あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
医者を辞めたい!辞めても良い人の特徴と転職するならおすすめの転職サイト8選
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 96 Office info 165 Office info 76 Office info 116
Ranking agent btn

医者を辞めたい!辞めても良い人の特徴と転職するならおすすめの転職サイト8選

キャリズム編集部
監修記事
Pixta 41667775 s

「医者を辞めたい」と考えているドクターはどれほどいるのでしょうか。

 

過酷な労働下で人間の生死と向き合うことはとても大変ですし、医者としての仕事自体に不満はないが、職場の人間関係で悩んでいるという方も少なくないはずです。

 

また、昨今の働き方改革において労働時間や残業時間の短縮が叫ばれる中、医者の残業が2,000時間となりそうなこともあり、医者であってもよりワークライフバランスを意識したい方も多いのではないかと思います。

 

厚生労働省の有識者検討会は21日、地域医療を支える勤務医の残業上限時間について議論した。年1900~2000時間とする厚労省案に対し、委員から「過労死の労災が認められる目安を大きく超える」と批判が相次いだ。

引用元:毎日新聞|勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会

 

この記事では、医者が「辞めたい」と感じる主な理由や辞めるべき人の特徴、医者が退職する際のスムーズな退職方法について、くわしくお伝えします。

 

退職・転職・キャリアチェンジの相談ができるプロを厳選|医師専門の転職エージェント

医者を辞めたい、転職したいとう相談を長年受け続けてきた、経験豊富なアドバイザーが多いエージェントサービスをご紹介。紹介だけではわからない、医師免許を活かした、病院以外の職場で働くこともできます。

 

リクルートドクターズキャリア ★★★★

∟ 非常勤医師の高額アルバイト求人に豊富なラインナップ

∟ 高収入はもちろん、自分の希望する働き方を選べる

∟ 医療圏、医局、症例数など、知りたい豊富に情報を提供

 

エムスリーキャリア ★★★★★

∟ 医師向けの求人サイトとして3年連続No.1の支援サービス

∟ 20代から50代まで年代別にカバーできる安心の対応実績

常勤医師なら年収1,500万円以上の案件多数。

 

民間医局 ★★★☆☆

∟ 週3勤務で1,000万円以上の案件多数
∟ 一気通貫型のサポートで一人の担当者が最後までサポート

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
目次

医者を辞めたい7つの理由とそれでも続けている人の辞めない理由は?

医療従事者専用ニュースポータル:MRDY」にて実施された「医者としてのモチベーションややりがい」に関するアンケートによれば、医者を辞めたいと思ったことの「ある」人は40.6%もいたそうです。

 

医者を辞めたいと思った7つの理由

 

第1位 身体的あるいは精神的に不調になった(442票)

第2位 オンコールの対応や当直が続き、激務と不規則な生活がつらくなった(438票)

第3位 休みが少ない(370票)

第4位 いわれなきクレームなどの対応に疲れた(342票)

第5位 医療訴訟を起こされた(あるいはその手前まで進んだ)(110票)

第6位 患者さんと信頼関係がうまく築けず、結果として治療成績が良くならず、無力さを感じた(109票)

第7位 患者さんが亡くなった(87票)

引用元:「医者、辞めたい」だけど続ける“医者としてのやりがい”は何ですか?

 

この他にも「責任が重い」「子育てとの両立が難しい」などがありましたが、この「医者を辞めたい」と思った先生の中で、なぜそれでも辞めないのかを聞いたところ、下記のような理由がありました。

 

それでも医者を辞めない3つの理由

責任は重いが感謝の声と高収入が励み

  1. 自分が担当した患者さんから感謝してもらえることが仕事へのモチベーションになっている。
  2. 芸術家みたいな才能はないが、時給1万円以上の職業は他にない
  3. 産婦人科医として、元気に赤ちゃんに出会える喜びが大きい
  4. 給料が高いこと。医者でなければ月14万円くらいしか稼げないと思うから など

