あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > 転職活動の流れ > 転職活動を始めるベストな時期はいつ?最適なタイミングを月別・年齢別で徹底解説
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 96 Office info 76 Office info 136 Office info 176
Ranking agent btn
公開日:2018.12.18 更新日:2021.2.4

転職活動を始めるベストな時期はいつ?最適なタイミングを月別・年齢別で徹底解説

キャリズム編集部
監修記事
%e3%81%a8%e3%81%b3
  • 『転職ってどの時期にするのが正解なの?』
  • 『繁忙期だったり、後輩の育成期だったりでどの時期に転職していいのかわからない。』
     

転職を考えるにあたり、どの時期に転職をするべきなのか迷う方は少なくありません。結論からお伝えすると、転職に適した時期はあります。ご自身の精神的負担や今の職場への迷惑の有無などを考えると、転職に適した時期が必然的に見えてきます。

 

  • 転職時期を決める上でのポイント
  • 求人情報の増える時期
  • 今の職場に迷惑をかけない退職時期
     

などについてお伝えします。

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
転職エージェントを複数利用する際の正しい選び方とは?

転職エージェントを複数利用する際も、同じ領域で業務を展開するエージェントに登録しても意味がありません

 

例えば、営業職で転職を検討している場合、まず登録すべきは大手で求人数を多数抱える『マイナビエージェント』や『doda』『type転職エージェント』のいずれか一つをまず選択。

 

マイナビエージェント」や「doda」の両方に登録しても構わないのですが、どちらも総合的な職種を扱うエージェントですので、高確率で紹介される求人に被りが出てしまいます。

 

では、2社目のエージェントはどこにするかというと、『営業職の転職に強みを持つエージェント』です。

 

2社目以降の選び方を確認する

 

とはいえ、営業職はどこの会社にもある最もポピュラーな職種ですので、比較検討すべき軸としては・・・

 

行きたい業界に特化しているエージェント

自分の年代に近い求職者が集まっている

の2軸になります。

 

この場合は、行きたい業界で選ぶなら・・・

を、私たちは提案します。

 

そして3社目の、自分の年代に近い求職者が集まっているエージェントですが、エージェントが抱える求職者も年代にはばらつきがあり、どの年代層が得意といった色があるので、最後に年代別に強いエージェントにも登録しておくと盤石です。

 

たとえば、

  1. 20代後半までの第二新卒であれば『ハタラクティブ
  2. 29歳までの狭間の世代なら『U29JOB(ユニークジョブ)
  3. 30代前半から後半の範囲であれば『パソナキャリア
  4. 40代後半までであれば『ビズリーチ
  5. 50代なら『JACリクルートメント

が良いかと思います。整理するとこんな感じですね。

 

総合転職

いずれか1社

マイナビエージェント

type転職エージェント

doda

業界別

2社目

不動産業界

宅建ジョブエージェント

IT業界

レバテックキャリア

コンサル業界

ムービン

広告業界

マスメディアン

年代別

3社目

ハタラクティブ

U29JOB(ユニークジョブ)

パソナキャリア

ビズリーチ

JACリクルートメント

 

評判の良い各業界別・年代別のエージェントは「こちら」にまとめてありますので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

月別で見る転職時期|始めるベストな時期は2回ある

転職活動を始める時期は、いつ頃がベストなのでしょうか。1始めるタイミングによって、転職が有利になることはあるのでしょうか。

 

最初に、転職活動を始めるベストな時期について解説していきます。これから転職活動をスタートさせようとしているのであればぜひ参考にしてみてください。

 

企業が積極的に採用する時期は2月~3月と8月~9月

まず、転職しやすい時期というものを把握しておく必要があるでしょう。転職しやすいということは、求人倍率が下がる時期といえますから、企業が積極的に採用を始める時期が良いということになります。

 

企業の採用ニーズが高まる時期と言うことは、それだけ多くの求人が出されることになるからですね。その具体的に時期ですが、2月~3月と8月~9月です 。
 

ライバルが少ない新年度|4月か10月

新年度の4月や10月は一般的には求人の数が少なくなります。

 

しかし、求人の数が少ない時期ではあるのですが、 転職をするライバルも少なくなる時期でもあるのです。そのため、この時期に募集人数の少ない仕事や難易度の高いハイクラスの求人などを狙って活動してみるのもよいかもしれません。
 

 

年齢別で転職時期を比較!転職に適した年齢は?

