営業に向いていない人の特徴と営業職以外に転職する為のコツ


 > 
 > 
 > 
営業に向いていない人の特徴と営業職以外に転職する為のコツ
キーワードからコラムを探す

営業に向いていない人の特徴と営業職以外に転職する為のコツ

New_pixta_24566536_s

あなたは今、「営業に向いていない」「営業が辛い」「営業の仕事を辞めたい」と悩んでいませんか?

今回の記事では、新卒から営業畑で働いている筆者が、営業に向いていない人の特徴と、営業職以外に転職するときのコツ、そして「営業に向いていないけれど営業で頑張りたい」という人へのアドバイスをまとめましたので営業職に悩んでいる方は是非参考にしてみてください。


【関連記事】
仕事を辞めたいけど言えない理由と言いやすくなる8つの方法
仕事辞めてよかったと思う5つの瞬間と転職を迷う人へ9つのヒント
 

 

営業から転職したい|辞めたい・やりたくないと思う理由


まずは、そもそもなぜ営業を辞めたい、やりたくないと思うようになったのか一度整理してみましょう。なんとなくやりたくない、という曖昧な理由だと、仮に他の職種に移ることにしたとしても、あなたにぴったりの職に就くことは困難です。
 
一度自分自身の仕事への考え方を見つめ直してみましょう。

ノルマがきつい

営業職と言えば、「ノルマ」が課せられることですね。ノルマとは毎月いくら売り上げを上げなければいけないという売り上げ目標のことです。営業が得意な人や、向いている人にとっては、ノルマを課せられることでやる気になりますし、ノルマに対してストレスは感じませんが、人によってはノルマがかなり重くのしかかるでしょう。

人間関係につかれた

社会で働く以上、人間関係はつきものですが、営業ではより関わらなければいけない人間関係が多くなります。営業先のお客様との人間関係に疲れてしまうことももちろんですが、売り上げを上げられていないときなど、特に上司や同僚との人間関係が辛くなることも多いと思います。

労働時間よりも結果で判断される

営業では良くも悪くも結果が極めて分かりやすく数字に表れます。頑張って売り上げを上げれば誰がどう見ても成果は目に見えていますので高い評価をされますが、売り上げを上げられないと結果が0円で評価も0、ということにもなりかねません。

自分はこんなにも頑張っている、こんな長い時間働いて頑張っていると主張しても結果が伴っていなければ営業マンの場合評価につながらないことがほとんどです。
 

営業に向いていない人の特徴

上にあげた営業の特徴を「辛い」と感じている時点で営業に向いていない可能性が高いですが、ここから具体的に営業に向いていない人の特徴を見ていきますのでチェックしてみてください。

コミュニケーションが下手

営業職は商品を売る職種と思われていますが、本質的には自分を売り込む仕事です。毎日初めて会う人に名刺を渡して笑顔で雑談して自分を気に入ってもらって空気を読みながら商談を差し込んで最後には契約を取ってくる・・・というコミュニケーションのオンパレードです。

コミュニケーションが苦手、嫌いという人は営業に向いていないでしょう。また、自分ではコミュニケーションが得意と思っていても相手の質問に的確に回答できない人も営業職に向いていません。

ストレスを感じやすい

営業を辞めたくなる理由の部分でも触れましたが、営業では売り上げ数字、人間関係など様々なストレスが日々降りかかってきます。ストレスの原因であるストレッサーは同じ事柄であっても受け取る人によってストレスの感じ方が異なります。

また、ストレスの解消能力も人によって異なります。同じダメージを受けたとしてもある人は一晩寝ればすっきり気持ちを切り替えられるけれど、一方で、ずっと悩み続けてしまう人もいる、ということです。

小さなことでストレスを感じてしまったり、ストレスの解消方法がうまくなかったりする人は営業に向いていないと言えます。

プライドが高い

営業職にとってはプライドよりも売り上げが大切です。ある程度のプライドは必要かもしれませんが、往々にしてプライドは売り上げの邪魔になります。

お客様に対してもプライドを捨てなければいけない場面もありますし、上司からの注意やアドバイスを素直に聞き入れられないとスムーズに成果を出すことは難しいです。プライドが高い人は上司からの支持を素直に聞き入れることができないので営業職に向いていないのです。

