トップ > 転職ガイド一覧 > 薬剤師の転職 > 薬剤師の転職に多い理由と対策|仕事を辞める正しいタイミングと伝え方

薬剤師の転職に多い理由と対策|仕事を辞める正しいタイミングと伝え方

今の仕事への不満
薬剤師の転職

薬剤師は転職が多い職業で、転職理由は様々です。今回は薬剤師に多い転職理由とそれの改善策、仕事を辞める絶好のタイミングや辞めるときの伝え方のポイント・転職の成功例とその理由などまとめました。

 

 

失敗しない薬剤師転職に役立つサービス|信頼と実績で選んだおすすめ3選

薬キャリ|薬剤師登録数No.1
∟ 病院や調剤薬局とのコネクションが非常に強い

∟ スピード転職!最短3日で転職可能

∟ 登録後は座して待つだけ

∟  運営会社:エムスリーキャリア株式会社

 

ファルマスタッフ|信頼と実績の日本調剤のグループ会社

∟ 薬剤師としての可能性、転職の幅を広げるなら◎

∟ 薬剤師求人の業界最大級。調剤薬局の求人件数40,000件以上

∟ 運営会社:株式会社メディカルリソース

 

マイナビ薬剤師|初めての薬剤師転職なら間違いなくココ

∟ はじめての転職、これからのキャリアに不安がある方におすすめ

∟ 薬剤師の利用満足度が5年連続No.1

∟ 大手マイナビグループを生かした失敗しない転職に強み

∟ 運営会社:株式会社マイナビ

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事に記載の情報は2021年04月26日時点のものです

薬剤師に多い転職理由と改善策

転職理由には様々なものがあります。多い順のランキングをまとめました。
 

  • 1:結婚・育児
  • 2:年収に不満
  • 3:労働条件・労働環境
  • 4:人間関係
  • 5:その他

結婚・育児|1位

出産後はしばらく急に休まなくてはいけない状況もあり、人間関係のトラブルに発展することが多々あり働きづらいと感じるそうです。
 
【改善策】
落ち着いてからの復職を考えることが大切です。また周りの方がどれくらい育児を理解しているか把握して、雇用形態を変えてもらうことも検討しましょう。
 

年収に不満|2位

2~3年働いた人が、年収アップと同時にキャリアアップという観点からも転職を考え始めます。
 
【改善策】
しっかりした経験と知識を持っていなければ年収は上がりません。今のところで何を身につけられたのか考えて転職をしましょう。また、今の職場でキャリアアップできるような仕事は無いか確認することも大切です。
 

労働条件・労働環境|3位

提示されていたものと実際が違うということが主な原因です。求人の見方が正しくなく、下見などもしていないとギャップがあると感じてしまいます。
 
【改善策】
転職する際によいサイトを選び、しっかりコンサルタントやエージェントに希望を話し内部情報などもしっかり調べてもらいましょう。また自分でも仕事内容やお店のことを積極的に調べましょう。
 

人間関係|4位

人間関係の悩みの原因は2つあります。「労働環境」と「特定の人の人間性」です。
 

環境の問題

周りの人間がピリピリしていて雰囲気が悪いのは実は、働いている環境の方に原因があります。どんな環境かというと、長時間・体力仕事・常に集中を強いられる・仕事が多い・職場が狭いなどのハードワークが原因です。
 
失敗してしまったら命に関わる仕事でもあるので、大きな失敗をしてしまったらもちろん周りからの信頼を失います。本来、上司がとらなくてはいけない責任も押し付け合いになってしまい、人間関係はさらに悪化します。
 

【改善策】

責任の場所を明確に(紙などに書いて口約束だけにしない)して、本来なら忙しくても上司は余裕をもっていなければいけないので、反面教師と割り切ってしまうことです。
 

特定の人の人間性

上司や経営者の人間性になります。何もしない経営者や、お局様と言われている女性の上司や悩みを話せない同僚などが挙げられます。
 

【改善策】

どこの職場でも嫌な先輩や上司の話はあります。そういう人は精神面でとても弱い人ですので、下記の4つの対処法を参考にして見てください。
 

・適当に流す

まともに取り合うだけ疲れてしまうので、適当に流し自分の仕事に集中する。
 

・あえて頼る

相手の経験をほめ、多少仕事を頼ってみましょう。忙しそうなときに言うのは逆効果なのでタイミングは計ることが大切です。
 

・嫌がらせの内容を記録しておく

具体的に内容は記録しましょう。特に周りに証言してくれる人間がいてくれるのが一番よいです。
 

・さらに上の上司を味方につける

上司を味方につけることは大切です。上司だけでなく味方に付いてくれる人は多ければ多い方がいいので、日ごろから自分の行動にも気を付けましょう。怒られて当然と思われるような人に誰も手を貸してはくれません。
 

