あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > 転職エージェント > おすすめ転職サイトランキングBEST10|キャリズム編集部が選ぶ登録必須の転職サイトはこれ!
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 76 Office info 136 Office info 106 Office info 165
Ranking agent btn

おすすめ転職サイトランキングBEST10|キャリズム編集部が選ぶ登録必須の転職サイトはこれ!

キャリズム編集部
監修記事
%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88

数多くの転職サイトがあり、一体どのサイトを活用したらよいのかわからない…という人も多いのではないでしょうか。

 

転職サイトはたくさんありますが、いまあなたが登録すべき転職サイトはどこでしょう?

 

  1. 「もっと年収を上げたい」
  2. 「人間関係のいい会社で働きたい」
  3. 「自分のスキルを活かしたい」
  4. 「コロナ禍でも安定している企業に転職したい!」
  5. 「テレワーク環境の整っている企業を選びたい」

 

転職は人生の大きな岐路でもありますので、慎重に確実に成功へと進んでいきたいものです。

 

しかし、いろんな転職サイトをチェックしても「どれに登録すればわたしの理想の会社が見つかるのか分からない」という方も多いのが現状です。

 

そこで今回は「こんな人はここに登録するといい!」という、キャリズムおすすめの転職サイトを10+3社をご紹介します!

 

また、全員登録必須の転職サイトから目的に合わせた転職サイトまで、詳しく紹介していきます。

 

 

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

【2020年11月】コロナ渦で転職を成功させるには?

新型コロナウィルスの感染拡大による業績悪化などを理由に、多くの企業は採用活動の見送り続けているのが現状です。下図は厚生労働省が10月2日に発表した有効求人倍率の推移になります。

 

2020年9月時点の有効求人倍率は1.03倍。実に8ヶ月連続の低迷を続け、ここ数年で最も転職が難しい時代と言えます。

【2020年10月発表】新型コロナ感染拡大に伴う求人倍率の変化

求人数は減っているのに、求職者数は伸びているこの現状の中、よい求人に出会っても内定が出ない状況は大いに予想できます。このコロナ渦で、失敗しない転職に繋げる最も大きなポイントは・・・

続きを開く

 

  • いかに書類選考を通過率を上げる
  • 面接の準備を徹底すること
  • 転職のプロから最新の動向を聞くこと です

 

希望する企業への転職を成功させたいかたは、選考通過率を高めるためにも、プロの力を借りることをおすすめします。

 

  1. 20代〜30代まで幅広く対応できるエージェント(『type』『ビズリーチ』『マイナビエージェント』など)に3社ほど登録する
  2. 各担当から連絡が来たら、電話やオンラインで簡単な面談をうける
  3. 提案された求人などを見ながらアドバイザーと面接対策や書類の添削をしてもらう

 

転職の意思も固まっていないけど、相談してみることが大事です。リーマンショック以来の不況と言われる未曾有の状況ですが、「仕事の悩み」「転職すべきか迷っている」などの相談に関してはプロのアドバイザーですから、気軽な気持ちで行動してみましょう!

 

もし、どの転職エージェントを選んで良いかわからないという場合は、下記の診断ツールで、あなたにぴったりのエージェントが診断できます。

 

 

 

転職サイトと転職エージェント、あなたに必要なのはどちら?

転職サービスは、大きく2つに分けることができます。

 

  1. 転職サイト
  2. 転職エージェント

 

転職サイトと転職エージェントの違いを把握しておかないと、どちらがあなたに合っているのかわからないまま、やみくもに転職活動をすることになります。

 

あなたに必要なのは転職サイトなのか転職エージェントなのかを、この項目でしっかり見極めましょう。

 

転職サイトとエージェントの違い

転職サイトと転職エージェントでは、転職の進め方が異なります。転職サイトでは、基本的に以下の様に自分ひとりで転職活動を行います。

 

