トップ > 転職ガイド一覧 > 薬剤師の転職 > 薬剤師が転職して企業勤めになる場合の仕事内容と注意点

薬剤師が転職して企業勤めになる場合の仕事内容と注意点

業界別の転職活動
薬剤師の転職

製薬会社は業績や景気に左右されず安定しており、年収が高く福利厚生が充実しています。待遇が良くステータスも高いことから、企業内薬剤師を目指す人は少なくありません。
 
このページでは、企業薬剤師にはどんな職種があるのか、薬剤師が企業へ転職する際の注意点と対策についてお話していきます。

 

 

失敗しない薬剤師転職に役立つサービス|信頼と実績で選んだおすすめ3選

薬キャリ|薬剤師登録数No.1
∟ 病院や調剤薬局とのコネクションが非常に強い

∟ スピード転職!最短3日で転職可能

∟ 登録後は座して待つだけ

∟  運営会社:エムスリーキャリア株式会社

 

ファルマスタッフ|信頼と実績の日本調剤のグループ会社

∟ 薬剤師としての可能性、転職の幅を広げるなら◎

∟ 薬剤師求人の業界最大級。調剤薬局の求人件数40,000件以上

∟ 運営会社:株式会社メディカルリソース

 

マイナビ薬剤師|初めての薬剤師転職なら間違いなくココ

∟ はじめての転職、これからのキャリアに不安がある方におすすめ

∟ 薬剤師の利用満足度が5年連続No.1

∟ 大手マイナビグループを生かした失敗しない転職に強み

∟ 運営会社:株式会社マイナビ

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事に記載の情報は2021年04月14日時点のものです

企業薬剤師にはどんな職種があるのか

全体的に言えるのは、製薬会社勤務の薬剤師の年収はずば抜けて高いということです。

 

さらに昇進や昇給もあり、年収1,000万円を目指せる職種も多いのが特徴。薬剤師としての専門性を活かせる上に福利厚生も安定しているので、企業を目指す優秀な学生も多くなっています。
 
とはいえ企業務めには特有の難しさがあり、対策が必要です(この点に関しては後述します)。ここでは、企業薬剤師にはどんな職種があるのか具体的に見ていきましょう。
 

MR|自社薬のプロモーション

製薬会社に在籍し、病院や医師に対して自社の薬をプロモーションする仕事です。他の営業よりも「売り込む」という印象が薄く、薬の情報を正直に提供し、結果として選ばれることで売上アップを目指します。
 

メリット

高収入を目指せる

高年収を目指せるというのが最大のメリットではないでしょうか。MRの平均年収は684万円です。

 

これはあくまで平均で、結果次第では800~1,000万円を達成している人もいます。売るスキルは一度身につければ廃れないので、安定しやすいともいえます。
 

製薬会社は安定している

日本の産業の中でも製薬会社は業績がよく、安定しています。景気が良かろうが悪かろうが薬の需要は常にありますので、不景気でも心配が少ないといえます。
 

デメリット

薬剤師免許がなくてもできる

もしあなたが薬剤師免許を持っているなら、少しもったいなく感じるかもしれません。高年収が得られるかどうかに薬剤師免許は関係ありません。

 

とはいえこれまで薬剤のプロとして身につけてきた知識や経験が活かせないわけでもありません。
 

営業が苦手な人には苦痛

自分が営業しているところを想像するとお腹が痛くなるような人には向いていないでしょう。自ずと選択肢からMRが外れるはずです。
 

研究職・開発職|新薬の開発

製薬会社で新薬を研究し、開発する仕事です。MR同様高年収が期待でき、薬剤師としての専門性をフルに発揮できるため、憧れる人も多い職業です。

 

新薬が無事開発されると、特許が切れるまで20年の間、会社に独占的な利益をもたらします。
 

メリット

高収入を目指せる

年収は企業の規模やポジションにもよりますが、600万円から1,000万円程度です。研究が好きな方にとっては、興味を追求しながら高収入を得られるロマンのある仕事です。
 

世界を変えられる

新薬の開発で、これまでは不治の病であった病気を治せる様になることもあります。それだけ新薬の研究開発職は世の中にインパクトを与えうる仕事でもあります。
 

デメリット

博士号、最低でも修士号が必要

研究・開発職への転職は極めて狭き門で、博士号を取って初めてスタートラインに立つことができます。他の職種よりも計画的にキャリアを形成していく必要があるでしょう。
 

求人が極めて少ない

研究開発職の求人は希少です。非公開求人で募集されることも多いので、転職エージェントへの登録はほぼ必須です。
 

管理薬剤師|医薬品の情報管理

医薬品の管理や従業員を監督する仕事です。企業で働く場合は、自社で開発した医薬品の情報管理が主な業務内容になります。従業員や外部の関係者から薬に対する問い合わせを受けた際に対応することもあります。社内外の関係者に医薬品の情報提供をすることを、DI業務と言います。
 

