トップ > 転職ガイド一覧 > 薬剤師の転職 > 【徹底比較】薬剤師の転職サイトおすすめ人気ランキングトップ5

【徹底比較】薬剤師の転職サイトおすすめ人気ランキングトップ5

薬剤師の転職

薬剤師の人向けの転職サイトってたくさんあって、いざ転職しようと思っても、どこのサイトに登録すべきか迷ってしまいますよね。

 

薬剤師の転職サイトにはそれぞれに特徴があり、サイト選びを間違うと以下のような事態になりかねません。
 

  • 病院に勤務したいのに薬局しか紹介してもらえない
  • 希望した年収にとどかない
  • じっくり転職したいのに、転職活動をせかされる

 

上記のようなことになってしまえば

 

  1. 「時間を無駄にしてしまった…。」
  2. 「思い通りに転職活動ができなかった…。」
  3. 「転職したけれど、前の職場のほうがよかった。」

 

などの後悔をしてしまうかもしれませんね。
 
この記事では、転職で重視するポイント別のおすすめ転職サイトや、薬剤師向け転職サイトのランキング、さらに転職サイトを利用するメリットについて紹介します。
 

この記事でご紹介する薬剤師転職サイト

 

 

失敗しない薬剤師転職に役立つサービス|信頼と実績で選んだおすすめ3選

薬キャリ|薬剤師登録数No.1
∟ 病院や調剤薬局とのコネクションが非常に強い

∟ スピード転職!最短3日で転職可能

∟ 登録後は座して待つだけ

∟  運営会社:エムスリーキャリア株式会社

 

ファルマスタッフ|信頼と実績の日本調剤のグループ会社

∟ 薬剤師としての可能性、転職の幅を広げるなら◎

∟ 薬剤師求人の業界最大級。調剤薬局の求人件数40,000件以上

∟ 運営会社:株式会社メディカルリソース

 

マイナビ薬剤師|初めての薬剤師転職なら間違いなくココ

∟ はじめての転職、これからのキャリアに不安がある方におすすめ

∟ 薬剤師の利用満足度が5年連続No.1

∟ 大手マイナビグループを生かした失敗しない転職に強み

∟ 運営会社:株式会社マイナビ

 

 

薬剤師に強い転職サイトで比較すべきポイント

薬剤師の人が転職する場合、主に以下ポイントを重視して転職活動をするはずです。

 

特に重視すべきポイント3つ

  1. 『病院』『薬局』などの勤務場所
  2. 年収が上がるか
  3. 雇用形態

 
転職サイトにもそれぞれ特徴がありますので、あなたが重要視するポイントを提供できないサイトを選んでしまうと、転職自体に失敗してしまうかもしれません。
 
ここでは、転職サイトそれぞれの特徴と、重視するポイントについて一覧表で紹介します。
 
転職サイト選びの参考にしてください。
 

転職サイト

特徴・ポイント

求人数

6万件以上(2021年4月現在)

対応地域

全国

勤務場所

企業・調剤薬局・病院・ドラッグストア

高収入求人

雇用形態

正社員・契約社員・パート

求人数

4万件以上(2021年4月現在)

対応地域

全国

勤務場所

病院・調剤薬局

高収入求人

雇用形態

正社員・契約社員・派遣・パート・アルバイト

求人数

6万件以上(2021年4月現在)

対応地域

全国

勤務場所

調剤薬局・ドラッグストア

高収入求人

雇用形態

正社員・契約社員・パート

求人数

1万件以上(2021年4月現在)

対応地域

全国

勤務場所

調剤薬局・ドラッグストア

高収入求人

雇用形態

正社員・パート

求人数

8万件以上(2021年4月現在)

対応地域

全国

勤務場所

調剤薬局・ドラッグストア

高収入求人

雇用形態

正社員・パート

求人数

1万件以上(2021年4月現在)

対応地域

全国

勤務場所

調剤薬局・ドラッグストア

高収入求人

雇用形態

派遣

 

サポート体制の充実さ

  • 現職場からの引き留めを上手にかわすためのサポート
  • 病院、ドラッグストア、製薬会社、大手薬局から町の小さな薬局への転職をカバー
  • 面接の設定と段取り