  • サイト上に登録されている求人情報を自分で探す
  • 応募や選考に関する諸連絡・調整を自分で行う
  • 採用後の交渉や入社までの段取りも自分で行う

 

転職サイトは数多くの求人情報が掲載されていますので、転職に際する選択肢が多いところが魅力的です。

 

一方の転職エージェントは、企業から求人を預かり、転職希望者へ紹介するサービスです。そのため、転職サイトでの転職活動とは状況が少し異なります。

 

  • キャリアコンサルタントが希望をヒアリングして求人を案内してくれる
  • キャリアコンサルタントが応募や選考の調整をしてくれる
  • 面接対策やアドバイス、選考後のフィードバックを行ってくれる
  • 採用後のアフターフォローもある

 

転職エージェントを利用した転職活動の場合、転職活動のプロであるキャリアコンサルタントが、あなたの代わりに企業と交渉しながら二人三脚で転職活動を行っていきます。

 

転職エージェントについてもっと知りたい場合は、転職エージェントに関する情報をより深く紹介した「転職エージェント47社を徹底比較」を併せて参考にしてみてください。

 

転職サイトを利用するメリット

転職サイトを利用するメリットは、以下が挙げられます。

 

  • 気軽に転職活動をスタートできる
  • 紹介されている求人が多い
  • あなたの理想条件でたくさんの転職先候補を見つけることができる
  • 企業・社員インタビューを通して会社の雰囲気がわかる
  • 採用担当者と直接やり取りできる
  • 思わぬ企業からスカウトがくることもある
  • 自己分析ツールが使える
  • スマホやパソコンでいつでも求人や選考状況が閲覧できる

 

転職サイトで転職をする場合、無料で会員登録が出来るため、思い立ったらすぐに転職活動ができるという気軽さがあります。

 

多くの転職サイトは独自のサイトやアプリがありますので、隙間時間を利用して求人検索も可能です。

 

求人検索をする際も、地域や理想とする条件といった具合に細く絞り込み検索ができる便利さも兼ねそろえています。

 

また、魅力的な求人には自由に応募ができ、応募数にも上限はありません。もしかすると、思いもよらない企業からの直接オファーやスカウトメールが届く可能性を秘めているのが、転職サイトです。

 

マイペースに転職を進めたい、幅広い選択肢で転職活動をしたいと考えている人や、地方在住やIターン・Uターン転職をしたい人に向いています。

 

転職サイトのデメリット

転職サイトは気軽に簡単にスタートできる分、デメリットもあります。

 

  • 面接日程調整など、すべて自身対応が必要
  • サイトに掲載されている情報以外は不明
  • 面接対策や入社までのきめ細かいサポートはない
  • 非採用理由などは分からない
  • 採用率が低い

 

転職サイトは気軽にスタートできる一方で、最初から最後まで自力で活動を行わないといけません。

 

面接の日程調整だけでなく、企業の採用担当者との連絡、内定後の交渉等もあなたひとりで行うため、仕事をしながら転職活動をする場合は負担が大きいというデメリットがあります。

 

また、転職したいと考えている会社の事前情報が転職サイトのものしかわからないため、いざ内定を貰ったとしても入社後のミスマッチが起きやすいのも特徴です。

 

無料で登録できるという気軽さがある反面、希望する求人に応募者が殺到しがちのため採用率が低いこともあるため、転職サイトでは根気強く転職活動をする忍耐力も必要です。

 

以上のことから、転職サイトを利用した転職活動は自力でスケジュール管理できる人や、お祈りメールが来ても打たれ強く転職活動を継続できる人、人の力を借りなくても転職を自力で進められる人に向いているのです。

 

転職エージェントを使うメリットとは?