メリット

役職がつく

他の職種なら長く勤務していれば、何かしらの役職が付きます。しかし、薬剤師は役職がないことが多く、不満を感じている男性は多いのではないでしょうか。
 

年収が上がる

薬剤師の平均年収が533万円なのに対し、管理薬剤師の平均年収は600万円から800万円です。都会か田舎か、企業そうでないか、中小か大手かによって平均が変わってきます。
 

デメリット

忙しい割に給料が安い

一般の薬剤師よりも給与水準が高いですが、同時に責任も重くなります。仕事をこなすために残業をしなければならなくなることも多く、「こんなに働いているのに給料は安い」と嘆く人もいます。転職前にどのぐらい働くことになりそうか、事前に確認するのは必須です。
 

人間関係に悩むことも

従業員を管理する立場なので、外部の人と従業員がトラブルを起こした際や、社内で何か合った場合など自ら矢面に立たねばなりません。繊細な人にとっては、気苦労の多い仕事といえるかもしれません。
 

学術業務|管理サポート


自社製品の情報管理・提供と2.MRのサポートが主な業務内容です。知識を深めることでキャリアアップを目指せます。薬の情報は一般人からすると難解です。学術は医療関係者が理解しやすいよう、自社製品の情報を冊子やパンフレットでわかりやすく説明し、販促を図ります。

メリット

待遇が良い

福利厚生が充実している、残業が少ない、カレンダー通りに休めるといったメリットがあります。給料も決して悪くなく、プライベートを大事にしながら働けます。
 

自社製品の専門知識を深められる

外部からの問い合わせに対応する業務もあるので、自社製品に対して深い理解を普段から形成する事になります。勉強好きな方にとっては好きなことを追求できる仕事なので、やりがいを感じることでしょう。
 

デメリット

年収がなんとも言えない

学術の年収は300万円から500万円と、可もなく不可もない水準です。稼ぎたいだけであればMRや地方の調剤薬局、ドラッグストアなどもっといい仕事があります。
 

求人が少ない

募集の総数が少ないので、タイミングが良くないと求人にありつけないことも。
 

薬事業務|品質管理

薬事申請に必要な書類を作成したり、品質保証や品質管理をしたりする仕事です。前者をRA、後者をQAと言います。新薬を販売するには、厳しいルールに基づいて書類を作成せねばならず、RA業務無くしては成り立ちません。QAが薬事法に基づいて薬の製造過程を調査することで、一般消費者は安心して医薬品を服用できるようになります。
 

メリット

年収が悪くない

MRと比較すると平均は下がりますが、薬事の年収は500万円~900万円と高水準です。専門性を高めることで年収を上げていくことができます。勉強好きでコツコツと仕事をこなしていける人が向いているでしょう。
 

待遇が良い

土日休めて平日は9時から17時まで仕事と悪くない労働条件です。勤務先によって条件が異なりますので、必ず事前に確認しましょう。
 

デメリット

申請書類の作成が大変

細かい基準を満たしつつ、膨大なデータをまとめ上げねばならず、書類を完成させるのに莫大な労力と時間を要します。細かい作業が苦手な人には向いていないかもしれません。
 

求人が少ない

少数精鋭で行われる仕事なので、求人がめったに出てきません。転職サイトや転職エージェントに登録し機会を待つのがベストです。
 

臨床開発モニター|治験業務管理

治験がうまくいくよう舵を取る仕事です。治験を行う病院・医師の決定、プロトコルの作成、被験者の募集、報告書の作成、関係者との調整など、治験周りの仕事を幅広く手がけます。
 

メリット

世に新薬を流通させられる

自分が関わった新薬が世の中に流通していくのを見ることで、やりがいを感じる人もいます。治験を得なければ新薬は販売できないので、臨床開発モニターの役割は不可欠と言えるでしょう。
 

年収がそこそこいい

400万円~800万円と、薬剤師が就ける仕事の中では悪くない水準です。役職がつくことで年収1,000万円に達する場合もあるようです。ただし、職場によっては他の薬剤師業務のほうが高収入になる場合もあります。
 

デメリット

人間関係で悩む人も

外部の医療関係者との関わりがあるので、気に入らない人物がいても付き合わねばなりません。
 

労働時間が長い

社外を駆け回ったり、1人あたりの業務が多かったりして残業が続くことも。
 

品質管理|研究書の作成

薬剤の知識を活用できる仕事です。試験の結果を受けて報告書を作成したり、異常が出た際の原因究明をし、担当者に完全作を提案したりします。薬の原料を試験することで、患者さんが安心して薬を服用できるようになります。
 

メリット

給料が高く福利厚生もいい

製薬会社勤務なので雇用が安定していて、なおかつ高水準の給料と福利厚生が用意されています。忙しい時期とそうでない時期が明確だから、残業が続き忙殺されることも少ないようです。
 

薬剤師としての専門性を活かせる

薬や薬の原料を試験することでしか得られない発見があります。想定と違った結果が出た際に原因の究明をします。このような経験ができるのも品質管理に携わっていればこそです。
 

