トップ > 転職ガイド一覧 > ベンチャー企業への転職 > ベンチャーキャピタルの仕事内容と転職の際に知っておきたい知識まとめ

ベンチャーキャピタルの仕事内容と転職の際に知っておきたい知識まとめ

業界別の転職活動
ベンチャー企業への転職

ベンチャーキャピタルは転職先として人気ですが、ハードルが高いと感じる人も多いはず。

 

またベンチャーキャピタルの仕事に対して漠然としたイメージを持っているものの、仕事内容や転職時に役立つ資格やスキルを知らない人も多いのではないでしょうか。

 

ベンチャーキャピタルへの転職を成功させるには、基本的な知識を身につけておかなければなりません。

 

この記事では、ベンチャーキャピタルとはどんな仕事か、転職するのに役立つスキルや資格などについて詳しく解説します。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
転職エージェントを複数利用する際の正しい選び方とは?

転職エージェントを複数利用する際も、同じ領域で業務を展開するエージェントに登録しても意味がありません

 

例えば、営業職で転職を検討している場合、まず登録すべきは大手で求人数を多数抱える『マイナビエージェント』や『doda』『type転職エージェント』のいずれか一つをまず選択。

 

マイナビエージェント」や「doda」の両方に登録しても構わないのですが、どちらも総合的な職種を扱うエージェントですので、高確率で紹介される求人に被りが出てしまいます。

 

では、2社目のエージェントはどこにするかというと、『営業職の転職に強みを持つエージェント』です。

 

2社目以降の選び方を確認する

 

とはいえ、営業職はどこの会社にもある最もポピュラーな職種ですので、比較検討すべき軸としては・・・

 

行きたい業界に特化しているエージェント

自分の年代に近い求職者が集まっている

の2軸になります。

 

この場合は、行きたい業界で選ぶなら・・・

を、私たちは提案します。

 

そして3社目の、自分の年代に近い求職者が集まっているエージェントですが、エージェントが抱える求職者も年代にはばらつきがあり、どの年代層が得意といった色があるので、最後に年代別に強いエージェントにも登録しておくと盤石です。

 

たとえば、

  1. 20代後半までの第二新卒であれば『ハタラクティブ
  2. 29歳までの狭間の世代なら『U29JOB(ユニークジョブ)
  3. 30代前半から後半の範囲であれば『パソナキャリア
  4. 40代後半までであれば『ビズリーチ
  5. 50代なら『JACリクルートメント

が良いかと思います。整理するとこんな感じですね。

 

総合転職

いずれか1社

マイナビエージェント

type転職エージェント

doda

業界別

2社目

不動産業界

宅建ジョブエージェント

IT業界

レバテックキャリア

コンサル業界

ムービン

広告業界

マスメディアン

年代別

3社目

ハタラクティブ

U29JOB(ユニークジョブ)

パソナキャリア

ビズリーチ

JACリクルートメント

 

評判の良い各業界別・年代別のエージェントは「こちら」にまとめてありますので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

この記事に記載の情報は2021年04月13日時点のものです

ベンチャーキャピタルの主な業務内容

転職先を決める上では、転職先の企業ではどんな仕事をしているのかを知っておくことが大切です。

 

仕事への理解がなければ転職試験を勝ち抜くことはできませんし、いざ転職しても理想と現実のギャップに苦しんでしまうこともあります。ベンチャーキャピタルの主な業務内容を知り、基本的な理解を深めましょう。

 

投資先探し

ベンチャーキャピタルはベンチャー企業に対して投資をするのが主な仕事です。まずは投資先を探すことから始まります。上場していない会社の中から投資先を探していく作業は簡単なことではありません。
 
ベンチャーキャピタルに転職しても、投資先探しに苦労している人は多いですし、この段階で躓いてしまう人もたくさんいます。単にベンチャー企業を見つければいいわけではなく、投資先が成功することが絶対条件。

 

利益が出なければ意味はありませんので、さまざまな面から分析を行い、将来性のある企業を探し、投資していきます。

 

投資と経営フォロー

投資先を見つけ、いざ事業に投資すれば仕事が終わり、というわけではありません。投資をすればそこから経営フォローを行い、事業を成功に導く必要があります。成長力のある企業でも道を間違えれば失敗しますし、正しい道筋を見つけて誘導するのがベンチャーキャピタルの仕事です。

 

また仮に成長力に不安がある場合でも、資金提供によって選択肢の幅を広げ、成功する方法を提示することも重要な役割といえるでしょう。

 

EXIT

ベンチャーキャピタルでは非上場のベンチャー企業に投資しますので、最終的な目標は企業を成長させて、上場させること。

 