 

よい転職サイトは転職前から仕事を辞めるところまで全部フォローしてくれます。

 

できればアフターフォローもしてくれるところだと不安も少なくて済みます。
 

コンサルタントがしてくれるサービス内容

  • キャリアアドバイザーによる求人・転職案件のマッチングと紹介
  • 給与や休みなどの転職条件を自分に代わってキャリアアドバイザーが交渉
  • 希望する転職先を逆指名し、キャリアアドバイザーが自分に代わって交渉
  • 履歴書や志望動機の書き方をキャリアアドバイザーがサポート
  • 面接での受け答えのサポート

 

コンサルタントやエージェントとは相性が大切なので、自分に合わないと思ったらすぐに変えるようにしましょう。また就職先の希望や条件は細かく伝えましょう。

 

その他ある良い条件とは

厚生労働大臣許可(一般労働者派遣事業、有料職業紹介事業)を得ている

民間企業が求人情報・求職者情報提供には厚生労働省の許可や届け出が必要です。絶対にあるサイトにしましょう。

 

プライバシーマークを取得していること

日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置をする事業者に使用が認められます。


なの、個人の保護体制などではなくマークがあるか調べましょう。

 

 

薬剤師に強い転職サイトのおすすめ人気ランキングトップ5

ここでは、上記の3つの重視ポイントと、転職サイトの特徴から判断したランキングを紹介します。
 

1位:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 大手の『マイナビ』が運営母体
  • 企業やドラッグストアの求人に強み
  • 利用者満足度NO.1

 
マイナビの運営母体は、毎日新聞であり、大手の企業内診療所や病院、ドラッグストアとのコネクションが強いため、『大手に強い』といった特色があります。
 

マイナビ薬剤師のおすすめポイント

  • サポート体制が充実
  • 詳細な職場情報

 
マイナビ薬剤師のサポート体制は非常に充実しています。
 
転職希望者一人ひとりに必ず面談を行ない、履歴書の添削や面接対策、さらに面接への同行も行なってくれるのです。
 
また、職場の事情に精通しており、単なる求人上の情報だけでなく、『直近の離職率』『管理職の人柄』『給与体系』などを実際に職場まで出向いて確認しています。
 
転職希望者と職場のミスマッチや、転職後すぐに離職する、などの可能性を大きく下げられるといえるでしょう。
 

マイナビ薬剤師利用の注意点

  • スピードにかける

 
マイナビ薬剤師のメリットは手厚いサポートを受けられますが、その分スピード感は劣ります。
 
すぐに転職したい・転職までの期間をあまり確保できないという人にはあまりおすすめできません。
 

2位:薬キャリ

薬キャリの特徴

  • 『m3.com』のエムスリーグループが運営
  • 病院・調剤薬局の求人が強み
  • スピード対応

 
『薬キャリ』は東京に本社を置く、医師や薬剤師のトータル的なキャリアを支援する事業を展開している『エムスリーキャリア』が運営母体であるため、病院や調剤薬局とのコネクションが強く、求人数も豊富です。
 
また、サイト登録後はすぐに電話にて転職の希望条件のヒアリングを電話で行ないます。
 
面談であれば日程調節などで時間がかかってしまいますが、電話だと非常にスピーディーな対応ができるので、最短1カ月での転職が可能です。
 

薬キャリのおすすめポイント

  • さまざまな雇用形態に対応
  • 復職したいママ専用の求人がある
  • 高収入の求人が豊富

 
薬キャリは求人数が常時4万件と非常に多いため、正社員・派遣社員・パート・アルバイトなど、さまざまな雇用形態の求人を紹介できます。
 
結婚・出産を経て、子育てしながら復職したいママ向けの求人も取り揃えており、時間に融通を利かせながら働きたいママにもおすすめのサイトです。
 
また、年収が600万円以上の高収入求人も多数取り揃えており、キャリアアップしたい人にもおすすめの転職エージェントだといえるでしょう。
 

薬キャリ利用の注意点

  • 電話やメールでの対応のみ
  • 教育・研修制度が不十分

 
前述の通り、薬キャリのサポートはすべて電話・メールで行ないます。
 
他の転職サイトは面談を行なうところもあり、キャリアアドバイザーと実際に会ってじっくりとサポートを受けることはありません。
 
また、教育や研修制度が不十分なので、キャリアが十分ある薬剤師の方には問題ないかもしれませんが、経験不足の人にとってはキャリアアップが難しいといえるでしょう。

 

