あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > 医師の転職 > 医師の転職の時期・ベストタイミングはいつ!転職しやすい時期と転職前の注意点も解説
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 76 Office info 96 Office info 106 Office info 136 Office info 166
Ranking agent btn
公開日:2021.2.17 更新日:2021.2.17

医師の転職の時期・ベストタイミングはいつ!転職しやすい時期と転職前の注意点も解説

キャリズム編集部
監修記事
Pixta 71171172 s

医師で転職を考えている方は、転職のタイミングも慎重に検討しているところだと思います。

 

医師の転職のタイミングとしてベストな時期は4月だと言われています。また、新年の転職も4月に次いで転職が成功しやすいタイミングです。

 

また、医師は一般的な職業よりも時間をかけて転職の準備を進めておくべきで、転職する時期の短くても半年程度前から準備開始することをおすすめします。

 

今回は、医師が転職活動を成功させるためのベストなタイミングや転職に向けた準備の内容や時期、転職を成功に導くヒントなどをご説明します。

 

信頼と実績で選んだおすすめ医師向け転職エージェント3選

M3キャリアエージェント|日本最大級医療専門サイト「m3.com」が運営する転職エージェント

∟ 転職希望医師の登録数8年連続NO.1/年間利用者数1万人以上

∟ 年収UPを希望していた医師のうち88.7%が実際に年収UPを達成

∟ 転職先への円満入職を徹底的にサポート

運営会社:エムスリーキャリア株式会社

公式サイト:https://agent.m3.com/

 

民間医局|利用者満足度90%超えの転職支援サービス

∟ 家庭と仕事の両立に向いた求人を多く保有

∟ 全国に17ヶ所拠点を持っており、Uターン・Iターン転職におすすめ

∟ 成約実績の約2割が女性医師の転職支援

運営会社:株式会社メディカル・プリンシプル社

公式サイト:https://www.doctor-agent.com/

 

マイナビDOCTOR|ワークライフバランスを追求したい医師におすすめ

∟ 産業医などゆったりとした働き方ができる求人を多数保有

∟ 職業紹介優良事業者認定サービス

∟ 受付時間が平日9:30~20:30までと長め

運営会社:株式会社マイナビ

公式サイト:https://doctor.mynavi.jp/

 

 

転職エージェントを複数利用する際の正しい選び方とは?

転職エージェントを複数利用する際も、同じ領域で業務を展開するエージェントに登録しても意味がありません

 

例えば、営業職で転職を検討している場合、まず登録すべきは大手で求人数を多数抱える『マイナビエージェント』や『doda』『type転職エージェント』のいずれか一つをまず選択。

 

マイナビエージェント」や「doda」の両方に登録しても構わないのですが、どちらも総合的な職種を扱うエージェントですので、高確率で紹介される求人に被りが出てしまいます。

 

では、2社目のエージェントはどこにするかというと、『営業職の転職に強みを持つエージェント』です。

 

2社目以降の選び方を確認する

 

とはいえ、営業職はどこの会社にもある最もポピュラーな職種ですので、比較検討すべき軸としては・・・

 

行きたい業界に特化しているエージェント

自分の年代に近い求職者が集まっている

の2軸になります。

 

この場合は、行きたい業界で選ぶなら・・・

を、私たちは提案します。

 

そして3社目の、自分の年代に近い求職者が集まっているエージェントですが、エージェントが抱える求職者も年代にはばらつきがあり、どの年代層が得意といった色があるので、最後に年代別に強いエージェントにも登録しておくと盤石です。

 

たとえば、

  1. 20代後半までの第二新卒であれば『ハタラクティブ
  2. 29歳までの狭間の世代なら『U29JOB(ユニークジョブ)
  3. 30代前半から後半の範囲であれば『パソナキャリア
  4. 40代後半までであれば『ビズリーチ
  5. 50代なら『JACリクルートメント

が良いかと思います。整理するとこんな感じですね。

 

総合転職

いずれか1社

マイナビエージェント

type転職エージェント

doda

業界別

2社目

不動産業界

宅建ジョブエージェント

IT業界

レバテックキャリア

コンサル業界

ムービン

広告業界

マスメディアン

年代別

3社目

ハタラクティブ

U29JOB(ユニークジョブ)

パソナキャリア

ビズリーチ

JACリクルートメント

 

