あなたにピッタリな
転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
40代の転職希望者が未経験職へ転職するための知識【男性編】
キーワードからコラムを探す

40代の転職希望者が未経験職へ転職するための知識【男性編】

S_40tenshoku

40代で転職を希望する男性は増えてきていると言われておりますが、転職は年齢を重ねるごとに難しくなると言われております。

一方、働き方が多様化してきている現代は、40代の男性にとって転職しやすい環境だと言えますが、それでも20代~30代と比べると転職するのが厳しいのが現状です。

企業側も40代の男性を採用する上で、慎重になるためであり40代の方の転職活動は長期化することは覚悟した方がいいでしょう。一方で40代の男性の中には未経験職へ転職することを希望されている方も多く見られます。

転職に不利だと言われている40代ですが、40代の男性が未経験職へ転職することは可能なのでしょうか。今回の記事では40代の方が未経験の職種へ転職する上で、40代男性が転職市場で求められる能力、40代男性が転職しやすい職種、転職するの手順についてまとめてみました。
 

Pc_tool_head
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn

40代男性が転職する上で求められるものはマネジメント能力

まず、一般的に40代男性が転職する上で企業側から求められる能力はマネジメント能力です。

その業種、職種に関する理解はもちろんのこと、今までの経験からどう会社の利益に貢献することができるのか、そして利益を上げる為にどのように部下を機能的に動かしていくのかが求められます。

男性の転職は、年齢が上がるほど管理職へ転職するケースが多くなりますが、自分が管理する部門をディレクションする上で、業種と職種への理解はある程度は必須です。
 

40代男性が未経験職へ転職するのが難しい理由と転職するデメリット

そのため一般的には40代の男性が未経験職へ転職すること、困難だと言われており、転職活動が上手くいっても転職先で苦労すると言われております。以下、その理由について紹介していきます。
 

専門的な内容についていけない

そもそも40代の男性が未経験職へ転職した場合、転職先の職場の専門的な内容について行くのが大変でしょう。未経験職へ転職する場合、職種、業種に対する知識がない以上、新入社員と同様に業務に携わる専門知識は新たに勉強しなおさなければなりません。

年齢を重ねるごとに新しい知識への吸収力は低下すると言われておりますが、40代の男性が新しいことを勉強するのは体力的にも厳しいでしょう。

特に入社したての社員は少しでも業務に追いつくために残業や、業務時間以外の時間も業務に携わる勉強をしなければなりません。
 

新卒同様にわからないことを質問できない

そして新しい職種や業種に携わる以上、仕事をしていてわからない箇所がでてくることは当然です。しかしながら新卒社員と同じように上司に不明点を質問するのは難しく、教える側にとっても年齢の変わらない、または年上の男性に仕事を教えることは気まずいでしょう。

ただでさえ40代の男性は新しい内容を吸収する上で年齢的なハンデがあるのに、余計に職場の同僚から取り残されてしまいます。

企業側も40代の男性の未経験者を雇用する上で、「新しい業務についていけるだろうか」、年齢による生じるハンデについて懸念するため、採用に慎重になることがわかります。
 

希望する給与の求人案件が見つからない

転職する以上、前の職場よりも高い年収を希望する方は多いですが、40代の男性が転職することで前職より年収を増やすことは難しいでしょう。

厚生労働省平成26年度の調査によると40代の転職で前職より年収が増えた人の割合は約36%、反対に減少した人の割合は28.5%、変わらない人の割合は34.5%という結果がでています(「平成26年上半期雇用動向調査結果|厚生労働省」)。

この調査から40代の方の転職活動において63%の人が前職より年収が増えていないことから、転職によって年収を増やすことが難しいことがわかります。

実際に、自分が希望する給与を条件とする転職先が見つからないために転職活動を長引がせる40代の男性は多いと言われております。
 

40代の男性でも転職しやすい未経験職とは?

では40代の男性の転職活動には色々と不利な要因があることがわかりましたが、40代の男性が未経験職へ転職するためにどのような職業を狙っていけばいいのでしょうか。
 

人手不足の職種

職業柄、離職率が高い職業、または売り手市場の業界などは人手が足りていないため、40代の男性でも未経験で転職しやすいと言われております。
 

営業職

営業職は離職率の高く常に新しい人材を募集する傾向にある職業になりますが、社内移動によるキャリアチェンジが望める職業でもあります。

中でも不動産営業は採用される確率が高いと言われておりますが、研修期間中に契約が取れなければクビを切られてしまうのと給料が歩合制なので、向き不向きは分かれるでしょう。
 

介護職

高齢化社会の伴い介護も、働き手にとって売り手市場の職業であると同時に、離職率の高い職業でもあります。

常に人手不足の業界でもあるので、年齢問わず未経験者でも雇用される職業でもありますが、被介護者の持ち上げ、荷物の運送、深夜労働など仕事内容はかなりハードです。

体力的に余裕がなくなってきている40代ですが、腰痛持ちの方などは別の職業を検討された方がいいかもしれません。また、介護職で働く上でヘルパーの資格を取得する必要がありますが、職業訓練校で取得することができます。
 

IT・WEB・ゲーム業界

IT、WEB、またはゲーム業界は一般的に景気がいいと言われている業界になりますが、それに伴って転職市場における需要は高く、40代の男性未経験者が採用されやすい職業の一つです。

ただし、40代で全くの未経験の業界に転職するのは、かなりハードルが高いことだけは理解しておいて下さい。若い頃に比べると慣れるのに時間がかかりますし、流れが早くてキャッチアップするのも大変な業界です。新しいことに順応しやすい方や絶対にキャッチアップできる自信のある方でないと転職後やっていくのは難しいでしょう。
 