デメリット

単調な作業が続くことも

決められた手順に沿ってルーティーンで作業をこなすため、向いていない人にとっては退屈でしょう。
 

人間関係が悪いと苦痛

人間関係が狭いため、馬が合わない人と毎日顔を合わせなければいけない場合もあります。職場見学をして事前に空気を掴んでおきたいところです。
 
 

薬剤師が企業へ転職する際の注意点と対策


以上で見てきたように、薬剤師が企業に勤めると安定した環境で高収入と充実した福利厚生を得ながら働けます。しかし、待遇が良いだけに競争が激しく、おまけに求人の数が少ないという有様です。面接で先方に欲しがられるようなアプローチをあらかじめ考えていくのは必須と言えるでしょう。
 
ここでは、薬剤師が企業へ転職する際にどんな注意点があるのか、どう対策していけばいいのかについて具体的にお話していきます。

求人の数が少ない

マイナビ薬剤師

企業薬剤師の求人は職種にかかわらず、総じて少ないといえます。これは試しにチェックしてみると一目瞭然です。マイナビ薬剤師は薬剤師の転職に強い大手転職エージェントで非公開求人も多数あります。
 
業界で多くの案件を保有しているマイナビ薬剤師ですら、この件数です。待遇ややりがい、安定を求めて優秀な人材が求人に殺到するのは想像に難くありません。
 

求人が公開されない場合も

ただし、この数字はあくまで公開求人に限った話です。「他社に採用動向を知られたくない」「応募が殺到してさばききれないから、応募を絞りたい」といった動機で、企業は『非公開求人』というかたちで応募者を集めます。一般の人は転職エージェントに登録しない限り、非公開求人に応募する機会は訪れません。
 

面接の難易度が高い

優秀な応募者の中から高い倍率で競争が繰り広げられるため、自ずと面接対策の重要性が高まります。ドラッグストアや調剤薬局では、面接が顔合わせ程度の役割しか果たさない場合も多いので、ギャップを感じる人も少なくないでしょう。志望動機や退職理由をはじめ、何を聞かれるのか事前に想定し、ある程度答えを用意しておくのは最低限必要な行為です。
 

転職の目的は明確に

なぜその職業じゃなきゃいけないのかが明確になっていなければ、転職後長続きしないだけでなく、面接は愚か書類も通りません。単に高収入を得たいというだけではドラッグストアに行けばいいじゃんと思われるだけです。必然性のある理由があるにこしたことはありません。
 

転職に時間がかかる場合もある

求人数が少なく競争が激しいので、バンバン不採用にされて当然ぐらいに考えておいてもいいかもしれません。転職に時間がかかる前提でプランを考えていきましょう。
 

現場の情報を入手する

内定が取れたからと言って気は抜けません。競争が激しいと内定が取れただけで嬉しくなり、即入社しようと思ってしまうでしょう。しかし、現場の雰囲気や働く人の性格、実質的な業務内容を見ておかないと入社後苦痛になります。
 
結局のところ、いくら待遇や年収が良くても、職場や働いている人が合わなければ長くは続きません。
 

転職のプロに相談する

薬剤師が企業で働くためには、
 
・採用者の目線で面接対策をする
・数少ない求人情報を手に入れる
・職場の内情を知る
・非公開求人を手に入れる
 
といったハードルを超えねばなりません。しかし、今の業務を続けながら上記をすべてこなすのは不可能ではないにしても、多くの労力と時間がかかります。非公開求人を手に入れるだけでなく、情報収集と面接対策をするためにも転職エージェントへの登録はほぼ必須でしょう。
 
しかし、転職エージェントは数が多く、どれを使えばいいのかわからない場合もあります。以下では企業へ転職したい薬剤師に特におすすめのサービスを3つピックアップしてご紹介します。
 
 

企業へ転職する薬剤師が利用したい転職エージェント3選


何度か触れてきたように、企業の求人は多くありません。ですので、2~3社程度に登録しておいたほうが、応募のチャンスを失わずにすみます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

リクナビ薬剤師

転職業界大手のリクルートが運営している、薬剤師に特化した転職エージェントです。大手企業への強いパイプを持っているため、能力次第で有名企業の非公開求人を紹介してもらえます。
 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

面談やサポートに力を入れているので、企業への転職を行う際に「面接でうまく答えられているか不安」「何をアピールすればいいかわからない」「職場が自分にあっているかわからない」といった不安を抱えている人におすすめです。
 
楽天リサーチで顧客満足度NO1を4年連続で達成した実績があることからも、サポートの質の高さが伺えます。
 

ファルマスタッフ

こちたの転職エージェントも企業の求人を多く保有しています。求人数が豊富なのでマッチングの精度が高く、面接対策だけでなく職場訪問もしてくれます。転職をするにあたって生じる疑問に対して、本当に知りたい生きた情報を手に入れられます。
 
 

まとめ

いかがでしたか?企業薬剤師の求人は件数が少ないのが特徴です。非公開求人に応募するには転職エージェントに登録するしかないので、あなたにあったサービスを見つけたいところです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事の執筆者
キャリズム編集部

転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

同じカテゴリの転職コラム
  • 新着コラム
  • 人気コラム
  • おすすめコラム