 

日々勉強の毎日だが知識欲が強かった

  1. 高齢ではあるが知識だけは老いたくない
  2. 珍しい症例に出会ったとき、どんな治療法が最適か考えるのは将来のためになる
  3. 苦労した患者の症状がよくなったときに喜びを感じる
  4. 病名がわからない患者さんについたときに治療法がみつかった時
  5. 画像診断医として興味を惹かれる症例に出会ったとき など

 

周囲からの期待と感謝

  1. 病気になったら、先生の診療を受けたいと言われたこと
  2. 評価されている事を実感し、ありがたいと思った
  3. 苦労して診断にたどり着けた時
  4. 早期に悪性腫瘍を診断できた
  5. 家族ごと「かかりつけ医」として信頼されていることを感じた時 など

 

 

医者を辞めるべき人の特徴4つと今後のアドバイス

医者を辞める理由について、医師転職ドットコムという医者の求人サービスを運営している株式会社メディウェルが医者696人に行なったアンケート結果があります。

 

これによれば、医者の退職理由で最も多いのは「家庭・生活事情」、次いで「大学病院・医局を辞める・離れる」、「勤務負荷」、「職場環境・人間関係」と続いているそうです。

 

引用元:医者の転職理由とその背景とは?

 

では、医者を辞めるべき人の特徴にはどのようなものがあるのか、下記で解説します。

 

業務過多によって何らかの健康障害が起きている人

もし激務な勤務状況にあり、慢性的なストレスや寝不足、精神疾患を患いそう、もしくはもう患っている場合は長期休暇を取得するか、退職すべきでしょう。

 

『Yahoo!知恵袋』や『発言小町』などの投稿サイトや、医者7万人以上を対象にしたアンケートを見ても、『過酷な労働環境への不満』については、上のような投稿サイトやアンケートだけに限らず、ブログや他のサイトでも多く言及されている印象を受けました。

 

「家庭・生活事情」には、「勤務における時間的・体力的負担が家庭や生活に与える影響を抑えたい」という願望が考えられます。

 

  • 緊急手術やオンコールの対応は精神的なストレスが大きい
  • ほかの医者の退職により、勤務負担が自分に集中している
  • 当直明けも続けて外来やオペをすることが常態化している など

 

一睡もできない日が続いたり、深夜でも救急の患者さんが搬送された場合には、時間関係なく処置を行なったりなど、過酷な労働環境で働き続けるうちに疲れやストレスが蓄積していき、他の命を扱う重圧も加わり、最終的にせっかく苦労してなった医者を辞めるという選択をする人もいるようです。

 

残業代や他の手当がつかない給与体系にある人

医者はその職業柄、総じてサービス残業の横行する世界と言えます。医者という職業は非常に高度な専門職であり、常に緊急的対応が求められるため、労働時間に対する意識が希薄になりがちです。

 

また、その特殊な働き方故に、専門業務型裁量労働制と思われがちですが、実は「医者」「歯科医者」「薬剤師」「獣医者」には適応されないため、一般労働者と同様に、働いた時間分の時間外手当を請求することができます。

 

もし今の病院で長時間のサービス残業があるようなら、勤務先の病院を辞めて別の病院に移るか、転科を考える、あるいは他のホワイトな病院を探して転職することをおすすめします。

 

医療ミスのプレッシャー|患者とトラブルになってしまった人

ある投稿がありましたので、ここでご紹介します。

 

医者を辞めたい。 初めての利用です。

卒後10年~15年目の外科系医者です。 個人情報の為、詳細は控えますが緊急搬送されてきた患者が亡くなりました。

その時の対応、結果として患者が亡くなった事についてご遺族と揉めています。

論点は3つ

①ご家族、本人の同意を取らずに処置をした事。

②患者が死亡した責任の所在

③医療ミスではないのか

 