その他|5位

転職理由は本当に人それぞれあり、いけないという理由はありません。転職する際はコンサルタントとしっかり話し合い決めましょう。
 
参考:薬剤師さんの転職のきっかけは?|ヤクジョ
 

会社を辞める絶好のタイミングと退職する際の伝え方のポイント

実際に辞めてよかった人の割合や転職のタイミング・転職する際にどのように伝えればよいのかまとめました。
 

残った方がいい会社

実際に残って成功だった人は50%います。



図引用:転職する派?会社に残留派?|リクナビネクスト

ではなぜ成功だったのでしょう。
 
(体験談)

・早期解決がなければ離職も考えている旨を上司に伝えたところ、滞在が伸びそうだった大阪勤務の期間が縮まった。(ソフトウェア・情報処理)
 
・前の部署で労働環境に不満があったが、配置換えとなり、仕事量や残業が減った。(建築・土木・設計)
 
・アルバイトの人数が増え、人間関係も改善する兆しが出てきた。(団体・連合会・官公庁)
 
・話し合った結果、社内の仕組みや体制について理解ができ、仕事にやりがいを感じてきた。(通信)
 
・業績が上がり、給与、賞与ともに大幅アップした。(食料品メーカー)
 
・転職した同僚のその後があまり芳しくなく、逆に自分は昇進することができた。(その他メーカー)

引用:転職する派?会社に残留派?|リクナビネクスト

 
必ずしも転職すれば成功するとは限りません。まず上の方と話すことも大切です。またエージェントに相談して客観的な意見も聞きましょう。
 

会社を辞めるのに絶好のタイミング

一番いいタイミングを5つにまとめました。

 

2月後半~3月

2月後半~3月は転職希望者が一気に増え、転職活動を行うので、会社側が薬剤師を厳選できます。そのため、有利な雇用条件をもらえない可能性が高くなります
 
有利な条件で就職したいのならば、春の転職時期は避けましょう。
 

4月の入社は避けよう

4月は新卒の方に加え、4月から新しい職場で働きたいと考えている人たちでいっぱいになり、倍率が高くなります。

また、会社の選ぶ幅が大きくなるので、年収や雇用条件の交渉が難しいです。転職後より転職前の方の年収が高いことにもなってしまいます。
 

夏と冬のボーナス後に辞められるようにその3~1ヶ月前からは上司に相談しておく

ボーナスは自分の頑張りでもあるので、必ずもらえるように交渉しましょう。またその後ちゃんと辞められるために早めに上司に報告することが大切です。
 

ブランクを開けない

ブランクを開けると2つの点で不利になります。

・「面接で不利」
休んでいた理由を明確に伝えることができればいいのですが、理由が明白でないと心身の病気を疑われます。

・「焦った内定承諾」
焦ってちゃんと他社と比べず内容・実態を知らないで内定を承諾すると、自分が希望した会社に就くことができず、転職した意味がなくなる場合もあります。
 

自分が転職したいと思った時

自分の熱意がしっかり転職に向いているときが一番のタイミングです。その強い意志で活動しましょう。
 

会社になんて言って退職する?

退職を伝えるタイミング

繁忙期は避け、忙しくないとき(出勤前・退勤前近)を狙いましょう。
また職場に迷惑をかけないように3ヶ月前に伝えるようにしましょう。
 

誰に伝えますか?

社長や医院長ではなく直属の上司に伝えましょう。
また、他の人には聞こえないようにしましょう。
 

なにを伝えますか?