評判の良い各業界別・年代別のエージェントは「こちら」にまとめてありますので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

【時期別】医師の転職がスムーズにいきやすいおすすめのタイミング

早速、医師の転職に適したタイミングについてご説明します。冒頭でもお伝えしたように、ベストは4月の転職、次いで新年の転職です。なぜ、この時期に転職することがベストなのか?最適なタイミングで転職することが大事な理由を添えてご説明します。

 

医師の転職でタイミングが大事な理由

医師が転職する際に特にタイミングを気に掛ける理由としては、タイミング次第で給料や役職など、転職に関わる大事な要素が大きく左右されるからです。

 

病院の経営者も医師の能力によって給料や役職を決めていきますが、ベストタイミングで転職できれば、給料アップやキャリアアップに繋がります。

 

一方、タイミングを見誤ったばっかりに転職しても現状から変わらないもしくは今以下の条件の転職先しか出てこないようなケースも起こり得ます。

 

一般企業でも同じようにタイミングによって多少の変化はあるでしょうが、医師の場合は特に個人の能力や経験で条件が大きく影響してきますので、タイミングが大事になってくるのです。

 

やはりベストタイミングは4月の転職

転職のタイミングとしては、やはり4月がベストだと考えられます。病院に限りませんが、4月は人事異動が頻繁に行われる時期で、一気に人の入れ替わりが行われます。

 

病院の方でも募集が多く、ご自身が望む求人が多く出てきやすいでしょうし、受け入れてくれる病院としても、備品や人の整備など準備しやすい時期でもあります。

 

入ってくる人が多いということは、出ていく人も多い時期です。今いる病院も、4月に退職するのであればタイミングも良く病院側もすんなり認めて調整してくれることが多いです。

 

後述しますが、転職する時期と実際の転職活動を開始する時期には当然、ずれがありますので、前もって(目安として半年以上前)から転職活動をしていきます。

 

家族にとっても都合がよい

家族がいて住所を移すほどの転職をする場合に限りますが、4月転職のメリットは家族にとっても都合がよいです。お子様がいる場合の4月の転職であれば、学校も学年が変わるタイミングでの引っ越しですから、比較的影響も少なくなります。

 

次点は1月頃|あえて人が動くタイミングをずらす

学生も含めると4月は人の異動が多くあります。そうなると引っ越しや役所への手続きなど、何かと混雑している場面に遭遇します。

 

4月に次いで病院側で多く人の入れ替わりがある時期は1月となります。タイミング的に4月まで待てない方や4月の混雑を避けたい方は、新年早々新しい職場で仕事を開始できるように、夏から秋にかけて転職準備を進めていくことも良いかもしれません。

 

【年数別】医師のキャリアプランに適した転職のタイミング

上記では月別の医師の転職のおすすめタイミングをご紹介しましたが、「どの程度の年齢で転職しようか?」と、年単位での転職のタイミングを考えている方もいるでしょう。

 

こちらでは、医師の年数別でどの年に転職するのがベストなのか?を解説していきます。

 

転職した医師は半数が30代までに一度転職している

≪医師の方が初めて転職をした年齢≫

引用:医師の転職マニュアル|リクルートドクターズキャリア

 

まず、年齢ごとの転職の傾向ですが、リクルートの調査によると、上記のように各年代大きな偏りなく転職していることが分かります(転職した医師に対するアンケート結果)。結果を見るに、転職した医師は30代までに1度行動を取っているようです。

 

一方で、残り約半数は40代以降でも転職していることとなります。これは一般的な職業に比べても非常に遅いと考えられます。それでも転職できるのは、医師という職業に専門性と高い技術が求められることが第一に挙げられるでしょう。

 

医師であれば40代以降も比較的転職しやすい職業の1つだと言えます。ですので、「30代の今のタイミングを逃したら転職が厳しくなる…」と無理に焦るのではなく、しっかりご自身の経験を積んでおくことが大事になってくるでしょう。

 

必要スキルを取得するタイミングでの転職

上でも触れましたが、医師の転職ではスキルの有無がとても重要になります。

 

もし今の職場で2~3年以内に新たなスキルが身に付くようであれば、無暗に転職するのではなく、今の職場でしっかりスキルを身に付けてからの転職がベストです。

 

もちろん、人間関係がうまくいっておらず、非常に大きなストレスを抱えていたり、長時間労働で身体への負担が大きいような場合には、無理に我慢せず、少しでも早くに転職の準備を進めていってください。