逆算できない

営業では逆算能力が極めて重要になります。

いつまでにいくら売り上げなければいけないから、何件の訪問営業に行かなくてはいけなくて、そのために何件のアポイントが必要だから今日何件のテレアポをしなければいけない、というように最終ゴールから逆算して今日今この瞬間にやるべきことを「自力で」導き出せる人でないと営業に向いているとは言えません。
 

営業をやめたい|向いていない人におすすめの転職先

ここまでの内容を読んで「自分は営業に向いていない」と感じている方のために、お勧めの転職先をご紹介します。

まずは営業~営業の種類~

営業と一言にいっても、営業にはいろいろと種類がありますよね。営業に向いていないと落ち込んでいるあなたも、もしかしたら今やっている営業の「種類」があなたに合っていないだけかもしれません。

新規営業、既存営業

まず、大きく新規営業と既存営業(既存フォロー、ルート営業ともいわれます)の2種類に大きく分けられます。

名前からして想像はつくかと思いますが、新規営業は新しいお客様を開拓する営業で、毎回「はじめまして、●●会社の●●です」といって自己紹介し、名刺交換をし、信用をゼロから積み上げていくものです。既存営業はすでに取引のあるお客様に対して要望を聞いて新しい提案をすることで売り上げを上げる営業です。

ガツガツと野心を持っているタイプの人であれば新規営業の方が向いていますが、性格が平和主義でかつ人と深く付き合えるタイプの人は既存営業が向いているかと思います。
 

法人営業、個人営業

次に、別の視点から法人営業と個人営業という分け方もできます。

法人営業は会社相手に営業をすることで、個人営業は一般個人に営業をします。ここでの大きなポイントは「お金の属性が違う」ということです。

法人営業の場合、お金は会社のお金になりますので決裁者であったとしても直接懐が痛む感覚はないということも多々あります。

一方、個人営業の場合はお客様個人が自分で汗水たらして稼いだお金になりますので何かを購入するときには自分の懐が痛むという感覚はシビアにあるでしょう。

法人営業、個人営業どちらに向いているかについては一般論では語れない部分が大きいですが、どちらかというと論理的に物事を考え説明できる人は法人営業に向いている傾向があると思います。感情的に訴えかけて相手を納得させることが得意な人はどちらかというと個人営業に向いているでしょう。
 

営業事務

営業マンとして第一線で売り上げを上げる職種ではありませんが、お客様と対するのが好きという方には営業事務はお勧めです。

営業事務は営業部として営業マンをサポートする役割で具体的には受発注の管理や処理、プレゼン資料作り、請求書や見積書の作成、電話対応など多岐にわたります。営業としてお客様とやりとりする場面も多いのでビジネスマナーやコミュニケーション能力は身に付くでしょう。
 

それでも営業がだめなら~他職種~

それでは次に、営業以外の職種についても見ていきましょう。

事務職

まず、営業からの転職希望で多いのが事務職です。営業で仕事をしてきている人であればコミュニケーションスキルやパソコンスキル、数字の計算などはある程度身についていると思いますので比較的転職はしやすいかと思います。

ただし、営業職より給料はほぼ確実に下がると考えた方がいいでしょう。また、売り上げ目標も当然ないので最初は気が楽になって天国のように感じる人も多いようですが、しばらく経つと物足りなくなってしまう人もいるようです。
 

人事職

人事では新卒採用から中途採用、社員教育など業務内容は幅広いです。営業と同じように初めて会う人とコミュニケーションを取る場面も多いので、営業からの転職は比較的しやすく、優遇されることも多いです。ただ、人事部はある程度会社が大きくないと設置されていないことも多いので、転職先の企業が制限されてしまいます。
 

企画、マーケティング職

企画職は新しい商品やサービスを生み出し、それを市場に広めるための仕事をマーケティングが担当しています。商品やサービスの販売戦略もたてる必要があるので営業との連携が必要不可欠です。

また、情報収集能力や分析力、深い業界知識も必要になるので新入社員が配属されることはほとんどありませんが営業として業界の知識を積んでいたり、販売戦略を立てることができたりする場合は比較的転職しやすく、転職後も活躍できる可能性が高いのが特徴です。
 

営業から他職種へ転職するときに成功させるコツ

営業職から他の職種へ転職するときにどんなことに気を付けたら成功確率が上がるのでしょう。せっかくの転職を成功させるためにいくつかポイントを記載しましたので参考にしてください。