ぢ前提からいうと、少なくとも2年程度は勤めてから転職することが望ましいです。もし入社9ヶ月目という、入社したばかりで会社を辞めた人が採用面接に来た場合、面接官は『うちの会社に来てもすぐに辞めてしまうのではないか』と考えるでしょう。

 

また、キャリアアップのための転職であると言い張ったとしても、前の会社に2年程度は勤めていないと実力を身につけたとは考えにくいです。

 

そのため、前の会社に2年程度勤めてから転職することが望ましいと考えられます。

 

第二新卒の場合(24歳前後)

第二新卒(※)の人は、大学を卒業してから2~3年経ち、社会人のマナーや振る舞いが身についたころに転職することを推奨します。
 

※第二新卒

第二新卒とは一般的には『大学を卒業してから1~3年目の求職者』のこと


企業は『正社員として勤めた経験がありつつ、他社の色に染まっていない人』を求める場合があるからです。また、ここ最近の新卒採用では人員確保が難しいため、昔と比べて第二新卒の就活が有利になっているという背景もあります。

 

 

【関連記事】https://tenshokuagent-pro.com/columns/111/

 

20代後半の場合(26歳前後)

20代後半の人は、キャリアプランと実績を見直したらすぐにでも積極的に動き出しましょう。20代後半は社会人としてのマナーや振る舞いも一通り身につ付きつつ、実績がついてくる時期です。そのため、企業としてもその人の実績や振る舞いから将来性を見い出してくれる可能性があります。

 

キャリアプランと実績をご自身でしっかり見直したら、どんどん積極的に行動しましょう。

 

30代以上

30代以上の人は、実績や専門技術、リーダーシップなどを押し出し、即戦力になることを伝えましょう。ひと昔前の転職では『35歳程度が転職できる年齢の限界』と言われていました。ですが、ここ最近では労働者が高齢化している背景もあり、30歳半ばからでも転職しやすくなってきました。

 

 https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/system/body_image1s/151/original/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E6%88%90%E5%8A%9F%E8%80%85%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%B9%B4%E9%BD%A2.png?1525257030

引用元:転職成功者の平均年齢|DODA


30歳以上の人は前の会社の文化や雰囲気に染まってしまっている場合が多いので、『即戦力になり得るかどうか』で雇用するかどうか判断されることが予想されます。そのために、面接や試用期間では実績や専門技術などを伝えていき、即戦力になることを伝えましょう。

 

【関連記事】

20代の転職理由と納得のいく転職をするための10の知識

30歳代からの転職は不利?転職後の年収と成功に必要なものまとめ

40代の転職希望者が未経験職へ転職するための知識【男性編】

 

 

退職時期を決めるポイント|退職をするベストなタイミングは?

転職を始めてから次の仕事が決まるまでの平均期間は3ヶ月 です。そのため、この3ヶ月という期間を十分に考慮したうえで転職活動を始めるタイミングを決めましょう。
 

繁忙期ではない時期

ただでさえ、人手が足りなくなる繁忙期に退職するのはやめましょう。繁忙期には人手が足りず、みんなが助け合うことが必要不可欠になりますので、お世話になった恩返しという意味でも、この時期は協力してあげるとよいかもしれません。

 

引き継ぎの業務と繁忙期が重ならないようにするためです。例えば、年度末の忙しい時期に、引き継ぎ挨拶の同行を頼まれても、上司は困ってしまいますよね。このように、あなたが退職するにあたって、上司や会社に迷惑にならないようにしなければいけません。
 

仕事のキリがよい時期

仕事が中途半端な状態で終わらないようにしましょう。仕事の内容が誰でもできるようなものであり、きちんと引継ぎができるものならばよいかもしれません。

 

ですが、あなたにしかできず、引継ぎも完了しないまま退職してしまうと、会社に多大な迷惑がかかってしまうでしょう。仕事のキリがよい時期にきちんと引継ぎを行って退職するようにしましょう。

 

転職活動を始める時期と同じように、現在の職場を退職するタイミングも重要です。基本的には、繁忙期に退職するのは避けなければいけません 。

 

賞与・手当てが出る時期

そして、賞与・手当てで転職のタイミングを決めるのも有効な手段です。例えば、夏の賞与・ボーナスをもらってから辞めるというようなケースです。その賞与を貰うタイミングを見て、転職活動を始めるのもありです。
 

現職やクライアントに迷惑をかけない時期

責任感が強く「自分が穴を空けて今の会社に迷惑をかけないか心配…」と思う人もいるでしょうから、引継ぎのスケジュールを検討して問題のなさそうな時期に退職すれば、ほとんど迷惑はかからないでしょう。

 