再三、ご説明をしても理解を得られません。

①身分証携帯電話を所持されていなかった事、ご家族の同意をいただく時間はないとの私の裁量権の範疇での判断

②、③ミスはなく適切な処置を行った

そのようにご説明しておりますが、お怒りが収まらず精神的に堪えております。

極め付けはご遺族から掴みかかられ「人殺し」「土下座しろ」と罵倒された事です。

休日も数える程度しかなく妻子との時間を犠牲にしてやっていてもこのような事を言われ張りつめていた気持ちが切れました。

以後、院長のご配慮で、休養中ですが、今後の生活に悩んでおります。

妻はゆっくり休んで考えればいいと言ってくれておりますが、世間体や医療者からの目が気になります。

引用元:Yahoo!知恵袋

 

病院は時に死と隣り合わせが多い世界ですから、自分がどんなに頑張って尽くしても救えない方もいるでしょう。その際、医者に背一杯やってくれたと感謝されれば良いのですが、時には上記のようにトラブルになるケースもあります。

 

医者不足と高齢社会の影響から、医者一人が抱える業務量は増加傾向にあるのに対し、患者とその家族が医療行為の是非を問いやすくなったため(良いことではあるのですが)、医療行為に対するトラブルになる事例が増加しています。

 

  • 相談件数:1,933件
  • 遺族からの相談件数:765件

 

引用元:日本医療安全調査機構|医療事故調査・支援センター平成29年(2017)年報

 

最善を尽くしたが命を救う事が出来なかったというケースは少なくないでしょうけど、医者も神様ではありませんので、仕方ない状況かもしれませんが、遺族にとっては簡単に納得できる問題ではありません。

 

もし、その対応で今後の人生に影響を及ぼす可能性がある場合は、休養もよいですが、一度その病院からは離れた方が自分のためかもしれません。

 

職場の人間関係に悩んでいる人

職場の人間関係がストレスになり、医者を辞めて行く方も多いです。医療機関の方針などによっても異なりますが、よくあるのは医局内の上下関係という意見もあります。

 

派閥争いに巻き込まれると、自分の立ち位置を気つけないと病院内では満足に仕事ができないケースもあります。

 

また、病院内にいる看護師や薬剤師などの医療スタッフとの良い関係を築く事が出来ずに、業務上の支障が大きいという意見や、職場のパワハラに耐えられずに辞めたいという意見もすくなくありません。

 

「それはパワハラですね」呼吸器外科 60代

共同作業をする気が見えない看護師に「君は○○科には向かないね。他に代えてもらったら。」と言ったところ「それはパワハラですね」と言われて申告書まで出されてしまった。

後で看護師長が謝りにきたが、問題のある看護師だったらしい。

 

もう、オモテの医者の世界にはいられない…産婦人科 30代

すごく嫌な上司がいて、鬱になりました。人にばれずに心療内科通院。

嫌な上司はもはや人格否定の発言も繰り返してきて、このままでは自分の医者生命が危ういと思い、その人の言っていることを録音し事務に提出、さらには同職場を夜逃げして休職しました。

正直自分は全然悪くないし、その嫌な上司も全くお咎めなく偉そうにしているのですが、夜逃げしたときはもう、オモテの医者の世界にいれないと思いました。

 

殺されるかと思いました。 代謝内分泌内科 50代

「越えてしまった」というより「超えられてしまった」という表現の方が正しいのですが…

以前勤務していた病院内に言動も行動も奇異で危険な医者がいたのだが、機嫌が悪かったらしく、診察室内でいきなり奇声をあげながら蹴飛ばされました。

看護師がとめにはいってくれましたが、まさに「狂人」のため、殺されるかと思いました。

本人は記憶がない、覚えていないなどと供述していましたが、常日頃から私の外来が一番人気であることが気に食わなかったとのこと。

今でも思い出すと恐ろしいです。

引用元:MEDY

 