一般的に転職エージェントを活用するメリットは7つほどあります。

 

  1. 求職者は無料で利用出来る
  2. 非公開の求人に応募が可能
  3. 採用までのスケジュール調整を転職エージェントがやってくれる
  4. 面接日程や給料面・入社時期などの調整も可能
  5. 企業の社内雰囲気・裏情報を知れる
  6. 履歴書や職務経歴書の使い回しが可能
  7. 転職について相談できる人ができる


あなたが転職しようと考えたとき、自分のキャリアや希望する条件などをもとに、あなたにとって最適な就職先を見つけようと思うと膨大な時間がかかってしまうことがあるでしょう。

人材を募集する企業側も、自ら募集をかけて転職希望者すべてを選考していては、いくら時間があっても足りません。
 

転職エージェントと転職サイトの最も大きな違いは、あなた専任のキャリアアドバイザーがつくか否かです。

転職エージェントを利用した場合は非公開の求人を探してくれたり、面接対策や書類を作成したりする際に無料でサポートを受けられます。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

 

 

理想の職場が見つかる転職サイト選びのポイント

  1. 年収をアップさせたい
  2. 人間関係の良好な職場に就きたい
  3. キャリアアップしたい
  4. 新しい職種にチャレンジしたい

 

転職で叶えたいと思う願望は人それぞれです。では、自分の理想や願望を叶えることができる求人がある転職サイトは、どの様に探せば良いのでしょうか?

 

この項目では、キャリズムがおすすめする転職サイトの選び方を叶えたい理想や願望別にまとめています。

 

年収アップを期待するなら|年収診断のある転職サイト

年収アップを期待している場合は、年収を重視した求人検索ができる転職サイトがおすすめです。転職サイトの中には無料で利用できる「市場価値診断」というものがあります。

 

type市場価値診断テスト

引用元:type市場価値診断テスト

 

市場価値診断は、自分の年齢や性別、現在お持ちの能力や、これまでの職歴を踏まえた上での適正年収がわかるというだけでなく、適正年収に合致した求人も一緒に紹介してくれるという画期的な診断機能を指します。

 

年収アップを目的とした求人も簡単に探すことができるため、企業に聞きづらい想定年収も応募前にわかることから大いに活用しましょう。

 

キャリアアップしたいなら|ポテンシャル採用重視の転職サイト

  • 日系企業から外資系企業への転職
  • 中小企業から大企業への転職

 

等のように自身のキャリアアップを目指した転職をしたいと考えている場合は、潜在能力を重視した選考を行う「ポテンシャル採用」を積極的に行っている企業が多い転職サイトを選びましょう。

 

参考:doda

 

ポテンシャル採用では、業界未経験者でも応募OKとしている場合もありますので、これまでの業界・職種からのキャリアチェンジも期待できます。

 

人間関係の良い職場を探したいなら|絞り込み検索機能が充実した転職サイト

人間関係の良い職場を探したい場合は、絞り込み検索が充実した転職サイトがおすすめです。

 

転職サイトの絞り込み条件はサイトによって様々です。転職サイトによっては、ノルマ無し、女性活躍、残業少なめ等、企業へ質問しづらい部分も細かく絞り込み出来るようになっています。

 

参考:リクナビNEXT

 

あなたの理想とする条件に合致した求人に応募し、採用された場合にはミスマッチが起こりづらく、職場の居心地を良くするのです。

 

また、自分で文言を入力するキーワード検索では、あなたが転職するにあたって重視するワードに沿って求人を探せるので積極的に活用するようにしましょう。

 

自分が求める業界・職種の案件が豊富な転職サイト

自分が既に求める業界や職種がある場合、求める業界や職種の案件が多い転職サイトを選びましょう。

 

転職サイトには、総合的に求人を扱うサイトから、特定の業界に強いサイトまで様々です。

 

参考:マイナビ転職

 

geekly

参考:Geekly

 

総合的な求人を抱えていても、「特にITに強い」であったり「外資系に強い」であったりという具合に、転職サイトによって扱う求人の得意分野が異なります。

 

無料で使える「適職診断」等を利用して、これまでに考えもしなかった新たな可能性を発掘できますし、特定の業界や職種を多く取り扱っている転職サイトに登録すれば自分が求める案件が増えてくるのも特徴です。