営業をなぜ辞めたいのかの理由を明確にする

あなたはなぜ営業を辞めたいという結論にいたったのか、まずはその理由を明確にしてください。

辞めたいと思うに至った理由を自分自身でしっかりと把握できていないと転職した後の職種でも同じような理由でまた転職したいと思ってしまう危険性があるからです。

営業職のどういう面が辛かったのか、どういう業務が自分に向いていないと思ったのかを深堀しましょう。

自分が仕事に喜びを感じる場面を把握する

次に、仕事をやっていて特に喜びを感じるときはどんなときかも改めて考えてみるのをお勧めします。転職する先では、その喜びの場面ができるだけ多そうなところ、そしてその実感がしやすいところ、という基準で選ぶと転職が成功する確率も上がるでしょう。

転職エージェントに相談する

未経験の職種に転職する際はやはり不安も大きくあると思います。本当に自分は営業に向いていないのか、転職したいと思っている職種が果たして本当に自分に合っているのかを転職エージェントのプロの目線から見てもらうのもいいと思います。第三者の目線から、あなたがどの職種に合っているのか、どの業界に合っているのかを判断してもらえます。
 
また、転職エージェントは相当数の求人を持っていますのであなたに合っていそうな求人を紹介してもらうことも可能です。転職を成功させるためのポイントや面接のコツなどもアドバイスしてくれるエージェントがほとんどなので活用しない手はないでしょう。

 

業種を問わずおすすめの転職エージェント3選

転職することは決めたけど、興味のある業界や業種はまだ決めきれていない、という方におすすめの転職エージェントをご紹介します。
 

求人数が圧倒的に多い業界最大手|リクルートエージェント

業界最大手リクルートが運営する転職エージェントです。10万件以上を超える圧倒的に豊富な求人を保有しており、業種や職種を問わず幅広い企業の中からあなたに合ったものを紹介してもらえます。
非公開求人とは、普通に公開すると応募が殺到するため、転職エージェントを介してしか紹介されない求人のことです。他の手段ではアプローチできない求人を紹介してもらえる可能性があるので、経験を活かしキャリアアップしたい方におすすめです。
また、求人が多いため未経験職に挑戦したいと思っている方も利用しやすいかと思います。転職でより幅広い選択肢から職場を探すためには、リクルートエージェントを利用しアプローチ可能な求人の幅を広げておくと良いでしょう。
 

手厚いサポートが強み|パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、親身にキャリア相談に乗ってくれる転職エージェントです。これまで営業しか経験していない方は特に、(1)今後どの業界に転職するべきか、(2)どんな職種が自分に合っていそうか、迷う場面も多いかと思います。実際に働いてみないことには、その仕事が自分に合っているのか判断しにくいものですが、かといって勢いで転職してしまうと、宝くじを買うような転職をしてしまうことになります。
これまで経験のない業種や職種に転職する場合は、その業界・職種に詳しい人に話を聞き、情報収集することが必要不可欠です。
パソナキャリアであれば、親身に相談に乗ってくれ、あなたの人となりや経験を加味したうえで最もマッチする求人を紹介してくれます。無理に転職を勧めてくることもないので、異業界・異職種への転職を考えている人の良きパートナーになってくれることでしょう。

 

20代や第二新卒の転職に強い|マイナビエージェント

もしあなたが20代、もしくは第2新卒なのであれば、第2新卒の転職に強い転職エージェントを選ぶのも1つの手です。マイナビAGENTは20代・第2新卒を積極的に採用しようとしている会社の求人を多数保有しているので、あなたを必要としている企業に効率よくアプローチしやすくなっています。中小企業やベンチャー企業の求人も多数抱えており、リクルートエージェントなどと併用することで網羅的な企業リサーチが可能となります。

 

業種別おすすめの転職エージェント3選

それでは、実際にどの転職エージェントに相談するのがいいのか、業界別にお勧めの転職エージェントをご紹介していきます。
 

外資系|JAC Recruitment

JAC Recruitment

国外に8拠点をかまえ、外資系、海外案件に非常に強い会社です。海外転職を考える際には欠かせないエージェント会社と言えるでしょう。
 

IT・Web系|ワークポート

ワークポートテック

良質な未公開求人が多いという評判をよく聞きます。また、この会社が一番得意としているのがIT、WEB系です。

 