 

女性医師の転職のタイミング

女性医師の場合、男性よりも結婚や出産による仕事の影響も大きく出てくると考えられます。例えば、結婚・出産すれば、常勤ではなく非常勤アルバイトなどの家庭重視の働き方を考えている方もいることでしょう。

 

ご自身が望むライフプランとライフイベントも一緒に合わせて転職のタイミングを検討すると良いでしょう。

【関連記事】女性の転職に適した時期はいつ?転職活動で押さえたい3つのポイント

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

【転職は計画的に!】転職活動を開始するタイミングと準備

ここまで医師が転職を成功させるタイミングについてご説明してきましたが、上記でご説明したタイミングは、転職後に転職先で働き始めるタイミングを基準としたものです。

 

転職を成功させるためには、計画的な準備段取りに基づいた転職活動です。特に医師の場合、一般企業のように退職を伝えてから1~2ヶ月で簡単に辞められない場合もありますので、長いスパンで考えて先々の転職に向けて準備を進めていってください。

 

医師の転職は長期的スパンになる|半年以上のプランを検討する

まず、医師の転職活動は長期的に行うべきで、最低でも半年以上の余裕を持って転職準備を進めていくように考えてください。長い方は1~2年かけてじっくり転職を進めていきます。

 

例えば、4月転職を目指すのであれば、少なくとも前年の10月頃には最低限の行動(情報収集・条件を明確にするなど)を開始しましょう。

【関連記事】転職活動を始めるベストな時期はいつ?最適なタイミングを月別・年齢別で徹底解説

 

退職は3ヵ月以上前に伝える

医師の場合、転職活動と同時に退職準備も長期的に考えておくことをおすすめします。だいたい退職日の3ヵ月前には伝えるイメージで、早め早めに準備を進めていきましょう。

 

退職日の3ヵ月前と言えば、すでに転職先と接触を始めているケースも少なくないです。良い転職先も見つかり、転職活動を本格化する前に現在の職場にも退職の意思を伝えておいてください。

 

退職を伝えることは、人手不足などもありなかなか伝えにくいとは思いますが、計画的に前もって伝えれば病院側も納得して受け入れて円満退職に繋がりやすいです。

【関連記事】退職時期や切り出すベストタイミングは結局いつ?円満退職を実現させるポイントとは

 

 

医師の転職で失敗しないために抑えておきたいポイント

転職の成功はタイミングだけではありません。最後に、医師が転職を成功させるためにタイミング以外で抑えておくべきポイントについてご説明します。

 

転職先のリサーチと徹底的に!

医師に限りませんが、転職で失敗しないためには、転職先のリサーチは非常に重要です。

 

例えば、キャリアアップなどのポジティブな理由で転職を考える方もいるでしょうが、裏を返せば、今の職場で何かしらの不満を感じることがあったから転職したいと思うきっかけにもあるでしょう。

 

ご自身が望む条件と、どのようなことは嫌だということをはっきりさせておき、転職先がきちんと条件を満たしてくれるのかをしっかり調べ上げてください。

【関連記事】医者を辞めたい!辞めても良い人の特徴と転職するならおすすめの転職サイト8選

 

自分の特性をきちんと把握する

転職先を調べると同時に、「自分自身に何ができるか?」「何が好きなのか?」などの特性を明確にしておくことも大事です。

 

実は患者とのコミュニケーションが好きで得意だったのに、条件だけを見てしまい研究が中心の職場に転職してしまうと、「何だか違う」と、転職後に気付いてしまうかもしれません。

 

スキルアップのために転職したいと考えているのに、そもそも自分自身のスキルが足りずに採用に至らないこともあり得ます。そのような場合、今はまだ転職すべきタイミングではないのかもしれませんね。

 

転職市場と自分自身をしっかり調べて向き合うことは転職を成功させる上でとても大事になってくるのです。

 

医師の転職に特化した転職エージェントの活用

このように、転職先の調査と自分自身の棚卸しをするためには、一人で黙々と行うのではなく、専門家のアドバイスを受けながら進めていくことがスムーズになりおすすめです。

 

転職を考えている医師の方は、ぜひ転職エージェントに登録して、アドバイザーへの相談を積極的に利用していってください。

 