退職・転職・キャリアチェンジの相談ができるプロを厳選|医師専門の転職エージェント

医者を辞めたい、転職したいとう相談を長年受け続けてきた、経験豊富なアドバイザーが多いエージェントサービスをご紹介。紹介だけではわからない、医師免許を活かした、病院以外の職場で働くこともできます。

 

リクルートドクターズキャリア ★★★★

∟ 非常勤医師の高額アルバイト求人に豊富なラインナップ

∟ 高収入はもちろん、自分の希望する働き方を選べる

∟ 医療圏、医局、症例数など、知りたい豊富に情報を提供

 

エムスリーキャリア ★★★★★

∟ 医師向けの求人サイトとして3年連続No.1の支援サービス

∟ 20代から50代まで年代別にカバーできる安心の対応実績

常勤医師なら年収1,500万円以上の案件多数。

 

民間医局 ★★★☆☆

∟ 週3勤務で1,000万円以上の案件多数
∟ 一気通貫型のサポートで一人の担当者が最後までサポート

 

 

医者を辞めても再就職や転職・アルバイトという選択肢もある

4つの理由の中でも『人間関係についての不満』や『過酷な労働環境への不満』で悩んでいる場合は、医者を辞めなくても、転職をして働く環境を変えることによって不満を解決できる可能性があります。

 

医者の転職は一般的

普通のサラリーマンの仕事だけに限らず、医者の世界でも転職をすることは昔に比べて一般的になってきたようで、

 

  • 「転職してより多くの収入を得たい」
  • 「勤務時間を減らしたい」
  • 「人間関係をリセットしたい」
  • 「自分に必要なスキルをさらに高めていきたい」など

 

さまざまな理由から転職をする医者が増えてきているようです。

参考: 転職の主な原因となる6つの理由 / DtoDコンシェルジュ 総合メディカル株式会社 )

 

今現在、医者を辞めたいと悩んでいる人でも、転職することによって環境を変えれば、自分の気持ちも変わってくるかもしれません。

 

【関連記事】
仕事ができないから辞めたい!と感じたときの3つの対処法
仕事のストレスで辞めたいときは辞めるが勝ち|円満退職のススメ
 

医者免許を持っていれば再就職もしやすい

日本の医者免許には2019年現在更新制度はありません。

 

一度内閣府で「医者免許更新制の検討」がなされたようですが、一度取得できれば医療行為に従事することは可能です。3大資格の頂点に立つ資格ですので、医者免許を持っていれば下記のような職につくことも不可能ではありません。

 

  • 産業医
  • 生命保険会社勤務
  • 製薬会社勤務
  • 公衆衛生医者
  • 医系技官 など

 

厚生労働省の「医者の勤務実態及び働き方の意向等に関する調査」でも、勤務医・開業医・研究教育がいまだおおいものの、介護・福祉分野、産業へのキャリア思考も増えており、働き方は多様化しています。

 

引用元:厚生労働省|医者の勤務実態及び働き方の意向等に関する調査|平成29年

 

常勤医者を辞めて別の道に進む人もいる

医者の仕事に興味をもてなくなったり、仕事の重圧に耐えられなくなった人は、勤務医を辞めて製薬会社で働くメディカルドクターとなったり、生命保険会社に勤務する社医に転職するというケースもあるようです。

 

医者になるまでに費やした時間などを考えると、医者をやめるという選択をすることは、とても勇気が必要なことだと思います。ですが、こういった別の道を選んで生活している人も実際にいて、他の仕事に新しいやりがいを見いだすことができているようです。

 

常勤や非常勤や以外のアルバイトもできる|平均年収は600万円以上

こちらも、厚生労働省の「勤務医の就労実態と意識に関する調査」によれば、「非常勤・アルバイト」は「20代:26.0%」、「30代:14.5%」となっており、年齢が高くなるほどその割合は低下しているが、「60 歳代以上」で 8.4%に上昇。