3位:ファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 日本調剤グループが運営母体
  • 調剤薬局の求人が強み
  • 薬剤師の派遣事業が強み

 
ファルマスタッフは日本調剤グループが運営母体であり、調剤薬局の求人に強みを持つ転職サイトです。
 
また、ファルマスタッフは転職サイトではありますが、派遣事業という強みがあり、『薬剤師の派遣といえばファルマスタッフ』といえるほど、サポート体制などが充実しています。
 

ファルマスタッフのおすすめポイント

  • 福利厚生が充実
  • 高時給の派遣求人が豊富
  • 整備された教育制度

 
前述の通り、ファルマスタッフは派遣事業という強みがあります。
 
派遣として働く場合には、ファルマスタッフの派遣社員として働きます。

 

ファルマスタッフの派遣社員は、

 

社会保険や雇用保険を完備

 

  1. 労働基準法通りの有給休暇が取得可能
  2. 福利厚生が充実している
  3. eラーニングなどで研修認定薬剤師の単位が取得可能

 

キャリアアップを目指したい人も安心して利用できます。
 
さらに、時給4,000以上などの、高時給の求人もたくさんありますので、転職で年収アップを狙いたい人にもおすすめの転職サイトです。
 

ファルマスタッフ利用の注意点

ファルマスタッフは転職希望者と必ず面談を行ない、それまでの経験やこれからのキャリアの希望などのヒアリングを行ないます。

 

求人紹介までのサポート体制は非常に充実しています。

 

しかし、履歴書の添削など、転職活動に関する対策は行なっておりませんので、充実したサポートを受けたい人は別の転職サイトを利用したほうがよいでしょう。
 

4位:ファーマジョブ

株式会社メディカルジョブセンターが運営母体ファーマジョブの特徴

  • 豊富な北海道の求人が強み
  • 公開求人のほとんどが病院

 
ファーマジョブは北海道に本社を置く株式会社メディカルジョブセンターが運営母体です。

 

事業自体は全国で行なっていますが、北海道の求人が非常に強い傾向にあります。

 

また、株式会社メディカルジョブセンターはもともと看護の転職支援サービスを行なっていました。

 

そのため、病院との強いコネクションを持っており、病院薬剤師の求人に強いことが特徴として挙げられます。
 

ファーマジョブのおすすめポイント

  • 逆指名制度がある
  • 非公開求人の割合が高い
  • キャリアアドバイザーのサポートが充実

 
ファーマジョブには『逆指名制度』があります。

 

一般的な転職サイトは、あなたの希望をヒアリングし、所有している求人の中からあなたに最適なものを提案します。

 

一方、逆指名制度を利用すれば、求人がなかったとしても、キャリアアドバイザーが希望する転職先に連絡をしてくれるのです。

 

ファーマジョブの求人数における非公開求人の割合は約7割までに上ります。

 

非公開求人は待遇や条件がよい求人が多く見られるため、職場の環境が原因で転職を検討している人におすすめのサイトだといえるでしょう。

 

また、ファーマジョブは転職のサポート体制が充実しています。

 

面談でのヒアリングから始まり、履歴書作成・面接対策のほか、入社時期、年収の交渉も行なってくれますので、転職活動に自信のない人にもおすすめできます。
 

ファーマジョブ利用の注意点

あなたを担当するキャリアアドバイザーにもよりますが、対応が遅いケースが見受けられます。

 