 

さらに、企業からのスカウト機能であなたを見つけてもらいやすくなるため、転職活動が優位に進みます。

 

転職にまつわるサポートがある

転職エージェントを使わずに気軽に転職活動をスタートさせたいが、必要な時に誰かに転職活動の相談をしたい時が出てくる場合があります。

 

そういう場合は、転職にまつわるサポートが充実している転職サイトに登録しましょう。

 

転職に関するサポートの充実差は転職エージェントに比べると劣ってしまうものの、応募書類の添削サービスや転職後のサポートを受けることができる転職サイトもあります。

 

参考:doda

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

登録必須!理想の求人がみつかるオススメ転職サイトBEST10

転職サイトは種類が非常に多く、どの転職サイトを活用すればいいかがわからなくなりがちです。この項目では、転職サイトを利用した転職活動に欠かせないオススメ転職サイトをBest5形式で紹介します。

 

5サイトに共通した特徴は、以下の通りです。

  1. 20~50代の幅広い年代向け
  2. 総合的な求人が全国規模で扱われている
  3. 転職サイトなのに手厚いサポートがある
  4. スカウト機能などの転職活動に役立つ機能が充実している
  5. テレビCM等の広告にもなっている大手転職サイト
  6. 求人数が圧倒的に多い

さらにもっと多くの転職サイトが気になる方は「転職サイト24社を徹底比較」も、併せて参考にしてみてください。

 

doda

dodaは、女優の深田恭子さんが演じる「デューダ子」のCMで有名となった転職サイトです。

 

人材サービスにおいて創業60年以上の歴史を誇るパーソナルキャリア株式会社(旧・株式会社インテリジェンス)が運営を行っています。

 

dodaの特徴は以下のとおり

  • 公開求人数61,800件以上
  • 転職サイト業界第2位の転職サイト
  • 転職サイトでは数少ない転職成功させるサポート機能が充実している
  • 豊富な条件選択やスカウト機能で転職に必要なサポートが整っている

 

以上のことから、年齢性別問わず転職活動中には登録必須の総合転職サイトです。

 

 

 

リクナビNEXT

リクナビネクスト

リクナビNEXTは、大学生の就職活動でおなじみの「リクナビ」を運営するリクルートホールディングスが運営する転職サイトです。

 

リクナビNEXTの特徴を紹介します。

  • 公開求人44,000件以上
  • 日本最大級の求人情報量を抱える
  • 自分で求人を探すだけでなく、AIでマッチ率の良い案件をお知らせしてくれる機能がある
  • 企業からの直接オファー機能がある
  • スマートフォンアプリも導入していることから、通勤中などの隙間で転職活動ができる
  • 転職エージェントサイトの「リクルートエージェント」と連携したサポート体制がある

 

リクナビNEXTでは、様々な角度から求人を探すことができ、転職サイトでの転職活動がうまくいかない場合も安心して相談ができます。

 

転職経験者はもちろん、初めての転職で何からスタートしていいかわからない初心者に向いている転職サイトです。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、テレビCMでも放映されている転職サイトで、年収アップやキャリアアップをしたい人におすすめの転職サイトです。

 

ビズリーチの特徴をまとめました。

  • 公開求人数はハイクラス・ハイキャリア向けで、96,000件以上
  • 内8割以上がスカウトによる転職活動
  • 役職といったキャリアがある人や、語学が堪能な人を欲しがる企業の求人が多くある
  • 無料版から有料版まであり、必要に応じて上手に活用できる

 

もし、あなたのこれまでの経歴の中にアピールできるキャリアがある場合は、ビズリーチに登録して、スカウトを待つという活用方法もあります。

 

マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職はリクナビと並んで有名な大学生向け就職サイト「マイナビ」の姉妹サイトで、総合人材サービスの株式会社マイナビが運営する総合転職サイトです。

 

他転職サイトと比較すると求人数は少なめではあるものの、根強い人気を誇るマイナビ転職の特徴を紹介します。

 