 

主たる勤務先の場合、「非常勤・アルバイト」は、20代、30代の若年齢層及び 60 歳代以上の高年齢層で、他の年齢層に比べ割合が高くなっている。

 

医者経験年数別にみると、経験年数が短いほど「非常勤・アルバイト」の割合は高く、役職別にみると役職が低くなるほどその割合は高く、「医員以下」で 20.7%という結果が出ています。

 

主な理由は「収入を増やしたいから: 48.1%」が1位であり、アルバイトを含めたすべての勤務先の合計年収額の平均は1,421万円、アルバイトだけの場合でも年収658.8万円とのことです。このデータは2012年から更新されていませんので、もしかしたら今の年収平均はもっと上がっているかもしれません。

参考:勤務医の就労実態と意識に関する調査

 

medyが行ったアンケート結果でも、ほぼ同様の結果が出ていましたので、ご紹介します。

 

 

医者の転職を専門に扱う『エムスリーキャリア』では、スポット医者求人という名称で多数のアルバイト案件がありますので、興味があれば登録して確認してみてはいかがでしょうか。

 

参考:エムスリーキャリア

 

エムスリーキャリア公式HP:https://career.m3.com/

 

退職・転職・キャリアチェンジの相談ができるプロを厳選|医師専門の転職エージェント

医者を辞めたい、転職したいとう相談を長年受け続けてきた、経験豊富なアドバイザーが多いエージェントサービスをご紹介。紹介だけではわからない、医師免許を活かした、病院以外の職場で働くこともできます。

 

リクルートドクターズキャリア ★★★★

∟ 非常勤医師の高額アルバイト求人に豊富なラインナップ

∟ 高収入はもちろん、自分の希望する働き方を選べる

∟ 医療圏、医局、症例数など、知りたい豊富に情報を提供

 

エムスリーキャリア ★★★★★

∟ 医師向けの求人サイトとして3年連続No.1の支援サービス

∟ 20代から50代まで年代別にカバーできる安心の対応実績

常勤医師なら年収1,500万円以上の案件多数。

 

民間医局 ★★★☆☆

∟ 週3勤務で1,000万円以上の案件多数
∟ 一気通貫型のサポートで一人の担当者が最後までサポート

 

 

医者が病院・医局を辞める際の退職理由の伝え方

医者だからと言って、退職の伝え方に特別なものはありません。一般的に下記のて手順で進めていただければ問題ないと思います。

 

退職の意思は2ヶ月前に伝える

上司に退職することを伝えるベストな時期は、退職したいと考えている日の2ヶ月前です。2ヶ月あれば、業務の引き継ぎや各手続きを問題なく終えることができますので、早めに行動しましょう。 そうすることで、今の職場をスムーズに退職することができるのです。

 

できるだけ忙しい時期は避ける

医療業界でも忙しい時期とそうでない時期はあります。もし繁忙期に辞められてしまうと、人手が足らず、仕事が回らないといったことになりかねません。ただでさえ忙しい業界です。新しい人を雇うことも考えないといけませんので、繁忙期に退職することを伝えるのは避けましょう。

 

直属の上司に必ず口頭で伝えること

退職する旨は、まず直属の上司に必ず口頭で伝えましょう。同僚や後輩、もしくは上司を越えた上役に先に伝えることは絶対に避けてください。上司が又聞きすれば、「どうして私に伝わっていないんだ」と、心証を悪くしてしまいかねません。

 

メールや電話ではなく、上司に時間をとってもらい、面と向かって話をするのがポイントです。もちろん、事前に面談の時間を調整しておかなければいけません。

 

退職理由はポジティブな内容にする

実際の退職理由ですが、ポジティブな内容にするのが基本です。ポジティブで前向きな退職理由であれば、上司も会社も納得しやすいからです。

 