  • あなたのサポートなしで後輩が仕事をこなせるようになったタイミング
  • クライアントとの契約がちょうど切れるタイミング

 

など、引継ぎをしても問題のない時期というのはある程度存在しますので、その時期を見つけて退職するようにしましょう。また、『迷惑になる退職の仕方』は会社によって異なる可能性もあります。上司や役員などに直接聞いてから引き継ぎ時期を検討してもよいかもしれません。

 

 

転職に失敗しないためにやっておくべき5つの準備

ここからは失敗しないための転職術について解説します。
 

長期的なスケジュールを立てる

今の職場で上司に退職することを伝える時期から、転職活動で内定が出るまでのスケジュールを長期的に立てましょう。先ほども説明したとおり、転職活動の平均期間は3ヶ月です。

 

もちろん、この3ヶ月は平均ですから、4ヶ月かかる人もいれば、半年以上かかる人もいます。さらに、転職活動は全てが予定どおりに進まないもの。十分に余裕を持たせた転職活動のスケジュールを立てましょう。
 

何事も早めの行動を心がける

転職活動を成功させるためのポイントとして2つ目に挙げるのが、何事も早めの行動を心がけるということです。履歴書に貼る写真を撮ったり自己PRを考えたりと、やらなければいけないことは早めに行動するように心がけましょう。
 

特に、現在の職場で上司に退職を伝えるのが遅くなる人が多いのです。言い出しにくい内容なので、伝えるのをズルズルと先送りにしてしまうからです。転職活動では何事も早めの行動を心がけましょう。
 

じっくりと自己分析を行なう

そして、自己分析をじっくりと行なうことも、転職活動を成功させるための大きなポイントです。まずは、「どのような仕事がやりたいのか」を明確にしましょう。

 

もちろん、面接官に説明できるように言語化できるようにしておかなければいけません。また、「自分の強み」を把握しておくことも大切です。

 

例えば、面接は自分を企業に売り込むための場所でもあります。もちろん、自分自身の強みが分かっていなければ、アピールすることはできませんよね。
 

【関連記事】 転職前に行う自己分析の方法|不満や強みを整理して採用率を高めるには
 

周囲の人に相談する

転職活動を成功させるためのポイントとして4つ目に挙げるのが、周囲の人に相談するということです。

 

仲のよい職場の同僚や知人などに相談しながら転職活動を進めていきましょう。周囲の人に相談することで、考え方の偏りをなくすことができるからです。転職活動というのは、基本的には個人で進めていくもの。

 

そのため、どうしても視野が狭くなりがちです。しかし、視野が狭くなっては正常な判断ができませんよね。そうならないためにも、他人の意見やアドバイスを聞けるようにしておきましょう。また、このときのポイントは、すでに転職に成功している人に相談することです。

 

転職を経験した人であれば、転職活動における悩みや不安を理解してくれるからです。もちろん、転職を成功させるためのポイントも聞き出しましょう。
 

転職エージェントを活用する

転職エージェントとは、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスのことをいいます。とはいっても、ただマッチングするだけの転職サイトとは違い、企業についての情報を知れたり、転職について相談できたりすることが特徴です。

 

転職エージェントを上手に活用することで、転職が成功する確率が大きく高まることは間違いありません。転職エージェントは転職支援サービスを無料で受けることができ、専任のキャリアアドバイザーのカウンセリングを受けることができます。

 

転職エージェントに相談するメリット

  • 採用までのスケジュール調整をしてくれるから精神的負担が軽減される
  • 公開されていない求人情報を入手できるので、よい企業に巡り合える可能性が高まる
  • 企業の雰囲気や裏情報を知れるので、社風で失敗するリスクを下げられる

 

「やりたい仕事が分からない」などの転職における悩みや不安を相談することができるのです。また、あなたの希望に沿った求人情報を厳選して紹介してくれます。

 

これにより、多くの時間を短縮できるでしょう。さらに、履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策のアドバイスを受けることもできるのです。

 

【関連記事】
転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識
第二新卒が転職しやすい時期とそれまでにやるべき7つの準備
20代女性の転職に強い転職サイト・エージェント5選

 

 

まとめ

さて、ここまで転職活動を始めるベストな時期について話をしてきました。あなた自身が転職を始めるときのイメージが持てたのではないでしょうか。

 

さらに、失敗しないための転職術についても説明してきました。基本を押さえれば転職は難しくありません。

 

ここで解説した内容を実践して、ぜひ理想の内定を勝ち取ってください。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職活動の流れに関する新着コラム

転職活動の流れに関する人気のコラム


転職活動の流れコラム一覧へ戻る