退職理由は前向きに話します。例えば「自分のキャリアアップのため」や他のところでしかできない仕事を理由にしましょう。また感謝の気持ちもしっかり伝えましょう。

転職先を聞かれた際は教えないようにしましょう。余計なことを言ってしまうと新しい火種や、引き留めの材料になってしまうこともあります。
 

転職した後の生活の変化と成功した理由

ここでは薬剤師の転職に成功した人の例を3つとりあげました。成功した人の共通点は何なのかをまとめました。
 

成功例

前職では管理薬剤師として勤めており、年収こそ550万円と高かったものの残業が毎日2時間程度になり、主人や子供の夕御飯の時間も遅くなってしまっていため、勤務薬剤師への転職を考えました。しかし、年収は下げたくなかったため、勤務薬剤師でも前職の管理薬剤師と同等の年収の求人を探してほしいとお伝えしました。
このような困難な条件にも関わらず、担当コンサルタントの方は、私のこれまでの経歴やスキルを評価した年収になるよう、交渉を重ねてくれました。その結果、ゆとりのある働き方が実現できたばかりか、前職プラス50万円の年収600万円をご提示いただきました。大変満足しています。
一人で転職活動をしていたら、日々の業務に忙殺されていたため、求人探し・年収交渉・面接対策などの時間を割くことはとてもできなかったと思います (T.Kさん 千葉県44歳・女性)
引用:薬剤師転職の成功例|薬キャリ

 

中堅薬局のエリアマネージャーとして勤務していました。肩書きはあるものの、実際は現場の薬剤師業務に忙殺されていました。また、今後人員が増える見込みがなく、この状況を改善できないことがわかっていました。組織がしっかりした大手薬局で管理職として改めて成長できる環境へ踏み出したく、コンサルタントに相談することにしました。 担当コンサルタントの方と何度も選考対策を重ねました。これまでの経歴やスキルを最大限アピールできるような履歴書・職務経歴書の書き方をご指導いただき、面接でもそれがしっかりと伝えられるようアドバイスをいただけました。 年収面でも、私のこれまでのキャリアを評価した金額になるよう、何度も交渉していただけました。(K.Tさん東京都36歳・男性)
引用:薬剤師転職の成功例|薬キャリ

 

新卒から調剤薬局で勤めておりましたが、転居をしたため転職をする必要があり、その際、元々興味のあった漢方薬局に勤めたいと思いました。 ただ、そもそも漢方を取り扱う薬局自体が少なく、また求人があるとも限らないので、自分一人での転職活動では無理があるかも・・・と思っていた時に、友人からこちらの会社を紹介されました。
保険調剤薬局と、漢方薬局の違いや、それぞれのメリット・デメリットもきちんと説明してくださり、また条件面もしっかりと確認をしてくださったので、安心して働けます。(E.Oさん東京都 30歳女性)
引用:薬剤師転職の成功例|薬キャリ

 

転職に成功した方々のポイントをまとめ、

  • 自分の希望をしっかりと持っている
  • コンサルタントに相談し、希望をしっかりと伝えている
  • 雇用条件をしっかり交渉している
  • コンサルタントを通じて自分でも確認している
  • 履歴書や面接の対策をしっかりしている

 

薬剤師の転職に特化した転職サイト・エージェント3選

ではどんなサイトが良いとされるのか。またどのような特徴があるのかまとめました。

よい転職エージェント

薬キャリ

  • 多くの医師から厚い信頼を受けており、色々なサイトを一括検索できる
  • コンサルタントも医療に詳しくしっかりとした提案力と年収交渉力
  • 病院や企業薬剤師希望の人向け

マイナビ薬剤師

  • 転職しようかどうか悩んでいても相談を聞いてくれる
  • 転職後にもサポートしてくれるので、初めて転職する人向け
     

リクナビ薬剤師

  • 非公開求人が全体の75%
  • 対応が早く最短3日で転職できる
  • 企業・大手の薬局・ドラッグストアに転職したい人向け

もっと詳しく知りたい方は「医療事務系の求人サイトを比較|自分に合う求人の探し方も紹介」をご覧ください。 

 

まとめ 

転職理由は人それぞれですが、正しいタイミングとよい求人サイト・コンサルタントを活用することが転職成功のポイントです。

また転職の際には今の働き方や次はどのように働きたいかもう一度考え、転職先をよく調べ転職しましょう。


【関連記事】
薬剤師の転職面接でよく聞かれる9つの質問と7つの対策
転職するか悩む女性薬剤師へのアドバイス|おすすめの転職エージェント
転職するか悩む男性薬剤師へのアドバイス|おすすめの転職エージェント

この記事の執筆者
キャリズム編集部

転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

同じカテゴリの転職コラム
  • 新着コラム
  • 人気コラム
  • おすすめコラム