そのため、転職までの時間を重視する場合には他の転職エージェントを利用するか、キャリアアドバイザーの変更をお願いするようにしましょう。
 

5位:薬剤師求人.com

薬剤師求人.comの特徴

  • 設立者が元薬剤師
  • 転職サイトと提携しているポータルサイト
  • 4万件以上の求人数

 
薬剤師求人.comは、元薬剤師の方が設立したサイトであるため、薬剤師の転職の問題点・改善点について精通しているといえるでしょう。
 
また、事業の主軸はポータルサイトであり、優良な転職サイト30社以上と提携しているので、全国10万件以上の求人の中からあなたに最適なものを選べます。
 

薬剤師求人.comのおすすめポイント

  • 複数の転職サイトの求人をまとめて検索可能
  • 有益な情報が手に入る

 
薬剤師求人.comはポータルサイトであるため、一度登録すれば、提携する転職サイトのすべての求人や、自社で持っている求人の中から3社の転職先を提案してもらえます。

 

また、転職サイトにはそれぞれ特徴があり、同じ転職先でも転職サイトによって条件が異なることがあります。

 

薬剤師求人.comであればすべての情報を確認できますので、もっとも条件がよいものを選択できます。
 

薬剤師求人.com利用の注意点

薬剤師求人.comはサイト直属のキャリアアドバイザーがいません。

 

そのため、あなたをサポートするのは提携先のキャリアアドバイザーです。

 

転職が成功するか否かはキャリアアドバイザーの力量によるところもありますので、場合によっては対応が悪い人に当たることも考えられます。

 

ただし、相性が悪い場合には事務局に連絡することで変更が可能です。

 

 

薬剤師が転職サイトを利用する4つのメリット

 

転職する際には、転職サイトを利用することをおすすめします。
 
それは以下のようなメリットがあるからです。
 

  1. 経験や希望を考慮して転職先を紹介してくれる
  2. 応募先の詳細を教えてくれる
  3. 非公開求人を紹介してくれる
  4. さまざまなサポートを受けられる

 
ここでそれぞれの内容について詳しく見てみましょう。
 

経験や希望を考慮して転職先を紹介してくれる

転職サイトには、『キャリアアドバイザー』などと呼ばれる人が、あなたの転職をサポートします。キャリアアドバイザーの役割は多岐にわたりますが、最も重要な項目のひとつが、あなたに最適な転職先の紹介です。

 

キャリアアドバイザーは、あなたのそれまでの薬剤師としての経験や、転職先の希望をヒアリングして転職先を紹介してくれます。あなたにとって最適な転職先が見つかる可能性が高くなるといえるでしょう。

 

応募先の詳細を教えてくれる

これはキャリアアドバイザーによりますが、転職先の採用担当とやり取りを行ない、転職先の詳細まで把握しているケースがあります。

 

求人の記載内容といった、文字だけの情報で転職をしてしまうと、「思っていた職場と違った」「理想の転職先ではなかった」といった、雇用のミスマッチが発生する可能性も否定できません。

 

応募先についての詳細を教えてもらえることで、転職先のミスマッチが減り、転職後にすぐ離職してしまうということを防げるでしょう。

 

非公開求人を紹介してくれる

転職サイトにより割合は異なりますが、転職サイトは非公開求人を所有しています。

 

企業が非公開で求人を出す理由はいくつかあり、代表的なものとしては以下のものが挙げられます。

 

  • 採用情報を競合他社に知られたくない
  • 条件がよいため、転職希望者が殺到することを防ぐ
  • 新たに人を採用していることを職場の人に知られたくない

 

なお、非公開求人は公開求人よりも高収入であったり、重要な役職の採用であったりするケースも少なくありません。

 

公開求人に応募することで、キャリアアップや年収アップにつながるのです。

 

さまざまなサポートを受けられる

キャリアアドバイザーは、あなたの転職活動が成功するようにさまざまなサポートを行ないます。

 

履歴書の添削や面接対策、さらに面接に同行して、採用担当にあなたの強みを説明するケースもあります。

 

また、あなた自身では交渉しにくい、入社日や年収の交渉も行なってくれるのです。

 

サポートを受けることで、転職が成功する確率も上がりますし、転職後の条件もよくなる可能性があるといえるでしょう。

 

 