【参照】
▶「ネットワークエンジニアが転職を成功させる為の全知識
▶「ゲーム業界へ転職を成功させるコツとおすすめ転職方法まとめ
▶「営業に向いていない人の特徴と営業職以外に転職する為のコツ

高齢の方が活躍する職種

人手不足の業界は体力的にハードな仕事内容が多い上に、若い年齢層の方と肩を並べながら仕事をしなければならない仕事が多いです。

40代の男性の方の新しい雇用先として働く人の年齢層が高い職業に転職するのも一つの手段だと思いまいすが、未経験でも採用される職業として「警備員」、「清掃員」などがあげられます。
 

警備員

警備員は、未経験者として転職する40代以上の男性が多い職業です。未経験でも昇進することが可能であり、40代以上の男性の方が出世しやすい職業でもあるので、働きやすい環境を重視する上で警備員は最適な職業かもしれません。
 

清掃員

また、清掃員も40代の男性の転職先として人気のある職業になります。清掃会社では働く人は年齢層が高いため、40代は清掃会社において比較的、若い層になりますが、未経験の仕事を始める上で働きやすい環境と言えるでしょう。

警備員同様、昇進のしやすい職業でもありますが、女性の多い職場が多いため、男性にとって働きづらい部分もあるかもしれません。

男性の清掃員が多い清掃会社もありますが、男性の多い職場は力仕事が多い傾向にあるので、体力的に余裕のない方は女性清掃員の多い清掃会社に転職することをオススメします。
 

40代の男性が未経験職へ転職するために必要なこと

では、40代の男性が未経験職へ転職するために必要なことについて説明していきます。
 

自身の強みを理解する

まず、40代の男性に関わらず、転職活動では転職市場における自身の強みを理解することが必要です。
 

キャリアの棚卸し:自己分析シートの活用

経験者と比べると未経験職へ転職する上でビハインドはありますが、今までのキャリアを通じて培ってきた職業スキルは転職先でも無駄になりません。

社会人マナーからプロジェクトの進め方はどの職業においても共通する必要なビジネススキルになりますが、今までの社会人として経験したことを転職先でどのようにして活かすのかを企業側へ伝えることが転職を成功させる鍵になります。

自身の社会人としての強みを客観的に理解するためにも、自己分析シートを活用してみてください。転職サイト、転職エージェントの登録者は自己分析シートを利用することができます。
 

転職市場における40代の強み

また、20代、30代の転職希望者と肩を並べて転職活動しなければなりませんが、40代であることの強みを企業側へ伝えることで他の転職希望者と差別化を計れるといいでしょう。

若い男性社員は早期に仕事を辞める傾向にあると言われておりますが、当然ながら企業にとっても採用した社員に辞められることはマイナスです。

新卒の社員と比べると社会人としての常識が備わっている40代の中途採用者の方が離職するリスクが低い傾向にあるので、その点は企業にとってプラスの要素と言えます。
 

求人数の多い転職媒体を利用

40代の男性が未経験の職業へ転職するためには、なるべく多くの企業へ応募するべきです。多くの企業へ応募するためには、取り扱い求人数の多い転職サイト、転職エージェントへの登録は欠かせないでしょう。

転職サイトとは、サイト内で掲載された求人案件の中から転職先を見つけるためのサイトであり、転職エージェントとはエージェントが転職希望者の能力と条件に合った求人案件を直接、紹介する転職支援サービスになります。

両者の違いについて詳しく知りたい方は以下の記事を参照にしてください。
 
参照:「転職エージェントと転職サイトの違いと賢い利用方法
 

転職サイト・転職エージェントを複数併用する

なるべく多くの求人へ応募するためには、転職サイト、転職エージェントの双方を併用するべきですが、転職エージェントだけでも2社は登録すべきだと言われております。

中でも、「リクルートエージェント」、「パソナキャリア」、「type転職エージェント」などへ登録することをオススメします。
 

40代の男性の転職希望者が、自身の希望に叶う未経験者を採用してくれる場所は限られてきますが、そのためには多くの求人情報を仕入れる必要があり、そのためにも複数の転職サイト、転職エージェントを利用してください。
 
【参照】
▶「転職エージェントの費用は無料|求職者に費用が発生しない理由
▶「転職エージェントを比較して最適なエージェントを選ぶ全知識
▶「転職エージェントに効率よく相談するコツとおすすめの相談先
▶「転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識

応募し続ける粘り強さが大切

冒頭でも申しましたが40代の転職活動は長くなる傾向にありますが、未経験職への転職活動はなおさら長くでしょう。

先ほど、なるべく多くの求人へ応募するべきだと申した理由は、40代の男性の転職活動において第一志望で採用されるケースが稀であり、不採用になるケースが高い割合を占めるためです。

不採用が続いても諦めずに採用が決まるまで粘り強く応募し続けることが、40代の男性が未経験職への転職活動を成功させる大切な要素になります。
 

まとめ

パソナキャリア

40代の男性の方が、未経験職へ転職活動をするにあたり苦労はつきものでしょう。

少しでも転職活動の負担を減らすために今回の記事を参考にしていただけたら幸いですが、転職者のサポートをサービスとして行っている転職エージェントを有効に活用することをオススメします。

Pc_tool_head
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

はじめての転職に関する新着コラム

はじめての転職に関する人気のコラム


はじめての転職コラム一覧へ戻る