たとえ本音が「職場の人間関係が嫌で」「給料が納得いかない」というようなネガティブな内容でも、わざわざ伝える必要はないでしょう。

 

「本音と建前」という言葉もあるように、ネガティブな理由をそのまま正直に話す必要はありません。退職理由を伝えるときに大切なのは、上司や会社を納得させることだからです。

 

【関連記事】退職理由の伝え方を解説!5つの例文で学ぶ上司を納得させるコツ

 

転職エージェントを利用するとスムーズに済む

病院・医局を辞める際に怖いのが何かしらのトラブルです。

 

退職時に引き止められたり、もう少しいてくれという打診程度なら良いのですが、過去の責任を取れと言われ、対象金なども支払われなかったケースもあるようです。

 

そんなとき、転職エージェントがいれば頼りになります、医療業界や医者専門の転職エージェントであれば、過去に同様の事例を経験している可能性が高いので、どうすればトラブルを回避できるのか、事前に教えてもらえるでしょう。

 

過去の解決事例も多いと思われますので、トラブルへの正しい対処法も期待できます。ただし、実際にトラブルになってしまった場合で、自分の代理となって表に立ち、解決に従事することは法律上できないケースもあります

 

その際は弁護士の出番になってしまいますから、注意しましょう。

 

 

医者が失敗しない転職を実現する転職サイト8選

この項目では、医者向けの転職エージェントを8つ紹介していきます。

 

転職エージェントを使うことだけが転職先を探す方法ではありませんが、

 

  1. 余計なトラブルを回避できたり
  2. より多くの案件から自分の希望により近い転職先を選べたり など

 

転職エージェントを使って転職活動を行なう方法にはさまざまなメリットがあると言われています。

 

M3キャリアエージェント|医者が選ぶ転職サービス満足度No.1

 

M3キャリアエージェントは、転職希望医者の登録実績が7年連続でNo.1の転職エージェントです。

 

常勤医者の求人数は約1万4,000件、非常勤医者の求人数は約4,700件掲載されています(2019年9月時点)。

 

登録している医者が20万人以上いることによる情報収集力や、勤務条件の交渉力などが強みと言われていて、サイト上で担当してくれるコンサルタントの方を地域ごとに1人ずつ紹介しているのも印象的です。

▶ M3キャリアエージェント

 

マイナビDOCTOR|大手マイナビが運営する医師特化の転職サイト

 

WEBからの申し込みだけでなく、電話での問い合わせにも対応しており、平日だけではなく土曜日も問い合わせが可能となっています。サイトに非公開求人数も記載していて、非常勤の求人数が豊富なことも特徴です。

 

ちなみに非常勤の求人数だけで、非公開を合わせて約1万5,000件もあります(2019年9月時点)。

求人を探す際のバリエーションも豊富で、他の利用者によく検索されているキーワードから検索することも可能です。

マイナビ DOCTOR

 

リクルートドクターズキャリア|37年の実績。医師からの支持率83%

 

リクルートホールディングスが出資していて、求人数情報量は業界最大級と言われている転職エージェントです。常勤と非常勤のアルバイト合わせて、全部で18,000件の案件が掲載されています(2019年9月時点)。

 

サイトの構成がシンプルで分かりやすいのも特徴で、実際にサービスを利用された方の声が顔写真付きで紹介されていたり、20代〜50代まで年代別に転職成功事例が紹介されていたりと、サイトのコンテンツも充実しています。

リクルートドクターズ キャリア

 

民間医局|週3勤務で1,000万円以上の案件多数

 

1997年創業の業界トップクラスの医師転職サイト。医療機関と強い信頼関係があり、交渉、提案力の強み。専任エージェントが病院に直接インタビューに行き、一人の担当者が一気通貫で求職者をサポートしています。

多くの転職エージェントが『紹介』と『ヒヤリング』分担制にしているなか、最後までサポートするのが『民間医局』の強み

 