  • 公開求人数11,295件以上だが84%がマイナビ独自の求人
  • 中・小企業やベンチャー企業の求人が豊富
  • 業界別の姉妹サイトがあり、他の転職サイトでは見つからないような求人に出会うことができる
  • 年収ランキングや適職診断・社会人力診断で転職をサポート
  • スカウト機能がある
  • 充実した転職サポートサービスがある

 

もし、転職したい業界がある程度絞れている場合は、マイナビ転職の姉妹サイトと併用しながらの転職活動がおすすめです。

 

エン転職(en japan)

en japanは、株式会社エン・ジャパンが運営する総合転職サイトです。

 

en japanはリクナビ・マイナビに並ぶ知名度の高い転職サイトで、特に正直な求人情報を転職希望者に伝えたいという20年以上のこだわりを持っています。

 

そのため、職場の雰囲気を重視したい人にオススメです。en japanの特徴をまとめると、以下の通りです。

 

  • 公開求人6,300件以上
  • 実際に働く社員や元社員からの口コミが掲載され、企業を徹底取材している
  • 公開している求人内容やコンテンツひとつひとつに、求人を行う職場の雰囲気が分かる写真が掲載
  • 入社後の支援等、転職サイトでは数少ないアフターフォローが充実
  • 30代・40代向けのハイクラス求人や女性向け求人を扱う姉妹サイトが充実

 

en japanには上記のとおり姉妹サイトも充実しているので、en japanと併用することでより多くの求人を探すことが可能です。

 

type

最後に紹介するのは総合人材サービス会社である株式会社キャリアデザインセンターが運営する@typeです。

 

@typeは、求人数こそ多くはありませんが、誰もが知る大手企業の求人なども掲載されています。

 

  • パーソナリティマッチングで性格や志向からおすすめの求人を紹介
  • 足あとマッチングで自身の行動履歴から求人をレコメンド
  • 市場価値診断テストや転職力診断テストなど利用者を分析
  • どのような仕事がむいているのか、転職をするべきなのかといった点を知ることが可能

 

今の会社を辞めたいけど、どんな仕事が自分に向いているのかいまいちわからないという人はまずテストを受けてみてはいかがでしょうか。

 

ギークリー(Geekly)

 

geekly(ギークリー)とは、主にエンジニア向けに就職/転職支援サービスで、数多くの案件を取り扱っていることから、ITエンジニア・WEBエンジニア界隈はもちろん、IT業界の人材からも人気のサイトです。

 

  1. IT・エンジニア業界一本で転職支援を行なうのはGeeklyのみ
  2. 専門の強みを活かし、提案力でも他のエージェントに比べて高いレベルを誇る
  3. 転職決定までのスピード感が圧倒的に早い
  4. 転職後のミスマッチも少ないため、利用者満足度が高い

 

IT・WEBエンジニア、ゲームクリエイター、プログラマーを目指すユーザーが多く利用しており、転職/就職の斡旋先も新しい技術を必要としている企業が多数あります。また、ITやWEB系の仕事に興味がある方、ブランクがある方などに優しいサービスとなっております。

 

 

 

AMBI(アンビ)

AMBI

 

AMBIは、若手ハイキャリア向けの転職サイトです。年収500万円以上の案件が多数掲載されています。また、「マイバリュー診断」という機能で、選考通過の可能性があらかじめ分かるのも特徴の1つです。

 

マイバリュー診断を受けることで、今まで曖昧だった自分の市場価値に気づくことができるでしょう。今後のキャリアを考える前に、一度マイバリュー診断を受けてみても良いのではないでしょうか。

 

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/ckeditor_assets/pictures/1246/content_%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_2019-01-31_16.57.54.png

 

リクルートグループが運営するハイクラス層向けの会員制転職サイト。リクルートの転職エージェントからサポート受ける訳ではなく、ビズリーチのようにヘッドハンターからのヘッドハントがくる転職サイト。

 

