援サービスは完全無料、最短1ヶ月というスピードラーニング
  4. 現役のプログラマーから“仕事で使えるプログラミング”を実践的に学べる

公式URL:https://camp.geekjob.jp/

 

 

まとめ

今回は、未経験者がエンジニアへ転職するにあたり、有利に進める方法をご紹介しました。IT業界は人材不足と言われていますが、だからといって誰でも採用される訳ではありません。

 

少しでも有利に進めるために、事前の学習や理想のエンジニアになるための分析を行い、転職を成功させましょう。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

IT・エンジニアの転職に関する新着コラム

IT・エンジニアの転職に関する人気のコラム


IT・エンジニアの転職コラム一覧へ戻る