全国16カ所に拠点あり、各拠点のエージェントが連携しドクターの転職活動をサポートするのも大きなメリット。

▶︎民間医局

 

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムは、これまでに医者3万5,000名以上の支援実績があり、常勤と非常勤合わせて非公開は含めずに約3万件以上の求人(2019年9月時点)を掲載している転職エージェント。

 

ちなみに実際に医師転職ドットコムを利用して転職された方のアンケート結果を見てみると、適切な求人を多く紹介してもらえたことや、条件交渉の成果についての満足度が特に高くなっていて、医師転職ドットコムを利用して転職した人の3人に2人は、非公開・匿名求人の案件に転職しているというデータもあるようです。

▶ 医師転職ドットコム

 

Dr.転職なび

掲載しているコンテンツは少なめですが、サイトがシンプルで分かりやすく、サポートしてくれるコンサルタントの方が医療経営士の資格を持っていることがDr.転職なびの特徴といえます。

 

求人情報の更新も毎日行われているそうで、求人の数も多く、常勤1万3,678件、定期アルバイト7,540件の求人がサイト上に掲載されています(2019年9月時点)。

Dr.転職なび

 

DtoDコンシェルジュ

『DtoDコンシェルジュ』は、2019年9月時点で約1万件の求人を掲載していて、求人数は少ないですが、常勤・定期(アルバイト)・スポット(アルバイト)・医院開業(新規・継承)など、種類が豊富です。

 

また求人情報を探す際のこだわり条件も多く用意されており、転職エージェントを利用するメリットや転職活動の進め方などを解説するコラムなどのコンテンツが充実していることも特徴のひとつです。

 

そしてサイトがシンプルに分かりやすく整理されていて探しやすいのもうれしいポイントです。

DtoDコンシェルジュ POWERED BY 総合メディカル株式会社

 

ドクタービジョン

ドクタービジョンは、調剤薬局大手の『日本調剤』が母体となっている転職エージェントです。求人数は約4,500件(2019年9月時点)と他のサイトと比べると少なめですが、こだわり条件の項目がとても多く、さまざまな軸から求人を検索することができます。

▶ ドクタービジョン Produced by 株式会社メディカルリソース

 

現在医者を辞めたいと悩まれている方も、環境を変えることによって気持ちが変わる可能性もあります。自分の現状を変える選択肢のひとつつとして、転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まとめ

医者を辞めたいと思うことは、医者として仕事をしている限り、誰でも一度は考えることなのかもしれません。

 

ただ、より働きやすい環境の職場へ転職することで自分へかかる負担を減らし、それによって医者を続けられている人も少なくありません。

 

現在、医者を辞めたいと悩んでいる方は、転職もひとつの選択肢として、検討してみてはいかがでしょうか。

 

退職・転職・キャリアチェンジの相談ができるプロを厳選|医師専門の転職エージェント

医者を辞めたい、転職したいとう相談を長年受け続けてきた、経験豊富なアドバイザーが多いエージェントサービスをご紹介。紹介だけではわからない、医師免許を活かした、病院以外の職場で働くこともできます。

 

リクルートドクターズキャリア ★★★★

∟ 非常勤医師の高額アルバイト求人に豊富なラインナップ

∟ 高収入はもちろん、自分の希望する働き方を選べる

∟ 医療圏、医局、症例数など、知りたい豊富に情報を提供

 

エムスリーキャリア ★★★★★

∟ 医師向けの求人サイトとして3年連続No.1の支援サービス

∟ 20代から50代まで年代別にカバーできる安心の対応実績

常勤医師なら年収1,500万円以上の案件多数。

 

民間医局 ★★★☆☆

∟ 週3勤務で1,000万円以上の案件多数
∟ 一気通貫型のサポートで一人の担当者が最後までサポート

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

業界別の転職活動に関する新着コラム

業界別の転職活動に関する人気のコラム


業界別の転職活動コラム一覧へ戻る