投資先の企業が上場した際に保有している株式を売却することをEXITといい、これがベンチャーキャピタルの利益につながります。

 

EXITに到達するまでの期間は、大体5~10年。中長期的な仕事ですので忍耐力が必要ですが、その分成功したときのやりがいは大きいです。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

ベンチャーキャピタルで求められる能力

ベンチャーキャピタルの多くが実力主義を採用しており、求められる能力の水準は高くなります。ベンチャーキャピタルで働くうえでも、特に必要な能力を知っておきましょう。

 

財務分析力

ベンチャーキャピタルはベンチャー企業への投資が業務のメインですので、財務分析力は必須です。

 

たくさんあるベンチャー企業の中でも、成功するのは一握り。成功する企業を見分けるためには、財務面から分析して経営状態は良好か、伸びしろはあるか、売上に対して利益率は高いかなどを判断する必要があります。

 

ベンチャー企業は新技術や新規サービスを取り扱っているため、目新しいものが多いですが、新しい=ヒットするとは限りません。商品やサービスを理解した上で、企業としての力はどれだけあるかを財務面から分析できることが求められます。

 

コミュニケーション能力

ベンチャー企業を成長させるためには、社員と密にコミュニケーションを取って信頼を深め、その上でアドバイスをすることが大切です。ベンチャー企業への情熱はもちろん、一つの企業としっかり向き合えることが求められますので、高いコミュニケーション能力は必須です。

 

コミュニケーション能力が低いと経営フォローがうまくいかず、成功するはずのものが失敗する可能性もあります。単に仲良くなるのではなく、ビジネスパートナーとして信用してもらえるコミュニケーション能力が重要です。

 

 

未経験からベンチャーキャピタルへの転職は可能か

高い能力が求められるベンチャーキャピタルでは、未経験者の転職は難しいと考える人も多いかと思います。

 

未経験からベンチャーキャピタルへの転職は可能なのか、また有利に転職できるのはどんな人なのかを知っておきましょう。

 

第2新卒が有利

一般常識やビジネスマナーなど基礎が備わっている第二新卒は、教育にかかる手間や採用コストが抑えられるため、ベンチャーキャピタルの転職においても、評価がされやすいです。

 

もちろん、高い能力や経験があれば優遇されるのは確かですが、第二新卒の場合未経験であっても挑戦してみる価値は十分あるでしょう。

【関連記事】第二新卒におすすめの転職エージェント10選とエージェント利用の注意点

 

専門知識があると有利

未経験の場合でも専門知識があれば転職でも有利に働きます。

 

ベンチャーキャピタルでは、さまざまな業界のベンチャー企業に投資を行います。財務に関する知識だけでなく、その業界で働いていたからわかる専門知識が、投資先探しに役立つのです。

 

そのため、ベンチャーキャピタルで働いた経験はなくとも、それまでに培った知識を上手くアピールできれば、転職において有利に働くでしょう。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

ベンチャーキャピタルへの転職に役立つ資格

ベンチャーキャピタルは高い能力が求められる仕事ですが、転職に必要な資格はありません。
 
とはいえ、あれば優遇される資格はあります。
 
ベンチャーキャピタルでは財務関係の資格は高く評価されますので、証券アナリストやファイナンシャルプランナー、公認会計士などの資格は優遇されます。
 
また語学関係の資格も評価されることが多く、TOEICで高得点を持っていれば転職でも有利です。
 
基本的な知識や能力さえあれば無資格未経験でも挑戦できますし、興味があるなら積極的にチャレンジすることが大切です。
 
【関連記事】
転職に強い資格10選|資格別に受験料と合格率を解説
 

ベンチャーキャピタルへ転職した際の年収

ベンチャーキャピタルへ転職した際の年収は企業によって異なり、一概には言えません。
 
年収に幅があるのは基本的には実力主義で、成功報酬によって給料が決定するからです。
 
400万円程度の人もいれば転職後1年目で1,000万円を超える人もいますし、高給を狙いやすい職業ではあります。
 
投資に成功し、EXITで大きな利益を出せば、報酬が給料に上乗せされます。大きな投資を成功させれば年収が数千万円になる可能性もありますし、夢のある職業です。
 

まとめ

ベンチャーキャピタルは転職先としては人気が高く、その分多くの人が転職のハードルも高いと考えています。

 

しかし、未経験でも転職は可能ですし、経験がなくても知識や能力があれば優遇されるケースはたくさんあります。

 

転職を目指す場合は、まずはベンチャーキャピタルについてしっかりと理解を深めておくことが大切です。仕事への理解はもちろん、転職後どんな生活が待っているのかなどもしっかりイメージして、よりよい転職先を探していきましょう。

 

【関連記事】転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識

この記事の執筆者
キャリズム編集部

転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070