  • 自分のキャリアを活かしながら更なる大幅な年収アップを目指したい方
  • 将来的に経営層を目指せる会社を狙っている方におすすめ

 

アマテラス|ベンチャー企業特化の転職サイト

アマテラスは、ベンチャー企業に特化した転職エージェントです。アマテラスの代表が実際に各ベンチャー企業のCEOと面談し、企業の考え方やビジネスモデルなどを確認しています。

 

ベンチャー企業というと『ブラック企業』が多いというイメージがあるかもしれませんが、アマテラスを利用すれば、本当に志の高い企業だけを紹介してもらえます。

 

直接CEOからスカウトメールが届く機会もありますし、経歴が認められた人は直接CEOに連絡することも可能です。

 

【公式HP】https://amater.as/

 

 

エージェントも併用するならおすすめ!厳選転職エージェントベスト3

それでは、おすすめの転職サイトラインキングを発表していきます。今まさに転職しようか悩んでいるという人はぜひ参考にしてみてください。

 

マイナビエージェント

  1. 首都圏・関西圏で実績のある大手の転職エージェント
  2. 数あるエージェントの中でも利用者満足度が非常に高い
  3. 幅広い業界に対応。大手企業のみならず、中小・ベンチャー企業への求人も多数
  4. 最初から最後まで転職者に寄り添ったサービスに定評がある

 

第2位:type転職エージェント

  1. 圧倒的な年収交渉で転職者の7割が年収UPを実現
  2. 収交渉に強みを置いており、転職者のために粘り強く交渉を続けてくれると評判
  3. 早く辞めたい、でも自分の年収は落としたくないという悩みに対して、 最後まで向き合ってくれる
  4. 1都3県に絞ってサービスを提供することで、アドバイザーの質の高さを維持
  5. 創業から25年が経過しており、歴史のある企業

 

第3位:パソナキャリア

  1. キャリアアドバイザーからの手厚いカウンセリングが強み
  2. アドバイザーによる1時間超の面談から、あなたが本当に求める職場条件の見直しに定評
  3. 後悔のない転職活動を進めたい方にオススメ
  4. 特に東京・名古屋・大阪エリアの求人が豊富

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
 

 

転職成功のために、この転職サポート機能3つを使おう!

転職を成功させるためには、ただサイトに登録するだけでは想像以上に時間を要します。今回紹介した転職サイトを上手に使うためには、転職サイト内にある転職サポート機能を使いこなすことも必須です。

 

転職サイトにある充実したサポート機能を使いながら、あなたの転職を成功させましょう。転職サポートを使用するためのポイントは3つです。

 

市場価値を知る

独自に自己分析をすることや転職理由・志望動機をはっきりさせることも大切ですが、まずは、転職サポート内にある診断ツールで、あなたの市場価値を目で見て把握することが大切です。

 

あなたの年収は、あなた自身の能力に比例します。

 

dodaにある「年収適正査定」やマイナビ転職ある「平均年収ランキング」を参考に、これまでの経験や年収から、あなたの市場価値がどのくらいかをチェックしてみましょう。

 

自分の市場価値を知ることは怖いことですが、あなたの市場価値を知ることで、あなたのやりたいことと実際にできること、転職活動するうえで必要なことがより明確になります。そのため、他の人との自己分析に差が出るのです。

 

自分の適職を知る

続いて大切なのは、自分の適職を知ることです。

 

何となくの気持ちで転職活動を進めてしまうと、自分の適職がわからなくなり、転職後のミスマッチの原因になりやすく、せっかくの苦労が水の泡になってしまうということもあります。

 

ミスマッチをあらかじめ防ぐためにも、dodaの「転職タイプ診断」を利用して、心理テスト感覚で適職を知ることから始めてみましょう。

 

あなたが女性の場合は、転職サイト・女の転職type内にある「お仕事相性診断」もおすすめです。

 