事務系|type転職エージェント

typeの人材紹介

関東圏特化型なので全国には対応していないものの、年収交渉に強かったり、内部情報にも詳しかったりするので、関東圏で事務職への転職を考えている場合はお勧めです。

 

営業に向いてないが営業で頑張りたいとは思っている場合の3つの打開策

自分が営業に向いていないことはわかった!でも、それでも営業として頑張って一旗あげたい!という方のためにすぐに実践に移せるアドバイスを書きますので一度参考にしてください。

なんで営業がうまくいかないのか考える

まずは原因分析。なぜ今営業としてうまくいっていないかを考えてください。

人前に出ると緊張するから?ストレスがたまりすぎてしまうから?上司の言うことを素直に実践できないから?

上がり症の人は、場数を踏めばだんだん慣れてきますし、上司と馬が合わず言うことが素直に聞けない人は上司を変えてもらうこともできます。一つ一つ原因を洗い出してみると意外にちょっとした工夫で改善できるようになります。

営業をうまくする為に最低限守るべきこと

次に営業としてやっていくためにこれだけは最低限守るべきことをご紹介します。

約束は守る

営業に限ったことではありませんが、ビジネスは信用されてナンボです。信用していない相手に自分の大切なお金を預ける人なんていないからです。

では信用とはどういう人が勝ち取るのでしょう。それは、約束をしっかりと守れる人です。

営業先で言った小さな口約束だろうと約束は約束です。「今夜18時までに○○を提出します」と言ったらちゃんと18時までには提出するのです。小さいことに思えるかもしれませんが小さな信用の積み重ねでしか、大きな信用は勝ち取れないのです。

期日は余裕をもって提出する

営業にとってよく起きるのが期日の問題です。いついつまでに提案書を作成しなければいけない、商品をいつまでに納品しなければいけない、メールを何時までに出さなければいけない、など事あるごとに期限が切られます。

そのため、ギリギリになってしか提出できないようでは、何か不測の事態が起きた時に期日を守れなくなってしまう可能性が出てきます。
 
そうなると一気に信用を失い、売り上げも失うということになってしまいますので必ず期日は「余裕をもって」対応してください。ちなみにこれはお客様との約束の期日だけでなく、社内の上司や同僚とのやりとりでもしかりです。上司からいついつまでに提出しろ、報告しろと言われたものは余裕をもって対応してください。
 
信用問題はお客様との問題でもありますが、社内の問題でもあります。上司から信用されていない営業マンは決してうまく波に乗ることはできないのです。

嘘をつかない

こちらも信用問題につながる内容ですが、嘘をつくとその場をなんとかしのぐことができるかもしれませんが、後々、それが嘘だとわかってしまったときに一気に信用を失います。

できもしないのにできると言ったり、商品のスペックを盛って話したりというのは嘘になります。また、期日を守らないのも相手にしてみれば嘘をつかれたのと同じことになりますので注意してください。

営業で最も簡単に成功するコツはパクること

それでは最後に、営業に向いていなくても営業で頑張っていきたい方のために取って置きの秘訣をお教えしましょう。それはデキる営業マンの真似をすることです。トップ営業マンがやっていることを小さいことでもいいのでパクってみましょう。
 
その営業マンが電話口でどういう話をしているのか、メールの文頭には何を書いているのか、朝は何時に出社しているのか、デスクトップにはどんなアイコンを置いているのか、些細なことでもいいので真似てみるのです。
 
デキる営業マンは無駄な動きがほとんどありません。そのため小さな行動にも意味があるのでそれをパクることで小さいながらもあなたの行動に変化が表れるはずです。行動が変われば結果も変わる。トップ営業マンの行動を真似ていくうちにあなたの営業成績にも必ず変化が現れるでしょう。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。営業が辛くて他職種への転職を決めてしまった人も、今後も営業職で頑張っていきたい人も、今回の記事があなたの仕事を見つめ直すうえでお役に立てていれば幸いです。
 

編集部

本記事は厳選 転職エージェントナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※厳選 転職エージェントナビに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

業種別 転職のすすめに関する新着コラム

業種別 転職のすすめに関する人気のコラム


業種別 転職のすすめコラム一覧へ戻る