横のつながりが多い医師の世界では、転職先を紹介で決めることも多くなかなか一般的に求人情報が出回っていないことも多いです。

 

しかし、近年では医師の転職に特化した転職エージェントも登場してきていますので、非公開求人の紹介や新たな求人の発掘も行ってくれます。

 

また、面接での対応や退職準備のアドバイスなど、転職のプロとしてのアドバイスも可能です。登録さえすれば簡単に相談できますので、ぜひ1~2つは利用を検討してみてください。

【関連記事】医師の転職に強い転職エージェントおすすめ11社を徹底比較|賢い選び方と転職成功のコツ

 

医師の転職に特化した専門転職エージェントおすすめベスト3

①エムスリーキャリアエージェント

 

概要

総合評価

5.0 ★★★★★

対応エリア

全国対応

公開求人

15,000件以上

取り扱う求人の種類

常勤/非常勤

運営会社

エムスリーキャリア株式会社

公式サイト

https://agent.m3.com/

 

★特徴

  • 転職希望医師の登録実績NO.1
  • 医療業界の転職事情に精通している
  • 希望の求人がない場合でも、会社との直接交渉でより近い条件を引き出せる
  • 利用者満足度96.1%の手厚いサポートが受けられる

 

サービス詳細

医師登録数27万人を誇る医療従事者向けメディア「m3.com」と同じ、エムスリーグループが運営する転職エージェントです。


コンサルタントの熟練度が高いのでしっかりアドバイスをしてくれますし、本体のエムスリーが病院コンサルティングの実績を豊富に持っている関係上、待遇に関しても医療機関に対して強い交渉力を持っているのも心強い点です。

 

年収交渉だけでなく、当直の削減や医療機器の導入といった交渉もしてくれるため、働きやすい環境を求めて転職する方にはうってつけといえます。

 

 

 

 

②民間医局

 

概要

総合評価

5.0 ★★★★★

対応エリア

全国対応

公開求人

20,000件以上

取り扱う求人の種類

常勤/非常勤

受付時間

平日9:00~18:00

運営会社

株式会社メディカル・プリンシプル社

公式サイト

https://www.doctor-agent.com/

 

特徴

  • 年間成約件数44,000件
  • 全国に17の拠点があり、地方での転職にも対応可能
  • 女性医師向けに独自の転職サポートがを行っている

 

サービス詳細

『民間医局』を運営するメディカル・プリンシプル社は、医師向け情報誌の「ドクターズマガジン」を発行しており、名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

全国17カ所に拠点を持ち、都市部での転職だけでなく、Uターン・Iターン転職にも対応が可能です。

 

また、女性医師のキャリア形成をサポートするため、登録者に独自の福利厚生サービスを提供しているのも、民間医局ならではといえます。 

 

 

③医師転職ドットコム

 

概要

総合評価

4.0 ★★★★☆

対応エリア

全国対応

公開求人

30,000以上

取り扱う求人の種類

常勤/非常勤

受付時間

平日9:00~18:00

運営会社

株式会社メディウェル

公式サイト

https://www.dr-10.com/

 

特徴

  • 医師の転職支援実績40,000名以上
  • 業界トップクラスの求人数
  • 利用者には独自の転職マニュアルを無料プレゼント

 

サービス詳細

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、調剤薬局事業で有名なアインホールディングスのグループ企業。これまでに延べ40,000人を超える医師の転職支援実績を誇り、丁寧な対応や質の高い求人を理由に利用者からも高い評価を得ています。

 

利用者の納得いく転職を実現するために、担当コンサルタントが面接に同行。不利な条件での契約とならないように、医療機関側との交渉を代行します。

 

また、退局の際にトラブルとなり、キャリアにキズがついてしまうことがないように、状況に応じた適切なアドバイスをしてくれます

 

 

 

まとめ

医師の転職の時期としてベストタイミングは4月です。人が多く入れ替わる時期でもあるので、退職も採用もスムーズに進むことが多いです。

 

ただし、転職準備は前もってしっかり準備をしておきましょう。少なくとも半年以上前からの転職準備をおすすめしています。

 

幅広い求人の発掘や的確なアドバイスを受けるには、医師の転職に特化した転職エージェントの利用をおすすめしています。転職活動をより充実したものにするためにうまく活用していきましょう。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

医師の転職に関する新着コラム

医師の転職に関する人気のコラム


医師の転職コラム一覧へ戻る