面接対策をする

最後は、面接対策をすることです。転職サイトからの応募の場合、面接対策のサポートを行っていない場所も多く、面接に慣れていない場合は不安がつきものです。

 

面接時には履歴書を使って質問が繰り広げられますが、自己PRや志望動機、長所や短所といった質問は、どの企業でも必ずと言っていいほど聞かれます。

 

特におすすめの面接対策がある転職サイトは、

dodaの「自己PR発掘診断」「レジュメビルダー

リクナビNEXTの「グッドポイント診断

en japanの「面接サポート

です。

 

上記のサポート機能を上手に使って、面接対策を行って準備万端で本番に臨みましょう。

 

企業の口コミサイトで転職失敗を回避!

転職は人生の重要なターニングポイントです。

 

だからこそ、転職後のミスマッチをはじめとする失敗を避けるために、転職サイトだけでなく選考を受けている企業の評判もチェックしましょう。

 

そこで活用できるのが、企業の口コミサイトです。

 

企業の口コミサイトを利用して失敗を回避できるだけでなく、企業を知れば知るほど、面接担当への良いアピールにも活躍します。

 

この項目ではおすすめの企業の口コミサイトを3つ紹介しますので、企業の口コミサイトもチェックしながら、あなたに適した転職先を見つけていきましょう。

 

エンライトハウス(カイシャの評判)

エンライトハウス

 

エンライトハウスは、かつて「カイシャの評判」という名前で展開していた企業の口コミサイトです。

 

エンライトハウスは、前述の転職サイト「en japan」と同じ株式会社エン・ジャパンが運営しており、転職後のミスマッチ防止のためにリアルな口コミサイトとして情報展開しています。

 

エンライトハウスの特徴を以下にまとめました。

 

  1. 2019年にサンケイリビング新聞社が発表したウーマンリサーチ「企業のクチコミ評判サイトランキング」で、利用者が勧めたいサイトNo.1に選出
  2. 年間5,000万人が利用する日本最大級の口コミサイト
  3. 社員、元社員の口コミを320万件以上も掲載

 

オープンワーク

オープンハウス

 

オープンワークは、オープンワーク株式会社が運営している口コミサイトで、かつてVokersとして運営されていました。

 

オープンワークの特徴は以下の通りです。

  1. 日本全国約15万社のクチコミをデータベース化
  2. 企業の口コミサイトの中でも多い8つの回答項目と口コミ投稿時に500文字以上が必須で精度が高い
  3. 企業の口コミだけでなく8万件にも及ぶ求人も抱えているため、転職サイトとしても活用可能

 

転職会議

 

転職会議は、株式会社リブセンスが運営する転職総合サイトです。転職会議の特徴を紹介します。

 

  1. 会員数が700万人の全国最大規模の口コミサイト
  2. マイナー企業も含めた300万件以上の日本全国の企業の口コミがある
  3. 大手転職サイトと求人の提携による国内最大級17万件に及ぶ求人もあるため求人検索や転職サポートにも使用可能

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

まとめ

転職時に登録必須のおすすめ転職サイトをBEST10形式で紹介しました。

 

転職サイトは、転職したい業界や転職目的にあわせてサイトを選ぶと、希望する求人にいち早く出会うことができます。

 

しかし、1サイトのみの利用ではなかなかうまくは行きません。スカウト機能やサポートサービスなど、各社それぞれ得意なことが違うため、転職サイトはかならず複数登録しましょう。

 

また、自身の興味のある求人が見つかった際には、企業の口コミサイトも使い「本当に自分にあっているか」をチェック。より失敗のない転職ができるでしょう。

 

転職活動中、どうしてもスケジュール調整や連絡等の自己管理に不安がある場合や、誰かに相談しながら転職活動を進めたい場合は、転職サイトだけでなく転職エージェントとの併用もお試しください。

 

本記事が、あなたの転職活動の第一歩になれば嬉しいです。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職エージェントに関する新着コラム

転職エージェントに関する人気のコラム


転職エージェントコラム一覧へ戻る