薬剤師が転職を成功させる3つのポイント

転職を成功させるためには転職の目的を明確にしたうえで、キャリアビジョンに合致した職場を選んでいくべきです。

 

以下では具体的なステップを解説していきます。

 

 

 

転職理由を明確にする

漠然と今の職場に不満があるといった理由で転職すると、本当に求めているものが明確ではないため、次の職場でも似たような悩みを抱えることにもなりかねません。
 
もし転職理由がクリアでなければ、一度立ち止まってどういった目的で転職をしたいのか、文章化してみるといいでしょう。
 
面接で転職理由を答える際には注意が必要で、言い方を工夫して正直に伝えるべきでしょう。
 
例えば忙しすぎるのが不満だった場合、もし変に空気を読んで先方や転職エージェントにバリバリ働けますと伝えてしまえば、転職しても問題を解決できない可能性が高くなります。
 
転職理由がネガティブなものであれば、前向きに言い換えましょう。
 
「以前の職場ではスピードを求められたため、ミスが多くなりがちでした。患者さん一人一人向き合い丁寧な指導ができる環境で働きたいと思い、転職を考えました。」といえば、本心を伝えつつも悪い印象を与えずに済むはずです。
 
転職理由は転職活動において、肝となる部分ですので、もう一度よく考えてみてください。

 

徹底的に求人情報を収集する

転職の動機が明らかになったら、次は求人情報集めです。

 

薬剤師の転職市場にはどんな求人が流れているのかを転職サイトで確認しつつ、転職エージェントから業界の動向やトレンドを教えてもらいましょう。

 

転職エージェントはあなたにピッタリの求人を紹介してくれるだけでなく、応募先企業の雰囲気や、求められている人材像に関して生きた情報を持っていますから、積極的に引き出していきましょう。

 

イメ-ジで職場を決めると、入社してからこんなはずではなかったと後悔するかもしれません。事前に情報収集をして、確信を持った上で転職しましょう。

 

転職先の情報を入手する

面接官や転職エージェントの人柄が良かったから大丈夫だろう、と思い転職したものの、配属先の薬局の人間関係がよくなく失敗した人もいます。

 

職場見学をさせてもらい、あなたが働く場所を実際に自分の目で確認しておきましょう。

 

転職してみないことには職場の良し悪しがわからないかもしれませんが、事前に納得したうえで転職先を選んだほうが後悔せずに済みます。

 

 

 

 

薬剤師を一生の仕事にするために身に着けておきたい事

薬剤師は資格保有者が飽和状態と言われています。

 

今後一生の仕事にするためにどんなスキルを身に着けたらいいのか、どこでどんなスキルが身につくのかまとめました。

 

英語力

今後も国際化が進むと同時に英語で服薬指導ができることは強い武器になります。特に都心はオリンピックに向けてもっと多くなることが予想されます。

 

在宅医療の知識

高齢化のため家から出ることが困難な方のためにかかりつけ薬剤師が増えると予測されています。強い武器になると同時に患者に安心を与えることもできます。

 

コミュニケーション能力

未経験でもコミュニケーション能力がある人を雇用条件にしているところもあるほど、コミュニケーション能力は必要になります。

 

患者とのよい関係のためにも磨いていきたいものです。
 

就職先別|身につくスキル

就職先

得られるスキル

調剤薬局

  • 調剤に関する幅広い知識
  • 患者や同僚とのコミュニケーション能力
  • 処方箋の処理能力

ドラッグストア

  • 医薬品以外の健康促進商品の幅広い知識
  • 商品説明能力
  • お店の運営など異携われる

病院

  • 薬だけではなく、医療に関する知識や経験
  • 様々な医療従事者とのコミュニケーションスキル
  • 調剤スキル

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

よく聞くサイト、あまり聞かないサイト様々なものがあると思います。転職ランキングを参考に自分に合うコンサルタントを見つけ、自分の希望が叶う就職先を探しましょう。

また一生の仕事にするためにどんなスキルを身につけたいのかも考えることが大切です。

 

 

 

この記事の執筆者
キャリズム編集部

転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

同じカテゴリの転職コラム
  • 新着コラム
  • 人気コラム
  • おすすめコラム